★阿修羅♪ > 経世済民79 > 173.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
怒れ日本の消費者よ、現代自動車だけではない“燃費水増し”・・米国で集団訴訟!窮地の韓国メーカーの次は?
http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/173.html
投稿者 墨染 日時 2013 年 1 月 30 日 10:00:54: EVQc6rJP..8E.
 

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36987

日本のメディアではあまり取り上げられていないが、ここ数年猛烈な勢いでシェアを伸ばしてきた韓国の現代自動車が窮地に陥っている。

原因は、米国市場での燃費性能の水増しだ。同国では同社の対応に不満を持つ消費者が集団訴訟を起こすなど、事態が深刻化している。

不正に厳しい米国市場特有の現象だが、これは視点を変えると日本の消費者にも同じ問題が当てはまるのではないだろうか。

■シェア拡大を焦り、禁じ手を犯した現代自動車
外電等々で伝わった現代自の燃費水増しの概要は次のようなものだ。日本経済新聞は特集記事で以下のように報じている。
 
現代自が傘下の起亜自動車とともに販売した中型セダンなど13車種、約90万台について、燃費性能を水増ししていた事実が、米環境保護局(EPA)の調査で発覚した。燃費性能は最大で燃料1ガロン当たり6マイル(9.6キロ)が水増しされていた。
現代自側は誤りを認め、ユーザーに対して過去にさかのぼって余分に払った燃料代を支払うことを決めた。

日本車のシェアを駆逐し、かつ欧米メーカーの牙城を切り崩そうと、現代自が焦りを感じていたのではないか、などと日経や外電は分析している。

米国では、ニューヨーク市など一部の大都市を除けばクルマは日常生活の足として欠かせない存在。また、リーマン・ショック後の不況、はたまたガソリン価格の上昇傾向とも相まって“燃費性能”は自動車販売での重要なファクターになっている。
 過剰とも言えるほどの保証サービスを付帯して新車を販売していた現代自については、「やり過ぎの感は否めなかった」(米系証券アナリスト)との声も根強かっただけに、同国消費者の怒りは凄まじかった。

かつて日本メーカーも同様の問題を抱え、訴訟に発展した経緯があるだけに、現代自は当局の指摘から素早く動いた、と見ることもできる。

■日本のユーザーは寛大すぎる
 一連の現代自の問題をチェックするうち、私は首を傾げた。米国の消費者と同じように、日本のユーザーも怒りを露にすべきでは、との疑問が湧いたためだ。

2012年11月の当欄(「クリーンディーゼルが世界のエコカー市場を席巻する日 米国燃費基準で見えてきた本当の実力」)で、私は米国市場の燃費基準でストップ・アンド・ゴーが繰り返される「シティーモード」、一定の速度で長時間の巡航を行う「ハイウエイモード」の2つがあると触れた。
信号待ちや渋滞で発進と停車を繰り返せば、低燃費がウリのクルマでもガソリン消費量は多めとなる。一方、80〜100キロ程度で巡航すれば、発進時にかかる負荷が大幅に軽減されることから、燃費は向上する。こうした自動車エンジンの特性を加味したのが米国の2つの燃費基準だ。

一方、日本はどうなのか。メーカーのテストドライバーが国の示した一定条件の下で計測する10.15基準や、JC08基準がいまだに主流。詳しくは2009年に当欄で記した記事(「燃費5キロ、それでも『エコカー』を名乗る不思議 エコカー減税措置と低燃費競争の裏側」)を参照していただきたいが、要するに日本の燃費基準は、消費者が実際に自分のクルマを運転して得られる実感とはかけ離れているのだ。

もう一度、先の項目の現代自と米国ユーザーの事情を振り返ってほしい。水増しされた燃費に怒った消費者は、集団訴訟という手段に打って出た。
日経報道によれば、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが試算した現代自の補償費用は約1億ドル、さらに膨らむ公算もあるとされる。

2012年11月の記事を書くに当たり、私は米国のアナリストからこんなことを聞いた。「日本の燃費基準は全く実態を反映していない。なぜ日本の消費者はメーカー、あるいは基準を作った国を訴えないのか」・・・。

当欄でも触れたが、インターネット上では、メーカーが販売時にウリとする燃費と、実際にユーザーが計測した“誤差”を扱ったサイトが多数存在する。当然のことながら、カタログに載るピカピカの数値と、ユーザーたちが計った実燃費の間の落差は大きい。日本の燃費基準が、大まかに言えば、「市街地走行」「高速走行」を同一のカウンターの中で計測しているためだ。一部のユーザーは、メーカー、あるいは国の基準などもはや信用していないのが実状なのだ。

米国ユーザーがシビアすぎるのか、日本の消費者があまりにも寛大なのか。現在、米国で問題となっている現代自の“水増し騒動”。日本のユーザーの怒りの導火線に着火することになると、日本のメーカー、あるいは国はどう言い訳するのか。
日本のユーザーは、寛大すぎると筆者は見る。そろそろ立ち上がる時期なのではないか。


(関連記事:)
■日本の先端技術“から攻める”韓国サムスンに駆逐される日本企業?
http://biz-journal.jp/2012/10/post_806.html

−−以下抜粋
★サムスンは技術革新を起こしていない
経済用語で言う「後発効果」である。後発効果とは、先進国あるいは先発企業が試行錯誤を重ね、時間とコスト、そして智恵を絞ってようやく手に入れた成果を、後発国あるいは後発企業が先行者の努力や多大な投資を横目に、結果だけを見て効率的に量産化し、先発企業に追いつくことを指す。

韓国企業が一時期、日本製家電製品を買い込み、バラバラにしてその技術を手中にしたといわれているが、倫理的行為かどうかは別にして、それもまた「後発の優位性」を示すものではある。ともかく韓国や台湾、あるいは中国メーカーの技術面の伸張は、このことである程度説明がつく。開発コストをかけなくてすむメリットもある。

東京大学大学院ものづくり経営研究センター特任研究員で、かつてサムスン電子で常務を務めたこともある吉川良三氏は「サムスンでは、イノベーション(技術革新)はほとんど起こっていない」としたうえで、製品開発の特徴をについて、
「サムスンの場合、世界中から最新の技術やパーツを導入して、モジュール型の製品開発を行ない生産するので、非常に短時間で(先行企業を)キャッチアップして安価に大量生産でき、グローバル市場で地歩を築くことができる」
サムスンの方式を「リバーシブルエンジニアリング型」と呼び、次のようにその実態について語る。

「構造調査で日本の製品を分解して、機能と性能、部品などを徹底して調べ上げて、日本が到達した最新のイノベーションの成果からスタートする。これをベースにして、グローバルな視点から商品を企画して、機械設計・製品設計を行ない、既存の部品であるオープンなモジュラー部品を多用して最新の製品を生み出すのである」
 となると、世界各国のニーズの異なる市場にフィットして、商品を安価に、効率的に、スピーディに提供できるのは当然の理である。

対して、日本企業はどうか?「日本のモノづくりは、これとは逆の『フォワード型』で、マーケティング・商品開発・構想設計、R&Dに時間をかけて、構造設計でサプライヤーと部品・金型をすり合わせて生産準備に入るので、独創的で革新的なものは生まれるが、非常に時間とコストがかかる。その上、すぐに追随者にキャッチアップされ、グローバル市場でモジュラー化・コモデティ化(汎用化、共通化)されてしまい、急激な価値の下落に見舞われて、価格競争力の面で自滅に追い込まれ失速してしまう」
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年1月30日 13:00:31 : PV9mgxFbAL
サムスンに、銭欲をあおられ、それに釣られた日本人技術者たち。技術を流した日本人や在日技術者にも、サムスン躍動の理由がみられる。
が、技術を流し終えたら、日本人技術者は、即クビ。所詮、サムスンに利用されただけの技術者たち。
彼らが、日本に帰ってきても、誰も相手にしてくれない。
売国奴という汚名だけが残ってしまい、技術者たちは途方に暮れる。というのが今の現実である。

02. 2013年1月30日 13:58:34 : yAIPiqEl6E
高いは高いなりの物
安いは安いなりの物

韓国製を買っておいて、文句言う人も人です。
全ての商品に同じことが言えるはずです。


03. 2013年1月30日 18:21:31 : dHNluj81Fq
01さんへ

日本のメーカーの経営者が自社の技術者を軽く見て報酬や出世の面で営業や経理の連中より劣悪な待遇をしていることがすべての原因。
売国奴という言葉を軽々しく使うバカには開いた口が塞がらない。


04. 2013年1月31日 08:32:11 : Y0pQ91713A
能無し経営者が社内留保の積み上げとリストラに汲々として新規製品の開発を停滞させているうちに「安かろう悪かろう」でも多くの新製品を生み出す海外勢に品質においても追い越されるのは時間の問題だろう。日本だってつい30年〜40年前は大量に「安かろう悪かろう」を輸出する国だったことを忘れてはだめだ。

05. 2013年1月31日 09:49:16 : KwzxlT2Fm6
ヤクザ国家:中国 韓国といったところだ。
良識がない。

下品の一言。


06. 2013年1月31日 12:45:26 : NUh7cPoIGc
>>構造調査で日本の製品を分解して、機能と性能、部品などを徹底して調べ上げて、日本が到達した最新のイノベーションの成果からスタートする。これをベースにして、グローバルな視点から商品を企画して、機械設計・製品設計を行ない、既存の部品であるオープンなモジュラー部品を多用して最新の製品を生み出すのである」

こんな論法素人しか通用しない。コピー企業は同等以下しか開発できない。
コピーでそのノウハウの根底は理解できないが逆に2流企業の製品を一流企業がコピーしてさらに改良はできるだろう。つまりコピー製品より優秀な製品を持ってないといけない。ということはコピーの必要はない。
ベンツをコピーしてさらに高性能の車をだしたとは聞いたことがない。
言い換えるとわが社は技術はないが最先端の機器のコピーをしてるので8割方の性能と安い価格で勝負しますが正当なキャッチフレーズだろうね。


07. 2013年1月31日 14:33:29 : Leq45E6jPg
病院では、いくら大卒だろうがでも文系の事務屋の身分は専門学校卒の看護師より下だ。
6年制大学卒の医師なんかは事務屋からみると雲の上の人。

ところが日本の「普通の」社会では、役所でも民間でも文系事務屋が
理系の院卒の修士様や博士様を顎でこき使っている。

会社の経営が傾いたのは本社の間接部門の文系の連中が寄生虫のように巣食っている
からなのに、理系の技術者を締め上げて会社にいられなくして、その結果、
生き延びるため仕方なく中韓に渡った技術者は多い。

本当の「売国奴」は技術者を会社からいびり出した文系の似非経営者たちだな。
まともな「経営」なら金の卵を産む鶏を追い出したりはしない。

大槻先生の「『文科系』が国を滅ぼす」という本は今の状況を予言していたんだな。

今回の韓国車の問題は、数年前のトヨタのリコール騒ぎと似たニオイはするが・・・。


08. 2013年1月31日 20:56:45 : DtFgUBAnTY
チョンの世界は偽りと厚かましさだけ朝鮮とは永遠に手を切るべきだ。朝鮮の破滅は時間の問題、赤飯を炊いて祝おうではないか。

09. 2013年2月01日 09:31:44 : zBYc960RaI
日本では訴えても勝訴は期待できないからじゃないかな。

10. 2013年2月01日 18:22:34 : C5qh9oFZDI
アメリカは日本と違って国土が広く公共交通も都市が中心だから、何かにつけて自動車が必要になる。日本の都市部以外の地方みたいなもので、それが大部分。
だから日本より安いはずのガス代でも燃費の差が気になるんだろうね。

11. 母系社会 2013年2月02日 03:06:10 : Xfgr7Fh//h.LU : 5vnOd8ZOMM

馬鹿だね、日本自体が、今の韓国や中国と同じように、
欧米から輸入した製品を分解して構造を調べ、同じもの
を造ることで、急速に欧米にキャッチアップできたのだ。

日本がどうして短期間で、欧米の戦闘機を上回る性能の
「隼」や「ゼロ戦」を生産できるようになったのかを
調べればすぐわかる。

欧米から当時の最新式の戦闘機を少数輸入して、韓国や
中国と同じように分解したのだ。

だから、やがて韓国や中国の製品も、南米やアフリカ
などの後発企業に真似される宿命。

これが資本主義というもの。

かつては、国家が絹やヴェネツィアン・グラスなどの
特産品を独占するため、製法が海外に漏れないように
必死に守りった。

資本主義だと、政府は大企業=大資本=に乗っ取られ
ているので、政府自体が企業の海外進出を後押しする。

政府は、基本的に、企業の自由な活動=国家裏切り行為でも
=を認めているので、一部の軍事技術を除き、これができない。

だから、企業の技術は簡単に国家の壁を越えて流出する。

つまり、営利企業こそが、最も反国家的・反愛国的存在。

韓国や中国が不当と言うなら、韓国や中国には製品を輸出
しなければ良い。

しかし、輸出をやめるのは自滅行為であり、資本主義である
限り不可能。

★従って、欧米や日本の資本主義経済は最盛期を過ぎたのである。

★もう、これ以上、日本や欧米諸国が豊かになることはなく・・・

これからは「アジア(と南米)の時代」が始まり、最後に「アフリカの時代」
が来るということ。

●2060年頃、中国のGDPは日本の10倍で、全世界の30%を占め、
米国の2倍の生産力=史上最大規模の超大国になる。(アメリカでさえ20%)

●しかも、日本は少子・高齢化・放射能汚染で、良くガンバっても、せいぜい
現状維持。

だから、今以上の所得を増やすには、春闘などの闘争により、配分を
増やし、勤労者=労働者のための政権を樹立するしかない。

★つまり、先進諸国では、本格的な<階級闘争の時代>が始まる。



12. 2013年2月02日 09:36:36 : lvZNciTC22
 安かろう悪かろうはシナチョン製品ではあたりまえだが、それにしても日本製の品質保証のレベルからするとあまりにもひどい。10個買ったうちの2〜3個は初めから故障しているかか使ってからすぐに何らかのトラブルが起きる。日本人は人がよいからなかなかクレームをつけないのでメーカーはますますつけあがるのだと思う。最近の日本の自動車メーカーは安いシナチョンの部品を多用する傾向があるので気をつける必要があろう。

13. 2013年2月02日 15:31:06 : CTj7jx56XU
じつは昔 海外の住んでた所で、現代自動車の車に乗ってました。ありゃ酷い物でした。こわれた所を言うと長くなりすぎるので、書きませんが、韓国の大手メーカーの商売方法は製品の製造工程での徹底した手抜きによって上げる利益率に重点を置くようです。したがって消費者が安く購入できるのに、売リ手にはまだ大きな儲けがある。S電子なんかはその典型で電気屋さんも喜んで売ります。これが韓流ビジネス。
もとS電子で働いてた知人曰く、”クラフトマンシップが全く無い!”だそうです。

14. 2013年2月02日 23:32:18 : qKgZlvevKI
色々難しい言葉を並べて書かれていますが、ちょんさんは「ただのぱくり」国内にもありました同じ部類の会社「まね○た」です、、、、ぱくりばかりで最後は終わりです、日本にには1000年も継続する会社があり、100年も継続する会社が20000社あるのです、地道な努力をしているのです。継続は力です。

15. 2013年2月03日 03:57:35 : eS5CPZpets
阿修羅もただの中韓ヘイトが増えてきたな。どちらが下品なのやら。

まともに国際情勢(特にTPPや新自由主義経済)を追っていたら、
アメリカが韓国→日本の順で支配しようとしているのは明らか。

しかしアメリカという国の真髄は「善人の振りをして他人同士をいがみ合わせ、
相手から物を奪う」坊っちゃんの赤シャツのようなやり方。
先に支配した韓国を使って日本から収奪すれば、その批判を韓国に
擦り付けることが出来る。そうすれば金融収奪だけでなく武器の押し売りも容易。

で、そのためには情報操作として、マスコミとネット工作員を使う。
マスコミとネットの怪しげな発言の方向性が一致している時が一番危ない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民79掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民79掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧