★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 537.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なぜ東電は1千億もの利益が出るのか? なぜ原発はまた必ず爆発するのか? 本書を読むとその訳が理解できる。(秋場龍一) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/537.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 11 月 04 日 14:45:00: igsppGRN/E9PQ
 

なぜ東電は1千億もの利益が出るのか? なぜ原発はまた必ず爆発するのか? 本書を読むとその訳が理解できる。
http://akiba1.blogspot.jp/2013/11/blog-post_4.html
2013年11月4日 秋場龍一のねごと


『原発ホワイトアウト』(若杉冽、講談社)

本書がすごく売れている。

それは表紙帯の衝撃的なネーム(惹句)にある。

「現役キャリア官僚のリアル告発ノベル‼」

「原発はまた、必ず爆発する!」

まさに、キャッチーそのものだ。

著者は現役の、しかも経産省官僚では、と憶測される。

経産省といえば、原発を推進する政治経済部門の中枢である。

そう、原発利権の甘い蜜を舐めまくり、おざなりの安全対策と検査で未曾有の巨大事故を招き、巷間では原子力ムラ、原子力マフィアと呼ばれる、その本丸だ。

原発事故渦中においては、対策現場から真っ先に逃げたとされるのが経産省職員である(船橋洋一著『カウントダウン・メルトダウン』に、その「事実」が明記されている)。

そんな経産省とおぼしき現役官僚が、実際にこれまで起きた「事実」をベースに、自民党政権に交代後の再稼働へ向けた、電力会社幹部や経産省官僚のウラの動きを実にリアルに描写している。

たとえば「ネット工作員」の実態の暴露も。

本書が売れているのは、単にそのキャッチコピーの衝撃性だけでなく、「現場」を知らない者にはけっして語れない、その中身の衝撃性にある。

そう、迫真に満ちた数々の生々しい事例の暴露だ。

そして、本書発刊以降に起きた事実、たとえば驚天動地の「東電1千億利益」も、本書を読むことによって、それがどうやればそうなるのか見当がつくのである。

さらに「原発はまた、必ず爆発する!」という超驚天動地も、それがフィクションではなく、ノンフィクションとして読むことができる、からにちがいない。

日本の原発は、福島原発事故を教訓にしたから世界一安全だ、と世界に向けてぬかす輩がいる。

そいつが世界一のホラ吹き野郎であることも、本書が教えてくれるだろう。

「……不満を持つ官僚や記者の圧倒的多数は、鬱屈したエネルギーをひたすら蓄積している隠れキリシタンのようなものだ。息をひそめ、それぞれの官庁で、我慢しながら働いている」

そうであるなら、我慢などしないで、どんどん告発してもらいたい。

第二、第三の、いや第百、第千の「若杉冽」の輩出を期待する。

それが日本を、世界を、いや未来の人類をも救うことになるのだから。

視界不良のホワイトアウトに、ともに光を灯そう……。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月05日 01:50:40 : rwgORSmgTI
フィクションとは言うものの前半はほぼ真実に近いと思われる。

阿修羅の読者であれば大部分は既知の内容と思われるがそれでも新な認識が得られるのではなかろうか。

原発村の裏事情がよくわかり、原発村の事情を知るための入門書としてはお勧めである。


02. 2013年11月05日 06:05:36 : V5HZsvMC3s
告発をさせないために「秘密保護法案」をあわてて成立させようとしている。

03. 2013年11月05日 16:35:18 : Q3V6f0zWRw
1千億もの利益が出るなら、電気料金値下げしてくれ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧