★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 425.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本特有の気象現象により、放射能汚染が一層拡大する恐れ AFP通信 (星の金貨プロジェクト) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/425.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 12 月 24 日 01:07:00: igsppGRN/E9PQ
 

【 日本特有の気象現象により、放射能汚染が一層拡大する恐れ 】
http://kobajun.chips.jp/?p=15625
2013年12月24日 星の金貨プロジェクト


台風は放射能汚染土の拡散に「強く関与」

2013年は台風の頻度の増加と規模の大型化により、新たな汚染が広がる結果に

AFP通信 / フランス24 11月28日


毎年日本を襲う台風が、福島第一原発の事故によって放出された放射性物質を各地の水路に拡散していくことになる、新たな研究結果がこのように警告しています。

毎年日本各地を襲う台風に伴う強風と雨により、放射性物質を含む汚染された土が川や各種の水路に流れ込み、結果的に汚染を拡大していくことになると、フランス気候環境科学研究所( LSCE )と日本の筑波大学の共同研究チームが発表しました。

地震によって引き起こされた津波は2011年3月、福島第一原子力発電所に襲いかかりました。
そして、3基の原子炉をメルトダウンさせるという、この25年間で最悪の原子力発電所事故を引き起こしたのです。

事故の後、大量の放射性物質が大気圏内に放出されました。
放出されたセシウムの大半が土壌中、そして川床や海底の沈殿物に吸着・固着されることになったのです。

調査の結果、福島第一原発の北部山岳地帯における土壌侵食が、そこにある各種の放射性物質、主にセシウム-134とセシウム-137を移動させ、河川に流れ込み、最終的には太平洋にまで到達していしていることが確認されました。

「海に向かって放射性物質が拡散していることが確認されました。」
LSCEの研究者であるオリビエ・エブラール氏が27日こう語りました。

数カ月間のタイムラグが発生する可能性はありますが、台風は汚染土の拡散に「強く関与しています。」
エブラール氏がこう語り、冬場に山岳地帯に積もった雪が春から夏にかけて溶けていく際にも、汚染が川に入り込むのは確実だと語りました。

福島周辺において2年半前に発生した事故当時は汚染や被ばくを免れた住民たちも、今になって自分たちの農地や海岸に近い平野部の食糧や水の汚染濃度が上昇しているという状況に陥る危険性があると、研究者は警告しています。

2012年の台風の規模や頻度は平年並みで、その分河川に流れ込んだ放射性物質の量はそれなりの量に留まりました。

しかし2013年に襲った台風は例年より頻度が高く、しかも規模が大きかったため、これまで汚染が
軽微だった場所にまで、新たに放射性セシウムによる汚染を広げる結果になってしまいました。

「これは…」
エブラール氏が次のように説明しました。
「放射性物質が上流部分において減少しなかった、その事実を証明しているのです。」

筑波大学は2011年11月以来、福島第一原発の事故に関わる数々の研究成果をまとめてきました。

「これからは福島第一原発の事故の際、直接放出・降下した放射性物質に加え、気象現象によって移動・堆積する放射性物質についても綱領に入れていく必要があります。」
共同研究者であるエブラール氏がこう警告しました。

沿岸地区の漁師、あるいは人々が入浴や海水浴などをする場所には、潜在的な危険に直面します。

福島第一原発の事故では未だに数万人が避難生活を余儀なくされており、放射線による被ばくを避けるため周辺の町や村は未だに無人のままになっています。
福島第一原発を廃炉にするための複雑で困難な作業には、これから数十年という歳月を要することになっています。

http://www.france24.com/en/20131128-typhoons-spread-fukushima-fallout-study-warns/


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月24日 06:11:54 : 5uvl0AM6Ng
あたり前の事だが、除染しなければ台風や季節風で放射能は拡散する。
除染は、高濃度汚染地に住民を帰すためではなく、自然や人工拡散による汚染拡大を防ぐ目的でやる必要がある。

高濃度汚染地に住民を帰すための除染の方は、とりあえず十年から数十年くらいの期間をかけて計画的にすすめる必要があるだろう。

除染は不要という意見は、放射能防護の観点から見て合理性がない。
放射能が広域に拡散してしまうと、濃度が下がって単位面積当たりの被害率は減るかもしれないが、被曝人口が増えるため被害者の総数が減るとは思えない。
また当然ながら、拡散しても放射能は消えることはない。


02. 日高見連邦共和国 2013年12月24日 08:26:05 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

チェルノブイリ事故後のヨーロッパ全土の放射能汚染状況を思い出せば、
この狭い日本に“安全地帯”なんて存在しえない。

ましてや未だに『絶賛ダダ漏れ継続中』なんだから・・・


03. 2013年12月24日 11:18:19 : XUd48KYCio
山林の除染は不可能、所詮、利権除染でしかない。
児童の生活圏の除染を毎年、繰り返し実施することには賛成するが、その前に避難させないといけないだろう。

04. 2013年12月24日 11:27:46 : n4ocsNAXQw
論文で問題にしていることは、福島原発事故にともなって、山間部の土壌に沈着した放射性物質(研究では放射性セシウムに注目している)が、雪解け水や降雨によって、河川や灌漑設備を通して、下流にある平野部や海に運ばれて行くと言う話だ。

これまで、比較的に汚染濃度が低かった、平野部の水田などにおいて、放射性セシウムが沈着した土粒が、水の流れに乗って、運び込まれ堆積した結果、汚染濃度を上げる事実が指摘されている。

ダムは汚染土粒を一時的にためる効果があるが、台風時の放流によって、放射性物質を一気に下流部に押し流して、汚染を広げてしまう。

http://www.nature.com/srep/2013/131029/srep03079/pdf/srep03079.pdf

論文から見えてくることは、小説「砂の女」の主人公のように、除染を続けなければならないと言う話で、そのように除染しても、台風などの自然現象によって、一気に汚染が元に戻ってしまうばかりか、いっそう汚染がひどくなると言う話でもある。


05. 2013年12月24日 14:18:37 : 7wJCqOq2nZ
>>01

>除染は、高濃度汚染地に住民を帰すためではなく、自然や人工拡散による汚染拡大を防ぐ目的でやる必要がある。

そんなのは焼け石に水で効果は0である。なぜなら汚染地帯の面積を考えれば誰でも判ることだ。福島は70%が山域だ。広く言えば日本全域70%が山域だ。
自然などによる拡散を防ぐというなら平地も含めそういう山域を全部やらなけれならない。しかも福島だけでなく全県をだ。
今の移染でさえ学校、個人宅、公園、民家からたった数十m離れた範囲にあるだけの山裾といった無意味なママゴトである。標高100mの裏山さえ移染などやってない。挙句の果ては民家の庭に移染した放射能を手抜きして埋めてしまう始末だ。
移染仕事の現実を見れば自然等による放射能拡散防止など夢のまた夢である。

移染などどこまで行っても利権のためでしかない。


06. 2013年12月24日 17:16:54 : 5uvl0AM6Ng
> そんなのは焼け石に水で効果は0である。

焼け石に水というのは、効果は0のことではなく、効果は絶大である。
実際、炉心に水を掛けることも、まさに「焼け石に水」を地でやっているわけで、しっかり効果は出ている。

除雪というのも、除雪をしたからといって降雪がゼロになるわけではないし、広大な山岳地帯を全部除雪できるものでもない。
除雪をしたって、また雪が降れば、雪は積もってしまうわけで、やってもやってもきりがない。
しかし、除雪の効果が0ではないどころか、非常に大きな効果があることを、豪雪地帯の人々はみなよく知っている。
除雪を除雪利権と呼びたければそう呼ぶことも不可能ではないが、そんなことを言い出せば需要と供給がある事柄は全て利権と呼ぶしかなくなる。

今まで国がやってきた除染は、極めていい加減なもので、ちゃんとした除染をしているとは言い難い。
ちゃんとした合理的な除染をするようになれば、しっかりとした効果は十分見込まれる。
不合理な除染をすれば費用ばかりがかかって効果がないのはあたり前で、それは除雪だって不合理にやれば費用ばかりがかかって効果がないのと同じことだ。
いずれどこかで、ちゃんとした除染を始めなければいけないのは必然であり、今はまだそれが為されていないだけのことである。

そもそも、除染が無意味なのであれば、原発自体を除染することも無意味なわけで、高い費用をかけて汚染水の放射性物質を取り除く必要もない。
原発だけ除染して、一般公衆が被害を受ける原発敷地外は除染しないという姿勢は根本的に矛盾している。


07. 2013年12月24日 21:53:13 : F3wzprZRMQ
生体濃縮されたものを流通させてる訳で、スタンス的に薄めて放置。除せんをいいだすなら流通させずに回収策を取らないと。

08. 2013年12月25日 13:14:23 : hWEzsNFKJk
今も出てるんだから汚染は拡大する一方!
安倍のブロックなんて大嘘の恥さらし
それでも平気で生きてんだから
面の皮が厚すぎか単なるバカ!

封じ込めしない限り汚染は永遠に続きます
結局永遠ってことですねぇ


09. 2013年12月25日 13:26:47 : myOUvdx1RM
01(06)

キミが自分で山林の『除染』なるものをやってみればいい。

1平方メートルをちゃんとやってみれどうかね。それだけでケツを割ることは保証しておく。ビニール袋に詰めてでどこかへ持って行って移染じゃあかんよ。

学校のグラウンドの土をはぎ取るのとはわけが違う。

山林の除染効果はゼロと見ていい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧