★阿修羅♪ > 経世済民80 > 465.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
副島隆彦批判・Crank・Contrary person who is hungry for love&affectio
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/465.html
投稿者 金剛夜叉 日時 2013 年 6 月 15 日 13:10:59: 6p4GTwa7i4pjA
 

http://blog.goo.ne.jp/nobuokohama/e/5808a20c9999ce3f2e93d64a3dc71fa5

彼の中国賛美は目に余るものがあります。その時々の時代の流れを捉えながら本を書くと言う能力は
確かにあるが、全体的な印象は、天邪鬼で本当は愛に飢えたすねた子供と言う印象です。
何故中国のバブルは米に勝つのです。バブルはバブルであり、崩壊するのが法則です。
共産主義のバブルは崩壊しないと言う事は、永遠の繁栄が有ると言う事です。
全く馬鹿げた発想である。事実はソ連共産主義は経済を繁栄させるどころか、
バブルさえも作れずに崩壊したと言うのが現実でした。

今の中国も自分ではバブルも会社も作る事が出来ずに、元の価値を1/10にして外国から企業と
人材とお金と技術を導入してバブルを作ってもらったものであり、日米欧のお蔭です。
従ってこのバブルは必ず崩壊するものです。単なる事大主義の人なのでしょう。

預金封鎖・封鎖と云い続けていますが、現実は逆の方向です。ギリシアの様に稼ぐ力もなく産業もない
国ならそれもあり得るでしょう。又終戦直後の様に生産設備が破壊された戦後なら需給の関係で
ハイパーインフレ・預金封鎖も考えられますが、これは白川日銀一派による日本つぶしが
成功したらの話です。現実は彼らは追放され、黒田総裁による再生が始まっています。

又供給の関係で云えば、戦後の米の様に有り余っているのですから、ハイパーインフレにはならないし
成りようが有りません。又お金をばらまくインフレ政策により今後はお金が溢れるわけですから、
つまり簡単に100兆も200兆も黒田さんはお金をばらまくのですから、何も500兆しかない
個人預金資産を奪う必要はありません。簡単にお金は印刷できるのです。但しキツイインフレには
成りますが、理論上は破綻はあり得ません。アルゼンチンやキプロスではないのですから。
世界中のトップが日本に期待しているのが現状であり、あの自尊心の高いフランス人が
日本に御伺いにくるぐらいですから、日本は今後の先進国の希望なのです。

平和な帝国などと理論的にも矛盾して言葉を書き、現実の中国を見えないのは恥を通り越して
単なる馬鹿である。ウイグルの侵略と弾圧、チベットの支配と弾圧、ベトナムから西沙諸島を
軍事力で奪いベトナム人を虐殺し、南沙諸島をフィリピンから奪い、東南アジアから
嫌われているのが見えない単なるアホである。尖閣侵攻も見えないのでしょう。

小沢政権で日本は救えない事は、中国の台頭で明らかです。韓国や中国は日本の破綻を破壊を願っている
単なる悪徳であり、安倍政権の登場でなすすべがなく、両国はお互い傷をなめ合う関係に成りつつ
有ります。もうすぐです、副島の予測とやらが全部外れるのは。金が上がるとか安くなったとかは
誰でも分かる事であり、本を出したからと自慢にも成りません。単にブームを追う、
追っかけと同じです。

連邦準備機構を廃止するのは、つまり資本主義の崩壊を意味します。その意味では正しいですが、
但し今回の崩壊では有りません。波動はもう一つ残っています。2000年からの波動を
見ても分かるように、不景気だのに、株価は2000年や2007年よりも高くなっています。
その意味では、不景気を乗り切っているのであり、又暴落はしますが、日本のアホ三重野総裁の
バブル潰し後のキツイ調整はあり得ません。それは既に波動の形が示しています。
USA資本主義の崩壊過程は2032〜2046年に起こります。
まだ最後の打ち上げ花火が残っています。

FRBを潰した時点で、資本主義は崩壊ですから、これは国際金融機関が行うのではなく、反国際金融機関
派が行い資本主義の息の根を止めて、大暴落させるのです。その後はマルクスの予言が現実化するのです。

次の超大国をロックフェラーが決めた等と誰も確かめようがない情報を本にして稼ぐとはさすがです。
そもそも彼らが崩壊の危機に瀕しているのであり、USAが崩壊するとはそういう事です。自己矛盾に
気付かないのでしょうか?何故崩壊する人や国家が次回の未来を造れるのです。
次の未来を造れるなら、なぜ自己崩壊=USAの崩壊、資本主義の崩壊が
起こるのです。此処まで言えれば、立派な馬鹿じゃないですか・

中国の未来は、クリントン元国務長官が去年演説した内容が正にそれを指摘しています。
彼女は的確に現在の中国の現状を指摘し、20年後は中国は貧しくなるとハッキリ言っています。
この演説で私は彼女の見識を見直しました。さすがです。

中国が直ぐに日本に追い越されるのは、見ていれば分かります。その意味では、中国系日本人の
石平さんが全く正解でしょう。副島も悪の臭いに鈍感な人の様です。本当はマゾなのでしょう。
その臭いがプンプンします。誰かに叩いてほしいのでしょう。だからやたら悪の中国を
持ち上げ、反日で日本人を怒らせるのです。誰かのお仕置きを待っているのでしょう。

金本位制は既に終わっているのであり、いまさら言うまでもありません。今は単なる貴金属の一つとして
投資家を喜ばせています。しかし現在も見ても分かるように、為替は相対的なものですから、
むしろ円やユーロに対して、ドルは高くなっています。つまり崩壊は今ではありません。
日本が崩壊すると言う事は、極端な円安が来ると言う事です。つまりドルがメチャ
高くなることです。何故それがドルの崩壊なのです。論理の矛盾に気付くべきです。

正にロスチャイルドは資本主義の発展と共に繁栄した資本主義の鬼子ですから、彼らの凋落は
資本主義の崩壊を意味します。しかしそれは英米仏の問題であり、日独の資本主義では有りません。
彼らの総本山である英国は正に崩壊の瀬戸際にあります。英国王室も崩壊の瀬戸際です。

HSBCは本社をイギリスから香港に移そうと機会を狙っています。HSBCはアヘン戦争で中国から
収奪した、今の言葉で云えばマネーロンダリングした悪徳のお金で繁栄した銀行です。
再び香港・共産主義者の隠れ家に逃げるとは歴史の皮肉です。そもそも国を
持たない各国のユダヤ人が右往左往しているのが見えます。

資本主義の崩壊とは、ユダヤ金融資本の崩壊と同じです。これが共産主義です。

資本主義ではお金が支配の原動力なので、少数の金持ちでも国を支配できますが、革命が起これば
つまり、資本主義の次の時代=共産主義のに成れば、金は力の源泉とはなりません。
中国共産党の役人が多大なお金を貯めて西欧に逃げるのがその証です。

つまり、人民の武力行使=革命が怖いのです。資本主義国の大人しい人民と異なり、共産主義になれは
人民は何故か強くなり、革命の意欲に燃えて、国の役人を、多勢に無勢のやり方で倒せるものです・
これが戦国時代=下剋上の時代=武人の時代なのです。だから中国の金持ちの役人は逃げるのです。

これは今のアメリカ人には理解できないでしょうが、やがてわかります。ユダヤのお金は最早
力が無い事を。これがロンポールの言っている事です。具体的に分かりやすく言えば、
FRBを廃止又は国家の支配下に置き、新札を発行して金持ちのお金を無効にするのです。

また金銀に逃げた人には、金保有禁止令を出せば済む事です。これは極最近までありました。
これが資本主義が崩壊し混乱したら出される法律です。簡単です。

土地等不動産を買って逃げた人からも簡単に奪えます。ソ連革命時の映画“ドクトルジバゴ”を見た人なら
分かるはずです。革命後に不動産を持っても全く意味を成しません。豪邸にはホームレスの人達が
入り込みます。土地は彼らが耕し糧を得ます。どのようにして彼らを追い払います。
大勢の人民が武器を片手に食料も求めているのです。これを多勢に無勢と言うのです。

やがて国から通達が届きます。土地は神から人類・人民に与えられたものである。つまり国家の物である。
今の中国を見れば分かります、ある日突然警察や軍隊がやってきて、農民を追い払い“国の土地”を
取り返し、開発が始まります。当然地方の役人には膨大なお金が入り込み、農民・人民は
裸同然で放り出されます。これが革命後の共産主義の姿です。何処が理想です?

従ってどんなに超大金持ちでも、何の力もありません。勿論権力者に取り入り、特別待遇を勝ち取った
人は例外でしょうが、これこそ本当に少数派でしょう。武人が権力で、人民解放軍の様に武力で
金を稼ぐのが共産主義の姿です。

もうロスチャイルド家のみでなく、超大金持ちの運命は決まったも同然です。従って何処かに逃げる
必要が有ります。又は武人に変身。ジムはシンガポールへ、HSBCは香港へ、元CIA亡命者は香港へ。
だから、共産党幹部は自由の特区香港が必要なのです。彼らも人民から逃げる
場所香港が必要なのです。これを皮肉と言わず、何が皮肉でしょう?

従って共産主義の性格上、経済は崩壊するのが運命です。資本主義が富を形成するのに最も
最適な体制なのです。だから資本主義=富者の時代と言うのです。巨大な中国が成長を
続けると言うのは幻想であり、自然の法則にも反します。インドの様に殆どが貧しく、
一部の富裕層のみが繁栄するのが落ちです。ソ連もそうでした。
一部の共産党幹部が贅沢し、庶民は悲惨だったのです・

米帝国の滅亡は誰でも予言できます。何故なら永遠の帝国も永遠の繁栄もないからです。少し歴史を
見ればアホでも分かる事です。問題は何時頃衰退するか、いつごろ崩壊するかです。
私は既に具体的に書いています。彼も書くなら何時崩壊と書くべきでしょう。

バブルは人類の誕生からあるのであり、人間の性です。これをうまく経済に役立ててきたのが資本主義です。別の表現すれば、つまり、株で損をした人からすれば、国民から博打場である株式市場から
お金を収奪し、これを投資につぎ込み更に儲けるのが資本主義です。従って最後は一部の
人間に多大なお金が集まる、最後の金融帝国になるのです。これがマルクス主義です。

バブルは資本主義の原動力であり、その基幹を成すものです。従って欧米に100年以上遅れて
発展した日本資本主義は衰退ではなく、最後に大きな花を咲かせるのです。丁度第二次大戦後の
米の立場にいるのが、日本とドイツなのです。今世紀は日独の時代です。

黒田総裁は、その預金封鎖と言う荒療治に成らないようにと、登場したのです。終戦直後ではないの
ですから、何でそんなにオオカミ少年的な事を書くのです。何年をそのような事、
当たりもしない事を書いて、良く飽きませんですな。

統制とは関係なく貴金属や商品は、不景気の時代には上がります。先進国の不景気は、裏を返せば
実は資源国の時代=商品の時代です。これがサイクルです。

資本主義とはこの様に富を形成するのに最適化した時代ですから、これに反しても活躍は限られます。
素直に資本主義市場で戦い、富を形成し、人生でやりたいことを目指すのが本筋です。

官僚となり国家から給料をもらって反日したり、税金で食っているくせに庶民の監視も管理も受けない
NHKの様な所で高給を貰い、反日や反資本主義を唱えたり、また、反日の本を日本で
出して儲けながら、日本の敵をヨイショする事が出来るのが民主主義の良い所
と分かりつつ且共産主義国の人民の苦しみも分からずに共産主義を
ヨイショするとは、本当に天邪鬼の馬鹿です。

獅子身中の虫を退治するのは、これからの日本の課題です。丁度戦後に、レッドパージが
米で起こったように、今後日本で起こると予想されます。これが時代は繰り返すと言う事です。
早く目覚めて、資本主義の戦士に成りましょう。中国の日本侵略はもうすぐそこまで来ています。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月15日 14:15:12 : lhAKJYJymU
中国の日本侵略がもうすぐそこまで来ています????ほんまかいな?

02. 2013年6月15日 14:18:12 : nJF6kGWndY

内容以前に、日本語が不自然だな

03. 2013年6月15日 14:21:35 : EbrYOY8LOw
資本主義の戦士?どこかの、ガキが、知っている限りの、言葉で、口泡を飛ばした論理もクソもない投稿だ。


04. 2013年6月15日 15:41:06 : 3PJAqRzx3M
>資本主義ではお金が支配の原動力なので、少数の金持ちでも国を支配できますが、

それが民主主義の実態ということだな。


05. 2013年6月15日 18:14:28 : 2u0DOlMMZI
次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈上〉技術・諜報篇 [単行本]
Victor Thorn (著), 副島 隆彦 (著) 翻訳・責任編集

まあ以前にこんな本を出してたが、ちなみにちゃんと下巻もある。
中国が超大国になるためには様々なハードルがあるが、
まず挙げれるのは環境問題、完全に国土は環境破壊されてしまってる。
Air Pollution in Asia: Real-time Air Quality Index Visual Map
を見ても日本の環境基準をはるかに超えるのが日常茶飯事、10年以内では解決は不可能と中国の専門家は言ってる。
1990年代には5万本以上が存在していた河川が2011年には2万2909本に減少した。
また、最長河川の揚子江や黄河も水位の減少した、経済発展を支える水がない。
超大国になるためには経済大国でなければならないが、ちょっと無理だな。
だから裸官が問題になるんだろ、すでに共産党トップは外国籍を取得して逃げ出す気満々w

副島さんの推理は現状ではかなり厳しい状態となってる。


06. 2013年6月15日 21:29:01 : tAhUMD9SYo
つうか、この人が書いたことって、殆どハズレだろ。

ヒラリーが大統領になるだの、岡田克也が総理大臣になるだの、殆どハズレ。

たまに当たったら預言者だのと偉そうにしているだけで、居酒屋の政治談議
の域を出ないという。こんなの誰だって言えるだろ。


07. 2013年6月16日 01:14:31 : DZ0C3xUpgo
何と言っても「日本はアメリカの属国」という誰も言えなかったことを一般に知らしめたのと、アメリカ政治の研究に関するこの人の業績は否定できない。
ただ、歳を取るに従ってより頑固になり、満に陥ったって感じはあるね。それに政治経済という得意分野だけに限定すればよかったのに、色々なものに手を出しすぎて収集がつかなくなってしまったような気がする。特に予言だの占いだのに関わり出してからは私もあまり本を読まなくなってしまった。
でも細かい部分ははずれてるが、預金封鎖とか金を買えとか、肝心な部分は押さえていると思うよ。それに中国に関しては、リー・クアンユーもアメリカを超えて覇権国家になるって言ってるから、私は今のところ何とも言えないね。

08. 2013年6月16日 01:17:33 : DZ0C3xUpgo
>>07訂正
満に陥ったって感じはあるね。×
   ↓
慢に陥ったって感じはあるね。○

09. 2013年6月16日 02:05:59 : cvgu2lCcKk
書いている内容がわかりにくい
何を言いたいのかよくわからん

10. 2013年6月16日 11:34:53 : DZ0C3xUpgo
どうして「中国が直ぐに日本に追い越されるのは、見ていれば分かります」なのか
さっぱりわからん。目が無いとしかいいようがない。
それに石平は才能のある人だとは思うが、彼の中国を見る目は愛憎入り混じっており、客観性に欠ける。彼が自国をもっと冷静に見れるようになるためには、時間がかかるだろう。そういう人の意見を基にして書いていること自体あほらしい。

11. 2013年6月16日 17:09:32 : YRF63DiQ9Y
全面的に特定の人物を名指しで批判するにしては短絡的に過ぎるものがある。今の時点で副島氏が過去に予言めいて予想した世界情勢が全て的中してくれることを世界の人間が必ずしも望まなかったということではないのか。

今でさえ激変に近い世界の推移というものがあるなかで、数年前の日本は不景気を脱却したいがために苦渋の選択の連続を繰り返していたはずだ。そのように混沌として日本が今より低迷を極めた時期にあって副島氏の勇気ある数々の教唆は大くの読者に対して何らかの感銘を与えてきたのは事実だ。

副島氏も歴史や世界の情勢について新しい見方を提案していたに過ぎない。もしも日本や世界が数年前の状況を維持することを余儀なくされたら、副島氏の予言なる仮説はもう少し的中することになっていただろう。


12. 2013年6月16日 17:20:38 : dZNjWPOrBc
筆者には現代社会では金融力=武力だという現実が見えていない。
現代戦ではどんな作戦の天才でも金融力を背景にした物量作戦には勝てない。
ドクトルジバゴの飢えた貧民集団が金持ちの屋敷に近づいた途端にロボット兵器に掃射されるのが現代である。
その意味では副島さんの主張は間違ってはいない。

13. 2013年6月16日 18:39:21 : FqPs82mfOU
世界総じゃぶじゃぶマネーの先には通貨大暴落しかないのでは?
白川さんより竹中ハンドルのじゃぶじゃぶ男、黒田の方が正しい?
脳みそもじゃぶじゃぶ刷ってもらった方がいいよ。

14. 2013年6月17日 11:17:27 : QXeFMMrDNE
下村治先生や馬野周二氏など、30年前から米国の理不尽、卑怯な振る舞いを指摘・警告してきた学者はたくさんいますよ。
 副島氏の講演会は、いつも社民党本部のあった古いビルのホールでした。基本的に米国憎し、中国愛し に傾斜しています。米国が敵である点には同意しますが、その他の部分では、ちょっと・・。
 買えと絶叫していた金や銀も、なんだか振るわないし ね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧