★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 384.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島 約9割の学校 屋外活動制限解除 (NHK) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/384.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 10 月 25 日 09:26:00: igsppGRN/E9PQ
 

福島 約9割の学校 屋外活動制限解除
動画⇒http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131025/k10015537771000.html
10月25日 4時51分 NHK


原発事故のあと、放射性物質への不安から、福島県内の多くの学校では校庭などでの活動が制限されてきましたが、除染などが進み、これまでにおよそ9割の学校で制限を解除したことが福島県の調査で分かりました。

しかし、長期間にわたる制限で子どもの体力の低下が深刻となっており、県では今後、対策を強化することにしています。

福島県では原発事故のあと、立ち入りが制限される避難区域以外の自治体では、放射性物質への不安から、運動場で行う体育の授業を取りやめたり、休み時間に外で遊ぶ時間を短くしたりする制限を行う学校が相次ぎました。

県によりますと、活動を制限した学校は、県内の公立の小中学校と高校、それに特別支援学校のうち、およそ6割に当たる465校に上っていましたが、その後、県が改めて調査したところ、これまでにおよそ9割に当たる409校で、制限をすべて解除していたことが分かりました。

県は、校庭の除染が進んだことに加え、保護者の理解が徐々に得られていることが背景にあると分析しています。

しかし、福島県では文部科学省の体力テストで去年、小学生のすべての記録が震災前より低下していたほか、震災後に行われた調査でも、ほとんどの年代で「肥満傾向」の子どもの割合が全国平均を上回るなど、体力の低下や肥満の増加が深刻となっています。

さらに放射性物質への不安などから、子どもたちを屋外で遊ばせることができないという声も依然として相次いでいます。

このため各学校では、不安を抱える子どもや保護者への対応を進めるとともに、県では、今後、体力向上に向けた取り組みを強化することにしています。

子どもの発育に詳しい福島大学人間発達文化学類の小川宏教授は、学校での除染が進んでいることに加え、児童・生徒の体力の低下が著しいという学校現場の懸念が制限を解除する要因の1つになっているのではないかと指摘しています。

そのうえで小川教授は、「屋外で遊ばせると放射線の影響を受けるのではないかという心配が当然、親にはあると思う。一方で、成長過程で非常に重要な時期に、屋外で運動できないことも1つのリスクとなりえる。不安が払拭(ふっしょく)されたと言いきれないなかで、何をすべきかを冷静に考える必要がある」と話しています。


         ◇

福島市立の学校、9割が屋外活動制限 放射線少なくても
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105130674.html
2011年5月14日8時31分 朝日新聞

 福島市立学校の9割が屋外活動を制限していることが13日、市教委の調査でわかった。校庭の土の放射線量は国の基準を下回っていても、基準自体を疑問視する声もあるなか、保護者の理解を得られないと考えて制限解除をためらっている学校が多いようだ。

 市教委は市立の幼稚園や小中学校、特別支援学校計95校に4月28日時点の屋外活動実施状況についてアンケートで聞いた。文部科学省によると、同日の時点で基準より放射線量が高い学校はなかった。5月13日現在でも同様に0校だった。

 体育や理科、課外活動の花栽培などで屋外活動を「実施していない」とした学校は全体の80%。幼稚園は91%、小学校は80%、中学校は67%と、幼い子どもが通う学校ほど割合が高かった。逆に「制限なし」は中学校2校だけだった。

 時間を制限して屋外活動をしている学校は全体の18%。小学校は「30分」、中学校は「50分」が最も多かった。「2時間」とした学校がある一方、「15分」という学校もあった。

 ただ「実施していない」とした学校の43%は「段階的に実施する予定」としており、再開時期は「5月中旬」とした例が最も多かった。しかし、4月29日に国の基準を甘すぎると批判して内閣官房参与が辞任を表明したこともあり、市教委は「目標として挙げている可能性もあり、全校で実施とはならないかもしれない」としている。

 対応に苦心している点についての自由記述欄では、「放射線量が基準を下回っていても保護者の理解を得るのは難しい」との内容が目立った。市教委は、文科省が「有効」とする方式で校庭の土の処理を進め、屋外活動の再開を目指したいとしている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月25日 09:35:51 : 4hd3UM7xwc
1日2億4000ベクレルだって、無防備で全面制限解除か。ジェノサイドだろ

02. 2013年10月25日 09:37:31 : pj0KXIvxBk
「長期制限による子どもの体力の低下」と「チェルノブイリ級且つ現在進行形の原発事故による放射能汚染」を天秤にかけるか?

避難ありき、避難先でいくらでも運動なり野外活動ができるのに、
その手段を放棄し、危険地域に子どもを留めて、上記のような天秤論をふりかざして
運動不足の方が、被曝よりも危険と言う。

除染した際から山野から風や雨に放射性物質は運ばれてくる。
汚染スポットは刻々移動するのみである。

留まることに固執したばかりに、ストレスやら運動不足など、被曝と関係のない
事柄を次々繰り出して、被曝なんて大した事ないのだと、意識に擦り込む
そんな行政・政府の心根が透けて見える。そうしていれば、放射能被害など
一切言わせなくて済むからである。被曝による健康被害など一切認めない。
水俣病被害者の前で安倍が平然と「克服しました」と、何もなく終わった扱いに
すろと同じことが、福島で起きるであろう。


03. 2013年10月25日 10:46:58 : djSgbAp5ho
嘘吐き首相が率いる政府を信頼する福島県民。
十数年後にガン患者は確実に増えるだろうが、原発事故と関連付ける証拠は何も無い。
初めて騙されのは事故。同じ詐欺師に何度も騙されるのは間抜け。

04. 2013年10月25日 11:11:07 : REQcUvAKxE
いつの間にか、原発事故なんて無かった空気になる。教育委員会は、学校の心配はしても、子供の心配は、していない。福島県も同じだ。糞だらけ。
なんとノー天気な人々に、乾杯。

05. 2013年10月25日 11:37:21 : GkSL02djiI
”保護者の理解”??? 何を言ってるの?!

06. 2013年10月25日 11:51:12 : BxgKgNJpDM
放射性物質より中国の大気汚染物質を気にする日本人
完全に逝っちゃってるよ

07. 2013年10月25日 12:40:20 : Jny2RmHXSQ
地元の人が賛成ならそれでいい
反対なら声を上げ それを支援すればいい
それはマスコミや政治家じゃなくて
本当に子供の事を心配する世界の人間が…
食べ物も地元の人が進んで福島のものを食べているのなら販売すれば
食べてもいい
まず地元の本当の声を聴きたい
どこぞの先生とか言われる人にだけは言ってほしくないので
まず親御さんの言葉が聞きたいですね
小学生の親ならおじいちゃんおばあちゃんより情報を判断できると思うので
生活の為に反対できないならそれも個人の判断でしょう

08. 2013年10月25日 12:42:45 : qrkB4hq8uw
シンガポールに住んでいた経験があるが、熱帯じゃああまり運動なんてしないんだ。体育館もプールも現地の学校にはなかったしね。

もちろん鍛え上げた日本人児童に比べるとシンガポールの子はひ弱だけど、だからって病気になるわけでもない。

校庭の体育や遊びは慎重に。


09. 2013年10月25日 13:19:05 : LvCXgG1YXU
除染が進んだ根拠としているのは、すべて空間線量率だ。

空間線量率を過度に信頼して、安全を判断することは、放射性物質を摂取することによる危険性を軽視することに繋がる

>サンプルには、かなり高レベルのラジウム226がありました。これは私たちがよく見聞­きする放射性物質ではありません。ラジウム226には、サンプル中の放射性セシウムと­ほぼ同じくらい放射能があります。ラジウム226は、ウランが崩壊した物質で、私たち­は、実際に直接ウランを検知することはできません。
ラジウム226は、元のウラニウムより遥に激しい放射性があります。また、このデータ­より、この粒子は原子炉からの核分裂物質を含むだけでなく、不燃焼の濃縮核燃料も含ん­でいる可能性が高い。これは異常なことです。
この方のサンプルには、今までの埃や土の我々のサンプル中で、最高レベルのウラン娘核­種がありました。私たちは、実際に、ずっと破損した核燃料束の内部の物質を検査してき­ています。

「この粒子は、人々が被曝または吸引するのに十分な重さですか?」

間違いなく、それを吸引するでしょう。現在、人々は、吸引の危険がとても高いでしょう­。また、通常、子どもと農業従事者が、その危険にさらされる対象になる傾向にあります­。子どもは、手足を活発に動かすため、平均1日当たり100から200ミリグラムの土­を吸引します。ですから、真剣に考慮すべきことなのです。

http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/766.html


カルトフェン氏によれば、これらの放射性物質には、吸引される大きさの、1〜2μmの粒子もあると言うことです。

さらに、重要なことは、100ミリグラムで、放射性セシウム(Cs−134+Cs−137)が153ベクレルあったと言う指摘です。

>Radiological Analysis of Namie Street Dust

http://ja.scribd.com/doc/152720091/Radiological-Analysis-of-Namie-Street-Dust

空間線量率ではなく、大気のサンプリングが必要なのです。


10. 2013年10月25日 14:55:26 : iD4Q1cvc8U
原子力村はもう子どもも将来世代も守る気がなくなった。

完全に発狂している。ヤケクソと言ってもいい。

どこまで腐った人間の集団なのか。


11. 2013年10月25日 14:57:28 : CyxQiSgTfM
>>08さんへ

おっしゃる通りだと思います、
日本人は全国身体能力検査だとか、
全国学力能力テストとか好きですよね?
最下位になった県の知事が怒ったりとか、校長が怒ったりとか…。

何でも平均並みとか、横並び好き的な性格が、
こんな所でも現れているのでしょうか?

「汚染されている地域」として差別を受けているだの、
風評被害だの、県外移転だの、
そんな空気を何とか払拭したくて必死なのでしょうが。
本当に大人達が慎重になり、子供達を守って貰いたいものです。


12. 2013年10月25日 15:09:55 : SGB5nJWvfo
もう好きなだけ放射線浴びてくれということですね。

放射線浴びて健康になってください。

ラジウム温泉に行かなくて済みますよ。

ってことですか?


13. 2013年10月25日 17:35:44 : rrhrFN6JLd
霞が関と国会議事堂を福島に移転させろ。除染って雨が降れば山から流れてくるのでいたちごっこ。あほらし。

14. 2013年10月26日 00:53:38 : glvJnGhYfs
13霞が関と国会議事堂を福島に移転させろ。

そうだ。2020オリンピックを福島県で「東京五輪」の名で行え。

だって「安全」なんだろ。

その前に、4号機燃料棒を回収できるのか?

臨界させたら世界の終わりだぞ。狂ってる。安倍も日本国民も。


15. 2013年10月26日 02:29:40 : aiMZAOJQqY
たっぷり被曝させて、子供たちを早く死なせてしまおうという魂胆。

長生きすると、補償・賠償でお金がかかるからね。

大量虐殺だね。


16. 2013年10月26日 10:02:36 : b9lDwKZjP6
小川教授の最後の結論が「何をすべきかを冷静に考える必要がある」だ。

糞の役にも立たない責任逃れのコメントだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧