★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 736.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島原発3号機 中性子束の核爆発 ウクライナ科学者(とある原発の溶融貫通(メルトスルー)) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/736.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 1 月 12 日 00:36:00: igsppGRN/E9PQ
 

福島原発3号機 中性子束の核爆発 ウクライナ科学者
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7497304.html
とある原発の溶融貫通(メルトスルー)


#福島 #原発 #3号機 中性子束の核爆発:ウクライナ科学者☢#Fukushima PlutoniumNeutronExplode!
日本語訳↓
http://www.youtube.com/watch?v=MyorgW7hsP0


2014/01/11 に公開

<日本語訳:Jo2Rayden>原子力ジャーナル: フクシマ・プルトニウムの影響:溶融MOX燃料が中性子束の爆発に結びつくかもしれな­い:'驚くことに'、一切の科学文献には絶対的に参考する資料がない­。:ウクライナの大学科学者共同研究報告書 6 Jan.2014 from ENEnews http://enenews.com/study-fukushima-pl...

*Nuclear Journal on 'Fukushima Plutonium Effect': Melting MOX fuel may lead to neutron flux blow-up ― 'Surprisingly' there's absolutely no reference data in any scientific literature http://www.scirp.org/journal/CTA.aspx...
* Fukushima Plutonium Effect & Blow-Up Regimes in Neutron-Multiplying Media
* フクシマ・プルトニウムの影響、中性子増倍体中の爆発
Department of Theoretical and Experimental Nuclear Physics, Odessa National Polytechnic University, Odessa, Ukraine. / State Ecological Academy for Postgraduate Education, Kiev, Ukraine ウクライナ・オデッサ国立工科大学、理論・実験原子力物理学部 / ウクライナ、キエフ州、大学院・生態学アカデミー。 11人の学者による共同研究報告書。
* Fukushima Plutonium Effect and Blow-Up Regimes in Neutron-Multiplying Media, World Journal of Nuclear Science and Technology (2013)
*One of the causes of a possible fuel temperature growth may lie, for instance, in a deliberate or spontaneous coolant loss, analogous to what happened during the Fukushima nuclear accident. [...] the coolant loss may become a cause of the nonlinear heat source formation in the nuclear fuel, and consequently emergence of the mode with the temperature and neutron flux blow-up. In our opinion, the preliminary investigation of the heat transfer equation with nonlinear heat source points to an extremely important phenomenon of the anomalous of the temperature and neutron flux blow-up modes behavior. [...]

★用語説明★

*核分裂断面積☞ 反応断面積(reaction cross-section)とは、物理学、特に原子物理学、原子核物理学、素粒子物­理学、原子炉物理学などの分野において用いられる、反応の起こりやすさの尺度である。­反応の種類によって、散乱断面積、吸収断面積、核分裂断面積などと呼び分けられる。

* 中性子束(Neutron flux)とは、一定の空間を占める中性子の流れを計ることを目的とした物理用語であ­る。:中性子束は、自然現象と化学実験による人為的な現象の両方で、 "中性子が安定した割合で原子核粒子に衝撃を与える" 場合に用いられる。この場合、不安定な放射性同位体を含む異なった同位体や、単に安定­な元素を産む。中性子束は一定時間単位に一定空間を通過する中性子の数の尺度として用­いることがある。よく使われる尺度は中性子/cm2秒である。

* ポジティブ・フィードバック: ある現象が起こった結果が最初に起こった現象をさらに強める方向に働くこと。核分裂で­は核分裂の結果として出る中性子が別の核物質に飛び込み、次の核分裂を起こすというこ­とが際限なく繰り返されることになる。制御しなければ核爆発になる。

*相転移(phase transition)とは、化学的、物理的に均一な物質の部分である相 (Phase) が他の形態の相へ転移することの熱力学あるいは統計力学上の概念であり、それらを発生­機構とする物理現象の総称でもある。相転移の発生は特定の原因に由来せず、原子あるい­は分子間の相互作用を初めとし、結晶構造や局所構造あるいは磁場や温度・エネルギー分­布など、場合に応じて複数の要素が複合的に作用して発生する現象である。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. けろりん 2014年1月12日 09:39:20 : xfW5FN1G6ouU2 : 0DB5QQoswQ


日本には『 論理学 』というものが存在していないから
『 ネトウヨ放射脳 』のポジティブ・フィードバックが起こり、
『 どアホ 』の相転移が起こっているんだよ・・・・

WWW


02. 2014年1月12日 10:25:46 : 4jF9s0XLFQ
分かりやすく説明することが難しい。

誤っていたら、ごめんなさい。

U−238とPu−239では、300℃〜3000℃範囲で、U−235にはない、中性子捕獲と捕獲による核分裂反応性が、計算上では無限大に拡大する(実際には相転移が観察されるとある)。

熱エネルギーの一部は運動エネルギー(特に中性子の)に変換される。

つまり、温度の上昇と共に自発核分裂以外の中性子放出が急激に増える。

熱によってU−238とPu−239では、すでに中性子捕獲率と核分裂反応性が上昇している。

上の状態は、温度上昇により放出された中性子とポジティブ・フィードバックの関係にある。(爆発的に反応性が高まること)

3号機爆発の持つ、核爆発的な側面の解明に資する研究だ。


03. 2014年1月12日 10:31:27 : 4jF9s0XLFQ
被曝の影響によって、「知性」が「痴性」に、不可逆的相転移を起こした方がいるようだ。

04. 2014年1月12日 21:34:14 : FNLxko3Gfk

本澤二郎の「日本の風景」(1497)

<東芝製3号機がSOS>
 人間を大事にしない日本の代表的財閥で知られる東芝は、東電福島原発3号機を製造した悪徳会社でもある。プルトニウムを燃料にした原発だ。そこで核爆発を起こしている。どうしてなのか、東電は明らかに出来ない。分からないのだ。しかし、製造した東芝はある程度はわかるはずだ。それを人類に公表する義務があるが、未だに沈黙している。東電に輪をかけた悪辣な財閥企業である。莫大な広告費で新聞テレビを抑え込んでいるが、筆者には通用しない。日本のマスコミを代表して断罪したい。

 なぜかならば、日本人だけが真実のラチ外に置かれている。3号機から大量の白煙・灰煙が噴き上げている。昨年12月28日のそれに、国際メディアがSOSを発していた。米西海岸の住民は対策を取っているという。一体、3号機の煙は何なのか。
 例によって東電広報は「高温の格納容器に水や雨が触れたもので、問題はない」と海外メディアの報道打ち消しに躍起となっている。これを日刊ゲンダイは、まともに報道、警鐘を鳴らしている。
<東芝の沈黙は許されない>
 1,2号機は水素爆発である。3号機は全く違う。東電は今も嘘をついている。
 3号機メーカーの東芝は、事実を公表すべき義務を負っている。なぜなら福島では内外被曝者が無数に出ている。いかに東電・政府がシラを切っても通用しない。福島では若者や中年の死亡が、地元新聞のお悔やみ欄を占めている。ここ2年ほどの日本人の死亡は、第2次世界大戦の300万人を軽く超えている。
 東芝もまた、この重大な人身事故の加害者である。核爆発の真相と、それによる放射能量の詳細を人類に公表する義務を負っている。沈黙は許されない。
<東電に火消しは困難>
 既に明らかなように、東電は原発災害の処理能力など無い。無知な者ばかりである。それゆえの嘘の広報をずっと続けてきた。東電発言の信頼度は皆無といっていい。
福島原発の火消しなど不可能である。ならば原発メーカーのGE/日立(1,2号機)と東芝が担当するしかない。現にそうしているのであろう。とりわけ3号機に関しては、東芝が事情を知る立場にある。核爆発が何ゆえに発生したのか、放射能の放出量と核種を正確に公表すべき責任を負っている。
技術的な問題は、東芝が前面に出ないと対応出来ない。それでいて、それを全くしていない東芝である。
<何をしてきたのか!公開せよ>
 東芝はこれまで何をしてきたのか。それを明らかにする責任がある。道義上も法的にも負っているはずである。本来、検察が前面に出てきて真相を明らかにする事案である。
 日本国民の生命と財産を奪ってきている事件である。日本にまともな民主的政府が存在していれば、東電はいうまでもなく、東芝の関係者も逮捕され、真実を明らかにさせられる場面である。地球と人類を恐怖に陥れている以上、それは法治国家として当然のことなのである。其れが出来ない日本は、まともな国とはいえない。
 せめて東芝は、率先して真実を明らかにする義務がある。
 元東芝の原発技術者の後藤政志は、新聞の取材に対して「格納容器からの大量の蒸気だとすると問題だ。大気汚染が心配」とのコメントをしている。責任感のある、ごく一部のまともな東芝社員の不安はただ事ではないのだろう。原発ビジネスに執念を抱いてきた佐々木とかいう東芝幹部は、いまどうしているのであろうか。
<東芝の社会的責任はどうした!>
 東芝は、口を開けば社会的責任企業であることを訴えてきている。現在、これを鵜呑みにする者はいないだろう。
 社会的責任は、どんな企業でも果たさなければならない企業倫理だ。製造者責任の原則は、国際的なルールでもある。欠陥品を販売した責任は、当然のことながら負わねばならない。巨大地震を想定できる日本である。地震に耐えられる製品でなければ、原発メーカーとして失格である。これは原発の建造物や配管を作った、中曽根康弘の親類・鹿島にも言える。
 3号機は東電責任のほか、東芝と鹿島も責任を負っている。
<火事場泥棒を続けるのか>
 放射能を除染するという装置を、事件後に東芝は納入、そこで莫大な利益を上げた、と見られている。間違いないらしい。そうだとすると、東芝は火事場泥棒ではないか。
 東芝は欠陥商品を納入して暴利を手にした。地震で損壊するや、そこで新たな装置を納入して、再び暴利を得たのだ。東芝は現地に作業員を大量に送り込んでもいる。彼らを大事に放射能被曝から保護しているだろうか。
 そうではないらしい。最近、地元の労働基準監督署が東芝作業員の勤務状態に警告を出している。


05. 2014年1月14日 11:42:32 : 3LTPmr2T3c
初めに、専門家ではないので、解釈説明に、間違いがあるかもしれません。

専門家にとっては、非常に重要な論文と思われます。

ルソフ氏などの主張は、グラフを見ると分かります。

こちらは、U−235の核分裂断面積と吸収断面積のグラフ、横線は温度です。

http://file.scirp.org/Html/2-1090132%5C1d9eda86-0d78-45b3-8737-19af841220a7.jpg

http://file.scirp.org/Html/2-1090132%5Cd421b996-b2c3-4bfc-8894-f101f3e52c8e.jpg

同じようにU−238のグラフ。

http://file.scirp.org/Html/2-1090132%5Cf668c0c9-9e81-4b36-866b-8d34b2a39007.jpg

http://file.scirp.org/Html/2-1090132%5C9f3ff1b5-b360-4da8-b13d-b310306b926a.jpg

Pu−239のグラフ。

http://file.scirp.org/Html/2-1090132%5C3890c2ac-1e4a-4e91-af6b-57ce51f9d224.jpg

http://file.scirp.org/Html/2-1090132%5Ca96fa856-80fd-4acc-a3b9-c6f30bbadb80.jpg

温度の上昇と共に、U−238は右肩上がりに、Pu−239では、1000〜2000度の間で、爆発的な反応を起こすことが分かります。(U−235は、500度以下の所に最大断面積がある)

真偽のほどは分かりませんが、ロシア海軍の艦船が、福島原発の地下で起きている核爆発を捕捉したとの情報がネットを駆け巡りました。

http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/662.html

興味深いことに、ルソフ氏は地球物理学に関する論文も書いています。

>Geoantineutrino spectrum and slow nuclear burning on the boundary of the liquid and solid phases of the Earth's core

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2005JB004212/abstract;jsessionid=4FF69A3AD373E613AC68BD9E66ED2C73.f02t03

地球の内部、固形層と液状層(圧力が5〜10GPa、温度が1600〜2200℃)の境界には、U−238とTl−232を燃料とした核燃焼メカニズムがあると主張したものです。

地球物理学者が、福島原発事故に注目した意味を考えると、何か見えてくるものがないでしょうか?

福島第一原発では、3機合わせて800キロ前後のU−235があったと思われます。

ルソフ氏の論文を読むまでは、溶融核燃料が、地下深くに潜っても、U−235だけに注目していれば良いと考えていました。一度に爆発してもTNTにして1メガトン余くらいだろうと。

しかし、爆発物質としてU−238も考慮しなければならないとすると話は全く異なってきます。U−238だけで、U−235の30倍以上存在します。

地球内部では、これら核分裂反応の他に核融合反応も起きています。

元ジャパンタイムズウィークリーの編集長だった島津洋一氏は、福島原発の溶融核燃料が地下において熱核爆発(水爆の原理)を起こして、地球の最後に至るシナリオを描いていますが、それが根拠のないことだとは思えなくなった。

http://www.rense.com/general96/rising.html

バスビー博士は、東京のマンションのフィルターから、U−238(3000Bq/kg)とその娘核種Pb−210(7500Bq/kg)を検出して困惑していました。

http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/116.html

カルトフェン氏が、浪江町で採取した黒い物質から、大量のRa−226(U−238の娘核種)を検出しました。

http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/766.html

これ等のことは、福島第一原発で起きた爆発がU−235やPu−239だけでなく、U−238も関与した核爆発だと言うことを示しています。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧