★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 559.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「放射能さえなければ存続できた」日光猿軍団、福島原発事故の影響を受け解散!大みそかに最後の公演! 
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/559.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 1 月 02 日 00:45:00: igsppGRN/E9PQ
 

「放射能さえなければ存続できた」日光猿軍団、福島原発事故の影響を受け解散!大みそかに最後の公演!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1481.html
2014/01/01 Wed. 22:30:35 真実を探すブログ


20年以上続いていた日光の猿軍団が大みそかに最後の公演を行い、遂に解散しました。解散した原因は、福島第一原発事故による放射能汚染の影響で外国人調教師が帰国してしまったからです。
日光のある栃木県はかなり放射能に汚染されている場所で、チェルノブイリ並みの数値が報告されたりしています。日光猿軍団を率いていた間中校長は「放射能さえなければ存続できた。悔しい」とインタビューで述べ、非常に辛そうな表情でした。


やはり、放射能は健康だけではなく、この国の経済も着実に蝕んでいますね。本当に「食べて応援」とか言って、現実逃避をしている場合ではないです。何としても国家規模の大プロジェクトを立ち上げて、放射能と原発対策に乗り出さないと全てが手遅れ状態になってしまうでしょう。


☆20年余り親しまれ・・・さようなら!日光猿軍団(13/12/31)


☆日光猿軍団  あす見納め公演
URL http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20131230/CK2013123002000127.html
引用:
 ニホンザルの集団芸で知られ、東京電力福島第一原発事故の影響を受け解散する日光猿軍団(日光市)が大みそかの三十一日、最後の公演を行う。午前十時半と午後二時半の二回。二十二年にわたって続いた芸は見納めとなる。


 当日は間中敏雄(まなかとしお)校長(65)が人気コント「お猿の学校」で猿の進路相談に乗ったり、全国を巡業した歴史を振り返ったりする盛りだくさんの内容。引退した高齢の猿も登場し、最後の花道を飾る。


 間中校長は「放射能さえなければ存続できた。悔しい」と漏らす一方、「最終公演では、長年支えてくれたファンの皆さんに感謝を伝えたい」と思いを語っている。 (大野暢子)
:引用終了


☆「日光猿軍団」最終日に1匹脱走
URL http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20140101-OHT1T00029.htm
引用:
サルの集団芸で一世を風靡(ふうび)した栃木県日光市のテーマパーク「日光猿軍団」が31日、22年の歴史に幕を閉じた。この日は、軍団の中心的存在だったサル1匹が突然脱走するハプニングが起きたが、他のサルたちが懸命にカバー。計1000人のファンが別れを惜しんだ。


 最終公演の開演わずか30分前だった。突然、1匹のサルが暴れだし、調教師の制止を振り切ってあっという間に行方をくらました。間中敏雄校長(65)は「こんなこと今まで一度もなかったのに」とため息。最後のあいさつでは「震災の影響で、外国人の調教師が帰ってしまって…。(東京電力福島第1原発の)放射能さえなかったら。ちょっと悔しいです」と涙を流した。
:引用終了


☆文科省 放射能分布図
URL http://i.imgur.com/TmHPX9w.jpg


http://blog-imgs-51.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/20140101-180410housyanou0101.jpg



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧