★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 387.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
急速に原発関連産業の開発が進むアフリカの実態/BS世界のドキュメンタリー「原発はアフリカへ?」 @動画
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/387.html
投稿者 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 日時 2013 年 12 月 21 日 08:01:05: 4hA5hGpynEyZM
 

2013年12月19日に放送された、BS世界のドキュメンタリー「原発はアフリカへ?」を紹介します。
(所要時間:約49分)



原発はアフリカへ? by tvpickup


動画の内容
原発は アフリカへ? Atomic Africa


経済成長を続けるアフリカ各国では、電力不足を補うため、各地で原子力発電の構想が立ちあがっている。


近年政情が安定し、教育レベルも向上しているウガンダでは、発電施設の不足から必要な電力の4分の1程度しか確保できず、停電が日常茶飯事となっている。


こうした中、先進国の原発業界は、原子炉輸出の機会として売り込みにも動いているが、全般的に政情不安定なアフリカ大陸で原発開発には懸念の声も上がっている。


積極的な国の一つ、コンゴ民主共和国でも、各地で武装組織の活動が続いている。コンゴには植民地時代の1950年代にベルギーが建設した原子炉が残されているが、近年燃料棒の不正取引が発覚するなど、管理のずさんさが指摘されている。


アフリカ各国が原発に前向きな理由の一つが、燃料となるウラン鉱山があることだ。しかし、その採掘には広範囲の自然破壊と周辺住民への影響を伴っている。


また、有数のウラン鉱山を有するニジェールでは、近年アルカイダの一派が勢力を伸ばしており、隣国マリの内戦の影響もあって、ウランの採掘や運搬が危険な状況になっている。


急速に原発関連産業の開発が進むアフリカの実態を見つめる。


原題:Atomic Africa: Clean Energy’s Dirty Secrets
制作:a&o buero (ドイツ 2013年)


引用元:BS世界のドキュメンタリー



急速に原発関連産業の開発が進むアフリカの実態/BS世界のドキュメンタリー「原発はアフリカへ?」 @動画
http://www.at-douga.com/?p=10381
----------



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月21日 12:35:02 : 6wy7BICeMY
以前 勧めていた 放射性同位体の
壊変促進実験しているのですが
気体が発生しているかどうかも
わからないのですが
とりあえず 一日中する予定です

02. 2013年12月21日 12:57:35 : Roqs8TzMmI
赤道付近の0.00数パーセント程度(不毛の地で適当な土地はいくらもある)
の土地で太陽光発電をすれば、アフリカの電力はまかなえる。中国がその方向に
主導してもらいたいね。そうあれば、世界が感謝する。

03. 2013年12月21日 15:30:21 : 6wy7BICeMY
3時間中 三度の測定結果には
何の変化も認められませんでした
一日経過後に再度 計測しますが
あまり役に立つとは思えません

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧