★阿修羅♪ > 経世済民80 > 145.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
弱気から強気への転換点・・「株価上昇」ではなく 通貨不信が実物資産に殺到する「世界的な換物運動」
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/145.html
投稿者 墨染 日時 2013 年 5 月 29 日 09:53:28: EVQc6rJP..8E.
 

http://kabu.nsjournal.jp/rensai/6257.html

昨年の11月14日から現在の強気相場が始まったのだが、過去のパターンからいえるのは、「弱気が強気に転じるためには、約6カ月の期間が必要だった」ということである。つまり、「下げ相場」において「空売りで利益を得た投資家」は、なかなか強気に転換することができず、「約半年の期間を経て、ようやく強気に転ずることが多かった」ともいえるのである。具体的には、「1992年」や「95年」、そして、「98年」の転換時に、「空売りで成功した投資家」は、「上昇過程においても、過去の残像にとらわれ、売り残高を積み上げることが多かった」という状況が起きたのである。

そして、このような人々が、「相場の強さ」に気付き、「弱気」から「強気」に転換したのが「底値から約半年後」というタイミングだったのだが、今回も、同様の状況が考えられるであろう。というのも、「ヘッジファンド」などを運用している人々は、今回の株価上昇についていけず、依然として、「ロング・ショート」と呼ばれるような「売りと買いとのポジションを同時に持つ」という手法を採用しているものと思われるからである。

このように、半年前までは、誰もが「日本株の上昇」を信用せず、多くの投資家が、「利益を出すことよりも、損失を出さない」という方法を模索していたのだが、この結果として起きたことが、「オールタナティブ投資のバブル状態」でもあったようである。しかし、「相場の醍醐味」としては、「20年以上も下げ続けてきた日本株が、いったん上昇に転じると、これほどまでの強気相場が示現する」ということであり、また、「今後も、より一層の上昇相場が期待できる」ということである。

★そして、今後の注目点としては、「8兆円以上も存在する貸株残高が、これからどのような結果を迎えるのか?」ということだが、仮に、この部分が「機関投資家による空売り」だとすると、底値から6カ月後の「5月からの相場」が、大きな注目点になるものと考えている。つまり、「1兆円の買いで、日経平均が1000円程度上昇する」という経験則からは、今後、大きな株価上昇が見込まれるのである。

★しかも、今回は、「グレートローテーション」と呼ばれる「世界的な債券から株式への循環」のほかに、私が想定する「最も大きな上昇要因」として、「現代の通貨や政府に対する失望感」が存在するようである。そして、このときには、「多くの資金が一斉に、実物資産に殺到する」という状況が想定され、実際には、「株価上昇による資産効果」ではなく「世界的な換物運動」とでも呼ぶべき状況が想定されるものと考えている。

5月23日の下げは、ほぼ初押しの状況であり、相場の格言の通り、これから本格的な株価の上昇が始まるものと考えている。(本間宗究)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧