★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 535.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
h23/3/15の第8回 原子力災害対策本部 配布資料 (中性子のカウント有りますネ!)
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/535.html
投稿者 知る大切さ 日時 2013 年 12 月 31 日 20:55:37: wlmZvu/t95VP.
 

h23/3/15の現地モニタリングで中性子が検出されてますね。1ページ目の14日と15日
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/dai8/8_05_gensai.pdf

今までの政府発表で公表ありましたか?水素爆発で政府はどう中性子発生を説明するのか?

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 知る大切さ 2013年12月31日 21:11:38 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
ファイル元

h23/3/15の第8回 原子力災害対策本部 配布資料 (モニタリング)

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/dai8/index.html


02. 何が真実か 2014年1月05日 15:56:58 : Jo2JcpgAnaMG2 : uJ7uMCaNl6
「知る大切さ」は何が言いたいのか論点を明確に願う。

(2011年3月23日13時10分 読売新聞)ニュースにもある。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110323-OYT1T00534.htm

この現象を、専門家がどう見ているか?

問題があれば原発の現場が退避するのではないか?

今年も「知る大切さ」が勉強の種を提供することが善意であることを信じたい。


03. 知る大切さ 2014年1月05日 17:20:58 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
>2 何が真実か見えない方へ
まずあなたと議論するには何が真実か氏が新規投稿しないと時間が無駄なので、申し訳ないけれど(今までの貴方との議論の経緯を踏まえて)いたしません。あげていただければ参加させていただきます。


東京電力は23日、東電福島第一原発の原子炉建屋の約1・5キロ・メートル西にある正門付近で、これまでに2回だけ計測されたとしていた中性子線が、12〜14日に計13回検出されていた、と発表した。

何が真実かさんが提示は文章は上記

私が出したのは2011年3月15日の政府中枢での資料(何故か?単位は不明確sv/hかすら判別不可)の中性子の検出表示
名前負けしている何が真実氏にイメージして欲しいのは1.5km先で中性子が1個見つかるてことは、たまたま1.5km先の極小さなモニタリングポストで検出されてしまうぐらい大量の中性子がフクイチの中心では盛んに飛び交っているとの認識。

お願い!何が真実かさんご自身で新規投稿してくださいよ。 ここではこれ以上あなたに対してはカキコミいたしません。


04. 何が真実か 2014年1月05日 23:55:35 : Jo2JcpgAnaMG2 : uJ7uMCaNl6
>03 「知る大切さ」

下にある@Aのニュースで解る。
中性子線は、1時間当たり0.02マイクロシーベルト、0.01マイクロシーベルト

リンク http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/dai8/index.html  から
配布資料 (モニタリング)には、モニタリングカー 測定値(μSv/h)と単位の記載がある。これは全体と中性子を分けて測定したもの。

Aから

一時正門付近で毎時10ミリシーベルト検出=10,000μSv/h

これに対して中性子線の1時間当たり0.02マイクロシーベルトは50万分の一、3月15日は35回測定して6回検出したほかはNDである。

「知る大切さ」は何を問題にするのか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

@
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103160271.html

福島第一原発正門付近、15日にも中性子線検出2011年3月16日16時12分

 東京電力は16日、福島第一原発の正門付近で15日にも中性子線が検出されたことを明らかにした。モニタリングカーによる計測で、15日午前1時30分と同40分にそれぞれ、1時間当たり0.02マイクロシーベルト、0.01マイクロシーベルトの中性子線を検出したという。

 中性子線は同原発3号機が水素爆発を起こした後の14日にも検出され、再び検出できないレベルになっていた。

 中性子線は核分裂が起きた時に出てくるが、検出の原因は不明。


A
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103160194.html
福島第一、一時正門付近で毎時10ミリシーベルト検出
2011年3月16日12時38分


 原子力安全・保安院によると、東京電力福島第一原発の正門付近の放射線量が、午前10時40分時点で毎時10ミリシーベルトに上昇した。保安院は、2号機の損傷が影響している可能性があるとみている。線量は同11時には毎時3.4ミリシーベルトに低下した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



05. 知る大切さ 2014年1月06日 07:08:02 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
中性子と原子との相互作用は、非常に短距離でのみ働く核力によるものがほぼすべてである。核力の到達範囲は中性子の直径と同程度しかない。従って、物質中を移動する自由な中性子は、原子核と「正面」衝突するまで直進する。原子核の断面積は非常に小さいため衝突はまれにしか起こらず、中性子は衝突までに長い行程を飛ぶことになる。生成した中性子が他の原子核と衝突するまで移動する距離を平均自由行程 (mean freepath) という指標で表す。空気中で220m、軽水の場合は0.17cm、重水では1.54cm、ウランでは0.035cmである。
弾性衝突を起こすような場合、運動量保存則に従い、ビリヤードのボールが互いに衝突するようにふるまう。もし衝突された核が重い場合は核の加速は比較的少ない。中性子とほぼ等しい質量をもつ陽子(水素原子)と衝突した場合、陽子はもともとの中性子が持っていた運動量のほとんどを受け取りはじき出される。一方中性子はほとんどの運動量を失う。この衝突の結果生じる二次的に放射された粒子が電荷を持っている場合、電離作用があるため検知することが可能である。
電気的に中性であるため、観測だけでなく中性子を制御するのも難しい。荷電粒子に対しては電磁場によって加速、減速、軌道修正が可能であるが、中性子には使えない。さらに、自由な中性子は核分裂反応からのみ得られ、自然界には存在しない。



06. 何が真実か 2014年1月06日 19:00:59 : Jo2JcpgAnaMG2 : uJ7uMCaNl6
>05 自由な中性子は核分裂反応からのみ得られ、自然界には存在しない

自然中性子線は存在する。

04. Aの 0.02μsv/hはやや高いから自然とは言えないが臨界だとも言えない。
仮に、臨界であれば全方向で検知する筈、35分の6回だけの検出だから原因不明となるのでは?

一般的には理解が難しいので、無用の不安を与えないように配慮された発表の可能性がある。

下を参考に

J-PARC事故、5月23日11時55分、中性子バースト!!!
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/535.html?c2


「知る大切さ」は、放射線の程度を問題にする時は下の事実から考えるべき。


2.3 イラン・ラムサールの高自然放射線地域
http://www.taishitsu.or.jp/genshiryoku/gen-1/1-ko-shizen-2.html#2.3 イラン・ラムサールの高自然放射線地域

引用

温泉の湧き出し口やその下流では1mの高さで22μGy/h表面で73μGy/hに達する場所もありましたが、人家や畑とは離れています。しかし、測定した近くの3軒のうち1軒の屋内線量率は非常に高く、床上1mで28μGy/h、壁表面では130μGy/hに達する場所がありましたが、建築材料として近くの土壌を使用しているものと思われます。寝室の線量率15μGy/h、屋内平均線量率9μGy/h、屋外の畑等の平均線量率を1μGy/hとし、それぞれの居住係数を0.29、0.38および0.33とすると、

年間の外部被ばく線量は71mGyと推定され、現在測定に入った所では最高値を示しました。

引用終わり


引用の中の71mμGy/h(まま)は間違いで、71mGyが正しいが住居があって人が代々住んでいる。(Gy≒Sv)

このラドン温泉地域の最高値は260mSv/y≒260mGy/y、ほぼ半分はラドンガスによる内部被曝である。

福島の20mSv/y以下を帰還促進することは問題ないし、また1mSv/yを目標に除染するなど税金の無駄使いである。


07. 2014年1月06日 19:03:59 : uJ7uMCaNl6
↑訂正後  04. Aの 0.02μsv/hはやや高い

08. 2014年1月06日 19:05:19 : uJ7uMCaNl6
↑訂正後  04. @ の0.02μsv/hはやや高い

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧