★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 264.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
毒食品よりコワい「中国放射線食材」が日本上陸中 (週刊SPA!) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/264.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 12 月 13 日 10:29:00: igsppGRN/E9PQ
 

毒食品よりコワい「中国放射線食材」が日本上陸中
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131213-00553277-sspa-soci
週刊SPA! 12月13日(金)9時21分配信


 東日本大震災と、それに伴う原発事故から3年が経とうとしているが、福島県や隣県の農家や漁業関係者たちは、今なお風評被害に苦しみ続けている。

 しかし、「中国産食品こそ、放射線による汚染の危険性が高い」と話すのは、「中国『猛毒食品』に殺される」(扶桑社新書)を上梓したルポライターの奥窪優木氏だ。一体どういうわけか。

「中国は、世界一の食品照射国なんです。食品照射とは、貯蔵期間の延長や殺菌・殺虫を目的に、食品にコバルト60やセシウム137などから出る放射線を人体に影響のないとされる線量のみ照射することで、日本でも、ばれいしょ(じゃがいも)にのみ発芽抑制目的の食品照射が認められています。しかし、中国では、ニンニクや香辛料、乾燥野菜、魚介類、茶葉など、幅広い品目が食品照射の対象となっている。中国メディアの報道によると、中国では年間約14.5万トン以上の食品に放射線照射が行われており、全世界総量の36%を占めています。農薬や添加物の過剰投与が問題となっている中国では、それらに変わるクリーンな方法として食品照射が推奨されている面もある。しかし問題は、照射される線量の上限が適切に守られているかどうかということ。目先の金儲けのため、農薬や劇薬の過剰投与が日常茶飯事となっている中国では、照射線量の上限を守っているとは考えにくい。中国国内でも不安の声が上がりはじめています」

 放射線照射による中国産汚染食品は、すでに日本への流入も確認されている。食品に放射線を照射すると、新しい化学物質が生成されることもあり、それが有害だという研究結果も出ている。オーストラリアで2008年、放射線を照射れれたペットフードにより、大量のネコが神経疾患になる事件が起こり、同国では翌年からキャットフードへの照射が禁止されたほどだ。

「日本は、輸入食品に関しても、ばれいしょ以外の照射食品は認めていないが、09年5月には、名古屋検疫所の抜き取り検査により、中華料理店などへの販売目的で輸入された総量1550キロの中国産乾燥しいたけから、放射線を照射した跡が確認されています。 また、09年8月と10月には、検疫所のモニタリング検査の結果、中国から輸入されたボイルシャコから相次いで放射線が検出され、厚生労働省が回収を要請したこともあった。他にも、中国産のウーロン茶、乾燥ケール、乾燥ネギからも放射線が検出されています」

 こうした照射食品が、外食産業や加工品という原産地表示義務のない食べ物にに秘かに使用され、日本人の口に入っているのだ。

 上掲書では、放射線以外にも添加物や重金属、残留農薬などによる中国産食品の汚染実態についてもどうのような健康被害が生じるのかが詳しく触れている。

 一部の人々の間では、いまだに東北産食材を敬遠する動きがある。一方で、中国産食品の輸入量は増え続けている。一体、どちらが本当に安全なのか、一読してから判断したほうがいいかもしれない。 <文/日刊SPA!取材班>


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月13日 11:18:11 : yhcXe1ACTY
やっぱり人口削減なのか。自分が減らされることにきずかん役人と政治家。

02. 2013年12月13日 11:23:12 : X8K3Jt2Lhg
具体的な数字がないから
東日本の食材と比べられないんですけど。

03. 2013年12月13日 11:32:54 : 2QakNReSng
支那産が危険であることが福島産が安全であることの証明にはなりません

04. 2013年12月13日 13:14:53 : fihKiXAbHA
中国の場合、放射線照射よりも化学添加物の方がよっぽど危険だろう。

05. 2013年12月13日 13:26:18 : RPPySjuaX6
03)の方のおっしゃられる通りだと思う。
どちらも、害が及ぶ、また、米国の遺伝子組み換え食品も同様に健康を害する可能性は長期的に見てあるのではないだろうか。安全とは言えないと思う。リスクが不確定なほど生身の人間にはリスクが大きくなる。母として、子供達に家族に安全なものを食べさせたいと思う。

06. 2013年12月13日 15:53:05 : K6bYxP06KQ
・狂牛肉・ウンコ混じりのO157肉=アメリカ産牛肉には一切触れない。そしてそれの輸入規制を緩和した売国安倍政権に対する批判は皆無。
・日本がじゃがいもへの放射線照射を認めているのは、アメリカ産のジャガイモが放射線照射してるからw

これらは指摘しないのだな。
お里が知れると思ったら扶桑社だったw
バロスwwwwwwwwwwwwwwwwwww


07. 2013年12月13日 15:59:08 : GiRrpEBp6Y
本当に放射性食材が怖いのは日本の福島原発に近い場所の食品。

これが当たり前。


08. 2013年12月13日 16:00:08 : UnrQufj6EM
03の言うとおり。だが放射線、農薬・抗生物質・抗菌剤に重金属コンボの格安中国製品と遺伝子組み換え、成長促進用ホルモン剤、農薬・抗生物質・抗菌剤コンボの北米・オセアニアの格安ものではどちらが体に悪いだろうか。
おそらく中国もののほうがヤバいと思うが体質によって許容量は違うだろう。

09. 2013年12月13日 16:48:42 : vEOzr6vpoe
騙されることなかれ!

記事の実体は、科学的な客観性を装った「反中国キャンペーン」だ。

日本では馬鈴薯の他に「従来技術で困難とされている食品の効率的な殺菌、防疫上有害な昆虫の効率的な防除、イチゴ等の日持ちの向上」のための放射線照射が認められ、利用されている。(下記の資料25ページ)

厚労省の資料16ページの「表2-3 各国及び国際機関の照射認可品目(動物性食品)」を見ると、米国の方が中国より許可品目が多い。

また、同17ページ「表2-4 各国及び国際機関の照射認可品目(植物性食品)」を見ると、確かに中国の許可品目が多くなっているが、同じような傾向はフランス、インド、インドネシア、タイ、他のASEAN諸国にも見られる。中国が突出している印象はない。

動物性、植物性食品の他に、例えば、チリでは、カカオ豆、デーツ(果物)、魚(teleosteos)への照射が認められている。

オーストラリア、ニュージランドでは、薬草、ライチロンガン、マンゴスチン、ランブータン、パンノキ、スターフルーツ、カスタードアップルへの照射は認められている。

韓国では、朝鮮人参、栗の実、きのこ類、海草・アロエ、粉末卵酵素製剤、食品中の澱粉、殺菌済みの食品、しょうゆソース、ペースト状調味料、粉末状イースト、
粉末状調味料 (テンジャン、コチュジャン、カンジャン)への照射が認められている。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/05/dl/s0518-10n.pdf


10. 2013年12月13日 19:46:27 : Atyw20tnCE
それでも福島産の食い物よりはマシだよなぁ。
てかいまだに風評被害とか言ってるカスゴミの存在価値ってゼロだな。
ってこれ週刊誌か。
週刊誌でこのレベルってどうなの。よくわからんけど。
わざわざ買ってまで読むの?これw

[12削除理由]:意味なし
11. 2013年12月13日 21:29:14 : FfzzRIbxkp
中国の北京では、スモッグは政府の責任として民衆たちの街頭抗議活動が始まりました。

この記事もあたかも中国の問題のように扱っていますが、日本で流通している時点でそれを許可している日本政府の問題であることを間違えないようにしましょう。

ちなみに中国産のペットフードの問題は米国で問題になりましたよね。



12. 2013年12月13日 21:37:33 : FfzzRIbxkp
森永ヒ素ミルク中毒事件を思い出した。

安倍晋三の奥さんの昭恵夫人は森永令嬢でしょ。

彼女をみるたびに、森永ヒ素ミルクとフクイチの放射性物質をリンクしてしまう。

安倍氏の前の自民党総裁谷垣氏の奥様も亡くなったし、
猪瀬知事の奥様は五輪招致活動に海外にも同行してたのに、亡くなったし。

奥様たちが昭恵夫人と食事会などしていたら、食品に毒が入ってないかは気をつけたほうがいいですよ。
なにせ、森永ヒ素ミルク中毒事件の会社ですから。

ちなみに和歌山カレー事件もヒ素だったのよね。なんかおかしな話になってるけど。


13. 2013年12月13日 23:09:46 : 1Goniz1LqQ
 大丈夫だと思えば食えばいいし、危ないと思えば極力食わないようにすればいいだけの話。

 我が家では、東北・北関東の食材は購入禁止。外食もやむを得ない時しかしない。  中国製もほとんど使わない。
   
          今の日本では、自己防衛あるのみ。


14. 2013年12月14日 02:48:27 : 1geRdsjJSg
関東産放射性廃棄物食材、物品の方に注目すべきではないかね。

15. 2013年12月14日 03:26:47 : G7WkzhU0Es
中国産は危険と言うけれど

年間農薬消費量は日本はダントツ世界一なんだけれどね

もちろん食品添加物ものね


16. 2013年12月14日 04:14:06 : FyodjO52js
ここに無知な人々に無駄な干渉をする。

日本では、既に35年以上、コバルト60放射線照射食品が生産され加工食品として販売されている。
例えば、カルビーのポテトチップスの原料ジャガイモがある。発芽しないために年間を通して一定の品質を保つことができるというのが理由だ。

そのため、米国では放射線照射食品の販売は禁止されているが、日本向けに製造輸出されてきた。それについて、米当局は、国内で非合法であっても日本では合法であるので問題は無いとしている。

この報道は、1979年には、この国で既報済みだ。


17. 2013年12月15日 06:33:21 : aiMZAOJQqY
SPAはフジサンケイグループの雑誌。原子力ムラ広報誌だね。

中国叩きと福島汚染隠蔽が目的の記事であることは明白。


18. 2013年12月15日 07:29:54 : UnrQufj6EM
>年間農薬消費量は日本はダントツ世界一なんだけれどね
15、日本ではアメリカのように飛行機で散布せず農家のおじさんおばさんが散布機を背負って撒く。散布時の健康被害があるような農薬は売れないので比較的新しくできた農薬が使われる。でも中国は先進国ではとっくに使わないパテント切れの前近代的な農薬を使っている。この手の農薬は簡単に製造でき製造コストも安いが効力はイマイチで毒性も強い。製品検査体制が整っていないのでまがい物が多く流通すれば効力はイマイチとなり効かないので中国農民は大量に使用する。その上、日本のように農協が力をもっていないので農薬や肥料の使用に関する教育はお粗末だ。

>もちろん食品添加物ものね
これは省庁の怠慢



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧