★阿修羅♪ > 経世済民79 > 865.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
整いつつある準備・・破綻カードを使い果たす中銀システム!後は野となれ!
http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/865.html
投稿者 墨染 日時 2013 年 5 月 23 日 11:09:00: EVQc6rJP..8E.
 

http://precursor.blog55.fc2.com/blog-entry-618.html

国債の利回りがジワジワと上昇しつつあるものの、歴史的にみれば依然として低い水準に留まっているので、当局の方々も危機的状況とは考えていないようですね。


《ロイター より》
修復されなかった円債市場心理、日銀総裁は金利上昇容認との疑念消えず
[東京 22日 ロイター] - 長期金利が上昇する中、注目された日銀決定会合と総裁会見だったが、傷ついた円債マーケットの市場心理は修復されなかったとの声が多い。

黒田東彦総裁は、高いボラティリティに警戒感を示したほか、市場関係者と密接に意見交換することを表明した一方で、長期金利の上昇には物価上昇や景気回復期待の要素もあると指摘。ある程度の金利上昇は容認しているのではないかとの疑念は消えなかった。市場とのコミュニケーションをどうとっていくか、金利急騰リスクを抑える上での課題はまだ残っている。
************************

2011年3月の第1週に東北太平洋沖でM3.0-M7.0の地震が発生していた時、殆どの専門家や当局者達も「タカをくくっていた」のでしょうね。 恐らく。

■システミックな崩壊?、金融バブルが新たな暴落の条件を創りだしている
それは、危機を防止しようと実行されている施策そのものが、2008年の規模さえも超える金融のメルトダウンの条件を創りだしているという、グローバル資本主義システムのシステミックな崩壊の確かな兆候である。

経済回復の点火を試みるという明文化された狙いの下、ほぼ5年間、世界の主要な中央銀行は推定$7兆を金融市場へ注ぎ込んだのだ。 世界中の経済データは、それが明らかな失敗であった事を示している。

・・・価格の上昇では無く、デフレ的な圧力が強まっている事を示している。
米国では、4月の0.2%の低下に続いて5月に消費者物価が0.4%低下し、2008年後半以来最大の下落となった。 欧州では、ユーロ圏17ヶ国における食料品とエネルギーの費用を除いた4月の消費者物価が、前年から僅か1パーセント上昇したのみである。

その低下傾向は深遠な意味を持っている・・・その結果は給与及び雇用を削減して消費者の需要の減少に繋がり、デフレ傾向へ更に拍車をかけているのである。

他の経済データがこのプロセスを際立たせている。米国の工業生産は0.5%下落し、第2四半期の結果は米国経済が実質的に如何なる拡大も見せなかった2012年の最終四半期よりも更に悪くなるとの予測が示されているのだ。
欧州では23ヶ月連続で失業率が上昇して今や12.1パーセントとなり、1年前の水準から1.1パーセント増加した。 ユーロ圏の経済は第1四半期に0.2パーセント縮小し、現在の縮小が2008年‐2009年に経験したものよりも長く持続していた事を意味している。

2008年の崩壊の始まり以来、中国が世界経済の長期的な基盤を提供するかもしれないとの期待が抱かれてきた。 しかし、これらの期待は打ち砕かれたのである。
中国経済に対する「懸念」が「拡がった」という事をフィナンシャル・タイムズは特筆している。

実体経済の動向とは対照的に、金融市場は空前のブームを経験している。 ダウ・ジョーンズ工業平均は、昨年の9月に FRB が3度目の量的緩和を開始して以来15パーセント上昇した。 日本では、日本銀行に対しマネー・サプライの加速を要求した安部政権が選ばれた昨年の12月以来、日経の指数が44パーセント上昇した。 欧州の株式市場が昨年の7月以降で30パーセント上昇した一方、英国の「回復」が大恐慌で経験したものよりも弱いという事実にも拘わらず、同国ではバンク・オブ・イングランドによる量的緩和を背景として FTSE 指数が過去6ヶ月間に20パーセント上昇したのである。

これらの上昇は全て主要な中央銀行が金融システムへ注入した数兆ドルによるものである。
しかし、「回復」と表現するよりも、熱狂している株式市場は深まりつつある資本主義システムの危機の発熱グラフであると言える。 世界の資本主義の歴史の中で、その様に基本的な経済のプロセスから乖離した金融市場というものは一度も存在しなかったのである。

グローバル市場における前例の無い上昇は、暴落への条件が作られているとの懸念を呼んでいる。 フィナンシャル・タイムズのコラムニストであるジリアン・テットが書いている様に、「将来の暴力的な不安定性が速度を上げつつある」事と共に、「中央銀行による洪水がシステムに小さな衝撃を吸収する事を可能とさせている一方、それは又、もしも衝撃に見舞われた場合に表面化するかもしれない内部的な矛盾と脆弱性を覆い隠している。」

現状が災害への道筋を準備しているという事実を全ての合理的な分析が指摘する一方、投機の熱狂が自らの狂った論理に従って継続しているのだ。 米国の巨大銀行シティ・グループの当時の最高経営責任者であったチャック・プリンスは、2007年7月に有名な話をした:「しかし、音楽が鳴り続ける限り、貴方達は立って踊るのです。」 1年ちょっとの後に、世界の金融システムは1930年代以降で最悪の危機へと陥ったのである。

今日(こんにち)、潜在的に5年前よりも更に爆発し易い状況でさえあるのだ。 何故ならば、2008年と異なり、数兆ドルの量の国債や他の金融資産を買い上げている中央銀行は、彼等自身が市場の重要なプレーヤーであり、そして金融市場の崩壊によって直接的に影響を受ける事になるのである。

彼等は増々自らが作っている罠に捕らわれているのだ。 金融刺激策の撤収はバブルを崩壊させる脅威となっている。 同時に、更なるマネーを注入している事は、彼等を泥沼の更に深くへと引きずり込んでいるのだ。

金利が急上昇して債権価格が下落する事ととなる為、緩和的な通貨政策を終わらせる事は厳しい損失に中央銀行が苦しむ結果になるかもしれないと警告する分析を、先週、国際通貨基金のエコノミストが発表した。 FRB は GDP($6280億)の4パーセントにも匹敵する損失を経験するかもしれず、日本銀行は GDP の7.5パーセントを、そしてバンク・オブ・イングランドはほぼ6パーセントを失うかもしれないのだ。

★言い換えるならば、新たな金融ショックは中央銀行自体の安定性に疑問を呼び起こすのである。 2008年−2009年の状況とは異なり、彼等は救済作戦を実行する事ができなくなるのである。

資本主義の危機の深まりは、非常に深刻な政治的意味合いを持つ。

過去5年間に、嘗て無い程の大衆の広範な部分における貧困が衰える事無く続いた一方、銀行及び投機家達の財源に何千億ドルも注入されるのを、そして自分達の活動によって利益を得る金融のエリートを目にしてきた。

経済的な「回復」を生み出す事から遥かに遠いこれらの措置は、更に大きな災害への道筋を準備したのである。(抜粋)
*********************************

上の記事は、常に悲観的な見解を示す Nick Beams という人物が執筆したので過剰に危機感を煽っているようにも見えるのですが、野村のリチャード・クー氏も再び日銀の政策に対して警告を発しているのです。

Richard Koo Has Some Bad Advice For The Bank Of Japan
リチャード・クーは日本銀行にとって具合の悪いアドバイスを持っている
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年5月23日 18:38:30 : npttqoS8ys
現在の世界経済の惨状の原因は、産業資本の投機金融資本化にあると言ってよいだろう。 その前に、ニュー・ワールド・オーダーとか言うグローバリズムの蔓延が原因であると言うのが正しいのじゃないか。 NWOの目的は主権国家の抹殺にあるのだから、近代工業化社会・産業資本主義を解体して、世界を巨大金融市場を支配する投機金融資本の支配下に置くと言う事に他ならないのだから、資本主義社会の根幹をなす金融市場が実体経済から乖離したものになるのは当然のこと。 元の山号資本であれば、金融機関は産業資本の補佐的な役目を担うべきものだが、市場原理に従う事が絶対であれば、金融機関の存在意義は市場での投機的運用による利益だけと言う事になってしまう。 構造改革というスローガンに惑わされ、金融機関に対する規制を次々に解除したことが間違いだったと言うべきじゃないだろうか。 アメリカの場合は、グラス・スティーガル法の廃止が端緒となったと思うが、日本はアメリカからの強引な手法に屈して金融構造改革や国有事業の民営化に始まる構造改革路線が誤りと言うべきである。 勿論巨大な軍事力を背景としたアメリカの要求に屈したと言う言い訳は成立するが、自らがその手先となって国民の判断を惑わしたメデイアの責任は重い。 今のままで次に起きるバブルの崩壊に至れば、遂には怒れる民衆による反乱と悲惨な内戦という結果を招く可能性が大きいと思う。 昨年の総選挙の結果を見れば、デモクラシーの基本である選挙もインチキな票集計機によって操作された疑いもある。 少なくともグローバリストの手先となったメデイアによる誘導があった事は間違いない。 投機金融資本主義の世界支配が、大多数の民衆を悲惨な貧困状態を招くのは避けられないだろう。 日本のみならず米欧中の現在の状況は、その何れにでも起きる市場の暴落によって連鎖となるのも間違いないと思うが如何? N.T

02. 2013年5月23日 19:41:08 : nJF6kGWndY

金融現象は一見、人間がコントロールできそうだが、実は、気象同様、誰かがコントロールできるというものではない

平穏な時期が続くこともあるが、たまに竜巻が来たり、氷河期や熱波、旱魃もやってきて膨大な被害をもたらす


03. 2013年5月23日 20:27:28 : BDDFeQHT6I
長期金利が先行きの好景気への期待感なんてもので上がる訳はない、財政破綻の前触れだと誰もが思っているから金利が上がるのだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民79掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民79掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧