★阿修羅♪ > 経世済民80 > 890.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アベノミクスはデタラメ経済政策 安倍政権のままなら国民生活は奈落の底 (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/890.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 7 月 12 日 00:34:01: igsppGRN/E9PQ
 

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-9287.html
2013/7/11 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ


株価は乱高下を繰り返し儲けているのは外国人ファンドだけ、日本人個人投資家は損をし景気も全く回復する気配もない

序盤から自民党の圧勝ムードが漂う参院選。安倍首相が応援演説で必ず言うセリフがある。

「この夏、64社のボーナスは7%も増えます」

「私たちの政策で、GDP成長率はマイナスからプラスになりました」

「民主党政権が3年かけてできなかったことを、私たちはこの半年間でやり遂げることができた」

アベノミクスの「成果」を自画自賛しているのだが、経済の専門家は冷ややかな目で見ている。
「憲法改正やTPP、原発政策などを選挙の争点にしたくないから、経済政策の成果を前面に出すしかないのでしょうが、ボーナスが増えたのは一部の大企業だけ。金融緩和でおカネをバラまいても、一般国民のところまでは回って来ていない。アベノミクスの3本の矢のうち、最も重要な成長戦略の中身もヒドかったし、実体経済が良くなる材料は見当たりません」(経済ジャーナリスト・荻原博子氏)

それなのに、日銀は10日からの金融政策決定会合で、国内の景気判断を引き上げる見通しだ。前回の会合で、景気判断を「持ち直している」に上方修正したばかりだが、今回の会合で、もう一段引き上げるのだ。

「国内需要は極めて順調で、政策効果が出ている」と言うのだが、「どこが?」と言いたくなる。庶民にはまったく実感がないからだ。黒田総裁は就任以来、中央銀行の魂を捨てて、安倍の“ポチ”になっているが、それにしたって、あまりに露骨な“選挙応援”だ。

◆安倍政権で給料はますます下がる

内閣府が8日に発表した6月の景気ウオッチャー調査では、景況感を示す現状判断指数は前月より2・7ポイント低い53・0だった。3カ月連続の下落である。街角の「実感」はこうなのだ。円安による輸入インフレや株価の乱高下などが景況感を悪化させたわけで、賃金が上がる前に不安だけがどんどん膨らんでいるのだから、当たり前の反応だ。5月の毎月勤労統計調査を見ても、所定内給与は12カ月連続で減少している。

「つまり、たとえ、企業は儲かっても、給料を上げないのです。それどころか、安倍政権は大企業が固定費削減のために求めている限定社員の導入や解雇の規制緩和法案を進めようと議論している。サラリーマンの給料は今後、ますます下がると思った方がいい。大部分の人は今より貧しくなり、ほんのわずかな一握りの人だけが役員報酬や株式配当で大金を得る。参院選後は3年間、選挙はないでしょうから、その間に格差はどんどん広がっていくでしょう。アベノミクスで株価が上がったといっても、結局、乱高下を繰り返すだけのギャンブル相場。儲けているのは、乱高下のたびに儲かる海外投資家や一部のお金持ちだけで、フツーの庶民にはまったく関係ありません」(荻原博子氏=前出)

株が上がろうが下がろうが、相場が動きさえすれば儲かるのが、大資本の海外ファンドだ。後から追っかけてババを掴まされている個人投資家はいい面の皮である。

◆バブルに浮かれているのは政権と大マスコミだけ

もっとも、いまの内閣支持率を見ていると、多くの人が「株が上がってるんだからいいじゃないか」「少なくとも民主党政権よりはマシだろ」と、こんなふうに感じているのだろう。で、今度の参院選も与党が余裕の戦いなのだが、その裏では、アベノミクスの危険性を指摘する本が山のように出版され、売れているという事実もある。

「虚構のアベノミクス――株価は上がったが、給料は上がらない」(野口悠紀雄)、「『アベノミクス』の真相」(浜矩子)、「金融緩和の罠」(萱野稔人・編集)、「TPP――黒い条約」(中野剛志ほか)などだ。緊急出版されたものも多く、多くの専門家が異次元緩和とTPP参加という亡国経済政策に強い危機感を抱いている証拠だ。

中でも、ベストセラーとなった「リフレはヤバい」の著者で慶大大学院准教授の小幡績氏が最新刊「ハイブリッド・バブル」の前文で明かした心情は切実だ。黒田日銀が異次元緩和を決定した4月4日、小幡氏は学会で、安倍ブレーンの浜田宏一エール大名誉教授とリフレ政策について議論していた。その最中に、日銀の発表内容を知った瞬間の心境をこう書いている。

〈もはや、リフレ派と戦っている場合ではなかった。……頭の中は国債のことでいっぱいになり、パネルディスカッションの最中も、聴衆はおろか浜田氏も目に入らず、演壇の上で頭をかきむしりながら、国債市場の今後のことを考えていた。いよいよ、バブルは崩壊する。……あのときの演壇から見た景色と感覚を一生忘れないだろう。洪水が押し寄せているのに気づかないまま、人びとが雨を降らせるにはどうしたらいいか議論しているような光景を。……早く、書き終えなくては。間に合わない〉

これがまともな専門家の“感覚”なのである。それほど、アベノミクスはヤバイのだ。

◆IMFも「アベノミクスはヤバイ」と指南

実際、異次元緩和の発表と同時に金利は急上昇(国債は下落)。日銀の買い占めで債券市場はガタガタになってしまった。国家予算の3倍規模の金融緩和なんて例がない。普通の知識があれば、「おかしい」と思う。そういう人が本を買う。

これは本当に異様で異常な光景だ。政権と大マスコミはバブルに浮かれているが、庶民が懐疑的なのである。しかし、組織票が幅を利かす参院選では、マトモな彼らが過半数を占めるまでにはいかないから、選挙では負けてしまう。投票率は下がり、ますます、組織票の与党が有利になる。
これが日本の現状なのだが、その結果、自公が圧勝したら、この国はどうなるか。アベノミクスに信任を与えたことになって量的緩和はエスカレート、ますますバブルが膨らんでいく。

IMFのブランシャール調査局長は9日、「アベノミクス」は世界経済の「新たなリスクだ」と初めて明言した。「中国の金融システム不安や成長の鈍化」に次ぐリスクだとハッキリ指摘したのである。

経済アナリストの菊池英博氏もこう言う。

「IMFの警告は当然で、アベノミクスの失敗はもう明らかなんですよ。世界から見たら、2年間で日銀の当座を47兆円から175兆円に増やす異次元緩和なんて狂気の沙汰です。このまま安倍政権が続けば、日本経済はとんでもないリスクを抱えてしまう。人工的な資産バブルの行き着く先は、バブル崩壊と国債の暴落です。ひとたび日本売りが始まれば、止める手立てはありません。日本株も大暴落、トリプル安が加速度的に進み、企業の倒産や個人のローン破産が続出する。円安による影響も深刻です。不況下でスタグフレーションに襲われたら、庶民生活はお手上げです」

こんどの参院選は、この国の未来にとって大きな岐路になる。今の世論調査のままでは、待っているのは暗黒だ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年7月12日 01:13:36 : 4GxHq9ub7o
日銀当座を175兆円に増やすのが異次元緩和といいますけど、
韓国はここ数年、毎年200兆円の緩和をしてますし、
中国はナント550兆円。
異次元はおかしいでしょ。
ドイツもイギリスも200兆円くらいの緩和をしてます。
世界で日本だけが超低次元緩和なのですよ。
井の中のカワズのような発言はもうやめてほしい。

02. 2013年7月12日 02:10:08 : 1hLK44FX0w
トヨタの豊田社長は、雇用で手一杯で給与は上げられません!と、、、

給与など下がる一方だ。
が非正規社員は増やしている。言う事がおかしい。

あれだ家利益を出しているトヨタでも給与を上げない。
これで消費税増税か?
アホノミックスでインフレによる価格上昇。
TPPで雇用はアメリカに奪われる。

しっかりしてくれよ、従米自民党。
期待はできない。


03. 2013年7月12日 02:28:14 : nJF6kGWndY

>異次元緩和の発表と同時に金利は急上昇(国債は下落)。日銀の買い占めで債券市場はガタガタ
>IMFの警告は当然で、アベノミクスの失敗はもう明らか

相変わらずデマばかり
http://www.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata01.html

本当にゴミだなw



04. 2013年7月12日 06:19:16 : n8clr1UhQI
>03

本当のゴミはお前だよ(笑)


05. 2013年7月12日 08:52:37 : KO4C9oEhYU
>01
あなたも井の中の蛙ではないですか。マーケットでは韓国、中国、イギリスは一触即発とささやかれていますよ。アホノミクスはまるで脱線電車に飛び乗ったみたいで危険極まりないと思います。早く飛び降りねば事故に会います。金利がじわじわ上がってきているではないですか。アメリカは2.5を超えて3に近づいています。日本は0.8に張り付いていますがこのままだと1を超えいずれ2に接近します。あとはどうなるか想像しただけで身震いするのは私だけでしょうか。
日銀黒田の発言を信じますか。信じたいのですが理論矛盾を無視しての発言は気にかかります。どうも原稿を渡されているのではないかと疑うのは私だけでしょうか。報道を鵜呑みにしているとそれこそ井の中の蛙になりますよ。

06. 2013年7月13日 20:18:15 : 4ywRsw71jE
今年の国債の償還額は合計すると約75兆円。

財務省ホームページ
http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/appendix/index.htm
最近7カ年間の国債整理基金の公債等、借入金償還財源の繰入額、償還額、年度末基金残高、借換額の推移によると、合計で746,627億円

今年の税収は約45兆円とすると。この収入では、社員に給与も払えず、飲まず食わずで借金をかえしても、今年返さなくてはいけない借金の半分ちかくが返せないことになるな。個人で言えば、自己破産、企業でいえばとっくに会社更生法のレベルか。新たに国債を発行して、借入で補填する赤字の自転車操業っていうわけだな。

今年発行する国債は170兆円。償還額を差し引くと100兆円増えるから、今までの1000兆円から1100兆円になるわけだ。

もしも、自転車操業を止めないでこのままのペースで国債を発行続けるとすると、10年後には、国債の発行額は2000兆円になって、逐次、今までの低金利の国債は償還され新しい金利の国債に置き換わるから、平均2%の金利になったとすると、利息だけで40兆円になるな。それに償還額は毎年増え続けるるから、返さなくてはいけない借金は10年後には毎年100兆円を超えるかもしれないな。公務員の給与や退職金は、現物支給にして、国債で支払っても追いつかないな。

景気が良くなって、税収も増えるってよく聞くけど、10年後に税収が二倍になって90兆円になっても、社員に給与も払えず、飲まず食わずで借金をかえせない、自転車操業は止まらないな。悪循環の無間地獄かよ。

ゆうちょ銀行の国債購入にあたっての留意事項にこんな記載があるけど、国債をもっていても、暴落して買い手がいなくなったら、売ることもできない紙切れになりこともありますって、あらかじめ断わっているのかよ。

•購入された国債は、その償還日までお持ちいただければ額面金額で償還されます。

•利付国債を償還日前に売却(買取請求)される場合は、その時々の市場実勢により定めた価格で国債を買い取らせていただきますので、債券市場の値下がりにより元本を割り込むこと(売却損)があります。

また、市場環境の変化により流動性(換金性)が著しく低くなった場合、売却することができない可能性があります。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧