★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 484.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
被曝と健康16(臨時) 1年1ミリは「法令」か?−1  
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/484.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 11 月 01 日 07:35:00: igsppGRN/E9PQ
 

被曝と健康16(臨時) 1年1ミリは「法令」か?−1
http://takedanet.com/2013/10/post_a273.html
平成25年10月31日 武田邦彦(中部大学)



ある議員さんが正式な形で政府に「1年1ミリという法律の規則はあるか?」という趣旨の質問をしたら、政府は正式な形で「(質問の趣旨はよくわからないが)規則はない」と回答してきた。国民を守ろうという意思を失った政府の回答としてはかなり高度なトリックを使っている。 もちろん、1年1ミリは法令で決まっているものだ。ただ、ごまかすことができるので、私が個人的に話した経験では中央の政党の党首でも私に「法令で決まっていると良いのだけれど」と言われたことがある。日本人の頭脳ではなかなか突破できないトリックかもしれない。でも、話は簡単だ。順序を追って政府のトリックを明らかにし、子供たちの被曝を止めたい。


【第一ステップ】


「人類を被曝から守る」ということをするためには、ある国の規制だけではだめだ。それは「被曝」のように単に道路を歩いていたり、家の中で仕事をしているだけで、「寒さ、暑さ、辛さ」などを全く感じないのに、健康を損なうということは被曝のほかには他には見られないからである。 そこで、まず全世界である程度の被曝レベルを決めておかなければならないので、それをICRPという「任意団体」が決める。ICRPは任意団体だから「強制力」はないけれど、世界の学者を集めた委員会でもあり、IEA(国際エネルギー機関)ほどには政治的でもなく、原子力推進でもないので、ある程度の納得性がある。 外国への旅行者が、ある国に赤ちゃんと一緒に行って1か月ほど滞在したら赤ちゃんが白血病になったとしよう。よくよく調べたらその国は1年100ミリの規制だったというと困るので、各国に「ガイドライン」を示す必要がある。もちろん、「外国への転勤命令」も同じで、仮に転勤を命令された人が相手国の規制があまりにゆるい場合、転勤の拒否をできるようにしなければならない。そのためのガイドラインでもある。 ICRPの最初の「勧告レベル」は1年5ミリだったと記憶している。当時は重篤な遺伝的障害だけだったが、その後、致命的発がんが懸念され、1年0.5ミリになった。そして1979年のパリ会議と記憶しているが、1年1ミリで落ち着き、1980年ぐらいから各国で検討されて、世界中がほぼ1年1ミリの被曝規制(一般人)となっていった。


【第二ステップ】


ICRPは任意団体であり、さらに各国は独立国だから、各国の法令はICRPの勧告通りに決めるわけにはいかない。ICRPの勧告を自分の国に持ち帰って具体的な被曝量を決める。「独立国だから独立に決められるけれど、そうは言っても国際的な協調も必要で、特に旅行やグローバル企業を誘致するなら国際基準に合わせる必要もある」というスタンスになる。 そこで、各国は国内の委員会を開いて我が国はどうするかを決める。日本では1年1ミリとなっている。この時の決める「基準」は「ICRPが1年1ミリといった」ということではなく、その国の国民が「我慢できる限度」を決める。


1年1ミリというのは、人口10万人当たり「致命的発ガンが5人、重篤な遺伝的疾患が1.3人」という確率だから、全人口ではガンが6350人、遺伝的疾患が1651人で合計8001名、つまり1年1ミリの被曝では「日本で1年に8000人が犠牲になる」という数字だ。 これと「原子力発電や放射線の利用」などの「メリット」とを勘案して「我慢できる」と決める。福島事故以来、よく「1年1ミリは厳しすぎる」と言ったり、「1年20ミリまで良いだろう」などということがあるが、1ミリとか20ミリということで決めるわけではない。1年1ミリなら1年8000人の犠牲者、1年20ミリなら16万人の犠牲者がでると予想される。その数字を出して議論しなければならない。 どのぐらいの犠牲者が「我慢できる」か?というのは国によって違う。先進国で安全に対して感度が高ければかなり厳しくなるし、発展途上の場合は国民の健康を多少、犠牲にしても経済発展を優先する場合もあるだろう。


「我慢できる」というのは(「原子力発電のメリット」=「犠牲者の数」)となるので(正当化の原理)、(「車の有用性」=「年間5000人から1万人の犠牲者(交通事故死)」)と比較することになる。現在は1年1ミリなので、犠牲者数は8000人。これが我慢できるとされているということは、(「原子力発電のメリット」=「車の有用性」)という考え方であることがわかる。 子供を持つ親が、毎日子供を学校に通わせるときに、交通事故死が1万人を超えると「心配でしかたがない」ということになるし、5000人ぐらいなら「なんとか無事で学校に行ってほしい」という感じになる。これが「我慢の限界」となる。 私の個人的な見解としては1年に8000人という犠牲者数を覚悟して原子力発電所を動かすか?というと、多くの日本人はそれなら火力発電にしてくれというのではないかと思う。まして、政府が「ICRPが言ったから」ということで、福島の子供たちに1年20ミリという限度を決めた時には、「1年16万人」だから、おそらく本当のことを政府が言ったら、福島の親は心配で疎開させたと思う。


よく、「1年でがんで死ぬ人は30万人だから、それに比べれば少ない」という話もあるけれど、その場合は「天寿を全うして80歳代でなくなる人がガンで亡くなるものが大半」ということであり、15歳児以下の小児がんはわずか2500人程度だ。だから被曝による小児の影響がおおいいことを考えると20倍程度になる。 事故から2年半を経過し、今更「1年1ミリ」が我慢できるかどうかではなく、「1年8000人が我慢できるか」というぐらいは理解しないと議論にもならない。次のブログに法令化の順序を示したい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月01日 08:22:30 : J5WNuN33Wg
この1mSV/y問題は武田教授はずっと言い続けてるけれども
そもそも田中委員長は卑怯なんだよ、原子力ムラの一員だからとか
の指摘も本当は理由になっていない

なんで事故前に、5でも10でも、さらに20mSVでも平気なんだ、だから
制度をちゃんと整えましょうとは大きな声で言わないで
事故が起きてしかももう後が無い時期になってから言い出すのか、
いったいこの世のどこに、事故が起きました、では
事故に合わせて汚染物質垂れ流しを進める為の規制の緩和をしましょう
なんて世界があるのだろうか?
そういうものは普通は事故前に整えてやるべきものだ

泉田知事が主張してる通り、事故原因追及は放置したままで
規制委員会と規制庁は、一見厳しくしてように見えるけれども
実際は事故が起こるかもしれない事を想定した、
事故に託けた規制緩和以外の仕事をしていない

だからなのか汚染水の問題でも人員の問題でも、東電の広瀬社長から、
規制庁からはありがたいお言葉をいただいたなんてたわごとが出てくる
規制の管理当局は規制でキリキリと締め上げるのだから、事業当局からは
本来は恨みつらみか泣き言しか出てこないはずなんだがな


02. 2013年11月01日 09:48:19 : xZ0ku9YB5I
南相馬市 大山こういちのブログ

武田先生「1年1_は全国で8千人死ぬ。20_では16万人死ぬ」これが許せるか?
武田先生がブログに記事を上げてくれました。
これからシリーズで
「論破」してくださいます。

「私にとっての1_が癌になるか?科学的医学的に証明できるか?」
という考え方ではなく

「日本国にとって交通事故に相当する死者数が原発のために我慢できるか?」
と考える。

いらない原発で殺されるのは「犬死」。

国際的合意「1_」は最低限のが我慢レベル。

今更、トリックで「20_」等許容できませんね。

事故が起こっても起らなくても
世界的に我慢基準「1_」。

これを超えれば 被災者に相談するのが「国民主権」。

勝手に政府がNPOの勧告で責任逃れするのは
「ことば遊び」で」トリック。

利権還流天下り官僚の騙されるな!

マスコミは相手にならない。
御用政治家、御用学者は歴史に名を残して糾弾しよう。

一般癌死30万人は高齢者の死因。


16万人いいじゃないか?


15歳未満の子供癌死は2500人。

http://takedanet.com/2013/10/post_a273.html

「年1_被曝で全国で1年8千人死ぬことが我慢できるか?」


http://mak55.exblog.jp/19904218/


03. 2013年11月01日 15:50:09 : YXJFBuxa02
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/217.html

を御覧よ。茨城県高萩市で汚泥からプルトニウム検出。
でこれには後が続く

http://d.hatena.ne.jp/rakkochan+zaiseihatan/20120216/p1

によれば高萩市でのプルトニウム量は”県の発表”で9.2Bq/平米
計算すると平米当たり150億個のプルトニウム原子が入ってるって事だ。


04. 2013年11月01日 16:35:39 : S4AWO1sQ9I
ただねえ、
交通事故の死亡者は現実に起こっている話。
低線量被曝による死亡者数は推定のお話ですよ。その前に何千人かは別の原因で死んでいるはず。
LNT仮説が100%正しくとも実数は0−8000人。つまり、最大で8000人ということ。
現実の数と、他の原因では死なないと仮定した場合の推定による数字を比較できない。
大変感情的な発想。とても科学者の発言とは思えない。

05. 2013年11月01日 19:20:40 : wIWwVLS1Zw
原発事故によって起こる疾患はガンだけではない。体を貫いて細胞を壊すのだから全ての部分に害がある。心臓にも脳にも他の内臓にも血液にも悪影響は出るのだ。

ガンの発生が統計上1%増えるとしても、その1%以外の99%の人に影響がないわけではないのだ。

甲状腺がんなどは1%とか10%増えるというレベルではない。統計上でも本来の数百倍とか数千倍の患者が発生するのだ。

もともとレントゲン検査でもあまり多い回数をするのはよくないとされてきた。検査のメリットが放射線を受けるデメリットより大きい範囲で許容されてきたはず。
年間20ミリシーベルトの所に住むのは毎日レントゲン検査を受けているようなものだ。福島原発事故発生前、どこの誰がいつ毎日レントゲンで放射線を受けてもいいなどと言っていたのか。皆無のはず。


06. 2013年11月01日 20:16:08 : FkctjdK1CN
巨大核パワーには、メリットなど一切なく、存在し得ない、犯罪物。
このたび、福一で、科学証明された。
福一による、被曝は、現行犯罪、無差別大量殺傷の凶悪暴力・殺人犯罪、詐欺。
第一、車でも飛行機の事故でも、責任もあり、補償もある。
核被曝は、全ての人々に及び、全ての人々の物理ストレス・・・
疾病、死亡の原因のひとつに加わる毒物。
あらゆる疾病やそれによる死因に対する補償の形態も、
全ての人々に及ぶか、又は、特定するなら、加害者が、
核に関連しないことを、科学証明しなければならない・・・
できない、皆被曝し、放射性物質が体内・外に無いものはいないから。
犯罪者は、現行犯で、今も継続中、即時、取り押さえ、始末するのが本当。
科学的、法上、何上においても、再稼動など有り得ない。

07. 2013年11月01日 20:17:21 : ZrofFPUZ8E
テレビ東京が伝えた年間被曝線量が1ミリシーベルトを超える地域
http://merx.me/

08. 2013年11月02日 00:39:08 : 27crhYBRkk
03
”プルトニウムは重いから飛びません”とか言ってた方が居る。
しかし
高萩市はフクシマ第一からおよそ100km。ちゃんと飛んでます、ハイ。
東京はフクシマから230kmたっぷり東京まで飛んでるのはたしかです。
化学的毒性が云々って野暮なこと言いなさんな。
肺に入ってアルファ線を半減期2万4千年で出し続ける。
シーベルトも何もないですよ。
細胞にペッタリふっ点いてヘリウム原子核を超高速で放ちます。
ゼロ距離で超高速ですから細胞ぶち切れです。これは確率1で起こります。
ある確率でガン化します。
どうでしょう。単純に考えると東京でも高萩の4分の1はありますよね。
1平米当たり25億個のプルトニウム原子がある。
フクシマから飛んできたんだから風が吹けば舞い上がる。
風が吹けば桶屋がではなくて、風が吹けば誰かの灰の中に入る。
何年間か蓄積する。ポアソン分布に従ってアルファ線をだす。
まぁ希望的観測では雨が降って洗い流されたとも考えられるんですが、
では、高萩はどうしてだってなりますね。
やはり東京も例外ではないって言うことです。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧