★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 641.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東電原発の内部告発連発 作業員「ハッピー」官僚「若杉」ら (週刊ポスト) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/641.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 11 月 11 日 16:17:00: igsppGRN/E9PQ
 

東電原発の内部告発連発 作業員「ハッピー」官僚「若杉」ら
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131111-00000016-pseven-soci
週刊ポスト 2013年11月22日号


 東京電力福島第一原発で事故収束に携わっている現場作業員「ハッピー」さんが本を出した。題して『福島第一原発収束作業日記〜3.11からの700日間』(河出書房新社刊)。本の帯で津田大介さんが「どんな報道関係者にも真似できないルポルタージュであり、新世代の労働者文学でもある」と書いている。

 一読して、まったくその通りだと思った。一言付け加えれば、これは現場作業員が見た「生の事故報告書」でもある。まるで原発からの「モクモク」(放射能を含んだ霧と煙)が見えるようだ。

 ハッピーさんといえば、事故直後からツイッターで原発内部の様子を報告してきた。記者たちが近寄れない中で、そのつぶやきは、ときに「特ダネ」にもなった。

 たとえば、2011年12月17日付では汚染水処理や循環冷却のホースに植物のチガヤが穴を開けてしまい、汚染水が漏れている事実をいち早く紹介している。

 いま大問題になっている汚染水についても、こうだ。政府が2011年4月に事故収束の工程表を出したとき「現場でオイラたちは『何だこの工程表? どっから出てきてるんだ? こんなの出来るわけねえべ!』って話してた」。

 その結果、同年5月28日には「トレンチから溢れるまで達するのは確実。東電はトレンチ上部をコンクリートで塞ぐらしいけど、他の弱い場所に圧力がかかり、また海に流れるんじゃないかなぁ?」と警告を発していたのだ。現状をこうみる。

「トラブルの多くは十分、予測出来たことなんだ。予算削減、設計簡素化、工期短縮、行き当たりばったりの対応・対策のツケが今になって露呈してきてる感じなんだよね」

 では、どうすれば良いか。

「やっぱ1F(第一原発)の収束作業は東電から切り離して、コスト度外視で新たな組織でやるしかないと思う」
「今のままじゃ40年後の廃炉とか絶対に不可能だよ」

 原発関連では、ある高級官僚も「若杉冽」というペンネームで『原発ホワイトアウト』(講談社刊)という小説を出している。政府の原発政策が嘘と秘密に覆われていて「このままでは、また事故が起きる」という内容だ。

「ハッピー」さんや「若杉」さんの訴えは「東電と政府のデタラメに黙っていられない」という現場からの内部告発である。1Fと霞が関という遠く離れた現場から、期せずして同じ声が上がったのは、事故対応の深まる矛盾を物語っている。

 この声を政府や東電はどう受け止めるか。それとも聞く耳を持っていないのか。

文■長谷川幸洋:東京新聞・中日新聞論説副主幹。1953年生まれ。ジョンズ・ホプキンス大学大学院卒。政府の規制改革会議委員。近著に『政府はこうして国民を騙す』(講談社)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月11日 17:04:57 : 3nxUU5BxsI

 ”特別秘密保護法”成立前なのでOK、GJ。

 成立・施行後だと刑務所行きだな。 おそろしやおそろしや。


02. 2013年11月11日 17:58:27 : 7wJCqOq2nZ
週刊ポストはまんまとハッピー東電広報部隊長の罠に嵌っとるね 笑
ハッピー隊長含み笑いしております。笑

03. 2013年11月11日 17:59:38 : Fbrymlivsk
本旨とちょっとずれるけど、ハッピーさんの文体は、ちょっと前の2ちゃんっぽい。「電車男」時代のあれっぽくてレトロだけど、内容はリアリティを感じさせる文学としても面白いと思ってました。

あの内容が特定秘密ってことはないですよ。アレを規制するようなら日本政府は終わりです。
特定秘密に何が該当するか明確に規定しないとあの法案は、法ですらない。「その他」大過ぎ!


04. 2013年11月11日 23:16:06 : rwgORSmgTI
>>03殿
甘いと思います。

政府は公務員以外に対しても強引にこじつけでもなんでもして彼らに都合の悪いことは取り締まるでしょう。
それが合法的にできない場合はあらゆる手段で罠にかけ社会から抹殺しますよ。


05. 2013年11月12日 00:04:07 : suvcO3SHSw
原発作業員が本を出すってw
ただでさえ人が足りないというのにそんな暇は無いと思うんだが。

前々から目をつけられてるだろうし、ノートPCで原稿を書くのすら難しい。
オンライン環境があるかすら怪しいし、ましてや編集とアポ取る事すら無理でしょう。

1F以上に作家的作業工程が全く理解できないですね。


06. 2013年11月12日 01:03:16 : ZRjnouqilU
>本の帯で津田大介さんが「どんな報道関係者にも真似できないルポルタージュ
津田大介って、よくNHKとかに出てる人。


> ハッピーさんといえば、事故直後からツイッターで原発内部の様子を報告してきた。記者たちが近寄れない中で、そのつぶやきは、ときに「特ダネ」にもなった。
新聞やテレビより先につぶやいた事はない。

>こんなの出来るわけねえべ!
福島の人間なら、福島弁だと思うけど、福島弁は喋らない。福島の人間でないことがバレちゃうからでし。

>また海に流れるんじゃないかなぁ?」
汚染水の海への流出なんて事故当時から小出先生が言っているので、普通にみんな知っていることだよ。

以上、工作員ハッピーの原発作業員のなりすましは常識となっております。


07. 2013年11月12日 15:26:11 : aiMZAOJQqY
ハッピーという作業員は存在しない。

東電関係者が現場から上がってくる情報を集めて、反原発風味にして書いているだけ。
真実の中にウソをたくみに混ぜて、東電の思い通りの方向へ世論を持っていこうとしている。

事故当時から現場にいるということだが、そんな古参作業員は大量被曝で全員すでにあの世だ。
一番安全な所で総指揮を取っていた吉田所長ですら、がんで死んだのだからね。

河出書房新社はそんなことも知らないおバカ出版社なのか、あるいは原子力ムラの広報担当か。

こんな本を出しても笑われるだけだ。


08. 2013年11月12日 22:32:37 : LkyxXOwbsc
その内部告発を潰す自民党。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧