★阿修羅♪ > 経世済民84 > 309.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人民元レート新記録 国際化加速で世界2位の通貨に
http://www.asyura2.com/13/hasan84/msg/309.html
投稿者 あっしら 日時 2013 年 12 月 06 日 16:35:43: Mo7ApAlflbQ6s
 


人民元レート新記録 国際化加速で世界2位の通貨に

 人民元の対米ドルレート基準値が4日、1ドル=6.1300元となり、前営業日比52ベーシスポイント上昇し、レート改革スタート後の最高値を更新した。レートの値上がりが加速するのに伴い、人民元国際化プロセスもこれまでにない速い加速ぶりをみせている。「国際金融報」が伝えた。

 銀聯国際と中国銀行香港支店は4日に香港で、銀聯カードが域外で受理した企業の人民元決済業務をスタートし、他の地域に先駆けて香港でテスト事業を展開することを明らかにした。同じ日に、香港交易及結算有限公司とシンガポール取引所は合意に調印し、人民元国際化の推進をねらいとした商品の共同開発の準備を進めるとした。

 香港は現在、世界最大のオフショア人民元取引市場だが、唯一の取引市場というわけではない。大陸部はこれまで英国・ロンドンやシンガポールとの協力に調印し、両地での人民元の利用を推進してきた。協力の内容には、シンガポールに人民元適格海外機関投資家(RQFII)の限度額500億元を提供し、同様にロンドンにも10月に限度額800億元を提供し、大陸部への投資を行う株式市場、債権市場、通貨市場で利用できるようにしたことが含まれる。

 国際銀行間通信協会(SWIFT)が3日に発表した報告によると、人民元はすでにユーロに代わり、米ドルに次いで世界で2番目によく利用される国際貿易・融資通貨になったという。
 ここからわかることは、海外の輸入業者が銀行の貿易融資プロジェクトを通じ、人民元を借り受けて、中国製品を購入するということ。また中国企業にとっては、人民元建ての貿易や融資を通じて、国際調達ができるということだ。

 英国財務省の金融サービス戦略部門のウィリアム・ブランドン副主任はロンドンで取材に応えた際、次のように述べた。すでにRQFIIの限度額を申請した英国企業がある。英国で同じような限度額を利用することに興味を抱く中国企業もある。ロンドンの銀行の多くが協力を進めており、実際に人民元の決済作業チームがすでに発足している。このチームは現在、人民元決済行を設立する必要があるかどうかを検討中で、設立するとすれば、どのように設立するか、設立に際してイングランド銀行(中央銀行)と中国人民銀行(中央銀行)が実際の操作をどうするかが問題になる。中国の国際決済システムがうち出されれば、決済行がやるべき仕事は減る。だが決済システムがいつ登場するかはわからず、各方面の見方はさまざまだ。カギとなるのは、英国側がいつも取っている実務的な態度だ。決済行を設立して各銀行の決済業務が一層容易になるなら、決済行は設立する必要があるといえる。

 4日の人民元スポット市場の動きをみると、人民元の対米ドルスポットレートは対米ドルレート基準値の上昇ぶりほどには上昇していない。実際、人民元の対ドルレートの将来の動きについて、市場にはさまざまな見方があり、市場関係者の多くが人民元はこれからドルに対して値下がりするとみている。だがある銀行関係のアナリストによると、人民元の対米ドルレート基準値の動きから考えて、人民元が大幅に値下がりする可能性は小さく、中国政府も人民元の値下がりを望んでいない。人民元国際化が大きな原因だという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2013年12月5日


http://j.people.com.cn/94476/8476030.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月06日 19:54:17 : BDDFeQHT6I
中国は輸出立国から内需志向へ政策転換するんじゃないか、ここ10年位で国内の所得水準もそれなりに上がって、これからは外国の輸出攻勢から国内産業を保護する方向に向かうだろう。
やるとなれば中国のことだから関税障壁を高くする方法しか思いつかないだろう、中国市場を当てにしていると益々過酷な原価引き下げを迫られることになりそうだ。

02. おじゃま一郎 2013年12月08日 09:47:57 : Oo1MUxFRAsqXk : FSTdfsf8GM
人民元はすでにユーロに代わり、米ドルに次いで世界で2番目によく利用される
国際貿易・融資通貨になったという。

これは当たり前だ。中国は米国以外でも貿易するにはドルを使っているからだ。
例えば、中国が日本に輸出する場合、日本側の輸入業者が円を米国の銀行に持ち込みドルに交換し、元を持っている米国の銀行とドルを交換し、その銀行がドルを元に交換し、中国側の輸出業者に支払う仕組みだからである。

だからといって、人民元がドルを介さず国際貿易決済・融資可能通貨に
なるほど単純な仕組みではない。

IMF8条国家を批准しているくせに、14条国家みたいな事やってる国に
通貨の信用はない。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民84掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧