★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 330.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<震災関連死>福島1605人…直接死上回る 避難長期化で(毎日新聞) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/330.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 12 月 17 日 10:43:18: AtMSjtXKW4rJY
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131217-00000004-mai-soci
毎日新聞 12月17日(火)2時30分配信


 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴う避難生活の長期化による「震災関連死」について、福島県内の市町村が認定した死者数が計1605人(11月30日現在)に達し、地震や津波による県内の直接死者数1603人(県災害対策本部調べ)を超えたことが16日、県のまとめで分かった。

 阪神大震災(1995年)の関連死者数919人を大幅に上回る。審査中の事案もあるため今後も増える見込みで、原発事故に伴う避難生活の深刻さが改めて浮き彫りになった。

 東日本大震災の関連死は宮城県878人、岩手県428人(いずれも11月末現在)。福島県では2012年3月末現在で761人。同年8月に1000人、今年8月末現在で1500人を超えた。

 関連死の内訳は、震災後の混乱で適切な治療が受けられなかった人が病状を悪化させたり、避難生活の中で発病したりした人、心のバランスを崩し、自殺した人などが含まれる。

 関連死は明確な基準がなく、原発事故による前例のない長距離、長時間、複数箇所にわたる避難生活を判断する。「内容は多様化と複雑化の一途をたどっている」(福島県富岡町)など、長期化とともに認定作業も難航。被災直後から死亡に至るまでの経過を1件ずつ精査しており、申請から認定まで長期間かかったケースもあるという。さらに、現在も新たな申請が続いているという。

 東北工業大の福留邦洋准教授(地域防災)は「長期の避難が伴う福島では、これまでの震災と被災形態が異なる。死因は多岐にわたると考えられ、特定のけがや病気を防げば命を守ることができるというものではない。現在の生活環境を改善させることが必要だ」と話した。【喜浦遊】

 【ことば】震災関連死

 建物倒壊による圧死や津波による水死など震災を直接の原因とする死亡ではなく、避難所生活の疲労や震災の精神的ショックなどで体調を崩し死亡したケースを指す。明確な基準はないが、遺族が申請して市町村などが震災との因果関係を認定する。東日本大震災では福島県の場合、申請の約8割が認定されている。市町村と都道府県、国から最高で計500万円の災害弔慰金が支給される。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月17日 14:14:28 : p4TlRONmCI

 「疎開」させなかった 政府と地方自治体の 故意の人災 です
 
 特に 地方自治体が 自分の所の住人が減る(村が無くなる)事に抵抗した

 エゴ自治体の罪は 今後 検証されるべき問題だ

 ===

 愛は 強制移住を含めた 対策を主張していた

 特に ベーシックインカムの部分適用なら スムーズに 安価に

 対策は完了していただろうし 日本の経済にとっても プラスだったはずだ

 ===

 現状は 震災復興需要による 資材不足 人件費高騰などが

 日本全体のバランスを崩している

 その結果が 死亡者数の増加では
  
 政府は 「何をやっているのやら」である
  


02. 2013年12月17日 14:16:18 : YYghWLd8Po
この死者のうちガンは?、白血病は?、甲状腺異常は?

全く発表されない。


03. 2013年12月17日 22:16:56 : XOhIXAHNuQ
知ってる!全部知ってる!
これから死者数・病人増えて
汚染地域拡大するのも知ってる!!

ちょっとだけ安全な場所から色んなとこにカキコして
フクイチ情報拡散しまくってる
頼むから逃げてくれ
皆読んでくれ
移住考えてくれ
食事療法(気休め)だけでもしてくれ
自分らで興味もってくれ
ちゃんと調べてくれ
安全圏にいる人はみな
教えてやってくれ
かくまってやってくれ
現場で命かけて止めてくれる英雄は
是非止めてくれ
悪の大ボスが逃げてるらしい
↑の正確な位置情報を求ム
全員ヒットラえて公開処刑すべし!!


04. 2013年12月17日 22:48:18 : ECFIWGuUkE
「関連死は明確な基準がな」いと言っても、誰かが、何かの基準を以って、関連死であると判断している。

判断者が、誰であるかも、基準の有様についても、説明されない、珍妙な調査である。

また、死亡診断書には死因が記載されている。それを統計に含めないことも不可解だ。

原発災害を震災関連に紛れ込まそうとする意図があるようだ。

http://www.reconstruction.go.jp/topics/20120821_shinsaikanrenshihoukoku.pdf


震災関連死の死亡率(千人あたり)を、高かった市町村順に並べてみる。

川内村 9.74 (参考2010年度、日本の死亡率10.0)
葛尾村 6.64
飯舘村 5.91
双葉町 5.86
富岡町 5.21
浪江町 4.68
南相馬市4.40
楢葉町 4.37
広野町 4.02
大熊町 3.47

新地町 0.63
いわき市0.25

さて、スロバキアとスイスの研究者が、福島原発事故による急性被曝死の可能性について初めて言及した。

彼らによると、米国の国家核安全保障局が航空機を使って測定した線量を基に計算すると、Cs−137の放出量は、最大、チェルノブイリ原発事故の3.4倍になる。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/91/NNSA_DOE_Dose_Map_Fukushima.png


その放出量では、呼吸による肺の被曝(致死線量8Sv)によって、急性被曝死が
起きる。

http://www.npsag.org/upload/reports/00-004/00-004%20Castle%20Meeting%202011%2009%20-%20Paper.pdf

ウクライナ緊急事態省の報告書によると、チェルノブイリ原発事故では、急性被曝症を患った237人中28人は、急性期(2ヶ月)に亡くなっている。急性被曝症の程度と死者数は以下の通り。

グレード2 1人 グレード3 7人 グレード4 20人

また、急性期は生き延びたが、その後1987年から2010年までに亡くなった人は、39人で、その内訳は以下の通り。

未確定急性被爆者 17人 グレード1 8人 グレード2 8人 グレード3 6人

その39人の死因は以下の通り。

心臓血管系の病気 12人 腫瘍学、腫瘍血液学的な病気 15人 身体症、神経学的な病気、感染 7人 障害、事故 5人


05. 2013年12月18日 02:04:23 : sgB6HX5d5w
福島で「震災関連死」が直接死上回る 避難長期化が背景に
2013.12.18 00:40

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴い、今も約14万人が避難生活を続ける福島県で、「震災関連死」が17日までに1605人に達し、地震や津波による「直接死」の1603人を初めて上回ったことが分かった。故郷から遠く離れた場所での避難長期化によるストレスが、背景にあるとみられる。

 震災関連死は、震災の精神的ショックや避難生活の心労で体調を崩したり、自殺で死亡した例などを市町村が判定する。福島県災害対策本部のまとめでは17日現在、同県内の震災関連死者数は1593人だが、同日までに12人が震災関連死の災害弔慰金の対象として市町村の認定を受け、計1605人になった。

 市町村別では、津波被害の大きかった南相馬市で400人を超えるほか、帰還困難区域を抱える浪江町が300人台で目立つ。

 東日本大震災の震災関連死は宮城県が878人、岩手県が428人(11月末現在)。福島県は、震災1年後の平成24年3月末に760人台だったのが2倍以上に増えており、原発事故との因果関係が取りざたされている。

     ◇

 震災関連死 震災後に避難生活のストレスによる体調悪化や過労などが原因で死亡すること。津波や建物の倒壊などによる「直接死」と区別される。自治体が設置した医師や弁護士らによる審査会などで震災との因果関係を判断、認定されると災害弔慰金が支払われる。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131218/dst13121800430000-n1.htm


06. 2013年12月18日 09:25:01 : p4TlRONmCI

 福島は 「ホットパーティクル」だったが

 チェルノブイリは 違うと考えられる

 ===

 福島は 広く 薄く 影響があり 影響が出るのに 長時間かかる

 アスベストを吸い込んだ様なもので 癌になるのには 5年10年かかる
 
 ===

 しかし アスベストよりも はるかに危険であり 体調不良などで

 影響が表れていて 今後 急激に 癌が発生するものと予想出来る
 


07. 2013年12月18日 10:43:56 : 5mV2bwBCcY
>>05
>南相馬市で400人を超えるほか、帰還困難区域を抱える浪江町が300人台

浪江町と南相馬市の震災関連死の死亡率(千人あたり)

浪江町 15〜16人以上
南相馬市 6〜7人以上

浪江町で思い出すのは、そこで採取された黒い物質には「原子炉内で放射性崩壊した後の廃棄物だけが含まれているのではなく、燃焼しなかった核燃料の一部もまた含まれている」ことです。

>放射線科学の世界的権威が明らかにする・日本の黒い塵、その正体 《第1回》 (星の金貨プロジェクト) 

http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/865.html

ガンダーセン氏は、最新のビデオレターで、黒い物質が原発から400キロ離れた場所でも発見されたことを明らかにしています。

400キロと言うと北は青森県、西は石川県、岐阜県、静岡県を含んだ範囲になります。

http://fairewinds.org/media/fairewinds-videos/japanese-government-isnt-saying-fukushima

南相馬市で思い出すのは、今話題の人物、徳田毅議員のブログ記事です。

>(南相馬市立総合病院の)及川副院長の話から驚愕の事実を知る。

3月12日の一度目の水素爆発の際、2q離れた双葉町まで破片や小石が飛んできたという。

そしてその爆発直後、原発の周辺から病院へ逃れてきた人々の放射線量を調べたところ、十数人の人が10万cpmを超えガイガーカウンターが振り切れていたという。

それは人から人へ二次被曝するほどの高い数値だ。

http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/493.html

民族派右翼は、脱原発の急先鋒の一つでした。

その民族派右翼と密接な関係にあったのが、徳田家の運営する徳洲会です。


08. 2013年12月18日 13:38:17 : p4TlRONmCI

 >400キロと言うと北は青森県

 黒い物質(ホットパーティクル)は 黄砂の様な物だから

 何千キロと飛ぶでしょうね〜〜〜

 その中で 雨が降ると 黒い雨になって 地上に落ちる

 空気中に飛んでる時 人間が息をすると 99%は 鼻の粘膜にとらえられ

 痰となって 胃腸に届き 最終的には 便になる

 ===

 ほとんどは 便となって 体外に排斥されるが ごくごく 一部は

 肺や 胃腸に残るわけで これが 肺がんや 胃腸の癌になるわけだ
 

 


09. 2013年12月18日 15:50:51 : 7wJCqOq2nZ
僭越ながら記事タイトルの間違いを訂正させていただきます。

× <震災関連死>福島1605人…直接死上回る 避難長期化で
○ <放射能関連死>福島1605人…直接死上回る 避難長期化で

失礼しました。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧