★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 538.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第一原発 臨海近くの観測井戸 最高濃度のストロンチウム検出のまま年を越す(FGW) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/538.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 1 月 01 日 01:25:00: igsppGRN/E9PQ
 

                 福島原発敷地内にある汚染水観測井戸


福島第一原発 臨海近くの観測井戸 最高濃度のストロンチウム検出のまま年を越す(FGW)
http://financegreenwatch.org/jp/?p=39745
1月 1st, 2014 Finance GreenWatch


東京電力が31日発表したデータによると、福島第一原発の1号機と2号機の間の港湾に近接した観測井戸から高濃度のストロンチウム90などのベータ値が検出され続けているが、30日の測定結果でも、これまでの最高値と同じ210万ベクレルの高レベルを検出した。事故時に周辺にまき散らされたセシウム等は除染等で徐々に減少しているが、肝心の破損した原子炉からの汚染水の直接漏えいは止まらないまま、年を越したとみられる。

ストロンチウム等が連続して高濃度検出検出されているのはNo-16の観測井戸。26日の計測で、過去最高の1g当たり210万ベクレルの水準をつけ、30日の計測でも同じレベルが続いていることがわかった。同井戸は2号機の東側で、2011年の事故直後に極めて高濃度の汚染水が漏れたトレンチ(電源ケーブルなどが通る地下道)の近くにある。護岸から約40メートルの場所にある。海洋への流出も続いているとみられる。

ストロンチウム90は、半減期が28.8年。体内に入ると、骨の中のカルシウムと置き換わり、長期間にわたって蓄積し、放射線を出し続ける。このため大変危険な核種とされている。ただ、本来はセシウムに比べると、]原発事故で放出される量は少ないとされている。

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/2tb-east_13123101-j.pdf


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧