★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 216.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
AP通信:福島の溶融燃料はコンクリートを侵食した後地面に入り深さ30cmにあるとシミユレーションは語る(ENE NEWS
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/216.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2013 年 12 月 10 日 15:32:56: YeIY2bStqQR0.
 

AP: Melted Fukushima fuel is 12 inches from entering ground after eating through concrete, says simulation — Study: Molten core suspected of eroding through concrete foundation — Gov’t Expert: We just can’t be sure until actually seeing inside
AP通信 :福島の溶融燃料は、コンクリートを侵食した後、地面に入ってから(深さ)12インチ(30cm)にあると、シミュレーションは語っている−研究:溶融した炉心はコンクリート基礎を通り抜けて浸食している疑い−政府の専門家:実際に内部を見るまで、我々は本当に確信することはできません

Published: November 20th, 2013 at 12:45 am ET By ENENews
公開: 2013年11月20日 午前12:45 ET ENENewsによる

Associated Press, Nov. 19, 2013: [...] the real challenge: removing melted or partially melted fuel from the three reactors that had meltdowns, and figuring out how to treat and store it so it won’t heat up and start a nuclear reaction again. “This is an unprecedented task that nobody in the world has achieved. We still face challenges that must be overcome,” said Hajimu Yamana, a Kyoto University nuclear engineer who heads a government-affiliated agency that is overseeing technological research and development for the cleanup. [...]
AP通信、 2013年11月19日: [...]本当の挑戦:メルトダウンしていた3つの原子炉から溶融または部分的溶融燃料を除去し、それがヒートアップして核反応を再び起こさないように、それを取り扱い保存する方法を考え出すこと。 "これは世界で誰も達成していない前例のない作業です。我々はまだ克服しなければならない課題に直面している。"山名元、クリーンアップのための技術的研究・開発を監督している、政府系機関を統率する京都大学原子力エンジニアは述べました。 [...]

Computer simulations show the melted fuel in Unit 1, whose core damage was the most extensive, has breached the bottom of the primary containment vessel and even partially eaten into its concrete foundation, coming within about 30 centimeters (one foot) of leaking into the ground. “We just can’t be sure until we actually see the inside of the reactors,” Yamana said.
コンピュータ・シミュレーションにより示されたが、その炉心ダメージが最も広範だった1号機の中の溶融燃料は、格納容器の底部を突破しており、部分的にはそのコンクリート基礎にも食い込み、地面への漏洩は、約30センチメートル( 1フィート)以内に来ている。 "我々は、実際に原子炉の内部が目視されるまで、本当に確信することはできません、 "山名氏は言った。

‘Atomic Energy‘ Volume 114 Issue 3, July 2013 (Emphasis Added): [If there's no safety system to cool Fukushima melted fuel from Units 1-3], the accident developed rapidly: the second safety barrier (fuel element cladding) failed 2 hours after the initial event, the third one (reactor vessel) at 13 hours, and the fourth one 7 days after the easing of the dry box of the containment shell melted and through erosion of the concrete foundation occurred.
‘原子力エネルギー' 114巻・第3号、 2013年7月(重点追加) : [1−3号機から福島の溶融燃料を冷却する安全システムがない場合] 、事故は急速に発展します:第二安全バリア(燃料集合体の被覆)が最初のイベントから2時間でダメになり、第三安全バリア(原子炉容器)は13時間でダメになります、 そして7日と4分の1日後に、原子炉格納容器のドライボックス緩和機は溶解し、コンクリート基礎を通り抜ける浸食が発生しました。

These data were transmitted to the operational headquarters of Rosatom and the crisis center at the IBRAE RAN in order to estimate the possibility that the population of our country in the regions bordering with Japan would be exposed to radiation.
これらのデータは、ロスアトム(ロシアの国営原子力企業)の事業本部とNuclear Safety Institute of the Russian Academy of Sciences (ロシア科学アカデミー原子力安全研究所)の危機管理センターに送られました、日本の国境地域における自国(ロシア)の住民は、放射線にさらされている可能性を推定するためです。

[...] According to the computed picture. in all power units of the Fukushima-I NPP flooding with water stopped the downward flow of melt, but because energy continued to be released in the melt it was necessary to feed water into the reactors continually. It is known that the operation of the active safety systems, with whose help the core could be cooled reliably in a closed cycle, could not be restored for another several weeks.
[...]コンピュータ映像によると。水が氾濫した福島第1原発は、全ての原子炉で炉心溶融の下方への流れが停止したが、エネルギーは炉心溶融により放出され続けたので、継続的に原子炉に水を供給する必要がありました。次のことが知られています、能動的安全システムの動作は、その援助システムによって炉心は閉鎖回路により信頼性を持って冷却されるので、数週間は復元できません。

Published: November 20th, 2013 at 12:45 am ET By ENENews
公開: 2013年11月20日 午前12:45 ET ENENewsによる  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月11日 00:34:53 : Qhp11wbKsg
科学的思考によって冷静に分析されている文章です。読む者に深い理解を与えます。この文章を読むことができたことに感謝します。貴重な記事であります。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧