★阿修羅♪ > 経世済民80 > 895.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米中投資協定、本格交渉へ 中国「全分野を協議対象に」:金融とエネルギーを含む米中投資合戦へ向かう兆し
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/895.html
投稿者 あっしら 日時 2013 年 7 月 12 日 18:00:47: Mo7ApAlflbQ6s
 


米中投資協定、本格交渉へ 中国「全分野を協議対象に」

 【ワシントン=斎藤徳彦、山川一基】ワシントンで開かれていた米中両国政府による「戦略・経済対話」が11日閉幕し、両政府は米中投資協定の締結に向けて本格交渉に入ることで合意した。両国企業による相互の投資を拡大する狙いがある。実現すれば米中の経済面での結びつきがさらに深まることになりそうだ。

 米中は2008年に投資協定の交渉開始を決めたが、同年に深刻化した金融危機の影響でほとんど進んでいなかった。近く具体的な交渉に入り、両国における規制の緩和や投資家の保護をめざす。

 合意をめざす時期のめどは明らかにしていない。ただ、中国側は「すべての分野を協議の対象とし、例外は少数の分野となる」と約束した。規制する産業だけを決め、それ以外はどの産業でも自由に参入を認めるやり方を、他国との投資協定では初めて採る。

 米国には、中国市場の拡大を見込んで投資をさらに増やしていく狙いがある。一方、中国には、米国に投資することで米企業の技術力や信頼性を自国側に取り込みたい思惑がある。

 両国はまた、銀行や大手企業による「シャドーバンキング(影の銀行)」と呼ばれる不透明な融資など、中国の金融システムが抱える問題について、米国が協力して監視体制の整備に取り組んでいくことでまとまった。米国が「硬直的だ」としてきた中国の人民元レートについて、中国はさらに柔軟化させることを約束した。

 また、会見した汪洋(ワンヤン)副首相によると、米国は米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和の縮小について、中国など米国外への悪影響に配慮していくことを約束した。
     ◇
■米中対話で合意した内容

<外交>
・北朝鮮の非核化への協力を確認
・軍事交流を強化
<経済>
・投資協定の交渉を本格化
・人民元の市場化・国際化をさらに進める
・中国の金融システム改革で協力
・米ハイテク製品の対中禁輸措置の緩和を検討
<環境>
・地球温暖化防止へ協力を拡大
     ◇
〈投資協定〉 企業が海外に工場や企業をつくったり、海外企業を買収したりする際の条件を、国同士であらかじめ決めておくための協定。投資先の国の政府が不当な措置をとれなくすることで、企業が安心して投資できるようにする。自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)も、投資の約束事を含んでいることが多い。


http://digital.asahi.com/articles/TKY201307120073.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201307120073

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. あっしら 2013年7月12日 18:01:34 : Mo7ApAlflbQ6s : DvLZNEv2EI

汪洋副総理「中米の経済は離婚できない」

 第5回中米戦略経済対話が現地時間10日、米ワシントンで開幕し、両国の代表は協力を通じて溝を解消する意向を共に表明した。中米経済対話の開幕式で、汪洋副総理は中米の経済関係をユーモアたっぷりに「夫婦関係」に喩え、「両家は離婚の道を歩むわけにはいかない」と述べた。京華時報が伝えた。

 ■汪洋副総理「国家間の口論は戦争よりまし」

 同日、米国務省で対話の開幕式が行なわれた。まずバイデン米副大統領が式辞を述べ、続いて汪中国副総理、ルー米財務長官、楊潔チ中国国務委員、ケリー米国務長官が式辞を述べた。

 「世界の歴史を振り返ってみると、国家間の対話は対立よりよく、口論は戦争よりましだ」。汪副総理は式辞で「中米は国交樹立前は互いに全く接触を持たず、顔を合わせずにしょっちゅう互いに非難し、罵り合っていた。だがこうした非難や罵り合いによって問題が解決されることはなかった」と指摘。「対話と論争は創造的思考を触発する重要な方法であることがよくあり、論争の中で追い詰められた時にとっさに良い知恵が浮かんだり、壁を乗り越える新たな方法を見いだしたり、協力の共通認識にいたることが往々にしてある」と述べた。

 汪副総理はまた「両国の経済関係の急速な発展の過程で生じる問題や摩擦については、双方は対話を通じて相違を埋め、溝を管理・コントロールすべきだ。経済問題を政治化したり、特定の問題を拡大したり、中米関係の安定的発展の基礎を一時の事、一つの事で動揺させるべきではない」と指摘した。
■楊潔チ国務委員「アジア太平洋でもめ事を引き起こさないが、もめ事を恐れもしない」

 楊国務委員は式辞で「中米首脳会談は両国関係の発展を力強く促した。新たな情勢、新たなチャンスは中米戦略経済対話に新たな使命、新たな任務を課している」と述べた。また「中国はアジア太平洋地域でもめ事を引き起こさないが、もめ事を恐れもしない。中国は平和的発展の道を堅持する。中国のアジア太平洋政策は平和を基調とし、協力をルートとし、ウィンウィンを目標としている。中国は安全保障では共通の安全保障を主張し、経済では共同発展に尽力し、地域問題では域内各国の協議による処理を堅持している」と指摘した。

 ■汪副総理がトウ文迪・マードック元夫妻をからかう

 「本日、私とルー財務長官という新人二人が新たな中米経済対話を主宰する。中国語では新人とは結婚したばかりの夫婦のことを指す」。10日、ワシントンで開催された中米経済対話で、汪副総理が口を開くや、会場中の米中の高官がどっと笑った。汪副総理はフォーラム初参加だったが、終始原稿を見ずに発言し、しかもウィットに富んだ言葉を次々に繰り出した。自身とルー財務長官という「新人」二人をからかった後、汪副総理は話の向きをさっと変えて「中米の経済関係は夫婦にいくぶん似ている。われわれは同じ地球に暮らし、互いを包含し合っている。口げんかをすることも、溝もあるが、理解を深め、相互信頼を強化し、共同の生活の基礎を育まなければならない。両家は離婚の道を歩むわけにはいかない。トウ文迪(ウェンディ・デン)・マードック元夫妻のように、余りにも代償が高くつく」。汪副総理のこの言葉に再び笑い声が上がった。(編集NA)

 「人民網日本語版」2013年7月12日


http://j.people.com.cn/94474/8323970.html


02. 2013年7月12日 18:54:34 : Tuxd3FJJ9Y
いい加減通貨固定のオシメを外せと言いたい、諸悪の根源だろう。
このままなら米国の金融政策に振り回されるだけ、中国経済が好調ならともかく
今みたいにガタガタになってたんじゃ、アメリカの思いのままにやられる。
世界的な金融不安定の要因になる、つか、もうなってる。
金融緩和縮小をバーナンキ議長が示唆 → SHIBOR暴騰
このままアメリカは金融緩和を続行するのか?

でもさ、本当は習の政権基盤が不安定なのが原因なんだろう、
共産党内部の支持率もかなり低いと聞く、これはアメリカに国富を渡して
(敵国と内通して)政権基盤を維持しようとしてる行為に他ならないと思われ。
日本だと売国奴と言われるが、中国だと交渉上手と評価されてないかな?
しかし、ますます一方的な展開になってきたな〜


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧