★阿修羅♪ > 経世済民80 > 532.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
バーナンキ議長に、勝手に期待した市場関係者 株価の水準は、経済実体や情報とは無関係 (東洋経済) 
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/532.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 6 月 20 日 22:48:00: igsppGRN/E9PQ
 

バーナンキ議長に、勝手に期待した市場関係者 株価の水準は、経済実体や情報とは無関係
http://toyokeizai.net/articles/-/14421
2013年06月20日 小幡 績 :慶應義塾大学准教授  :東洋経済オンライン


19日(米国時間)のFOMC(連邦公開市場委員会)声明文や、FRBバーナンキ議長の記者会見は、ともに極々普通の内容だった。それに対し、NYダウは200ドル以上の下げとなり、ドルは大幅上昇した。20日の日経平均株価も230円安となった。普通のニュースに対して、大きく反応した「市場価格」。これをどう解釈するべきか。出口戦略といった内容に立ち入らずに、これを考えてみよう。つまり、驚きのないニュースに対して、投資家が大きく反応した、というのはどういうことか。その事実だけについて、考えてみよう。

■「普通に」考えていなかった、投資家たち

普通は、驚きがなければ、株価も為替も反応しないはずだ。理論ではそう考える。とりわけ、現代ファイナンスにおける効率的市場仮説は、利用可能な情報はすべて証券価格に反映されていると考えるから、このバーナンキ議長の記者会見の内容が、現在の経済状況からいって、極めて普通であった場合には、株価も為替も反応しないはず、となる。

一方、株価も為替も現実には反応したことを、市場関係者は、「出口戦略が近づいた、金融緩和が縮小する見通しが強まったことにより、ドル高、株安となった」と説明している。

この理論的な説明と、現実の説明とのギャップはどこから来ているのだろうか。

一つの可能性は、投資家が、「普通に」考えていなかったということだ。つまり、投資家達は、現実の経済状況を客観的に、「普通に」考えずに、自分達の都合で、金融市場の感覚で考えていたということだ。これは、いつものことで、いまさら言うまでもないことだが、金融市場における論理は、実体経済の論理と大きく異なることが多い。とりわけ、中央銀行の政策に関する見通しに関しては、このズレが大きいことが多い。そして、このズレの要素は二つある。

■「自分勝手な市場関係者」と「織り込み済みの幻想」

ズレの第一の要因は、金融市場に埋没しすぎて、自分勝手になっていることである。これは変な表現だが、市場関係者は自ら認識していないことが多い。つまり、中央銀行の金融政策のケースで言えば、資産市場への配慮はゼロではないが、二次的なものであって、金融政策はあくまで実体経済の状況に対応したものである。そして、バーナンキ議長と言えども(彼は金融緩和が大好きと言う意味で、投資家寄りのスタンスである)、資産市場は二の次なのである。

金融緩和が好きで、欧州中央銀行の人々に言わせれば、バーナンキ議長は緩和しすぎ、ハト派ということになるのだが、そうであったとしても、彼は、金融緩和が好きなだけで、それを資産市場のためにやっているわけではない。あくまで、実体経済、失業率を念頭において、物価上昇が起きなければ、出来る限り金融緩和を続けたい、というだけのことであって、資産市場のことは考慮していない。逆に言えば、資産市場のことを考えていないから、量的緩和で資産バブルが多少起きても気にしないのであって、資産バブルを好んでいるのではない。

しかし、これが市場関係者、投資家たちには見えていない。自分たちと同じように、資産価格を上げるために、株価を上げるために、金融政策を行ってくれていると思ってしまうのである。だから、「最近の株式市場は荒れているから、ここで金融引き締めを想起させるようなことを言うわけがない」というような予想をする。しかし、その予想は単なる期待、願望である。そして、真の問題は、それが願望であることに気づかなくなるほど、資産市場の都合で世の中は動いていると思い込んでしまっていることだ。

ズレの第二の要因は、情報を誤ってとらえていると言うことだ。現在の株価は、量的緩和縮小の見通しをある程度織り込んで形成されているはず、そうあるべきなのであるが、実際には、そうではない、ということだ。

よく織り込み済み、という表現が株価や為替などについて言われるが、あれは嘘だと言うことだ。例えば、株価が暴落し、下落が継続するような場面のときを考えてみよう。実体経済がどんどん悪くなっていくような状況である。この場合は、経済指標は悪いものが出てくる。それも次々に出てくる。この場合、株価は、悪い指標が出てくるたびごとに暴落をする。生産の指数が悪くて暴落、消費者信頼感指数が悪化して暴落、雇用の数値が悪くて暴落、と言う風に暴落が続く。しかし、これらの指標は、実体経済が悪くなっている、需要が急減しているという状況を、生産、所得、雇用、という別々の面から見ているだけのことで、表しているもともとの現象はたった一つだ。

しかし、それでも、株価は指標の発表ごとに下がる。

これは、いろんな形で解釈できるが、ひとつは、投資家というのは、刹那的、反射的、思考拒否的、という風に考えられる。彼らは、反応するだけで何も考えない。しかし、他の投資家が何も考えず、反射的に反応するのであれば、自分も反射的に反応するのがベストということになる。

自分の都合だけで考える、資産市場の都合しか考えない、ということと、物事に対して反射的にしか反応しない、ということ、これらにより、資産市場の価格や為替は、全く実体経済とは関係なくなるし、さらに、情報的に言っても、何の情報も反映していない、織り込んでいないものになる。情報の見せられ方、発表される順番により、株価の水準は変化が起こるだろうし、流れも変わる。

つまり、株価の水準は何事も表していないし、毎日の反応自体も、実体や情報とは何の関係もなくなっているのだ。

株価は何の意味もない。それが、19日のFOMCからのレッスンだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月20日 23:28:09 : bx3wtfMQ42
いつまでも操られてるのかねーーー、強欲金融詐欺商法は資本主義の末路でしょうね。どこまでも1%が栄える為の道具ですね。

02. 2013年6月21日 05:20:15 : zB7OTdnbZE
NY外為:ドル上昇、FRB議長発言でキャリートレードに損失

 6月20日(ブルームバーグ):ニューヨーク外国為替市場ではドルが全面大幅高の展開。米金融当局が緩和縮小が近づいていることを示唆したため、ボラティリティが1年ぶりの高水準となり、キャリートレードで損失が発生した。

ドルは主要16通貨全てに対して上昇した。ドイツ銀行のG10・FXキャリー・バスケット指数 は昨年10月以来の低水準となった。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が前日、景気が回復を続ければ年内に金融緩和の規模を縮小し始める可能性があると発言したことが背景にある。対ドルでの主要31通貨のうちインド・ルピーは今月に入って4.8%安と、最も下げがきつい。同国中央銀行はルピー防衛で市場介入を実施したとみられている。

イートン・バンス・マネジメントのポートフォリオマネジャー(ボストン在勤)、エリック・スタイン氏は電話インタビューで、「市場は『考えるのは後回しにしてまず行動する』モードにあるようで、ドルが大幅高となり、キャリートレードの解消が起こっている」と指摘した。

ニューヨーク時間午後2時14分現在、ドルは対ユーロで0.6%高の1ユーロ=1.3220ドルと、5月9日以来の大幅高となった。対円では1.6%上昇して1ドル=97円96銭。円は対ユーロで1%安の1ユーロ=129円48銭。

原題:Dollar Surges as Bernanke Sparks Carry Trade Plunge; RupeeFalls(抜粋)

更新日時: 2013/06/21 04:35 JST

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOOLYL6S972V01.html


03. 2013年6月21日 07:00:51 : FRmkrBBzaE
「業率が7パーセントになったなら、量的緩和を終了する。」
7パーセントにどれだけの意味があるのか?

財政制約はブレーキとして作動し続けるのにアクセルの作動をやめることが、量的緩和終了の意味だ。

無機質な理論の無機質な結果


04. 2013年6月21日 07:42:26 : FRmkrBBzaE
訂正「業率が7パーセントになったなら、量的緩和を終了する。」

「失業率が7パーセントになったなら、量的緩和を終了する。」


05. 2013年6月21日 08:03:00 : nJF6kGWndY

>織り込み済み、という表現が株価や為替などについて言われるが、あれは嘘

いや
織り込み過ぎる場合もある

当たり前の話だが、材料の織り込みの程度は投資家の期待に依存するということだ


06. 2013年6月21日 09:25:20 : AjT2wU6UUk
アメリカの株は、高すぎるわ。

ペテン国家だから騙されないようにしないと完全収奪される。


07. 2013年6月21日 10:20:30 : KO4C9oEhYU
出口がないのに出口があるとバーナンキは言った。株の暴落に歯止めが無くなるだろう。ある意味株が適正化されて行くと言う事である。米株の適正化ダウ平均せいぜい7000ドルだろう。何が起こるか。年金は破壊されもちろん個人生活も破壊される。金利は暴騰するだろう。そんなことができるか。またドルを刷りまくるしかない。つまりアメリカはすでに破綻しているのだ。もう出口は無いのだ。それに嬉々としてついて行く日本は狂っている。アメリカの道ずれになると言う事だ。結局債務をチャラにする残っている手段は戦争しかない。お金だけでは無い、命までも食われてしまう。憲法96条一日でも早く改定しないと命を差し出すのに間に合わない。もう自民党は必至でアメリカの道ずれになる努力をしている。国民は全員死んでも自分たちだけは安全安心と考えているとしか思えない。日本人は骨抜きにされて政治は世襲の政治屋に任せている内に国の中枢は腐ってしまったようだ。アメリカのためにアメリカのためにと全員が夢遊病者のようによろよろと歩いているようだ。そこへ鞭をふるって歩け歩けと追っているやつがいる。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧