★阿修羅♪ > 経世済民82 > 307.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
COLUMN-空想と言えなくなってきたフィスカル・ドミナンスの可能性[ロイター] 
http://www.asyura2.com/13/hasan82/msg/307.html
投稿者 さそり座 日時 2013 年 9 月 05 日 20:28:35: skGvs8zjwBMFM
 

ロイター記事
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0H12BP20130905

[東京 4日 ロイター] - 本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

田巻 一彦

「空想的」なシナリオと思われてきたフィスカル・ドミナンス(財政による金融政策の従属化)の可能性が、にわかに現実味を帯び始めた。消費増税の先送りの可能性が出ている一方、来年度予算案の概算要求が過去最高の99兆2500億円に膨れ上がり、財政の長期的な信認に黄信号が点灯しつつあるからだ。もし、フィスカル・ドミナンスが現実化すれば、アベノミクスの「1丁目1番地」である日銀の異次元緩和(黒田緩和)も無力化する。安倍晋三首相は、自らが持つ「宝刀」をさびだらけにするリスクについて、強く認識するべきだ。

  <法律通りの消費増税、明言しない安倍首相>

2014年4月から消費税率を3%引き上げ、15年10月からさらに2%上げることがすでに法律で決まっているが、政府が開催した集中点検会合では、3%の引き上げ時期の1年延期や1%ずつの小刻みな引き上げなど「修正提案」も主張された。

特に安倍首相のブレーンで内閣官房参与である浜田宏一・イェール大名誉教授と本田悦朗・静岡県立大教授の2人が、既定方針通りの増税に異論を唱え、安倍首相が法律通りの増税を明言しないため、さまざまな憶測が生じつつある。

  <過去最大に膨張した来年度予算の概算要求>

一方で、概算要求では成長戦略、防災対策などに関連する「優先課題推進枠」で財務省と農水省以外がほぼ満額を要求したため、3兆5177億円に膨れ上がった。

国債費を除いた政策的経費の要求額は、73兆円9707億円と2013年度予算と比べ、3兆5000億円超も膨張している。

対国内総生産(GDP)比で200%を超す債務残高を抱える国とは思えないほど、政府・与党には「大盤振る舞い」への期待感が漂っている。


   <マーケットが注視する財政再建への明確な意思>

もし、歳出の膨張に歯止めがかからないまま、消費増税を先送りするような展開になれば、中期財政計画で明記されている2015年度にプライマリーバランスの赤字を10年度比で半減させる目標の達成は事実上、不可能になるだろう。

財政健全化に対し、明確な意思を持っていないとマーケットからみなされれば、今は0.7%台で推移している長期金利が、不連続に急上昇するリスクが高まる。

  <長期金利が制御不能なら、黒田緩和は実行不能に>

中央銀行から長期金利や物価上昇率をコントロールする力が失われ、財政政策の結果による債務状況が大きな影響力を発揮するような事態になれば、財政政策が金融政策を支配するフィスカル・ドミナンスが、現実に姿を現すことになる。

日銀の黒田東彦総裁は5日の会見で、「国債価格が大幅に下落するというようなリスクがどれほどあるかわからないし、それほど大きくないかもしれないが、それが顕現化した場合の対応は非常に難しくなる」と表明。そのことを集中点検会合で述べたことを明らかにした。

対応が難しくなるということは、実効性のある金融政策を実行できなくなるということだ。長期国債を年間で50兆円程度買い増す政策を「黒田緩和」で打ち出しているが、国債の信認が低下して、日銀が買うほどに長期金利が上昇する事態に直面すれば、「黒田緩和」は実行不能になる。

  <長期政権志向の前提、財政健全化の優先度引き上げ>

そのことを政府サイドからみれば、アベノミクスの1本目の矢で「1丁目1番地」の政策とみられている大規模な金融緩和というカードが使えなくなるということを意味する。

財政健全化の意思が政府にないとマーケットから認識されれば、長いタイムラグを生じさせることなく、アベノミクスは最大の危機に直面するだろう。

そのことは、安倍政権の推進力の大幅な低下と政権基盤の流動化を意味することになる。安倍首相が小泉内閣を超える長期政権を目指すなら、財政健全化を推し進める熱意は、何よりも重要であるはずだ。

黒田総裁は、財政の信認喪失の打撃の大きさをこの日の会見で何度も強調した。安倍首相は9月日銀短観の結果を確認するだけでなく、財政の信認確保のため、どういう政策を選択するのがベストなのか、黒田総裁と膝づめで話し合ってみてはどうだろうか。

●背景となるニュース

・日銀総裁会見詳報7 財政ファイナンスしているわけではない
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月05日 22:00:53 : nJF6kGWndY
>フィスカル・ドミナンス(財政による金融政策の従属化)の可能性

最終的には、白川と黒田の間に、質的な政策の違いはなく、単なるQEの量の違いだけだった

市場は、バラマキと財政ファイナンスによる資産逃避を期待?して

円高投機から円安投機へと転換し、一時的に金利差以上の円安になったとも言える

>国債の信認が低下して、日銀が買うほどに長期金利が上昇する事態に直面すれば、「黒田緩和」は実行不能

消費税増税に熱心なのも当然ということだ


>安倍首相は、財政の信認確保のため、どういう政策を選択するのがベストなのか、黒田総裁と膝づめで話し合ってみては

安倍が理解できるとも思えないが、それ以前に、増税や金融政策、バラマキ財政支出などでは、日本の財政問題は解決しない

税制、社会保障や公共投資など根本的な歳出入に関する構造改革が必要であり、それには地域主権の問題など、解決すべき問題は山積している


逆に言えば、消費税増税ですら、これだけ難しいのに、こんな改革は政治的に日本で実行できる可能性は、ほとんどないから、

さらなる財政ファイナンスと円安インフレで、一般国民の生活を窮乏化(実質的な財政再建)するしか、慢性的な雇用崩壊、そして最終的に待っている急劇な財政崩壊(国債暴落とハイパーインフレ)を避ける手段は無いと見ているのかもしれない

http://www.huffingtonpost.jp/2013/08/08/consumption_tax_n_3813239.html
日銀・黒田東彦総裁「脱デフレと消費増税は両立する」

http://www.boj.or.jp/announcements/press/kaiken_2013/kk1303d.pdf
白 川 総 裁 退 任 記 者 会 見 要 旨
―― 2013年3月19日(火)

(問) 2 点お伺いします。1 点目は、1 月に 2%の物価目標を決めたわけです
が、総裁は、11 月まで講演などで「なかなか物価が上がり難い、1%でもなか
なか大変だ」ということをおっしゃってきたわけで、今、2%の物価目標を導
入したことを振り返って、信念にいささかの後ろめたさというか、こうすれば
良かったという思いは幾ばくか無いか

もう 1 点は、纏めになりますが、この 5 年間、どんな信念を持って日
銀総裁をやってこられたのか


(答) まず 1 点目は、今この時点で何か悔いるところがあるか、という趣旨
のご質問だと思いますが、そうしたことはありません。私自身は、日本銀行の
置かれた経済情勢の中で、中央銀行として何が適切な金融政策であるかという
ことを常に自問自答してきましたし、政策委員会のメンバーとも議論を重ねま
した。そういう状況のもとで、1 月に発表した対応が最善であると私は判断し
ました。2%の物価安定の目標ということに即して申し上げると、日本経済の
競争力と成長力の強化に向けた幅広い主体の取組みが進展するという認識に
立って、これを導入しているわけです。そういう意味で、実際にそうした努力
が進展しているかどうかについては、私自身、非常に大きな関心を持ってみて
いるということです。それから、柔軟な金融政策、柔軟な物価安定目標政策を
担保する文言が、先般の共同声明にはしっかりと入っているわけです。そうい
う意味で、中央銀行が適切な金融政策を運営していく上での環境はしっかり用
意されていると、これは 9 名の政策委員で議論を尽くした上での結論です。従っ
て、私自身はその点について、記者の方がおっしゃったような気持ちを持って
いません。

2 点目は、総裁就任以来、何を大事にしていたのかというご質問です。

当たり前の話ですが、通貨への信認、日本銀行への信認を守るということを意
識してきました。具体的には 3 点あります。

第 1 は、金融システムの安定です。先程も尐し触れましたが、金融シ
ステムの安定を維持して経済の混乱を防ぐことができるかどうかが、中央銀行
としての最も重要な役割であるという強い思いを持って仕事に臨んできました。

第 2 は、今の点とも関連しますが、日本の財政が非常に厳しい状況に
ある中で、金融政策の展開が財政の状況によって規定されてしまう状況、いわ
ゆるフィスカル・ドミナンス(財政従属)に陥らないように注意を払ってきま
した。日本銀行は、デフレからの脱却のために非常に積極的な金融政策を行っ
てきましたが、大胆さと慎重さの両方が求められるナローパスであったと思っています。

第 3 は、中央銀行の行う政策について、判断の根拠や政策の効果、コ
ストについて誠実に説明するよう心掛けたということです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民82掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民82掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧