★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 714.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
11月に始まる核燃料の取り出し、そこにはどれほどの危険が潜んでいるのか?!  〈前篇〉(星の金貨プロジェクト) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/714.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 11 月 16 日 00:22:00: igsppGRN/E9PQ
 

【 11月に始まる核燃料の取り出し、そこにはどれほどの危険が潜んでいるのか?! 】〈前篇〉
http://kobajun.chips.jp/?p=14939
2013年11月15日 星の金貨プロジェクト


福島の原子炉4号機からの核燃料の取り出し、広島型原爆14,000発分の放射性物質の脅威
これまで人類が経験した中で、最も危険で最も高度な技術、最も高度な管理が必要な作業

アンドレア・ジャーマノス / コモン・ドリームス / フェアウィンズ 10月24日


早ければ11月にも、巨大事故を引き起こした福島第一原子力発電所を管理する東京電力は、作業中に事故が起きれば今度こそ日本に『壊滅的』被害をもたらすことになる、原子炉4号機の使用済み核燃料プールからの燃料とし出し作業に着手することになります。

取りださなければならない核燃料棒の数は1,300本、破壊された原子炉建屋の上層階にあり、その放射性物質の量は広島型原爆14,000発分に相当します。
原子炉4号機はメルトダウンこそ起こしませんでしたが、水素爆発による破壊により傾き、一方が沈み込んだ状態にあり、大型の地震に見舞われた際の耐震性はゼロという状態です。

ジャパン・タイムズは、状況について、以下のように解説しています。
燃料棒の取り出しを行うため、東京電力は荷重273トンの稼働式クレーンを建設、操作は離れた場所の別の部屋で、リモートコントロールによって行います。
[中略]
燃料棒は挿入されているラックから一本ずつ抜き取る作業を行い、重い鋼鉄製の容器に移し替えることになっています。
これらの作業はすべて水中に沈めたままの状態で行います。

次に燃料棒の入った容器をプールから取り出して地上に降ろし、損傷を受けていない共用の核燃料プールの中に再び沈められることになります。
正常な状態なら3カ月ほどで終了する作業ですが、東京電力は2014会計年度の終了(2015年3月)までの1年と5カ月でこの作業を終わらせたいとしています。

しかしこれ程の事業を東京電力が行うということに対しては、各方面から疑問と懸念の声が上がっています。
福島第一原発の事故収束・廃炉作業を前に進める責任があるはずの東京電力は、実際の作業においては事故やトラブルを繰り返すばかりで、進行中の危機を収束させるには程遠い状況にあります。
その会社が400トンもの使用済み核燃料を、人間の手で無事に進めることが出来るのかどうか、その疑念には深刻なものがあります。

この点について、ベテランの原子力技術者で、フェアウィンズ・エネルギー・エデュケイションの責任者であるアーニー・ガンダーセン氏が、この夏以下のように警告しました。
「かなりの数の燃料棒が、取り出し困難な状況に陥ることになる可能性があります。」
「この作業が順調に進むだろうと考えるのは、事実を軽視することであり、論理的にかなりの飛躍があります。」

原子炉監視プロジェクトのポール・ガンター博士は、ビヨンド・ニュークリアー(原子力)のタコマ・パーク博士とともに10月下旬、コモン・ドリームスに以下のような声明文を寄せ、事態について警告しました。

「全体の状況が安定していない中で、数百トンに上る高い放射性物質を含む核燃料の取り出しに着手することは、今日の事態を一層危険なものにする恐れがあります。」

ガンダーセン氏は核燃料を取り出す作業の危険性について、以下のたとえを用いました。
「核燃料棒をタバコに、燃料棒が挿入されたラックをタバコのパッケージに見立てて考えてみましょう。
たばこのパッケージが新しいままなら、タバコは一本ずつ簡単に引き抜くことが可能です。
しかし、4号機の核燃料ラックは変形していると考えなければなりません。
ひしゃげたパッケージから乱暴に引き抜けば、タバコは引きちぎられてしまうでしょう。
同じようなことが、4号機の核燃料プール内で発生する可能性があるのです。

核燃料の収納ユニットはすでに変形しており、万が一にも核燃料を力任せに引き抜くようなことをすれば、核燃料が破損してしまう恐れがあり、そうなればセシウムやその他の放射性物質、キセノンやクリプトンが環境中に放出されてしまいます。」
「11月、12月、あるいは1月、作業中に核燃料棒が損傷する事態が発生し、作業員が緊急避難を強いられる事態の発生を、私は恐れています。
私は燃料棒を引き抜く際の事故により、さらなる放射性物質が環境中に放出される事態を恐れているのです。燃料棒は一度オーバーヒートしたのではないでしょうか?核燃料プールは一度沸騰して、水がほとんど無くなったのではありませんでしたか?そうしたことを考え合わせると、最早取り出すことが不可能になっている燃料棒が存在する可能性があるのです。」
(詳しくは『進行中の福島の危機』、本当は何が起きているのか《第4回》 http://kobajun.chips.jp/?p=14455 をご参照ください)。

ジャパン・タイムズは以下のように付け加えました。
正常な状態で行われる燃料棒の取り出し作業は、燃料棒の位置をミリメートルの単位で正確に記録しているコンピュータを使いながら行われます。

しかし放射線量がきわめて高い環境で盲目に近い状態で作業を行なえば、クレーンから燃料棒を落下させたり損傷させたりといった事故が発生する可能性があります。
そんなことになれば、3.11によって厳しい状況に追い込まれた東北地方が受けるダメージは、言葉などでは表現できない程悲惨なものになります。

〈 後篇に続く 〉

http://www.commondreams.org/headline/2013/10/24-3
http://fairewinds.org/media/in-the-news/fuel-removal-potential-apocalyptic-scenario-says-commondreams-org

 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

ひとつ気がかりなのは、世界が注視しているこの危険な作業が始まるという事を、いったいどれだけの『日本国民』が認識しているか、という事です。
例によって日本国内の報道では、4号機の使用済み核燃料の取り出し作業は、廃炉作業の中の一段階に過ぎないかのように扱われています。

万が一東京電力が作業中に事故を起こしたら、これまで翻訳してきた海外の報道を見る限り、少なくとも100キロ圏内にいる人々は直ちに避難しなければならないはずなのに。
『その場合』考えられる状況について、海外の報道は『カタストロフィ』や『黙示録』といった表現を使っています。
ところが、国も県も市町村も、この問題については沈黙したまま。

さらにはこの記事にあるように、これまで事故収束・廃炉作業についてはほとんど前進させることが出来なかった東京電力に、まかり間違えば東北、北関東という単位で国土を滅ぼす可能性のある作業をやらせるのか?
という疑問を、憤りとともに感じます。

この国では原子力災害については、やはり自分の身は自分で守るしかないのでしょうか?
この有り様だからこそ、日本国内での原子力発電は許してはならない。
違いますか?

 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 11月に始まる核燃料の取り出し、そこにはどれほどの危険が潜んでいるのか?! 】〈後篇〉
http://kobajun.chips.jp/?p=14962
2013年11月16日


11,000本の使用済み核燃料が地上に散乱、その時起きることとは…
これまで人類が経験した中で、技術的に最も危険な作業になる
東京電力が作業をやり損なえば、施設内の全員が緊急避難、電子機器も正常に作動しなくなる

アンドレア・ジャーマノス / コモン・ドリームス / フェアウィンズ 10月24日


長年原子力発電の問題に取り組んできたハーヴェイ・ワッサーマン氏は、使用済み核燃料棒は常時冷却し続けなければならないことを改めて指摘しました。

もし核燃料棒が直接空気に触れれば、ジルコニウム合金の被膜が発火し、大量の放射性物質を環境中に放出してしまうことになるからです。
あるいは燃料棒同士がぶつかったり、破壊された燃料棒が重なり合ったりすれば、爆発の可能性すら生じてしまいます。

「考えられる最悪のシナリオはこうです。」
ワッサーマン氏が続けました。
「原子炉建屋の上層階にある使用済み核燃料プールが、建物の倒壊により崩れ落ち、保管されていた核燃料棒が地上に投げ出されて破壊されます。
核燃料棒はその場で臨界に達し、繰り返し爆発が起きます。
その結果、2011年3月とは比較にならない程大規模な事故が起きてしまうのです。」

ワッサーマン氏はこの作業はとてものこと東京電力一社に任せて良い物ではなく、国際的な問題として、多国間の連携により行うべきだとの意見をコモン・ドリームスに寄せました。

上述のガンター博士も同意見です。
「東京電力だけにこれほど危険な作業をゆだねるわけにはいきません。独立した国際的機関による監視と管理の下に、作業に取り掛かるべきです。」

福島第一原子力発電所原子炉4号機の使用済み核燃料の取り出し作業は、これまで人類が経験した中で最も危険な技術的作業になる可能性があります。

これまで積み上げられてきた事実により、世界が確信していることがあります。

ひとつ。
誰が見ても、これほど危険な作業、全てを完璧に行わなければならない作業を、間違いなくやり遂げる能力は、東京電力には無い。

もうひとつ。
東京電力は実際に起きていることを、逐次正確に世界に向け伝えることはしない。

そして東京電力に代わって日本政府がそれを行ったところで、少しは状況が良くなるといういかなる証拠もありません。
世界中から選りすぐった科学者、技術者による特別な専門チームを編成し、予算に制限をつけることなく作業を行う以外、これ以上人々と国土を危険にさらさないようにする方法は無いのです。

4号機使用済み核燃料プールで事故が発生した場合、放出される放射性物質の量は『黙示録的』なものになるという表現が用いられています。
黙示録には地球全体の破壊を描写する一項があります。

実際、4号機使用済み核燃料プール全体が事故を起こせば、セシウムだけで広島型原爆14,000発分の放射性物質をまき散らすことになります。

東京電力がもし作業をやり損なえば、福島第一原発の施設内にいる全員が緊急避難をしなければならず、電子機器も正常に作動しなくなってしまいます。

瞬時に人を死に至らしめる数十億数百億キュリーの放射線が環境中、海洋中に放出されることになり、対策を取ろうにも危険すぎて、人間は近づくことすらできません。

ワッサーマン氏の警告は、現実離れしているのでしようか?
放射性物質の権威、クリスティーナ・コンソロ博士も同様の危険性ついて警告しました。
最悪の場合、福島第一原発原子炉4号機の核燃料プールが、『黙示録的』状況を引き起こす可能性は充分にある、と。

ガンター氏の見方も、同様です。
「時間を無駄にはしていられません。再度巨大地震が発生し、耐震性が無くなっている4号機建屋を崩壊させてしまえば、その上層階にある使用済み核燃料プールも崩壊してしまいます。」
「もしそうなれば大量の使用済み核燃料が地上で臨界に達し、莫大な放射性物質が放出され、北半球、あるいは東半球全体に被害が及ぶことになってしまいます。」

ワッサーマン氏は、事態の重大さを考えれば、世界はその視線を福島から外してはならないと語ります。

この指摘は脱原発・反原発などの、立場による見解ではありません。
地球規模の運命を福島という場所が握っており、これから起きることを世界は逐一注視し続けなければならないのです。

もし11,000本の核燃料棒が地上に散乱する事態になれば、莫大な量の放射性物質が大気中と海洋中に放出され、恐ろしい程の数の生命が危険にさらされることになるのです。

〈 完 〉

http://www.commondreams.org/headline/2013/10/24-3
http://fairewinds.org/media/in-the-news/fuel-removal-potential-apocalyptic-scenario-says-commondreams-org

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

この記事を読んで、自分が暮らしている90キロ先で、今何が始まろうとしているのか、どんな危険があるのか、はっきりと理解できました。

「この指摘は脱原発・反原発などの、立場による見解ではありません。」
この1行が心に重くのしかかりました。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月16日 01:52:16 : FyodjO52js
燃料棒は一度オーバーヒートしたのではないでしょうか?
核燃料プールは一度沸騰して、水がほとんど無くなったのではありませんでしたか?

上記のガンダーセンの指摘は、吉田所長が東電本社に送った自筆のファックスで、4号機の火災に関連して米軍に出動要請した報告をしていることでも確認できる。

既に燃料棒は正常な状態でないことは確かなようだ。


02. 不乱坊 2013年11月16日 05:22:02 : kbTBOGSw0930o : XmpMJmnM4k
>ひとつ気がかりなのは、世界が注視しているこの危険な作業が始まるという事を、
>いったいどれだけの『日本国民』が認識しているか、という事です。
私も首を捻る。国家などどうでもよい私のような「非国民」にとっても、自分や身の回りの人々の
生命に関わる大問題だ。もっと情報を出せ、と政府に、あるいは主要メディアに要求したい。
だが多くの国民は、そんなことが進行中なのも知らないのではないだろうか。
金曜デモで道行く人々のようすをみていると、そう思わざるを得ない。
自分の生命を、東電や政府に任せっぱなしにし、自分の意思を表明することもなく、それでいて
何か重大事が発生したら、ペットボトルの買い占めに走るのが、飼いならされた国民性か。
台風被害のフィリピンで略奪があったというが、ちっとも変だと思わない。テレビまで盗んだというけど、
情報が不足していて、電力・電波が通っていないとしても、「知りたい」と思ったかもしれないしね。
自称「先進国」の怒ることを忘れた国民より、よほどまともだと思う。
>東京電力は実際に起きていることを、逐次正確に世界に向け伝えることはしない。
海外からいら立ちの声が、こうして届いて来るのに、当の日本国民が、まっとうな世論さえ
作れない。大多数が自分の命まで、東電・政府に預けてしまって平気でいられるんだもんな。
>この指摘は脱原発・反原発などの、立場による見解ではありません。
金曜デモに無関心、どころか不快げな一瞥すら投げてよこす人たちも、一旦ことが起これば、
我先にペットボトルだのレトルト食品を買い占めに走ることでしょう。
そうなっても、非難はしたくないけど、やりきれない気分になるでしょう。
追い詰められ、逃げ場もなく、映画『夢』のように崖から集団で投身することになる前に、
「生きたいのだ」という己の意思を政治に反映させることができなかったのか、と歯ぎしりするでしょう。
>「この作業が順調に進むだろうと考えるのは、事実を軽視することであり、(略)」
東電・政府を取り巻く状況に変化は見えず、事態はこのまま進行しそうだから、私は悲観的です。
何が起きてもおかしくはない、と覚悟しておきます。実際の作業が始まったら、祈るより外にない。

03. 2013年11月16日 08:16:57 : TkiHdO3XxI
ガンダーセン氏は、臨界の危険性について繰り返し警告しています。

燃料集合体の間には、臨界防止のため、ホウ素を含んだプレートがあるけれど、熱や海水の影響で、ホウ素が抜けた状態にある。

東電は、プールに、あらゆる種類のホウ素を投入している。

しかし、ガンダーセン氏は具体的に、このように述べています。

>私は、燃料ラックを作っていた。福島原発にある、高密度燃料ラックは、いつでも臨界に大変近い状態にある。普通、それは95%、高くて99%、すなわち、臨界が起きるまでの(安全の)マージンが1%しかない。

I ran a division that built fuel racks, and these high density fuel racks like they have a Fuksuhima are very close to going critical anyway. […] Normally its .95, as high as .99, that means there’s a 1% margin before a self-sustaining chain reaction can occur

>それらを近づけ過ぎると、臨界が起きる。何が起きるかと言うと、水が破壊的に沸騰する。

If they get close together you can cause a chain reaction, and what will happen then is the water will begin to boil violentlyhttp://enenews.com/gundersen-fuel-racks-very-close-going-critical-unit-4-be-extraordinarily-careful-about-starting-chain-reaction-video


04. 2013年11月16日 10:10:11 : heVtmrgEsA
日本は世界一の地震大国である。
外資勢力は、日本に多くの原発を増設した。
そこに出現したのは、核地雷を埋め込まれて外資勢力から恫喝され続ける奴隷国家である。
日本では、電力会社・メディア・政治家・官僚らを外資が支配している。

[12削除理由]:重複コメント
05. 2013年11月16日 11:06:38 : R8r80X1r2E
>>04さんは真実を述べている。
つまり外資は一般国民を被爆ターゲットに
していると読む。

07. 2013年11月16日 16:54:46 : djSgbAp5ho
揺らすなよ こよりが頼り 水風船

08. 2013年11月16日 22:14:06 : r5MEFvSK9f
 
F1から1000キロほど離れて静観中
何かあったら、タダチーニ更に500キロほど南下する予定

09. 2013年11月17日 00:28:53 : Qhp11wbKsg
やっぱり、知らないほうが幸せだった。学問は何のため。一部のお金持ちがさらにお金持ちになるためだったのか。人類のシアワセなんて考えすぎなのだろうなあ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧