★阿修羅♪ > 経世済民80 > 198.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
異次元緩和策はキャッシュを増やさない政策だった! 
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/198.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 6 月 01 日 19:40:00: igsppGRN/E9PQ
 

            日銀券の量は横ばいだ!


異次元緩和策はキャッシュを増やさない政策だった!
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogasawaraseiji/20130601-00025380/
2013年6月1日 11時36分  小笠原 誠治 | 経済コラムニスト


アベノミクスは最高!なのか、それとも再考した方がいいのか? どう思います?

ご承知のように、アベノミクスに関しては絶賛する声もあれば、とんでもない政策だと批判する声もあるのです。

なかには、アホノミクスだなんて言う人もいる!

いずれにしても経済学に疎い人は、否、経済学を一通り学んだ人でも、どう判断したらいいのか分からないかもしれません。

何故ならば、ノーベル経済学賞を受賞した学者の中にも、アベノミクスを支持する人がいる一方で、アベノミクスを批判する学者も多い。それに、そもそもインフレを起こしたら何故経済が復活するのか、そのメカニズムがよく分からない。確かに物価が低下するような状況よりはいいかもしれないが、インフレが起きただけで全てが解決するのか、と。それは甘いのではないのか、と。

さらに、アベノミクスを支持する人々のなかにも、インフレを起こすことに成功すれば、景気が回復するという人もいれば、そうではなく、景気が回復するとともにインフレが起きるという人もいる。或いは、景気がよくなるから賃金が上り、インフレになるという人もいれば、賃金が上らないとインフレは起きないという人もいる。

つまり、アベノミクスを支持する人の意見といっても、千差万別!

で、結局、何故今までのところアベノミクスを支持する人が多かったかと言えば‥株価が上がっていたから、というだけの話ではないでしょうか?

しかし、その株価が、ご承知のように調整局面を迎えているので、改めてアベノミクスの効能が問われているのです。

再び問います、アベノミクスは最高なのか?

仮に5月23日以降の株価の乱高下が起きていなかったとするならば、今でもアベノミクス最高というムードが続いていたかもしれません。

しかし、現実には株価が暴落した。だから、アベノミクスを再考しなければいけない、というムードも出てきている。

例えば、アベノミクスはマイルドなインフレを起こして景気を良くするものであるというのが、そもそものリフレ派の主張だったと思うのですが、今のところ、前年同月比で見る限り物価はマイナスを続けており、その意味で効果は出ているとはまだ言えないのです。

その一方で、アベノミクスが急ピッチで円安をもたらしたのは事実。そして、そのお蔭で株価の上昇をもたらしたのも事実。

しかし、冷静になってみれば、幾ら円安が起きても輸出数量はまだ減少を続けているという恐ろしい現実がある。

結局、麻生財務相などがよく言うとおり、「景気は気から」ということで、気分を変えることに成功し、その結果、実際に景気がよくなっている、或いはそのように感じられる、というだけの話ではないのでしょうか?

しかし、そうやって主に気分によって支えられている景気だからこそ、逆にもろさもある。何かのきっかけで株価が低下すれば、今までの株価の上がり方が急ピッチすぎたから、と言い訳を言いたくなる。

結局、この5か月間ほどの景気回復の真相はそんなものでしかないのです。

これが、例えば、出生率が再び急速に上向いてきているとか、日本の企業の、海外を驚かせるような新商品の開発が続いているとか、というのであれば、話は全然違います。

現実は、黒田総裁が、マネタリーベースを2年で2倍にするという異次元の緩和策を採用しただけのことなのですから。

それだけのことで、実体経済をかくも急速に変えることができるのか、と。

それに、その異次元の緩和策についてなのですが‥マネタリーベースを2年間で2倍に増やすと日銀の黒田総裁は断言している訳ですが‥

だったら、今世の中に出回るお札が着実に増えているのでしょうか?

その辺のことをアベノミクスを支持する人々はどのように考えているのでしょうか?

マネタリーベースは着実に増えているが、お札の量が増える訳ではない、と思っている人がどれだけいるのでしょうか?

黒田氏のデビューはあれほど華々しかったのですが‥いずれにしてもこの2〜3カ月間ほどにどれほど世の中に出回っているお札の量が増えていると思いますか?

次のグラフをご覧ください。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/14121.jpg

日銀券の量は横ばいだ!

さあ、如何でしょう?日銀券は増えていると言うのか?

はっきり言って、横ばいでしょう!

確かに、日銀が大量に国債の保有量を増やしているために、日銀当座預金は着実に増えています。しかし、日銀券は、横ばいなのです。

これでどうやってインフレが実現できると言うのか?

もちろん、景気は気からと言うことで、そのような事実に人々が無頓着であれば、ひょっとしてインフレが起きるかもしれない。しかし、多くの人々が、日銀券は全然増えていないぞ、という認識を持ち始めたら、それこそ人々の気持ちはまた元の状態に戻ってしまうのではないでしょうか?

以上


小笠原 誠治
経済コラムニスト

1976年3月九州大学法学部卒。1976年4月北九州財務局(大蔵省)入局。大蔵省国際金融局開発金融課課長補佐、財務総合政策研究所研修部長、中国財務局理財部長などを歴任し、2004年6月退官。以降、経済コラムニストとして活躍。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月01日 20:11:59 : FfzzRIbxkp
財務省の米国債の保有高は、どんだけあるのよ。

02. 2013年6月01日 20:29:29 : ndbAjb87pc
デフレ脱却の処方箋は需要を増やすために「消費税を下げる」ことだ。
 需要増→設備投資→銀行の信用創造による貨幣増→需要増

それが安倍ノミクスは消費税を上げるためにやっていることだから結果はでない。
財務官僚はデフレ脱却など目的にしていない。ただ消費税を上げられればいいだけだ。


03. 2013年6月01日 20:36:14 : FfzzRIbxkp
ああそうだぁ。

G7のときに外債を買って円安誘導はできないってことになってた。

でへ。♪


04. 2013年6月01日 20:43:46 : 7Fj4EPW9Rg
「土壌の深刻な放射能汚染による地価の喪失」や
「破滅的健康被害」をまず明らかにしなければなりません

これまでの考え方では通用しないでしょう

放射能にまみれた国の製品、誰が買うのか?
世界を挑発し孤立化しているという要素もあります

指標重視で経済を読み解くのは危険だと考えます
 


 


05. 2013年6月01日 21:09:07 : h4VUkkbcQo
なんちゃって金融緩和ですか。
要するに、はったり。

06. 2013年6月01日 23:11:10 : xgQrEp1sYs
財務官僚上がりの、裁判なんかでは「ヤメ検」といわれる三百代言―弁護士みたいなおっさんが、「印刷機」は唸らかしていないよ、健全だよ見たいなこと言ってけつかる。
 これが、まさに下痢便政府―財務省の見解みたいだな。
 問題は、第二次大戦末期の「軍票大量増刷」なんだよ。国債の発行額の発表は意図的に速報値では発表しないところがミソなんだな。
 ご提示の表を見れば、言わずもがな。おそらく五月末には三十兆円に近ずく発行額。それも二ヶ月でだ。
 去年までは国債の発行額を巡ってすったあもんだで、補正予算を人質にとってなんていう「国会戦術」で賑やかだったではないか。マスゴミも下痢便にたらふくご馳走になっているもんだから、幾ら国債が発行されていてその積み上げられた額はなんて騒がない。
 それを返す段になれば、パソコン上の文字だげでとは行くまい。キャッシュでお願いしますとやられるに決まっている。いま、黒っぺエーがやっていることは万札せっせと刷っているのに等しいのだ。
 株価が下落してつれて国債の価格も下落とアメリカの師匠に追随して同じ動きをしている。五月の締め切りは株価真っ赤かで終わった。六月のヨーイドンはまたまた取り返した百八十両を上回る下落かな。
 アキバノアホー変じて漫画のカポネがヒョツトコ口ねじ上げて、「上がり、下がりは当たり前」なんていっているが、そのうちヒョツトコ口が捻じ曲がったままになるザマを見たいね。

07. 佐助 2013年6月01日 23:17:12 : YZ1JBFFO77mpI : TUhrPgEJIU
紙幣や国債の増発を避けるポーズをとるのはハイパーインフレと暴動を避けるため

バブルは国ごとに時差と姿を変えて発生する。過去のバブルの反省から,投機の主役や方式を変える。そのためにバブルの正体が見えなくなる。紙幣を土台とした金融商品は、自然に信用を膨張させバブルを発生させる。人間はバブルから教訓を学び、二度と繰り返さないように、制御コントロールしようと努力する、だが、バブルは姿を変える。そのためにその破裂を予知できない。

今日では、紙幣を印刷すれば、百倍の赤字を埋めることができる。それなのにナゼ、国家は、紙幣や国債の増発を避けるポーズをとるのか?それは、紙幣と国債を増発して穴埋めするとハイパーインフレとなり、米騒動的な全国暴動に波及して、国家が転覆すると恐れているためだ。そして、一地方自治体や一官庁なら、一罰百戒効果はあっても、暴動が全国に波及する恐れはない、と思っているらしい。

インフレ待望論者は、インフレを起こせば、国家や企業の赤字は、手品のように消えてなくなる。と同時に、利益のない低価格に悩む企業を助けられるという妄想を抑えることができない。消費者の所得は増やさないまま、生産工場を海外に移転してしまった、そのために、国内市場が縮小した、だから消費者物価のインフレは発生することができない。そして、輸出の好調のセイで、3年半ごとの景気循環さえ見えなくしてしまった。

マスコミエコノミストの目には、バブルの膨張が頂点に近づく足音は、匂いはしても聞こえない。そして「自由な貿易と内外投資が、世界市場を拡大させるので、バブルは絶対発生しない」と確信しているのである。しかもTPPなど包括関税引下げ交渉は行き詰まり、二国間の交渉に中心が移ると。第一次世界信用大恐慌前後と同じ状況に突入したことを意味する。かくして、ドルと株の暴落で、第二次世界金融大恐慌の妖怪の姿は、いずれ誰の目にも見えてくるはずです。

資本主義の常識では、バブルの繰返しが見えないので避けられない,財務大王たちは人民に我慢を強制するだけで、金持ちのかまどの煙しか気にする様子がない。そしてインフレが必要だと、エコノミストは妄想を隠さない。消費者の購買力を縮小させたまま、人為的にインフレ発生させ、国家と企業の悩みを解消したいというインフレ待望論者の妄想にすぎない。

2006年までに、米国金融指導者は、ノーベル経済学者のファンドの破産や架空エネルギー売買会社エンロンの破綻が自国と世界に波及しないように、どうやら強制的に架空のデリバティブ契約は手打ちにし、破産取立てを遅延させることに成功した。この信頼感の獲得によって、米国株式市場は、世界の投機資金を再び集中させることに成功した。80年代の株式バブルの崩壊から、米国市場の株価は四倍、日本を含む外国の株価が倍という値上がり格差に欧米に日本は馬鹿として笑われた。ノーベル経済学者は単なる世界金融恐慌とドル暴落を先送りさせたにスギナイ。間違いなく今度は世界金融暴落を日米同時に体験するはずである。


08. 2013年6月01日 23:38:06 : mHY843J0vA

>確かに、日銀が大量に国債の保有量を増やしているために、日銀当座預金は着実に増えています。しかし、日銀券は、横ばいなのです。これでどうやってインフレが実現できると言うのか?

CPIがターゲットなので円安で輸入価格上昇によるコストプッシュインフレ効果はあるでしょう(ただし、これは国内需要にとって、マイナス要因にもなります)

あと実質金利が低下しているので、地銀を中心に貸出も伸びているようです
https://www.boj.or.jp/statistics/dl/depo/kashi/kasi1304.pdf

>景気は気からと言うことで、そのような事実に人々が無頓着であれば、ひょっとしてインフレが起きるかもしれない

つまり確実にインフレに向かっているということです


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧