★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 311.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本赤十字はチェルノブイリ原発事故後に「抗酸化微量元素入り総合ビタミン剤」を子供たちに配布していた 低気温のエクスタシー
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/311.html
投稿者 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 日時 2013 年 12 月 16 日 06:25:09: 4hA5hGpynEyZM
 


☆チェルノブイリでは抗酸化微量元素入り総合ビタミン剤を子供たちに配った日本赤十字の良心とは何か?
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/309.html
投稿者 爺さん 日時 2013 年 12 月 16 日 02:06
では、日本赤十字は、チェルノブイリ事故の際は何をしたでしょうか、医療スタッフの派遣を含めて多彩な援助活動をしました。
その中の一つに、日本では絶対に語られないことがあります。
次です。
国際赤十字2006-2007レポート pdfの3−4ページにかけて。
(注:PDF)
http://www.ifrc.org/docs/appeals/annual06/MAA67002r0607.pdf
「2006年の初めにオランダ赤十字は、ベラルーシ・ウクライナ・ロシア国立協会に2,490,000錠の総合ビタミン錠を供給しました。それは放射能汚染された地域の子供たちに配布されました。
2006年の12月、国連物流資源動員部門は、追加の総合ビタミン剤800,000錠を、日本赤十字とアイルランド政府からの経済援助によって調達しました。
そのビタミン剤は、2007年2月から3月に配布されました。
これらの総合ビタミン剤は、ビタミンC・D・Bおよび鉄・葉酸・安定ヨウ素を含んでいて、子供たち65,800名の免疫機能を強化しました。
赤十字地域支部は、放射能汚染された地域にある学校・幼稚園・小児科病院から報告を受け取りました。
それによれば、総合ビタミン剤摂取後、子供たちの疲労と頭痛の訴えは減り、また急性呼吸器疾患にかかることが少なくなりました。・・・」
(略)
外国の子供には抗酸化・放射線障害ミティゲーターをくれてやって、本国の子供は20ミリシーベルトを放射線障害ミティゲーターもなしに体験させるのでしょうか。



日本赤十字はチェルノブイリ原発事故後に「抗酸化微量元素入り総合ビタミン剤」を子供たちに配布していた 低気温のエクスタシーbyはなゆー
http://alcyone-sapporo.blogspot.co.nz/2013/12/blog-post_9744.html
----------



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 爺さん 2014年1月02日 21:57:02 : pkMRoq8j2xu8g : GKXPQSbOmQ
この実質二重投稿の目的は何ですか?(笑)

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧