★阿修羅♪ > 経世済民80 > 511.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ワタミズム「365日24時間、死ぬまで働け。」と、ナチズム「ARBEIT MACHT FREI」
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/511.html
投稿者 sarabande 日時 2013 年 6 月 19 日 22:04:09: kYKXZZnG43LB6
 

ワタミ会長・わたなべ美樹の名言bot‏@watamismで、「365日24時間、死ぬまで働け。」という、これだけ取り出すと犯罪的なほどに過酷な、最近有名になった発言が、ツイッターでも出回っていた。Wikipediaでアウシュビッツ収容所を確認すると、その中に「ARBEIT MACHT FREI」という標語の写真があるが、これは、まさしく、この「365日24時間、死ぬまで働け。」に直結するものではないかと、直観した。


アウシュビッツ第一強制収容所の入口看板「ARBEIT MACHT FREI」 (働けば自由になる)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Auschwitz_entrance.JPGRT … RT 

 「ドイツ資本主義とナチズム」田野慶子(『資本主義はどこに行くのか』東京大学出版 三和良一他編)という論文があり、この類似は、単なる思い付きのレベルにとどまるものではない、なにか、いけない本質に触れるようなものといっていいレベルのものがあるように思う。タガの外れた資本主義が、ナチズムと区別がつかなくなる現象があることを、ヒトの経済現象の病理の明確なパターンの一つとして、しっかりつかんでおく必要があると思う。以下、上記論文から引用した文章に、ちょっとした注をつけたものを書き記しておく。これは、米国が、というよりも米国を中心とした多国籍大企業群が、非民主主義的な手段により強行しているTPPというものの本質が、いったい歴史的にはどのようなものとして考察できるのかについての、一つの材料にもなると思う。

1.「ナチスの政策により、ベンツ社の売上高は急速にのび」「戦時期の生産拡大は、多数の外国人労働者、戦争捕虜、強制収容所収容者による強制労働にささえられていた」


2.「ドイツの銀行がユダヤ人の企業を非ユダヤ人の所有に移し変える際に大きな利益を上げていた」「こうしたドイツ企業のあり方は、ホロコーストに象徴される反ユダヤ主義を、企業経営の面で実践していたとされている」


3.「軍部や、官僚の中には、ナチスに対する抵抗の動きがあったにもかかわらず、企業家や経済界においてそうした動向が一切存在しなかったという点である」 
 これが非常に大きな歴史的事実である。利潤を目指す経済界の場からは、歴史的に、人道尊重が駆逐される傾向があるということである。今でいえば、TPPがまさにそれだ。TPPは、ホロコーストに象徴される反ユダヤ主義ではなく、グローバリゼーションに象徴される汎アメリカ主義である。TPPの名のもとに虐殺されるのは、人ではないが、ローカルな法秩序や国民の権利、さらに、国家の統合性と尊厳である。


4.「ナチス体制下の加害者としての活動が企業利潤の増大をもたらし、第二次大戦後の各企業は、そうした利潤を基盤として成長していったという事実である」
 マルクスなら、こういうのを、現代の原始的蓄積過程というだろう。


5.「ドイツ企業の発展過程において、ナチス経済は追い風の役割をはたしていた」「追い風の中での強蓄積を基盤として、各企業は、戦後成長の軌跡を進んでいった」「ナチス期から現在にいたるまでの資本主義の連続性を示している」
 米国・日本でも似たような分析はできるだろう。これをもじれば、「アメリカ企業の発展過程において、TPP経済は追い風の役割を」果たすだろう。特に、保険や製薬、農業において。


6.「企業史研究は、ナチス期の企業蓄積の進展に注目することで、ナチス経済が合理性を持ったシステムであることを明らかにした」 
 レイシズムによる奴隷労働、分捕り、侵略・軍拡による市場拡大は、企業にとってはきわめて合理的かもしれないが・・・・。その合理性は、人権尊重や、国民主権、国際法理念を、叩き潰して得られる合理性である。

7.「各国は、世界恐慌の中で深刻な不況におちいり、経済停滞から脱出を可能とするような経済政策や経済システムを模索していた。それが、米国のニューディールであり、フランスのブルムの実験であった。だが、ナチス体制ほど、軍事に特化した資本蓄積システムが確立されることはなかった」
 さすがのナチスとその裏の企業家たちも、今の米国の軍事、保険、金融に特化した、資本蓄積システムには、驚嘆の念をいだくに違いない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月19日 22:12:35 : nJF6kGWndY

>タガの外れた資本主義が、ナチズムと区別がつかなくなる現象があることを、ヒトの経済現象の病理の明確なパターンの一つ

タガの外れた共産主義
タガの外れたイスラム原理主義
タガの外れた環境第一主義
・・

主義や理念の暴走(カルト)は、実存を破壊する



02. sarabande 2013年6月19日 23:31:28 : kYKXZZnG43LB6 : Uc7w461tkQ
アウシュビッツ第一強制収容所の入口看板「ARBEIT MACHT FREI」 (働けば自由になる)のリンクが、間違っていました。以下に訂正です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Auschwitz_entrance.JPG


03. 2013年6月20日 20:04:57 : GwHXHQDM6o
元々の資本主義、アダムスミスだのマスサスだのリカードだのの頃の資本主義って、死ぬまで働けってことでやってたわけじゃん。

で、その後に共産主義とか出てきて、このままじゃやばい。資本主義負ける・・・、って危機感(恐怖感?)を持った連中がいろいろ労働者の権利とか導入して何とか生きのび、しかも共産陣営、というか、まあスターリン流のソ連なんだけど、が勝手に自滅してくれたんでラッキーってなもんで、再び元の顔が表に出てきました、ってだけじゃん。


04. 2013年6月20日 21:15:52 : stL1RLpSIc
8時間労働を勝ち取ったのは、マルクスの功績である。忘れてはならない。
5時、6時に平和に帰宅している者、残業代をもらっている者は、
マルクスの墓の方向に、足を向けて寝てはならない。

高校レベルの社会科で、資本主義との戦いを、
労働時間の制限という点だけでも、教えるべきである。


05. 2013年6月21日 21:10:18 : 776DG5MP9M
03 04 さんに基本的に同意する。

労働組合を作って団体交渉するのも国民皆保険制度も、年金制度もある意味マルクスの思想が生み出したもの。

能力に応じて負担し、必要に応じて使う。これがマルクスの思想。

健康保険は病気になった人に支払われる。収入の多い人が負担する。

年金は早く死んだ人には支払われない。長生きした人に支払われる。

これらはマルクスの思想と全く同じ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧