★阿修羅♪ > 経世済民80 > 302.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
政府が物価連動債の発行再開で最終調整、今秋にも3000億円
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/302.html
投稿者 賢者の石 日時 2013 年 6 月 05 日 22:34:56: Qf5ShLuWtoZHs
 

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE95402I20130605

[東京 5日 ロイター] 日本政府は5日、物価連動債の発行再開に向け最終調整に入った。複数の政府筋が明らかにした。まずは今秋に2000─3000億円発行することを目指し、銀行や証券会社などの関係者と協議を本格化させる。

物価連動債はリーマンショック後の暴落から5年ぶりに復活を果たす。

物価連動債は、物価動向に応じて元本が増減する国債。安倍晋三政権がデフレ脱却への取り組みを強化していることを受けて発行再開に踏み切る。

現時点で有力なのは今年10月に3000億円、来年1月に3000億円をそれぞれ発行する案だ。新たに発行する物価連動債は元本保証するタイプに切り替える。また、課題である流動性を確保するため物価指標との連動係数を細分化し、取引が成立しやすい環境を整える。初回利率は0.1%に設定し、「価格ダッチ」と呼ばれる方式での入札を想定している。

財務省は、6月中旬にも銀行や証券会社など金融機関24社からなる国債市場特別参加者会合を開催し、物価連動債の発行再開に向けた協議を本格化させる。政府筋によると、1回の発行額を2000億円に抑えて隔月発行する選択肢もあり、どのやり方がいいかは、会合での意見などを踏まえて月末までに正式に決めたい考え。

物価連動債を巡っては、長引くデフレによる需要の落ち込みで2008年10月に発行を中断し、リーマンショック以降の金融市場の混乱で11年度からは発行計画からもその姿を消していた。政権交代でデフレ脱却への期待が高まったことから、政府は13年度発行計画で3年ぶりに6000億円を計上したが、実際に発行するかや時期や規模については決まっていなかった。

物価連動債は市場がどの程度のインフレ期待を織り込んでいるのかの指標となり、発行再開に伴い市場の厚みが増せば、金融市場の物価観をより反映できるメリットもある。

(ロイターニュース 山口貴也)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月05日 22:51:42 : e9xeV93vFQ

やっとここまで来たか

これでデフレが終わったのか、日本の実質金利が+になったのかが、数値として明らかになる


02. 2013年6月05日 22:52:25 : e9xeV93vFQ
+ではなく−

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧