★阿修羅♪ > 経世済民80 > 231.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界PC出荷台数、従来予想をさらに下回る見通し 「2015年にはタブレットがPC上回る」とIDCが予測 
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/231.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 6 月 03 日 06:48:59: igsppGRN/E9PQ
 

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kokuboshigenobu/20130603-00025383/
2013年6月3日 6時3分  小久保重信 | 株式会社ニューズフロント代表取締役/海外ITニュース報道


米IDCが29日に公表した調査リポートが正しいとすれば、2013年はパソコン業界にとって大きな転換点となりそうだ。

同社の推計によると、今年の世界のパソコン出荷台数は3億2190万台で、前年から7.8%減少する見通し。3月初旬にIDCが公表していた従来予測では前年比1.3%減だったので、今回大きく下方修正したことになる。

■もう高性能パソコンは要らない?

その理由として同社が挙げているのが1〜3月期の出荷台数。これが予想以上に大きく減少した。

またメーカー各社が「ウィンドウズ8」搭載の新型機でさまざまな形態のモデルを用意しており、その中にはタブレット端末に分類される製品も含まれている。これも要因の1つという。

形状がタブレット型でもウィンドウズ8を搭載していれば、それはパソコンではないかという意見も聞かれるところだが、IDCの定義によれば、ウィンドウズ8を搭載していても本体がスレート状(板状)で液晶画面サイズが7〜16インチであれば、タブレットという扱い。これは着脱式キーボードが付いていても同じとしている。

つまり米マイクロソフトの「サーフェス(Surface)RT」はタブレットになると同社は説明している。一方で中国レノボ・グループ(聯想集団)の「アイデアパッド・ヨガ(IdeaPad Yoga)」のような、ノート型にもタブレット型にもなるハイブリッド端末であってもキーボードが取り外せないものはパソコンに分類している。

いずれにせよ、利用者の間では今後、従来のノートパソコンのような高性能コンピューティング機器はあまり必要とされなくなるとIDCは見ている。

同社のアナリストによると、ウェブサイトやソーシャルメディア、電子メール、アプリといった用途では、それほど高い性能の機器や大容量のストレージが必要ないことに多くの利用者が気づき始めた。半面、バッテリーの持ち時間の長さや、起動時間の短さ、直感的なタッチ操作という点が重視されるようになり、利用者の関心はますますタブレットに寄せられるという。

今後人々がパソコンを使わなくなるというわけでは決してないが、パソコンの利用時間は減っており、多くの人はパソコンが必要な時、すでに持っている古いパソコンで済ませている。これが昨今の利用実態で、パソコンの新規購入が進まない理由だという。

■タブレット、今年の成長率は58.7%、ノートを上回る見通し

これらの要素を考慮してIDCが予測した今年1年間のパソコン出荷台数は前年比7.8%減の3億2190万台。来年も前年比1.2%減とマイナス成長が続き、再来年の2015年に同1.4%増と、ようやくプラスに転じる。

これにより2017年の出荷台数は3億3340万台になるとIDCは予測している。ただしこれは昨年の3億4920万台や、ピークだった2011年の約3億6300万台を下回る。

一方で同日IDCが公表した別の調査リポートによると、今年のタブレット端末の世界出荷台数は2億2930万台となる見通しだ。これは昨年の1億4450万台から58.7%増と大きな伸び。

今年、タブレットの出荷台数はノートパソコンを上回り、2015年にはノートとデスクトップを合わせたパソコン全体をも上回ると同社は予測している。

こうして見ると、コンピューティング機器の市場はすでに大きく様変わりしていると言えそうだ。より大型化したスマートフォンや、小型化したタブレットが安価で手に入るようになり、人々は従来パソコンでやっていたようなことをこれらの端末で行っている。たまにしか使わないパソコンは、その買い替え周期がどんどん延びている。

IDCのアナリストは、「(こうした動きは)当初は単に不況時の1つの現象にすぎなかった。だが今では世界市場を大きく変えるにまで至った」と述べている。

つまり今は脚光を浴びているスマートフォンやタブレット端末でも、今後経済情勢が変化したり、新たな機器やサービスが登場したりすれば、いとも簡単に廃れていくということなのかもしれない。

(JBpress:2013年5月30日号に掲載)


小久保重信
株式会社ニューズフロント代表取締役/海外ITニュース報道

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のWebサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2010年からJBPress(日本ビジネスプレス)でITニュース・コラムを執筆している。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月04日 22:15:13 : JjNtNbJEr2
デスクトップパソコンで法人向けモデルを下取りして、OSをWindows 7にアップグレードしたパソコンがよく売れているようだ。これだと新品の出荷台数にカウントされない。デスクトップパソコンは冷却性能に優れ、耐久性がある。このため、少しの整備で再販できる。ところがノート型パソコンは熱がこもるため、部品の劣化が早い。職場で使っているノート型パソコンのハードディスクが壊れてしまい、メーカーのサービスマンが来て交換していた。

法人向けモデルでも、机の上の占有面積が少ないノート型パソコンを購入する会社が増えているが、突然壊れてしまって仕事にならない例が見受けられる。中古パソコン購入の場合、新品で購入して減価償却期間が4年のため、これを過ぎると処分の対象になる。程度の良いものが再整備の上、中古機として流通するのである。

ノート型パソコンの場合、液晶パネルが劣化しているケースが多い。メーカー名は伏せておくが、中古機になると決まって影やスポットが出ているメーカーがある。運が悪かったら、買ってすぐ液晶パネルが赤くなったりする。バックライトが寿命を迎えているのだ。これをメーカーの修理に依頼したら、平気で7万円とか取られる。デスクトップ型パソコンだと、ディスプレイを買い換えるだけで済む。折角の機会だから、大きな画面にアップグレードするのが良いだろう。ディスプレイは新品を買っても、そんなに高くない。

タブレット端末についてだが、ノート型パソコンに代わって従業員に貸与する会社がちらほら出ている。ヒンジ部分がないので、壊れる原因が少ない。当方の個人的見解だが、ノート型パソコンは頑丈さや蓄電池の持続時間、比較的高い価格など、商品特性に課題が多く、これが人気下落につながっていると思われる。

法人向けモデルとして考えた場合、タブレット端末はノート型パソコンより安く、経費を節約できることも魅力だ。最も、昨今の円安で価格は上昇する傾向にあるが。


02. 2013年6月04日 23:48:59 : jZ4dvOg6s2
 
ぶさ欲のタブレ依存症
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧