★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 438.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
田中委員長 / 「除染すれば、防護マスクなしで作業できる――」(のんきに介護) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/438.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 10 月 29 日 12:00:00: igsppGRN/E9PQ
 

田中委員長 / 「除染すれば、防護マスクなしで作業できる――」
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/648a5a34e7fa3e7caaec17a8038e4133
2013年10月28日 22時55分33秒 のんきに介護


タニ センゾー‏@Tanisennzo さんのツイート〔2013年10月28日 - 19:50 〕です。

――除染をしたら、福島第一原発構内で、マスクをせずに作業できるというのか!

1分から
⇒田中委員長『マスクをつけた状態では作業員同士の意思疎通が難しいので、作業環境を良くする為に、原発構内の除染など放射線の対策を行ってほしい。』――。

「1分から」とあるのは、

次のビデオの経過時間のことです。

☆ ビデオ掲載ページURL:http://www.nhk.or.jp/fukushima/furusatonews/movie/chapter_1028.html

さて、このビデオは、NHKの「はまなかあいづ」という番組を録画したものです。

原子力規制委員会委員長、田中俊一氏が東電の広瀬社長を呼んでわざわざ要望(指示?)した場面を収録してます。

どんな立派なことを言うのかと思いきや、効率を上げるための自滅的な対策の提示です。

それは、「長期的な計画で思い切った改革を進めて欲しい。マスクをつけた状態では作業員同士の意思疎通が難しいので、作業環境を良くするため原発構内の放射線対策を行って欲しい」というものでした。

マスクを着けていれば、意思疎通が難しくなるのは、事故直後の作業員の報道でも明らかです。

しかし、だからと言ってそれを外せというのは、命綱なしで登山せよと命じてるのと同じです。

さすが原子力推進の中核にいただけはあるというか、戯けた人です。

特攻隊を編成する旧日本軍の発想そのものです。

除染をしてという条件がついてますが、除染は、コンクリートの表面に付着した放射性物質については、取り除き切れないというデータが既に出てます。

無意味と分かっていることを効果ありとして、強引に白を黒、黒を白と言いくるめる態度を取るのは、あまりに乱暴すぎます。

命の使い捨てを煽りたてて、それこそ、残りは子どもばかりという事態になってしまいます。

「福島第一原発作業員 緊急座談会「汚染水処理の現場はヤクザとど素人だけになった」
という証言に認められる事態の、次の局面です

(現代ビジネス上掲記事/リンク参照)。

福島第一原発作業員 緊急座談会「汚染水処理の現場はヤクザとど素人だけになった」(週刊現代) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/343.html


         ◇

規制委員長 東電社長に再発防止策ただす
動画⇒http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131028/k10015606151000.html
10月28日 12時29分 NHK

東京電力福島第一原子力発電所で汚染水漏れなどが相次いでいる問題で、原子力規制委員会の田中委員長は、東京電力の廣瀬社長を呼んで再発防止への考えを直接ただしたうえで、作業環境をよくするために放射線の対策を行うよう求めました。

原子力規制委員会の田中委員長は28日午前、東京電力の廣瀬社長を呼んで、およそ1時間にわたって、福島第一原発での汚染水漏れなどの相次ぐトラブルについて、再発防止への考えを直接ただしました。

東京電力は、福島第一原発でのトラブル対策と運転再開を目指す新潟県の柏崎刈羽原発の安全管理は両立できるという報告書をまとめたのに対し、規制委員会では「納得できない」といった批判が相次いでいます。

28日の会談は冒頭以外非公開で行われ、廣瀬社長は会談後に、人手の確保や作業環境が厳しい現状について、「柏崎刈羽原発を含めて全社から人を回し、福島第一原発でしっかり働けるよう応援態勢を取っていきたいと伝えた」と説明しました。

これに対し、田中委員長は「長期的な計画で思い切った改革を進めてほしい。マスクをつけた状態では作業員どうしの意思疎通が難しいので、作業環境をよくするために原発構内での除染など放射線の対策を行ってほしい」と述べたということです。

また、柏崎刈羽原発の安全審査を進めるかどうかについて、会談に同席した原子力規制庁の池田長官は「福島第一原発の現状をどう改善するかを見極めながら判断したい」と述べ、これまでの考えを繰り返しました。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月29日 12:52:09 : CeuZTwMl2j
東電社長 作業員不足認める 規制委員長と面談
2013年10月29日 東京新聞 朝刊

 単純ミスによるトラブルが続く東京電力福島第一原発の現場環境の改善に向け、原子力規制委員会の田中俊一委員長と東電の広瀬直己社長が二十八日、初めて面談した。東電側が作業員確保が難しくなっていることを率直に認めるなどいくつか前進はあったが、面談が本当に改善のきっかけになるのかどうかはまだ分からない。 (岸本拓也、片山夏子)

 これまで東電は、福島第一の作業員は基本的に足りていると強調してきた。東電社員も退職者が増え、下請け作業員も長引く収束作業で、被ばく線量が増え、原発を離れる人が増えてきたのに、ずっと「足りている」を繰り返してきた。

 この日、広瀬氏は一転して「作業員の確保が非常に困難になっている」と認めた。敷地全体の放射線量をもっと下げ、全面マスクなしに過ごせる場所や休憩場所も充実させることなどを約束した。

 ただ、作業員が集まらない理由は、線量だけでなく、コスト削減で作業員の待遇が悪化していることも大きな原因だ。広瀬氏は、東電全体で社員を福島第一に回し、人員を確保する対策も明らかにしたが、下請け作業員を含めた長期的な人材確保、待遇改善に向けた具体論までは話し合わなかったようだ。

 一方、規制委にとって、面談のもう一つの大きな目的は、福島第一の収束もままならぬ東電が、果たして柏崎刈羽原発(新潟県)をきちんと運用する能力があるかどうかを確かめることだったはず。

 しかし、再稼働問題について「話は出なかった」(広瀬氏)というばかりで、密室の場で、どういう話になったのかははっきりしない。同席した規制委事務局の池田克彦長官は「まず福島第一をどう改善するか、結果で示してほしい。それを見て考える」と述べるにとどめた。

 今後、福島第一の現場の環境改善をどうチェックし、どう判断されれば柏崎刈羽の審査を進めるのか。両トップの面談からはうかがい知れなかった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013102902000116.html?ref=rank


02. 2013年10月29日 13:48:48 : mXdp5X7pCx
田中委員長自身に、そこで半年間、防護服やマスクなして過ごして
もらえるのかな?
そのくらいの自信がなければダメでしょう。


03. samasama 2013年10月29日 15:51:36 : KhhfOW3nsRaL. : sxdxZUjfU2
>マスクをつけた状態では作業員どうしの意思疎通が難しいので、作業環境をよくす>るために原発構内での除染など放射線の対策を行ってほしい

人間の言うことか?

田中があっち側の野郎だってことは前からわかっていたけど、
どんどんその姿を現し始めた。

今回の、広瀬との会見は特に酷い。

結局、汚染水だけ厳しい態度取ってやってるフリ。
あとの大事なことはグダグダ。

お前が除染しろ。深呼吸して、その辺の水溜り飲めよ。


04. 2013年10月29日 20:52:37 : ucXeZIHNBE
所詮他人の体。田中委員長にとっては痛くも痒くもない。

05. 2013年10月30日 03:14:29 : pj0KXIvxBk
事故原発に対して除染をせよ、除染をした上で作業員はマスクを取れと、
田中委員長は言うが、毎日大量の放射性物質が事故原発から放出され続ける現場で
「除染」を言うは噴飯ものである。

作業効率の為なら、作業員の命を危険に晒しても構わないという認識があるからこそ、
そんな事が言えるのである。

作業員の士気が低いだの、この委員長は言うが、その委員長の斯様なトンでもない
発言こそ士気を殺ぐばかりか、こんないい加減な認識の下ではとても働いていられないと
作業員を事故現場からいっそう遠ざけることになる。


06. 2013年10月30日 03:50:09 : pj0KXIvxBk
作業効率云々ではないのだろう。

東京五輪に向けて、原発事故現場の景色を「何だ大丈夫じゃないか」と
世間に向けて偽装するのが、田中委員長の本意だろう。

嘘でも普通に呼吸できる空間ということにしておかなければマズいわけだ。

安倍首相の先般の原発事故現場視察時の重装備ぶりがあまりに
外国メディアにはインパクトが強すぎて、首相のIOC総会での
完全ブロック発言との落差が大きすぎたことを、見た目だけでも
修正する必要があるのだろう。

田中委員長の指図通り、おざなりの除染後、作業員はノーガスマスクであろうが、
無論、安倍首相はフルアーマーで原発視察であろう。その様子は国家機密で
一切報道されないことは、秘密保護法で約束されている。


07. 2013年10月30日 12:07:17 : u21XAnwh0Y
いずれにせよ、これは委員長が話題にする話ではないです。内部被曝の専門家が
検討して作業員も含め妥当と思われる線を決める話です。

先般のNNNドキュメントではチェルノブイリの今を放送していましたが、数多くの
マスクが使用されているのがわかります。作業員の被曝量軽減のための努力も立派で
あれでこそ作業員も幹部を信頼できるというものでした。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧