★阿修羅♪ > 経世済民80 > 647.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
いまや西武やソニーを通じて日本人が直面していること 小泉改革に始まりTPPで国は終わる (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/647.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 6 月 29 日 00:30:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-9178.html
2013/6/28 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ


日本人が働いて築き営々と稼いできたこの国の富の大半はアメリカ資本に盗まれてしまい、日本国民は未だ貧民として耐乏させられ「日本文化だ」「世界遺産だ」という幻想を与えられゴマカされバカにされている

西武ホールディングスと筆頭株主・サーベラスの「攻防」を西武の幹部は「戦争だ」と語っていた。

あながち大げさとは思えないのは、西武が鉄道という公共事業を担っていて、広大な敷地を有する企業だからだ。

サーベラスの狙いはなるべく高値で再上場させて、一瞬にして巨額の利益を得ること。そのために、山口線の廃止など不採算路線の切り捨てやライオンズの売却を“迫った”のは、報じられている通りである。

サーベラスの理屈で「一時的な利益」に走れば、地域は大きな打撃を受けてしまう。だから、西武が拒否すると、サーベラスはまず、TOB(株式公開買い付け)で経営への関与を強めようとし、それが失敗に終わると、株主総会で8人の役員を送り込もうとした。

なりふり構っていられなくなった西武側はコールセンターを設置、1万3000人の個人株主全員に電話をかけて、支持を訴えるドブ板作戦に出た。それでも、今月25日の総会当日は延々5時間のロングランとなり、文字通り、死に物狂いで外資の株主提案を潰したのである。

こんなドタバタを見せつけられると、つくづく、日本の企業はこれからどうなってしまうのだろう、と思ってしまう。

◆いつのまにか日本中の企業が外資に

外資の攻撃にさらされているのは西武だけではない。ソニーは「物言う株主」として知られる投資ファンド、サード・ポイントに7%の株を握られ、グループ解体とエンタメ部門切り離しを迫られた。そのトップのダニエル・ローブは来日すると菅官房長官に面会、経産省、財務省、日銀などを回って、行動力と影響力を見せつけた。ソニーは慌てふためいているのだが、気が付けば、日本の大企業のほとんどが、こんなふうに外資に資本を握られてしまっている。

2012年度の株式分布状況調査によると、外国人投資家の日本株保有率は過去最高で28%になった。

日産自動車は72%、中外製薬は75%、新生銀行は55%、花王は49%、三井不動産は48%、スズキは48・5%……と、外資に握られている企業を挙げていけばきりがないのだが、その結果、どんなことが起こるのか。企業社会では、いつの間にか、外資の論理が当たり前になりつつある。グローバル化、合理化、効率化、スリム化といえば聞こえはいいが、要は「稼ぐが勝ち」の拝金主義だ。無駄なコストは極力切られ、工場は閉鎖され、人も切られ、雇用が消える。町全体がゴーストタウン化してしまうが、大メディアはそれをただすどころか、「物言う株主」になびいている。これじゃあ、サラリーマンはどうなるのか。日本の社会はどうなるのか。

◆自分勝手な大企業に優遇策は必要か

青い目の株主に利益をさらわれ、干からびてしまうのではないか。こんな懸念が浮かぶのだが、そうした危険性、大企業の無責任をズバリ、指摘したのが、大阪経済大客員教授の岩本沙弓氏が書いた「バブルの死角」だ。

〈輸出企業の儲けを自国民に還元してくれるのであれば別だが、ひたすら自社の利益だけを追求すれば、そういった企業や、そこで働く数少ない従業員にはメリットがあるとしても、圧倒的多数を占めるその他多くの世界中の中間層や低所得者層はひたすらその煽りを受けるだけである〉

こう書く岩本氏はいわゆるグローバル企業の専横な振る舞いを各国政府が認めてきたことこそが「世界経済の混乱と不公平の起因ではないか」と切り込んでいる。改めて、岩本氏に聞いてみた。

「戦後の日本は、大企業中心で経済が回ってきました。大企業が人を雇い、その下請けである国内の中小零細に注文を出すことで、日本経済が成り立っていたわけです。経済の血流であるお金を流していく重要な役割を担っていたからこそ、輸出企業などの大企業に対する優遇策が取られてきた。そういう側面が多分にあるはずです。優遇策はやがて国内の雇用や発注に結びつく。国内経済の循環に役立っていました。ところがここ十数年は大企業優遇の部分だけが残り、雇用の拡大や賃金の支払い、あるいは下請け会社への利益配分がないがしろになってしまった。優遇策だけが形骸化しているような状況ではないでしょうか」

そうなのだ。〈稼ぐが勝ち〉で、従業員の賃下げ、首切りしか考えないような大企業になぜ、法人減税や投資減税などの優遇が必要なのか。外資に食い荒らされ、日本の大企業はすっかり様変わりしてしまった現実を直視すると、アベノミクスとやらが「誰のためのものなのか」も見えてくるというものだ。

◆外資の理屈で日本の文化、自然が守れるのか

安倍は「クールジャパン」とか言って、日本の文化の輸出も景気対策の一環に挙げている。前の政権のときは「美しい国」と言い、今回も日本の美しいふるさと、自然などをやたらと強調しているが、どこまで本気か怪しいものだ。

成長戦略の核になっているのは、グローバル企業優遇、規制緩和大歓迎、つまり、外資のためのメニューがズラリだからだ。外資の席巻を奨励すれば、日本の文化や歴史、美しい自然なんて、吹っ飛んでしまう。

実は西武の幹部が「戦争」という言葉を使ったのも、自然が絡む。

「西武鉄道など鉄道3社とプリンスホテルで、西武ホールディングスは1億3600万平方メートルの土地を持っています。山手線の内側2つ分です。そのうち5000万平方メートルは山林や原野で軽井沢、富良野、雫石などです。こうした土地には美しい自然はもちろん、豊富な水源もある。外資に壊されてはたまらない。彼らが奮い立った裏にはこうした事情もあったようです」(事情通)

外資に言わせりゃ、そんな広大な遊休地があるのはもったいない、となるのだろう。売るか、ゴルフ場か、債券化か。そんな理屈を持ち出されたら、あっと言う間に自然は壊されてしまう。

TPPだって同じことだ。日本の農家が潰れてしまえば、田舎の田園風景そのものがなくなる。地域社会が崩れ、地方が過疎化してしまう。そうなりゃ、伝統文化も何もかもが壊されてしまう。

地方のシャッター通りをつくったA級戦犯は小泉構造改革だが、そこにTPPが重なれば、地方は完膚なきまでに叩きのめされてしまう。そのTPPで一番、得をするのは米国系グローバル資本の大企業なのである。

◆目先の利益を求めてもツケが来る

東大教授の鈴木宣弘氏(農政)はこう言った。

「グローバル化の本質は1%の人に99%の富が集中してしまうことです。そうしたグローバル企業は今だけ、金だけ、自分だけという論理で、短期的な利益を追求する。一部の人の目先の利益のために、99%の人が犠牲になるのです。その結果、地域は疲弊し、社会や文化は壊れてしまう。そんなふうにして、目先の利益を追ってどうなるのでしょうか。社会が崩れてしまえば、そのツケは自分たちに返ってくる。短期的には利益向上につながるかもしれないが、長期的には大きな損失になってしまう。そのことになぜ、日本の大企業や政治家は気づかないのでしょうか。こうしたグローバル化を推し進める最終仕上げがTPPなのです。安倍首相は口では日本の文化を守るみたいなことを言っていますが、デマカセです。本気でそう思っているのであれば、TPPを阻止しなければ矛盾する。いい加減な政権に高支持率を与えている国民もそろそろ気づくべきです」

国民が「富士山が世界遺産」で浮かれている間に、どんどん、日本は外資に食い荒らされている。それに気づかない日本人はホント、お人よしだ。もちろん、米国は安倍なんかどうでもよくて、外資が儲かる仕組みさえ作り上げておけばいい。その仕上げがTPPで、まんまと安倍は米国の罠にはまっている。

このままでは日本の企業は全部、米資本のグローバル企業の下請けになる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月29日 00:57:06 : W18zBTaIM6

世界同時共産革命の為には一度世界が滅茶苦茶にならないといけないんだよ。

時間を逆戻ししするのは不可能だから、まず世界を完全破壊しないと新世界は開けない

時間を逆戻しできない以上、はやく世の中を滅茶苦茶にして共産革命を起こすのが被害最少だね。


02. 2013年6月29日 02:10:26 : GdO03XB0LE
無茶苦茶にした時が被害最大だと思うんだが。

03. 2013年6月29日 02:41:53 : yy7D5jhcis
日刊ゲンダイは数少ない良心の声だ。明日から乏しい小遣いをはたいて駅売りを買うことにしよう。

04. 2013年6月29日 06:18:22 : 4pqaDeOAfU

>日本は外資に食い荒らされている

全く逆



05. 2013年6月29日 07:49:03 : Nu3FujV4DU
>01

馬鹿川、お前の脳みそが無茶苦茶なんだよ(笑)

>04

もっと詳しく説明しろ


06. 2013年6月29日 09:33:49 : KO4C9oEhYU
ゲンダイの書いている通りになるだろう。TPPが仕上げだ。今西武とサーベラスだったかがもめているがTPPに参加したら訴えられて日本が税金で賠償しなければならなくなるだろう。あっちでも訴訟こっちでも訴訟日本全土に火の手が上がり収拾がつかなくなるのではないかと恐れる。つまり仕上げはTPPだ。小泉竹中から安倍竹中へとアメリカは着々竹中を使って仕事をしている。日本人はこの単純な仕組みがまだ分からないようだ。日本人はバカだからアベノミクス音頭を鳴らしておけば何も知らずに勝手に踊りを踊ってくれる。そしてお終いになるのだ。

07. 2013年6月29日 10:25:22 : W18zBTaIM6
そしてその後に怒り狂ったアホ日本人が共産革命を起こすんだろ。

欧米人は日本人の怖さがわかってないからな。


08. 2013年6月29日 19:37:16 : AJAfaDPAvc
日本は日本の税金でアメリカ国債を買ってアメリカを支えて、そのアメリカ系金融大手が日本企業の大株主になって株の配当や株価つり上げで利益をとられている。
アメリカが破綻しているのに、そのアメリカの金融大手に日本企業が口出しされるのが本当はおかしい。
日本から借金している国関係の投棄や投資マネーは制限すべきではないか。

本末転倒である。


09. 2013年6月30日 04:03:37 : laXJ438NbY
西武は自業自得だろ。

10. 2013年6月30日 08:19:34 : icXj3jWa5U
戦か いよいよ沖縄でも戦が始まろうとしている、支配国の為に自然を破壊する裏切り者どもと闘う戦だ

11. 2013年6月30日 18:16:49 : cQ1ozx2dOI
ばかみたいなサビ残押し付ける企業文化がこれでなくなるかもしれないぞ wwwww

12. 2013年6月30日 19:09:17 : dNyOM3Cklc
全てのルールは多国籍企業資本家のために変えるのが本質なので

それ以外の雇われ奴隷層がうける恩恵などあるわけがない


13. 2013年7月01日 05:42:29 : Ksl969k4P6
富士山が世界遺産で

アホノミクスは小泉純一郎の遺言。

日本人がこつこつ蓄えてきた財産はそっくり世界資産に化けてしまう。


14. 2013年7月01日 08:10:19 : Aitmb8XO1o
まあここの血筋が地元の右翼系政治ヤ○ザだとか
石原莞爾が描いた夢冒険の世界も地域で役割分担するってスぺシャル共産主義の世界だしな
ただ○クザでくくるだけだと日本すらみえないじゃないかな

15. 2013年7月01日 08:54:54 : CJRhwAIuD2
ようは米国よりも日本政府が自立していれば、米国にすべて奪われることはないと思います。権力とカネ、政権とカネを維持するために何でも差し出す売国政権。
日銀よりも年金の方がカネが多く、官僚らは使いきれず笑いが止まらなかったと聞いています。すべて私物化。

16. 2013年7月01日 14:00:31 : rrhrFN6JLd
赤字のソニーのストリンガーがずっと7億円も報酬取っていたな。ゴーンとかも9億円 在日朝鮮人の社長も高報酬が多いよな。小鼠ケケ中在日同和コンビの売国政策の賜物だな。日本人の社長ならあそこまでは取らないだろう。

17. 2013年7月01日 18:51:16 : jYxndDpSFY
じゃあ、共産党を支持して、共産主義国家にすれば?

18. 2013年7月01日 20:55:58 : lZrGGT3dsw

アベノミックスとTPP
アベノミックスは宣言した時点で標的に

<米下院の超党派230名の議員が、6日オバマ大統領にTPP交渉では為替操作に対する制裁条項を盛り込む新たなルールを設けるよう求める書簡を送ったという。日本政府・日銀が意図的に円安誘導して輸出を後押している事に対する
あからさまな圧力だ。TPPをめぐって日米全面対決になりそうな気配  天木直人>http://www.asyura2.com/13/senkyo149/msg/112.html

アベノミックスの是非は
結果を待つまでもないもう既に失敗している
問題は黒田が異次元緩和と言う自爆発言をしたことにある。
今米国債が暴落状態――売りが止まらない。
そこに郵貯が世界の市場に全開。
米国債えの圧力は、TPPと連動して使われる。
円安株高は日本経済に恩を売り、米国債と取引、即ちひも付き株価

金融緩和は日米対決の誘導道具「容認、やらせ、そして制裁、そして郵貯」


19. 背徳の証人 2013年7月01日 23:31:02 : bi3KIv6mN9fxw : EVSlGH9HLQ
この期に及んでクズメディアの作り出すお気楽ムードに洗脳され続けている大半の日本人は1900年代初頭に絶滅したリョコウバトのようになるだろう。
少なく見積もって2億羽、多く見積もれば50億羽もいたアメリカ大陸を代表する渡り鳥だったが、食用以外にヤンキー供のゲームハンティングのターゲットにされたせいで移動時には空を3日間も埋め尽くすほどの生息数がいた種が最後には絶滅という道を辿った。

彼らもよもや自分達が絶滅するという事など信じなかったろう。

奴らの狩猟民族としての本能は元来より適当とか程々という事を知らず、留まる事を知らないのだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧