★阿修羅♪ > 経世済民82 > 844.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
デフォルト詐欺はうんざり、連邦政府通貨を発行すればいいだけの事 (生きるため) 
http://www.asyura2.com/13/hasan82/msg/844.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 10 月 06 日 00:48:00: igsppGRN/E9PQ
 

デフォルト詐欺はうんざり、連邦政府通貨を発行すればいいだけの事
http://blog.goo.ne.jp/oribeizum/e/b3d0ccd0eda074c6b27c0d38d5780b68
2013-10-05 15:15:08  生きるため


アメリカの政府債務が法律で定められた上限に達するので、アメリカ連邦政府がデフォルト(破綻)するのではと懸念されており、すでに一部の行政機関では業務が停止される影響が出ています。

借金をしなければ予算を組むことが出来ないから騒いでいるのですが、解決策としては、

1.借金の上限を引き上げる

2.デフォルト(破綻)してやり直す

の2通りが考えられます。
1は、これまでのようにひたすら借金を膨らますだけで何の解決にもなりません。
2は、破綻して借金を棒引きしてもらうのですが、発行済み米国債の扱いをどうするかで国際的な問題が発生するので、おいそれと出来きません。また1同様、根本的な解決にはなりません。

どん詰まりのアメリカ連邦政府ですが、実は簡単に解決できる第3の道があります。それは、

アメリカ連邦政府が通貨を発行する、

ことです。
現在アメリカ連邦政府は、米国債を担保に連邦準備銀行(FRB)からドルを発行してもらっていますが、こんなことをせずとも自ら通貨を発行すればいいだけです。当然米国債を発行する必要が無いので借金は増えません。
どうでしょうか

そもそも現在発行されているドル紙幣は通貨ではないそうです。
通貨ではないから偽物、偽札みたいなのもです。

「連邦準備銀行と日銀の違い:ドル紙幣は貨幣ではなく「利子がつかない小額の国債」」 晴耕雨読様より
http://sun.ap.teacup.com/souun/796.html

貨幣をFRBが発行すると明確な憲法違反になります。だからいわゆる貨幣(通貨)ではなく、「利子がつかない小額の国債」という名目になっているそうです。

国家が民間会社から借金して通貨を発行すること、これは、通貨発行という国家の権利を放棄して国家の借金を膨らませ続けることであり、不合理で愚かなことです。

アメリカ連邦政府のデフォルト騒動は、これからも繰り返されることでしょうが、アメリカ国民が通貨の問題にたどり着いて連邦政府が通貨発行権を取り戻さないと、いつまでたっても問題は解決されないはずです。

この際、偽ドル発行に関わっている金融マフィアどもを全て投獄すれば戦争もなくなり、アメリカ連邦政府が通貨を発行して借金も無くなり、すべて解決できます。



補足:2つのFRB

■連邦準備制度理事会 Federal Reserve Board

■連邦準備銀行 Federal Reserve Bank

一般的によくFRBと言われるのは上の方であり紛らわしいです。
連邦準備銀行とは、
米国の連邦準備制度を構成する中央銀行。全国に12行設置。加盟銀行(連邦準備制度に加盟する市中銀行)の出資による。主要業務は,加盟銀行法定支払準備金の保有,連邦準備券の発行,手形割引,貸出し,公開市場操作,国庫代理店など。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月06日 02:57:13 : GWgfOtzy4g
これはね、世界支配の根源だから、米の大衆が反乱でも起こさないと無理。米軍は奴らの私兵だからね。皆殺しにされる。100年待つしかない。奴らも子供を産み相続するからね、いつかは滅ぶ。

負債で通貨を発行して金利で収奪するという化物だからね。このまま大衆が食い殺されつずけて疲弊すれば金利禁止の血みどろの反乱に追い込まれるだろうね。昔から大衆が負け偉いさんの子供だけが増えるのよ。

日本でも主犯の○銀が通貨供給量を減らして恐慌を演出して収奪してきただろ。金利という金融政策とか国債発行という量的緩和という騙しで目くらましをかけてきただろ。元センを締めて不況を演出して強奪してるだけだから強盗盗賊の類なのよ。
よく言われてるように幕末に日本は売国されて滅亡してんのよ。で○銀で支配されてる。これは欧州の世界支配層による日本支配の根源に関わる値の深い問題だ。全ての関係者や作家などが工作員で奴らが支配する道具として活動してんのよ。やつらは法律のそとにいるからね。過去の資料や証言みてもだめよ。書き換えるから。公文書もインチキ。

たとえば米国も明治日本も作った時から廃止する時まで決めてやってるのよ。全部ぐるの芝居。


02. 2013年10月06日 03:54:59 : ArLVW38Mhw
「通貨発行という国家の権利を放棄して国家の借金を膨らませ続けることであり、不合理で愚かなことです。」

そもそも合衆国憲法で政府による通貨発行を固く禁じた事の意味を考えて下さい。それは、政府支出増大による中央権力増大(圧政)を抑制することにある。また、通貨は発行供給すればするほどその価値が減損し、物価の上昇を招き、通貨を通じて生活の糧を得ている多くの人々の生活を圧迫する。これは歴史上繰返されて来たことで、これを回避し、安定した通貨供給を維持するための一つの策としても上記の憲法条項の意義がある。そもそも米国建国の理念には、英国政府の圧政・介入からの解放・独立・自由が志向されています。従って自国政府に対しても、その強大化を警戒し監視する文化が根底にあるといえる。しかし、この政府の圧政の問題というのは如何なる国家にも常に存在する。それとどう対決し是正していくかは、各国各国民それぞれのやり方があるでしょう。共通して言える事は、政府の圧政や介入の度合いが強まるということは、同時に政府の予算・支出が過剰に増大しているということ。価値の裏づけなき紙幣を刷りたいだけ刷れる状況というものが如何に危険であるかを知るべきです。それが国債(借金証書)であろうと同じこと。否、政府が借金することよりも更に危険である。中銀が独立性を失い、政府の意向に沿って金融緩和をし、紙幣を発行する時、もはやそれは政府自身が通貨発行権を握ることと本質的相違はない。直接やるか間接的にやるかというのは本質的問題ではない。


03. 2013年10月06日 04:33:40 : aVnmWo5bAs
>>02
アホ、完全に洗脳されとるわw
中銀の独立性等とい詭弁にごまかされておる。

政府の予算が大きければ、それだけ乗数効果によって景気もよくなるのにな。
市場に任せれば、富の集中を生み、結局上位1%の者にしか金が行かなくなる。
政府の仕事は富の再配分であり、それによって経済全体のマスがあがり、国民全体に恩恵がある。それが高度成長時代の大きな政府の成果なんだよ。

新自由主義者=維新支持者の頭の弱いことw
こうやって、アメリカも日本も弱体化させられ、金融資本に牛耳られてしまったのにな。

バカは書き込まないでくれ
自分の頭で考えていないのがすぐにわかるw


04. 2013年10月06日 06:45:29 : gSE3fobw4s
>>2
>そもそも合衆国憲法で政府による通貨発行を固く禁じた事の意味を考えて下さい。

合衆国憲法第一条八節五項には、「合衆国議会のみが通貨発行権を有する」とあります。嘘ついちゃダメですよ。


05. 2013年10月06日 08:10:41 : ArLVW38Mhw
3様

「政府の予算が大きければ、それだけ乗数効果によって景気もよくなるのにな」
予算というものが民の富(税金)で編制されるものである限り、その拡大には自ずと限界がある筈。「乗数効果」なる考え方が概ね該当するのは、財政がある程度健全である場合でしょう。国家財政が現在の日本のような水準にある場合にも果して適用し得るでしょうか。公共事業や社会保障を延々を増大していくことで、延々と景気が拡大していくなどという論理を本気で支持されているのでしょうか。貴殿は「高度成長期」当時の日本の人口動態・財政状況・社会インフラ設備状況及び世界経済の状況等々が、現在とは既に大きく相違している事はお分かりでしょう。それを加味した上で、なお当時(一時的に)効果的だったという理由で現在も有効であると信じておられるのでしょうか。是非是非その辺ご深慮願いたい。

「政府の仕事は富の再配分」
この考え方自体が一種の「(社会)主義」に彩られたものであるとすれば、それに固執する限り貴殿も同様に「洗脳」状態にあるという謗りは免れますまい。またそれが高度成長時代に成功したことが事実であっても、それが長続きしなかったこともまた事実であります。今の状況は過去の「繁栄」が逆に負の遺産となって、特に若い(将来)世代に負担となってのしかかっているのではありませんか。中央権力による極端な再分配的政策は、長期的には民間の「競争(切磋琢磨というべき)」活力を奪い、その結果企業の収益力が落ち、再分配の根本基盤である税収減へと繋がる。ここにおいて減収分を補おうと増税や借金や通貨乱刷に走る切っ掛けが生まれる訳です。こうなれば「大きな政府」は最早庶民にとっては重荷でしかなく、社会保障すら重税のようになって庶民の生活を圧迫し始めることになるでしょう。つまり国民全体に「負担の恩恵」を齎すという皮肉な結果に陥ります。

何事も「主義」に固執し極端に走れば必ずや歪みや弊害が生まれます。貴殿には私の言が「新自由主義者」のそれと聞こえたようですが、事実は異なります。失礼ながら貴殿が「新自由主義」によって表される経済思想を深く理解しいるともお見受けできない。私の思想の基盤を知らんとなれば、まずオーストリア学派の主要著作を読まれたい。Mises, Hayek, Rothbardあたりの著作を(批評や紹介本でなく)熟読していただきたい。その上でご批判があればどんどんしていただきたい。

因に「市場に任せれば、富の集中を生み、結局上位1%の者にしか金が行かなくなる」というのは、根拠薄弱な論理です。上位1%云々は近年の米国経済の格差拡大状況から出て来た言葉のようですが、この状況に至った根本原因は米国経済がお世辞にも「自由な」市場経済とは言い得ないことと関係しています。そもそも市場が「自由」であるということは、政府(如何なる大企業よりも強大な権力組織)による介入がないことを意味します。ウォール街の国際金融大資本も、FRBの大緩和策の恩恵無くして現在の規模は保ち得ないでしょう。Too big to failという言葉こそ、それら巨大企業の利権を存続・保護する為の詭弁でしかありません。倒産を許されない企業があるなどというのは自由な市場でないことの明白な証左です。成功者がいれば失敗者もいるのが当たり前であり、それを権力の恣意的介入で操作すれば経済活動全体に歪みを齎すのは当然です。FRBの金融緩和や政府の財政出動によって恩恵を受けているのは一部の金融系大企業や行政の補助・保護を受けている企業・組織であり、それこそが現在の極端な格差社会を生み出している根本原因である事は疑いようがありません。


06. 2013年10月06日 08:14:39 : ArLVW38Mhw
4様

三権分立の原則に立つ限り、「議会」と「政府」とは分離させて考えるべきです。議会は民を代表する立場であり、むしろ「政府」と対立する関係にあります。


07. 2013年10月06日 10:28:08 : g8w4gs1b86
>アメリカ連邦政府が通貨を発行する、

↑はい、これで「資本主義終了」ということです。

そもそも、今の西側諸国の金融、銀行とは”個人の私有財産”が発端となり今の今までそれが維持されてきただけの話で、国家といういわば共同体がその通貨=資本の管理主権者となった場合、それは既に資本主義ではナイ。

これから多くの変革、改革がこの日本でも起こる。既にその準備は水面下で着々と進行している。


08. 2013年10月06日 11:29:43 : BqXkvXro2o
通貨発行の特権を侵したときはただではすむまい。連中が黙って引っ込むわけがない。

09. 2013年10月06日 13:22:27 : AN7zXAd8qU
通貨は単なる道具に過ぎない。
通貨は必要最小限だけ使い、その他は物々交換(情報を含む)と信用でやり取りすればよい。

10. 2013年10月06日 13:55:24 : KOuPsoorRU
>02
そして現実のアメリカはいかがですか。アホノミクスはどうでしょう。

11. 2013年10月06日 14:40:09 : mHY843J0vA

連邦政府が通貨発行権を行使すれば、債務上限問題は解決というより消滅します

ただし米国の通貨価値への信認を考えると、あまり望ましいことではないのは言うまでもありません

できるだけ議会による解決を図るのが当然ですし、一時的なデフォルトや政府機能停止による害と、政府通貨発行による財政ルールの形骸化による長期的な不利益を、良く比較して考えておかなければ、将来に大きな禍根を残すことになるでしょう。


12. 2013年10月06日 15:23:00 : xsJrVHHlg2
>>6
議会が決めて政府に発行させる、ただそれだけだろ。
対立する関係とか、意味不明。

13. 2013年10月06日 16:47:56 : GWgfOtzy4g
日銀の工作員が湧いてきてるね。高利貸が負債の対価としてバーチャルな不換紙幣を出というのは白昼の押し込み強盗の類だろが。いい加減に支配をやめろ。

民主主義は裏から支配するとセットでしか成りたたんだろ。自由もそうだ。あんたたちが裏から支配する為に発明して運用してきたんだろうが。嘘も捏造ももう止めろよ。散々騙しやがって。全ての学者も評論家もあんた達が金だして飼ってるポチだろうが。

借金のかたで通貨をだすな。金利を禁止しろよ。話はそれからだ。演技を止めろ。欧州が本部なのかい。


14. 2013年10月06日 18:12:22 : QBrYpzDGwo
  国の資金が不足してきたら紙幣を増刷すれば何ということはない。この論理には非常に抵抗感を感じます。例えば子供のお店屋さんごっこでも、最初は同額の札と同量の商品から始めて、それを売買するのですが、一方の子供が紙幣をどんどん造り出して商品を買い始めたらどうなるのか、一方の子供の側には商品が山積みとなり、一方の子供には紙幣だけが溜まって商取引が成立しなくなります。
 商品を急いで造り出すとしても、A君だけが紙幣を印刷していればA君だけに商品が行き、他の紙幣を印刷していない子供は商品を買えません。正常な取引が成立しない状態であり、その内「勝手にお金を印刷しているA君はずるい」と喧嘩になり、お店屋さんごっこはA君のせいでやめることになります。
  だからといって全ての子がお金を刷れば良いかというと、売る物の価格がやけに高くなり、お店屋さんごっこだか紙幣印刷ごっこだかわからなくなりますから、皆苛々してくるでしょう。
  やはり、一定のルールでもって貿易を行うのは大人の世界でも同様にしないと通貨を媒介として必要な物を必要なところから買う、という人間社会の基礎が崩れると思います。
  私はそういう意味で、2さんの論理に賛同します。

15. 2013年10月06日 21:21:17 : KOuPsoorRU
>14
2さんの理論5ではぼやけている気がします。

16. 2013年10月07日 13:49:01 : fUn2geuEw2
「すればいいだけ」といっても、実際問題「できない」から困っているわけで。

日本だって「官僚の天下りを廃し、無駄な特殊法人を整理するだけ」で、随分と健全な国になる道理ですが。

当面は借金の上限を引き上げるしかないんでしょうが、いつかは"終わり"が来るんでしょうな。


17. 2013年10月07日 14:20:22 : X4CdUTMvWc
>>08さん に同意

 リンカーンもケネディもそのタブーに触れて 殺されました。家族ともども消去されますよ。
 だって、100兆円出せ って言われた日本が、IMFへの10兆円拠出で米国様のアツアゲを跳ね除けたら、言いだしっぺの中川元財務相が消されたんだから。


18. 2013年10月07日 18:23:26 : YEd01nr5is
いずれにしても膨れ上がった米国の対外債務、累計財政赤字は。

「詐欺」以外の方法では解決することはできない。

どの詐欺を選ぶかの選択にすぎない。徳政令か、インフレか、軍事力を背景に債務支払いを拒否するか。


19. 2013年12月20日 02:17:57 : Mo7HW2nh5A
アメリカに関して

別に永遠に政府紙幣を刷る必要は無いよw 

政府紙幣で負債を返済してまたインチキ紙幣で決済すれば良いだけ

そもそも資源が多くあれば大量消費しても問題ない訳で、たとえば農業大国が不天候になりそうな時はハープ使って晴天にできるしw 石油は本当は枯渇しないでしょ?

石油以外にも天然ガス、自家発電、自然発電、フリーエネルギー、少なくともエネルギーは十分足りる、石油は一日に消費される量より取れる量の方が多い、余っているのに投機、戦争で高くなっているだけ、食料も工場とかで素早く成長させて大量に作れるでしょ? 

買占めに関しても同じ、トイレットペーパーを大量に買ったところで使う量が増える訳ではない(紙を何重にも巻いて使わない限り)食料品も同じく大量に買い占めても食べる量は劇的に増えない訳で(国民全員がギャル曽根並みの食欲でない限り)買占めても冷蔵庫で賞味期限が切れるだけw 

そもそも賞味期限を設けている時点で供給に余裕がある証拠では?

あと賞味期限の期間は短いと思います

一時的に買占めが起きてもいずれは沈静化すると思う、オイルショックの時とは訳が違うw

本当は無料化社会とまでは行かなくても無料化社会に近い社会が到来してもおかしくない、機械化が進んでいる現在、無理して人が働く必要も無い訳で、100年前と今じゃ物の生産量も生産効率もケタ違いなわけで物の資源が世界中の人達の腹や欲をまかなえるだけ豊富にあれば所得がもっと増えても問題ないんだよ、日本に置き換えてもそう、景気良くしようとお金刷ってバラ撒いても景気悪くて企業が設備投資できない、だったら国民(消費者)にお金を配れば良い

返すアテも無いのに将来に付けを回してお金を刷る悪行ができるなら、その刷ったお金を国民(消費者)にバラ撒いて何が悪いのか?

そもそも政府紙幣の発行はれっきとした国家の権利では?

まぁーアメリカは事情があって出来ないけど

日本の場合

国が破綻しかねない一大事の時に政府貨幣の発行権を行使しなければ何時、行使するのか?

供給より需要が多いならお金の発行を制限すれば良いだけ、

現代人は常識に囚われ過ぎだよねw 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民82掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民82掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧