★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 594.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
年間20ミリシーベルト被曝するとはどう言ふ事か?−−「年間20ミリシーベルトを超えるような大量被曝をした労働者はおりませ
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/594.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2013 年 11 月 08 日 19:19:11: of0poCGGoydL.
 

*

(2013年11月08日ミクシイ日記転載)

この記事をお読み下さい。

----------------

■20ミリ・シーベルト以下で安全…規制委が指針
(読売新聞 - 11月08日 03:06)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2642726


20ミリ・シーベルト以下で安全…規制委が指針
読売新聞 - 2013年11月08日 03:06

 原子力規制委員会が、東京電力福島第一原子力発電所事故で避難している住民の帰還に関し、1年間に被曝(ひばく)する放射線量が20ミリ・シーベルト以下であれば、健康上に大きな問題はないとする指針を今月中にまとめることがわかった。


 政府が長期目標として掲げる「年間1ミリ・シーベルト以下」が安全の目安ととらえられているため、科学的な知見を示して不安の払拭を図る。指針には20ミリ・シーベルトでは発がんリスクが十分に低く、適切な対策を取れば、リスクは回避できるとの見方が盛り込まれる見通しだ。


 現地調査を行った国際原子力機関(IAEA)も10月、年間1〜20ミリ・シーベルトの被曝線量は許容できるとした報告書をまとめている。


 指針を受けて、政府は正確な線量を把握するため、携帯式の個人線量計を配布する。保健師などが住民の健康相談に乗る「帰還支援センター(仮称)」も各市町村に設置する方向だ。


---------------

「原子力規制委員会が、東京電力福島第一原子力発電所事故で避難している住民の帰還に関し、1年間に被曝(ひばく)する放射線量が20ミリ・シーベルト以下であれば、健康上に大きな問題はないとする」のだそうです。

では、この「年間20ミリシーベルト」とは、どんな量なのか、皆さんは、「実感」を持って理解しておられるでしょうか?

次の文章をお読み下さい。

----------------

 私は長年、原発で働く被曝労働者の問題に関わってきました。彼らなしに原発の維持はできません。例えば、09年に原発で働いて被曝をした労働者の数は約8万3000人。そのうち、95パーセント以上の人の被曝量は年間5ミリシーベルト以下でした。5ミリシーベルト以上は4パーセント、10〜20ミリシーベルトで1.5パーセント、20ミリシーベルトを超える者はゼロでした。
 被爆労働者にとってもっとも過酷な労働は、原発の定期検査の初期の段階です。1年間放射能にまみれた格納容器の中は、人が入って作業ができる環境ではありません。そこで、山谷(東京)・釜ヶ埼(大阪)・寿町(横浜)など、各地の寄せ場と呼ばれる地域の日雇い労働者を集めて現場に連れていき、雑巾で放射能をぬぐい去る除染作業に従事させます。彼らは被曝量がある限度を超えると解雇され、元の寄せ場に戻されます。
 そのような労働者の中には強い倦怠感に悩まされ、発熱や下痢などの症状が治まらず、次の仕事にも出られなくなり、結局野宿者になっていく人が多くいました。国策に貢献したにもかかわらず、何人もの労働者がいかなる保護を受けることなく、路上で亡くなっていくのを、私は見てきました。でも、彼らの中に、年間20ミリシーベルトを超えるような大量被曝をした労働者はおりませんでした。
 ところが今では、福島の子どもたちはこれらの原発労働者よりも多い線量の中で、毎日暮らさざるをえないのです。


(藤田祐幸「原爆と原発/年間1ミリシーベルト基準は、日本の原爆被ばく者の『命のデータ』から生まれた。」(DAYS JAPAN 2013年11月号・50〜55ページ)同誌同号52ページ)
http://www.amazon.co.jp/DAYS-JAPAN-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3-2013%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B00FN3HYTO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1383901532&sr=8-1&keywords=DAYS+JAPAN

藤田祐幸(ふじた・ゆうこう) 物理学者。放射能汚染地帯や被曝労働者の調査を続ける。

----------------

 


お読みの通りです。物理学者である藤田氏に依れば、原発労働者の中に、20ミリシーベルト以上の被曝をした労働者は居なかった、と言ふのです。

「年間20ミリシーベルト」の被曝とは、それほどの線量なのです。


新聞が何気無く伝える数字には、こう言ふ意味が有るのです。


新聞は、こう言ふ事を言ふべきです!


2013年11月8日(金)


西岡昌紀(にしおかまさのり・内科医)

http://blog.livedoor.jp/nishiokamasanori/archives/6916896.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1915618073&owner_id=6445842

*  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月08日 19:28:53 : YxpFguEt7k
子安宣邦氏
「先日、東京の大学教員として赴任した中国の若い友人と話をした。彼は妻子を残して単身で東京に来た。「まだ子供が小さいものですから」と、放射能を恐れての単身赴任であることを彼はいった。これは過剰な心配ではない、海外からの日本への赴任者がする当然の配慮だろう。
海外のだれよりも、日本人がもっとも知ろうとしないのである。あるいは知ることを避けているのである。何を。福島原発の汚染水問題だけではない、その廃炉に導く長い処理過程自体が、まさに人類的危機というべき事態であることを知ろうとしないのである。」
https://twitter.com/Nobukuni_Koyasu/status/398247275127771136
https://twitter.com/Nobukuni_Koyasu/status/398252578980364288

人類全体の危機。
たいへんなものを背負い込んだものです。


02. 2013年11月08日 22:05:50 : LxDacdRM5Y
日本の法定被爆限界量については、
南相馬市議会議員大山こういち、真実を探すブログ、
武田邦彦中部大教授、カレイドスコープなどのサイトで拙者は
誠実信用学者の解説を読んでいる。

この板の医師は、労働者が原発から持ち帰った手帳の累積被爆記録をカルテに
書いて投稿されたと思う。マスコミが欺瞞記事を書き東電と政府が真実隠蔽で
国民に更なる被爆を強制しようと動いていくのにいたたまれずの行動でしょう。



03. 2013年11月08日 22:43:15 : zquWhlAtc2
事故前に言い出さずに、事故後になって言い出すのは焼け太りすぎる

もっとも直接聞かれたら、田中委員長はいつもの通り
いやそういうつもりで述べたのではない、審査はこれからとお茶を濁す

原発ホワイトアウトの予言通り、次に過酷事故が起きたら
こんどは50mSVとなるのかな
その次は、100・・・

いやはや3流SFより十分恐怖をだな


04. 2013年11月08日 23:13:38 : FfzzRIbxkp
田中委員長の会見を見ましたが、低線量被爆はまだわからないことがたくさんあるとして、被曝限度を上げるような発言は控えていますよ。

被曝限度を上げろ上げろとやかましいのは質問してるマスコミの方。

田中委員は答える度に1ミリシーベルトから20ミリシーベルトのあいだで、
個人差を考えて欲しい・・というようなことをずっと申しています。

私としては、すでに2011年3月に初期被曝を防げなかったために被曝をした人たちに対して、年1ミリシーベルトの被曝限度でも高いと思います。

とくに子供たちは!
カレーや味噌汁、味噌ラーメン、子供たちの免疫力をつけて体内の放射性物質をどんどん排出。 本当は体の中に取り込まない工夫をもっともっと!

オリンピックでは、子供たちの被曝をいかに防いだか。とか、被曝を防ぐ、放射性物質をデトックスするノウハウやグッズを世界中の人と共有したいですね。

そのためには実績を。
原発事故、子ども・被災者支援法をもっと機能的にしていきましょうよ。
子供向けの商品やサービスを扱う企業の方々、そろそろ出てきませんか。

フクイチの事故処理施設なんて、ゼネコンがこれみよがしに看板出して、
ショックドクトリンビジネスです!と事故紹介しているようなもんです。
厚かましいったら、ありゃしない。


05. 2013年11月09日 00:15:56 : xxpM7jkFPI
『<原子力規制コンナンデ委員会・田中委員長クン>は見え見えの、ヘドロ姦猟機構&ぶら下がり既得権益族>のパシリである。』

この<コンナンデ委員会>には、“原子力・原発”に関して、一定の“科学的判断・所見”を提示するだけの、独自の「データ」も無ければ「解析能力」も無ければ「判断する為の知見」も無い!と断言して良い。
だって、<コンナンデ委員会>事務局スタッフの大半は“刑惨省”や“棺狂省”からの出向ヘドロ族なんだも〜ん。
<田中コンナンデ委員長>にしたって、総合的に判断する知見もないし主導力も無い「ヘドロ族凡人」にしか過ぎないってことさ。全ては<IAEA>頼みの藁人形なんだって。
手前ぇ等の無知・無能・無策の言い訳がこれかい?
『政府が長期目標として掲げる「年間1ミリ・シーベルト以下」が安全の目安ととらえられているため、科学的な知見を示して不安の払拭を図る。指針には20ミリ・シーベルトでは発がんリスクが十分に低く、適切な対策を取れば、リスクは回避できるとの見方が盛り込まれる見通しだ。』ってさぁ…ほんとに失笑を通り越して、“軽蔑と嫌悪”の念が沸々と湧いてきてしまう。
オイラは、根がクールな性分だって自分で思いこんでるから、殊更、人を軽蔑したり嫌ったりしてはいない。
でもそれは個人的な許容範囲であって、もし<田中コンナンデくん>が<IAEA>の偽装お墨付きを頼りに「帰還生活基準値」を“年間20ミリシーベルト”でもいい、なんてほざいたら、オイラは田中コンナンデくんを徹底的に“憎む”ようになる。


06. 2013年11月09日 05:40:15 : d7Ep0IHyRI
>>04
ちゃんと読売っていいましょうよ、マスコミといわずに
こつこつ地道にやってる記者がいるのに気の毒だ

どうやら森口誤報新聞のとばしのようだな
もう読売の医療記事には爪の垢も信用できない
読売購読してる医者に当たってしまったら放射線浴びさせらまくって
良くなるものよくなりゃしない


07. 2013年11月09日 07:43:12 : pAmHv0AzRU
年間20ミリってことは毎時2μSvでもオッケー、大丈夫だ!ってことでしょ?

こえーよ


08. 2013年11月09日 10:50:01 : rrhrFN6JLd
原発労働者も3/11以前は20mS/年であったが出来るだけ被曝量は少なくするようにしていた。1mS/年が基本でありそれが常識だった。

09. 2013年11月09日 12:45:00 : aiMZAOJQqY
浜岡原発で働いていた嶋橋伸之さんは、9年弱で累積50ミリシーベルトで、
慢性骨髄性白血病で死亡。労災が認められた。
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/749.html

50ミリシーベルトを浴びると白血病で死ぬことを国は認めているわけだ。

年間20ミリシーベルトの汚染地域にたった2年半住んだだけで、同量の被曝をしてしまう。
長期間住めば、白血病やがんになるのは間違いない。

しかも、嶋橋さんの場合は作業現場での外部被曝だけだろうが、超汚染地域に住めば、
空気も水も食べ物もすべて汚染されているから、とんでもない内部被曝になる。

20ミリシーベルトというのは、呼吸も飲食もしない計測器の話であって、
人間はその何倍も内部被曝する。

こんな汚染レベルの土地に住めというのは、死ねと言うのと同じだ。

下手に生き残ると補償が大変だから、たっぷり被曝させて、早く殺してしまおうというのが
政府の魂胆だろう。

元住民の皆さん、絶対に政府の言うことを信じてはいけませんよ。


10. 2013年11月09日 12:46:45 : dEc7dQUr9E
そもそも年20ミリという20がウソ。これは1日のうち16時間は家にいて外の4割
しか被曝しないという想定で、チェルノブイリ流にいえば、年34ミリということに
なる。

チェルノブイリでは、避難が必要とおもわれる線量は実に年0.5ミリだ(野呂美加氏
による)。これは、内部被曝もあるからで、それを0.5ミリとみている。だから、
20ミリを避難基準とすれば、チェルノブイリの68倍(34÷0.5)となる。


11. 2013年11月09日 15:38:47 : NoYaqvHSb6
内部被爆が無ければの話で
20msv年 で外部から放射線に貫かれて100人に1人ガンになる

内部被爆は細胞に隣接して1Bqで1秒に1回数千か数万の細胞DNAを切る
1Bqのセシウムは13億個 その命が終わっても13億回周りの細胞に
放射線を出し続ける 30年で6億5000万個 0.5Bq

10Bq/kgの食事が今普通 60kg食ったら排出も有るが
大体人生終わり あらゆる病気の体に成る。
年寄りほど 筋肉に付く 同類のカルシウムが付いた自分の写真見せてもらった


12. 2013年11月09日 21:17:28 : pAmHv0AzRU
ジョン・タイターがなるべく物を食うなって言ってたのはまさかこのことだったのか。たしかに俺らには寿命引き伸ばし作戦しかのこされてないからな。

13. 子どもたちの健康を… 2013年11月10日 00:16:17 : kDUwAV4h7iDoY : LADGWykVyc
>04様

エビデンスのある「放射性物質をデトックスするノウハウ」が知りたい。
ノウハウを研究、情報を蓄積、分析する機関が欲しいものです。
また、特に呼吸で肺に放射性物質を取り込まないようにする防護策を
知りたい(移住ではなく)。
スギ花粉に含まれていたり、粘土質の塵埃に付着するセシウムは
サージカルマスクを正しく付ければ防御を期待できるが、
その他に想定するべき放射性物質や方策はあるのだろうか。


14. 2013年11月10日 00:36:23 : axvoo6fa2w
田中委員長はコウモリ。

しかし本籍は原子力村。委員長になる前からすっと原発派安全との宣伝に努めてきた。

山下俊一とは役割分担。


15. 2013年11月10日 02:30:46 : QBrYpzDGwo
 13様

   抗酸化作用とデトックス作用のあるサプリメントが良いと聞いています。これまでも、癌細胞の増殖を防ぐにはビタミンA,C,Eの摂取他、コエンザイムや各種ミネラルが有効と言われています。
   食品で取るのがベストですが、この状況ではなかなか困難ですので、必須ビタミンをサプリメントの服用で補うのが良いように思います。
   病院の栄養管理士など、専門家に色々とサプリ服用について伺ってみてください。
   


16. 2013年11月10日 10:10:03 : pAmHv0AzRU
英語の情報ではイチョウ葉エキスが良いということがちょいちょい出てきます。アメリカの研究機関ではプラセボ以上の効果なしという結果が出たとなっていますが、ドイツの研究機関では効果アリと出ています。実際服用していますが、毛細血管の血流が増えるのは実感できるので脳を守るには良い可能性は高いです。シュワーベが一番いいのかもしれませんが、輸入されているもので安価のものもあります。あと絶対に副作用が無いとは言い切れませんのであしからず。

17. 2013年11月10日 13:01:24 : GXIEmnWgck
福島第一原発事故でのハイパーレスキュー隊の活躍は今も目に残る。
東京消防庁が定める原子力災害の現場での被曝量の基準値は30ミリシーベルトだ。
これは一回限りということで、毎年これだけ被曝してよいということではない。
被曝した隊員は再出動しない。またすでに子どもを生んだ隊員を選んだ。
プロですらこうする。

18. 2013年11月10日 14:10:49 : JQ3f3FndAk
外国のお墨付きがあるんだから、ごちゃごちゃ言うな。自民党を信じろ。

19. 2013年11月10日 15:44:01 : GWgfOtzy4g
↑ 貧民は死ねって言うんだろ。

  はいはい解ってますよ。


20. 2013年11月10日 16:20:54 : BQVr3UgLRc
>>18. 2013年11月10日 14:10:49 : JQ3f3FndAkさん

自民党を信じろ…

シニカルだななあ


21. 2013年11月11日 01:35:09 : aiMZAOJQqY
>>18
外国ではなく、極悪原子力推進団体IAEAが言っているだけだ。
商売ができなくなるからね。

20ミリシーベルト/年を一般住民の被曝限度に設定している先進国など、どこにもない。
数年で間違いなく白血病・がんになる線量だからね。
しかも内部被曝は考慮していない。

自民党も、安全というのなら、福島に本部を移せよ。
復興だ、応援だと言いながら、誰も福島に近づかないのはなぜだ?


22. PERO2 2013年11月11日 23:31:07 : rPQze6UyJ.bxk : dmrDVrYZ7c
IAEAは、放射能の作業に従事しない住民の被曝限度を年間1ミリシーベルト以下と決めている。

緊急時、即ち、どうしても食料が入手できない時だけ、それをオーバーしても良い、と決めている。日本の場合は、食料が調達できるにもかかわらず、大量の被曝をさせた。IAEA勧告の曲解である。

ちなみに、年間20ミリシーベルトは、原発作業員(311前の)の年間被曝限度である。

政府は、勝手に被曝限度を1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに引き上げた。これは、暴挙である。にもかかわらず、国民は、のほほ〜んと暮らしている。こんな国は、全世界で日本だけである。チェルノブイリのソ連でさえ、年間1ミリシーベルトを被曝限度としている。

ああ、バカに付ける薬はねえなあ、と思う。放射能の被害は、正に、政府が言った通り、”直ちに障害は起こらない”のである。それは、5年以上経ってから起こり始める。

加えて、放射能=ガン、というのは間違いだ。被曝によって、どんな症状が出るのだろう? それは、被曝者が過去に散々語っているにもかかわらず、国民は見ようとしないので、誰も知らない。彼らが、一生を台無しにされた放射能障害。

それは、

・慢性疲労
・慢性皮膚炎(激しいアトピー)
・慢性熱
・アレルギー疾患
・内臓の不調
・多発性ガン

である。戦後68年、日本人が被曝者の気持ちを垣間見たのは、第五福竜丸事件の一瞬だけだった。全世界が原水爆禁止運動に湧き、数万人にも及ぶ大会が毎年開催された。その後、第五福竜丸も忘れ去られ、原水禁大会参加者はたった300人まで減少した。

日本人が、原爆にも原発にも興味が無くなった2011年、福島原発事故が起きた。正に、起こるべくして起きたと言えよう。今後、日本人は放射能疾患をじわり、じわり、と感じて行くだろう。

気付いた時には、もはや、遅し。ま、後で後悔すんだな。

放射能の危険性を学ばなかった事を。政府を信じた事を。自分の無能さを。

勉強する事を拒否した人間の末路である。

賢人は言った。”馬鹿は死ななきゃわからない”。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧