★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 874.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島県・相馬市の中高生に「放射能授業」〈AERA〉 
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/874.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 11 月 28 日 07:17:00: igsppGRN/E9PQ
 

福島県・相馬市の中高生に「放射能授業」〈AERA〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131128-00000000-sasahi-soci
AERA 2013年12月2日号より抜粋


 医師でもある福島県相馬市の立谷秀清市長にとって、そのアンケート結果は地域の将来を暗示しているように思えた。市内の女子中学生520人に将来の結婚について尋ねると、約4割が何らかの不安があると答えた。放射能が、子どもたちの心をむしばむ姿が浮かび上がった。

「30年、40年先の地域を考えたら、主役は今の子どもたち。その子どもたちが将来への不安を抱いて成長している。科学的な根拠を示して『この線量ならば大丈夫』と言うのが私たちの役目。夢や希望を持たせたい」

 相馬市は昨年末から中学校で放射能をテーマに特別授業を行った。その取り組みが近隣市町の高校や小学校に広がっている。

 放射性物質の正確な説明をするためには専門知識を持った人材が必要だ。力を貸してくれたのは東京大学医科学研究所だった。震災直後から福島県で支援活動を行い、相馬市の放射能対策アドバイザーも務めていた上昌広特任教授(内科)の仲介で、坪倉正治医師が講師になった。同研究所所属の坪倉さんは、震災直後から医師不足に陥った福島に飛び込み、現在は南相馬市立総合病院などで非常勤医として働いている。

 10月半ば、相馬高校の2年生160人と向き合った坪倉さんは、相馬市の16歳以上、約4千人の体内のセシウム137濃度を調べた結果を示した。検出限界(1キログラム当たり約4ベクレル)以下は94.9%に上る。

「体に入ったセシウム137は排泄物と一緒に体外に出る。経験的に言うと成人の場合、約4カ月で体内の量は半分になる」

 逆に検出限界を超えた人の割合を時系列に並べると、急激に少なくなっていることも分かる。

「今、相馬市で普通に生活をしていても、大量の放射性物質が体の中に入ってくることはない。こうした事実が検査によって明らかになったんだ」

 検査で出合う極端な例は貴重な教訓をもたらす。約2万ベクレルの放射性物質が蓄積された70代男性がいた。聞くと山で自生していたキノコを食べていた。

「だからといって相馬の食べ物が全て危ないと短絡的に考えてはいけない。米やネギなど放射性物質を取り込みにくい食べ物もある。汚染されやすさを知ってそれを避け、きちんと検査された食物を選ぶことが大切」

 相馬市が昨年、18歳未満と妊婦に個人線量計を渡して計測した結果、97%が年間追加被曝線量1ミリシーベルト未満だった。

「この被曝量は、将来子どもが産めなくなるという量ではない」

 坪倉さんの言葉を聞いた同校の高橋萌香さんは「自分の体のことも将来のことも不安があったが、話を聞いて安心できた」。菅野美香さんは「あいまいな知識のままだったら不安なままだったと思う」と話した。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月28日 10:05:26 : pIad38DQnM
水俣病の時も、東大の先生が影響ないって言ってたんだよね。

02. 2013年11月28日 16:09:43 : nuTBcAb20g
「だからといって相馬の食べ物が全て危ないと短絡的に考えてはいけない。米やネギなど放射性物質を取り込みにくい食べ物もある。汚染されやすさを知ってそれを避け、きちんと検査された食物を選ぶことが大切」だと?!?!?!??????・・・

そんなことしてまで何故そこに止まらねばならないのか? それで誰が得するのか良く考えろ!

福島および周辺地域の甚大な放射能汚染は、人類が初めて経験するもの、誰もその人体への影響が安全な範疇などとは言えない筈だろうが!!!


03. 2013年11月28日 17:23:00 : FyodjO52js
教育とは本来、子供の成長のためにすることで、将来の助けにならない教育をするとはどういうことだろう。今だけ、それは無責任な大人の都合であることは明らかで、この国では、いつまで悪しき大人の贄に子供を供し続けるのだろうか。

04. 2013年11月28日 22:31:14 : nuTBcAb20g
「30年、40年先の地域を考えたら、主役は今の子どもたち。その子どもたちが将来への不安を抱いて成長している。科学的な根拠を示して『この線量ならば大丈夫』と言うのが私たちの役目。夢や希望を持たせたい」だと?!?!?!??????・・・

”主役の今のこどもたち”が不安を抱きながら居住させられている、その”放射能汚染地域”である”福島および周辺地域”から、”彼等・彼女等”を脱出させてあげるのがお前たちの本来の役目だろうが!!!

”放射能汚染地域”である”福島および周辺地域”に”彼等・彼女等”を将来への不安と共に閉じ込め、”夢や希望を奪う”、正に逆のことをやっている!

これはもう、れっきとした犯罪行為だ!



05. 知る大切さ 2013年11月28日 22:58:43 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
もし正しく福島県が子供の不安を払拭したのなら
独立行政法人のガン情報サービスと今の福島の罹
患の推移とに差異が無いかを確認すべきなのに一
切手を付けていません

データーがある2008年以前と2011年度以降との比較の
検討すらしていない行政が何を寝ぼけた発言なのか?

健康管理調査では拾い上げない枠組みになってる。
放射能と健康被害を一番簡単に見分けるのはがん罹患者
の数の推移(増加するか?同じか?)からが一番じゃない
のか? ここに最新の状況を知るための予算を振り分けな
い行政がやる事を信じるのはあり得ない!

http://ganjoho.jp/professional/statistics/index.html


06. 2013年11月29日 02:47:01 : aiMZAOJQqY
チェルノブイリと同じく、2-3年後には死者・病人続出、
相馬市も含めて福島県の大半は無人地帯となるだろう。

そのとき、御用医者の坪倉正治がどう言いわけするのか見ものだね。


07. 2013年11月29日 07:44:22 : suvcO3SHSw
「だからといって相馬の食べ物が全て危ないと短絡的に考えてはいけない。米やネギなど放射性物質を取り込みにくい食べ物もある。汚染されやすさを知ってそれを選び、検査で引っかかったものはNDになるまで再検査、食べさせて応援が大切」

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧