★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 481.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の原発で核兵器製造可能 77年に米が見解 外交文書公開 : 潜在的核保有国日本
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/481.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2013 年 10 月 31 日 17:38:10: 6nR1V99SGL7yY
 

日本の原発で核兵器製造可能 77年に米が見解 外交文書公開
http://www.dailymotion.com/video/x16mo38


日本が国家エネルギー戦略として、できるだけ多種多様な
エネルギー源の確保を目指すことはある意味で当然だとは思う。
原発もその内の一つの選択肢ではある。
しかし、原発推進には、
・国家エネルギー戦略のみならず、
・軍事的国家戦略:潜在的核保有国家
・経済的国家戦略:原発輸出
という三つの要素があると思う。


資源が増殖するという高速増殖炉は、資源の乏しい日本にとって
エネルギー資源確保という観点から喉から手が出るほど欲しいものだ。
同時に、潜在的核保有という国家戦略を実現するための“口実”として
核燃料サイクルなるものが構想された。
しかし高速増殖炉もんじゅが壊滅に瀕しており、
“口実”としての役割が消滅しつつあることから
核燃料サイクルという破綻した夢物語を無理矢理延命させる
弥縫策としてプルサーマルなるものがひねり出された。


原発推進には、潜在的核保有という日本の政治支配層の国家戦略が
背後にあることもまた認識しておく必要があると思う。


「核抑止力に相当するものをもんじゅによって日本は持っている」
http://www.youtube.com/watch?v=PS7QRM5no4A

(プルトニウムは軍事転用も可能なので)
「外交上の隠れたパワーになっている。
核抑止力に相当するものをもんじゅによって
日本は持っているという側面があることは確か」
(元原子力委員会委員九州大学大学院吉岡斉教授)


石破茂自民党政調会長 原発は核武装のために必要
http://www.dailymotion.com/video/xkm7pc


(1:39)
「日本は核を持つべきだと私は思っておりません。
しかし同時に、日本は(核を)作ろうと思えばいつでも作れる。
1年以内に作れると。
それはひとつの抑止力ではあるのでしょう」


「日本で核兵器の製造可能」1977年の外交文書
http://news.tbs.co.jp/20131030/newseye/tbs_newseye2042468.html
http://megalodon.jp/2013-1031-1326-01/news.tbs.co.jp/20131030/newseye/tbs_newseye2042468.html
1977年当時、カーター政権が日本の原発から出る使用済み核燃料を再処理すれば
「核兵器は製造できる」という見解を伝えてきていたことが分かりました。
当時のカーター政権の軍縮担当者が日本側に「原子炉級プルトニウムでは爆弾は
できないという通説は誤りである」と明確に述べていたことが分かりました。
原子炉級プルトニウムは日本の軽水炉から出た使用済み燃料を
再処理する際にうまれるもので、日本の原子力界は長年、
「原子炉級プルトニウムは核兵器に向かない」としていましたが、
アメリカは早くから、この見解を否定していたことになります。


アメリカは当時、茨城にある東海再処理工場の稼働に反対していましたが、
その背景を示すものといえそうです。


冷戦下 米は日本の核保有に否定的
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131030/k10015686861000.html
http://megalodon.jp/2013-1031-1324-43/www3.nhk.or.jp/news/html/20131030/k10015686861000.html
昭和30年代から使用済み核燃料を再処理して、プルトニウムを
再利用する「核燃料サイクル」を導入する計画も進めていました。
プルトニウムは核兵器の原料に転用できるため、日本が核兵器を
製造することも技術的には可能になると指摘されてきました。


日本の原発で核兵器製造可能 77年に米が見解 外交文書公開
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDE2900G_Z21C13A0EB1000/
http://megalodon.jp/2013-1031-1331-33/www.nikkei.com/article/DGXNASDE2900G_Z21C13A0EB1000/
1974年のインドの核実験を受け、核不拡散政策を強化したカーター米政権が77年、
日本の外交当局に対し、日本が導入してきた軽水炉から出る使用済み燃料を
再処理した「原子炉級プルトニウム」でも核兵器は製造できる
との見解を伝達していたことが30日公開の外交文書から分かった。


日本の原子力界は長年「原子炉級プルトニウムは爆弾にするには
非常に具合が悪い」(今井隆吉・元原子力委員会参与)としてきたが、
米国が早くから日本の原子力ムラの「通説」を否定していたことが判明した。
米国は当時、東海再処理工場(茨城県)の稼働に反対しており、
その背景を物語っている。


77年2月23日付の東郷文彦駐米大使の公電によると、米軍備管理軍縮局の
当局者は日本の在オーストリア大使館員に対し「あまり公言したくないが、
原子炉級プルトニウムでは爆弾はできないという通説は誤りである」と言明した。


さらに当局者は、核燃料の燃焼度を上げた軽水炉で生成したプルトニウムが、
純度の高い兵器級プルトニウムよりも「爆発力などに対する信頼度が低い」
としながらも、
「核兵器はできないかと聞かれれば、できると言わざるを得ない」と説明。
70年代半ばに韓国が再処理施設購入に動いた際には
「米国が影響力を行使して放棄」させたとも語った。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月31日 19:24:48 : e0k3K1A4qI
 
 東海村の再処理施設は、アレバ社が何十年もやっているのに、未完成。

 いくら払っているのか知らぬが、アレバに騙されているだけか?

 フランス人は基本的に日本人をバカにしている。


02. 2013年10月31日 20:01:32 : hO7brwkDpQ
日本は、2発も核爆弾を使用されて
多くの被害を被ったにもかかわらず、
セルフで福島に使用した
オシャレな国である、、、
しかもいまだ国内に 54もの 核爆弾による
壁で自国を取り囲むと言う
不思議な国でもある、、、

03. 2013年10月31日 21:00:23 : 8Z5bFQTukA
ウィキによると(ウィキの出典は、1977年にカーター大統領の指示によって公表された情報であると思われる)原子炉級プルトニウムを使用した核実験が、1962年に行われた。

使用した原子炉級プルトニウムにおいて、プルトニウム同位体の割合が、どの位であったかは公開されていない。

http://en.wikipedia.org/wiki/Reactor-grade_plutonium_nuclear_test#.22Reactor-grade.22_plutonium_nuclear_tests_and_typical_burnup

1962年前半に「ヌガ作戦」の一環として行われたパンパス核実験(9.5キロトン)と同年後半に「ストラック作戦」で行われた主に20キロトン以下の、一連の核実験。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8C%E3%82%AC%E4%BD%9C%E6%88%A6

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%BD%9C%E6%88%A6


もしかしたら、これは、プルサーマル燃料を使用していた3号機において、核爆発があったことを示唆しているのかもしれない。


04. 2013年10月31日 21:09:48 : nJF6kGWndY

日本が核兵器をもったら、米国にとっては損だから昔は反対して当然

ただし、今後は、また別の話になる


05. 2013年11月01日 02:25:07 : FUeZUwH1YD
阿修羅では何度か掲載されているが
関連する資料をあげとく
NHKスペシャルで2010年10月3日に放送された
「”核”を求めた日本」
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2010/1003/index.html
1960年代に当時の西ドイツを巻き込み
日本が核武装をしようとした経過を検証したドキュメンタリーだ

詳しい内容は「みんな楽しくHappyがいい」に載っている
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-691.html

戦後10年ぐらいで何故日本に原発導入研究が始まり東海村に試験炉が造られていったか?
戦中の原爆開発秘密研究関連も合わせて調べれば核兵器保持と原発のつながりが見えてくると考える。


06. 2013年11月01日 12:40:13 : LK3lHhokNw
北朝鮮に軽水炉作ったのまずかったんじゃないの。

07. 2013年11月01日 22:22:29 : kXX0mVDAHo
 
】【速報】 米国、日本の核武装を計画

1 名前: ファイヤーバードスプラッシュ(愛知県) 2013/11/01(金) 22:12:31.45 ID:nzn4OQeL0 PLT(12122) ポイント特典

中国紙・長沙晩報は31日、外務省が新たに公開した外交文書で、
米国がベトナム戦争の激戦化に伴い、日本に憲法9条を改正し、
泥沼に陥った米軍を“助ける”ことを求めたことなどが明らかになったと報じた。

公開された文書には、当時の福田篤泰防衛庁長官が1964年6月にワシントンを訪問し、
ロバート・マクナマラ国防長官と会談した際の記録文書も含まれていた。

このほか、1977年2月23日付の公電によると、当時の米軍縮担当者が
「原子炉級プルトニウムでは爆弾はできないという通説は誤りである」と指摘していた。
この担当者は「原子炉級プルトニウムで核兵器を製造することは“可能”」との見解を示している。

詳細 2013/11/1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131101-00000012-xinhua-cn

日本の核武装に欠けているのは政治決断のみ

専門家によると核兵器製造には少なくとも3つの大きな関門を突破する必要がある。
つまり核分裂原料、製造技術、運搬手段だ。日本にとってこの3つの関門はすでに難題ではない。
「核施設、核技術、核材料の面から見て、日本の核武装には何の障害もない」と劉氏は指摘。

日本が原発の発展を通じて核兵器の原料を大量に備蓄する可能性を排除するのは難しいと言わざるを得ない。
日本の六ヶ所再処理工場では核兵器に転用可能なプルトニウムを年間9トン生産できる。
これは核兵器2000発を製造するのに十分な量で、米国に劣らぬ能力だ。

劉氏は「核兵器を製造するかどうかは日本の戦略的決断次第だ。決断さえすれば、
速やかに核兵器大国になることができると言える」と指摘した。
日本の核兵器保有までの距離は、政治決断の距離に過ぎないのだ。
http://j.people.com.cn/94474/204188/8325146.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧