★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 103.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
内閣府チェルノブイリ視察は支援法を殺すことが目的だった!! (とある原発の溶融貫通(メルトスルー)) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/103.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 12 月 01 日 09:56:00: igsppGRN/E9PQ
 

内閣府チェルノブイリ視察は支援法を殺すことが目的だった!!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7434613.html
2013年12月01日09:09 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)


内閣府チェルノブイリ視察 支援法理念、報告書で否定 原発推進派に配布
http://mainichi.jp/shimen/news/20131201ddm001040215000c.html

東京電力福島第1原発事故への対応の参考にするとして内閣府が2012年3月、ロシアなどへ職員を派遣し、旧ソ連チェルノブイリ原発事故(1986年)の被災者支援を定めた「チェルノブイリ法」の意義を否定する報告書をまとめていたことが分かった。同法の理念を受け継いだ「子ども・被災者生活支援法」の法案作成時期と重なるが、非公表のまま関係の近い原発推進派の団体などに配られていた。(社会面に「復興を問う第2部消えた法の理念」)

支援法は、線量が一定以上の地域を対象に幅広い支援をうたって12年6月に成立したが、今年10月に支援地域を福島県内の一部に限定した基本方針が決まっており、成立を主導した国会議員らからは「国は早い時期から隠れて骨抜きを図っていたのではないか」と不信の声が上がる。

報告書はA4判30ページで、内閣府原子力被災者生活支援チームが作成。毎日新聞の情報公開請求で開示された。調査団は同チームの菅原郁郎事務局長補佐(兼・経済産業省経済産業政策局長)を団長に、復興庁職員を含む約10人。ウクライナ、ベラルーシ(2月28日〜3月6日)とロシア(3月4〜7日)を2班で視察し、各政府関係者や研究者から聞き取りした。

報告書は、チェルノブイリ法が年間被ばく線量1ミリシーベルトと5ミリシーベルトを基準に移住の権利や義務を定めたことについて「(区域設定が)過度に厳しい」として「補償や支援策が既得権になり、自治体や住民の反対のため区域の解除や見直しができない」「膨大なコストに対し、見合う効果はない」「日本で採用するのは不適当」などの証言を並べ、同法の意義を否定。両事故の比較で、福島での健康影響対策は適切だったと強調もしている。

支援法の成立を主導した谷岡郁子元参院議員(当時民主)は「視察自体聞いていない」。川田龍平参院議員(みんな)は「できるだけ被害を矮小(わいしょう)化したい意図が当時からあったことが分かる。支援法つぶしが目的だろう」と話した。

菅原氏は「自分は支援法に関与していない」と反論。一方で、支援法が低線量被ばくによる健康影響の可能性を認めて自主避難者の意思を尊重しているのに対し、菅原氏は「当時健康影響は過剰に強調されていた。それより心のケアが大事だと伝えるため、報告書を持っていろんな人に説明した」と述べ、チェルノブイリ法や支援法と異なる理念を広めるのに使ったことは認めた。これまで原発を推進する立場の有識者団体や、支援法を主導した議員とは別の一部議員などに配ったという。

また当時復興相として調査を指示した平野達男参院議員は「チェルノブイリ法の実情を見てくるよう指示した」と説明したが、「今読めば一方的過ぎると言われても仕方ない」と内容の偏りを認めた。菅原氏らが報告書をどう使ったかは知らなかったといい、「結果としてそういう(公表せず一部の人に配る)使われ方をした。いろいろな考え方を持っている人に配るべきだった」と話した。【日野行介】

毎日新聞 2013年12月01日 東京朝刊

=============================================

いつまでたっても日本政府が25年先輩のチェルノブイリから学べないのか理由が解りました。

学ぶ気などさらさらなかったのです。否定する目的で職員を派遣していたのです。

いつまでたっても命を吹き込まれない「子ども被災者支援法」は,政府によって意図的に死んだ法律にされたのです。

しかも,その理由がコストとは…

改めて,今の日本は事実上の無政府状態だと思います。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月01日 10:21:20 : kVCCrEXTjI
日本の政府って、あの欧米にあるやつでしょう?

02. 2013年12月01日 16:49:47 : Hp0VvbaQJ2
原発事故の放射能では誰も死んでいないとお偉いさんは言い・・・

「タイタニック、中国船なら…「死者は10人!」

2013.12.1 12:00 (1/2ページ)[ジョークは語る]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131201/chn13120112000004-n1.htm


 ある米国人数学者が中国を訪問した際、天才と呼ばれる小学生に会った。数学者は簡単な問題を出した。

 「あるデパートが火事になった。500人の客のうち100人が自力で脱出し、50人が消防隊員に救出された。さて、死者は何人か」。小学生はほとんど考えずに答えた。「10人!」

 「残念だ。君は算数をあまり知らないようだね」。そう話す数学者に小学生が切り返した。「あなたは中国という国をあまり知らないようですね」

 中国のインターネット上で流れている小話で、いつも事件や事故の死者を過少に発表している中国当局を皮肉ったブラックジョークだ。山東省青島市の住宅地の近くで11月22日、石油の輸送管の大規模な爆発事故が起きた。当局は死者50人超と発表しているが、インターネットでこの数字を信用する人は少ない。「写真などで現場の惨状を見る限り、死者は数百人以上」とみる人が多い。

 2011年夏、温州で起きた高速鉄道の追突事故の死者は35人と発表されたが、追跡取材した中国人記者は「実際は100人超えた」と証言する。政府の圧力で遺族は名乗り出られないという。ここ数年、炭鉱事故で百人以上の死者を出した河北省や山西省などで、「死者は11人」とか「死傷者なし」などと発表し、その後、虚偽が確認されたケースもあった。

 事故で死者が多ければ、地元幹部が監督責任を問われ更迭、その工場や炭鉱が生産停止に追い込まれる可能性がある。だから当局は必死で真相を隠すのだ。地方政府のメディア統制があるからこそできる方法だ。

 ネット上には、「タイタニックが中国の管理下の船だったら、当局は死者を10人以内に抑える自信がある」という書き込みもあった。(北京 矢板明夫)」

今の自分の関心は、フクイチの1234爆発で死んでしまった方々が、いったい何人いらっしゃったのかを、イタコの方にお聞きしたい。私は「他界」を理解しているので、これは極めて冷静(冷やかしではない)な思いだ。

日本は植民地なので、民主主義の看板はエアである。
軍産複合体は、原発のダメさを隠すことに全力を注いでいる。死亡者が何百、何千いらっしゃっても「10人!・・・いや、0人です。これが日本」とね。


03. 2013年12月01日 23:37:00 : KmCDNFn4Xw
流石、郷土愛に溢れた平野達男さんw

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧