★阿修羅♪ > 経世済民79 > 379.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《経済裏読み》 韓国で最も嫌われるサムスン!? シャープ出資はXデー狙いとの憶測も (ZAKZAK) 
http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/379.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 12 日 16:47:00: igsppGRN/E9PQ
 

            宿敵・サムスンとの提携に踏み切ったシャープ


【経済裏読み】韓国で最も嫌われるサムスン!? シャープ出資はXデー狙いとの憶測も
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130312/ecn1303121546009-n1.htm
2013.03.12 夕刊フジ


 韓国サムスン電子は、3月中に経営再建中のシャープ株約3%を取得し、第5位の大株主に躍り出る。シャープから液晶パネルを安定的に調達するのがサムスンの目的といわれるが、本当にそれだけなのか。“傲慢(ごうまん)”の2文字が似合う企業といわれ、韓国国内でも反感を買うサムスン。資金不足から、わらをもすがる思いで宿敵との提携に踏み切ったシャープだが、状況次第では今回の決断がマイナスに働く局面があるかもしれない。

■日本とは相いれない韓国財閥の気質

 他社から優秀な技術者を高額で引き抜き、技術を吸い上げれば、すぐに解雇する−。ライバルをつぶすためには、赤字でも常識外の安値で商品を売り続ける−。

 日本の製造業は、独自の倫理観からこうした行為をほとんど行わない。これに対し、韓国のサムスン電子はこれらを徹底的に実践することで、家電分野で世界の頂点にのぼり詰めた。シャープは、そんな日本の企業風土とは決して相いれない韓国の財閥大手との資本提携を決断した。

 シャープは、サムスンの日本法人を引受先とした103億円の第三者割当増資を3月中に実施。日韓の大手メーカーが本体で資本提携するのは初めて。サムスンの出資比率は議決権ベースで3・08%と、第5位の大株主となる。

 自己資本比率が昨年12月時点で9・6%まで劣化しているシャープ。財務基盤の強化は経営の急務となっており、サムスンとの資本提携はその一環である。一方、サムスン側の狙いは何なのか。

 サムスンは今、次世代テレビの有力パネルといわれる有機EL(エレクトロルミネッセンス)や医療・健康機器分野など新規事業への投資を優先している。このため、液晶事業に新たに投資する余裕はなく、シャープとの提携によって投資リスクを抑えつつ、安定的に液晶パネルを調達できることが可能になる。

■救世主に徹する“傲慢”企業の狙い

 今回の提携で、サムスン側は「シャープの経営には関与しない」「新型液晶技術(IGZO)の提供は求めない」という考えを示したといわれる。傲慢企業の片鱗(へんりん)は全く見せず、資金不足に陥っているシャープの救世主に徹している。しかし、業界内には「サムスンの狙いはもっと深い」との声が少なくない。

 韓国、台湾の企業事情に詳しい業界関係者は「今回の提携はサムスンがシャープに出資を頼まれたという単純な構図だと思う」と推測する。サムスン側の狙いについて「表向きはシャープを助けるという風に装ってはいるが、さまざまな狙いはあるはずだ。IGZOなど技術面で