★阿修羅♪ > 不安と不健康16 > 316.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
哲学者ニーチェも苦しんだ 「梅毒」が若い男に急増のナゾ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/13/health16/msg/316.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 09 日 08:00:16: igsppGRN/E9PQ
 

哲学者ニーチェも苦しんだ 「梅毒」が若い男に急増のナゾ
http://gendai.net/articles/view/newsx/149324
2014年4月8日 日刊ゲンダイ


 陰茎やリンパ腺が腫れても痛みなし

 世界中で蔓延(まんえん)を繰り返した梅毒は、治療薬ペニシリンの開発で、“過去の病気”とみられてきたが、昨年まで3年連続で患者数が増加。現在の統計方法になった平成12年以降、初めて1000人を突破した。ベートーベンやニーチェが苦しんだころは、売春婦が病気を媒介し、男から女へ、女から男へと患者を広げていた。しかし、最近は事情が違うという。日本性感染症学会評議員で、「宮本町中央診療所」の尾上泰彦院長が言う。

「梅毒は男性同性愛者に多く、患者は8割が男性で、特に30代くらいまでの比較的若い人に目立ちます。男性同性愛者に多いのは、アナルセックスが原因。アナルセックスは、肛門の締め付けが膣より強く、ペニスにキズがつきやすい。その傷口から梅毒の細菌が感染しやすいのです。また、30代くらいまでは、恋愛感情が盛んで、交際が終わっても新しいパートナーを求めたがる。晴れてパートナーができると、相手に梅毒を感染させたり、相手から梅毒を感染されたりして、病気が広がっていくのです」

 梅毒は、陰茎やリンパ腺が腫れたりするのが初期症状。ところが、腫れても痛みがないから放置されやすい。そういう症状の軽さも患者を増やすゆえんだ。

「感染を防ぐには、コンドームが効果的ですが、万全ではありません。フェラチオはじめオーラルセックスで、梅毒を起こす細菌が口に感染するのです」(尾上氏)

 もちろん異性間セックスで感染するケースもあるが、そのルートは日本に出稼ぎにきたアジア人女性とセックスした男性が感染するのがほとんどだという。感染ルートがなんであれ、梅毒の人が注意しなければいけないことがある。

「梅毒の人は、HIVにも感染している可能性がとても高い。梅毒の診断を受けたら、念のためHIV検査も受けるべきです」(尾上氏)

 梅毒単独なら、最大8週間抗生物質を服用すれば治る。しかし、HIVを合併していると、薬が効きにくく、治療が難しくなるという。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月09日 11:19:48 : L5ZG4HkgBg
泉谷しげる おー脳

かゆいのなんのって そりゃあ もう
まさか 移されるとは 思わなかった
その”まさか”が命とり
初めは 変に痛いだけ 段々 赤くはれあがり
ただれて はげて そげちまい
とうとう 脳に 梅が咲く
脳にきた 脳にきた 脳まででたよ おー脳
おー脳 おー脳

好きなことして脳にくりゃ、文句は言えぬが愚痴は言う
パッと咲きます 梅の花


02. 2014年4月09日 20:23:16 : 2D6PkBxKqI
ベートーヴェン梅毒説はとうに否定されてるよ:

20世紀末になって科学的鑑定手法が進歩すると、ベートーヴェンの遺髪を用いて4回の鑑定が行われた。鑑定に用いられた遺髪はアメリカ・ベートーヴェン協会のメンバーが1994年12月にサザビーのオークションで3600ポンド (7300ドル) で落札した髪の毛の房 (頭髪582本) である。この房は、ドイツ人指揮者のフェルディナント・ヒラーがベートーヴェンの死亡日の翌日 (1827年3月27日) に遺体から切り取ったものである。その房はヒラー家の子孫に受け継がれたがその後所在不明となり、1943年にナチスから逃亡中のユダヤ人 (氏名不詳) がオランダ人医師ケイ・アレクサンダー・フレミングに治療費代わりに贈与し、オークションで売られるまでフレミング家が所有していた。

 髪の毛の房は灰色、白色、褐色の3色の髪の毛の束を含んでいた。長さは7〜15センチで、髪の毛が1月に0.5インチ伸びることからベートーヴェンの生涯の最後の6〜12か月の間に伸びた部分と考えられた。この房以外にも、国会図書館 (ワシントンD.C.)、ハートフォード大学 (コネティカット)、大英図書館 (ロンドン)、楽友協会 (ウィーン) とベートーヴェンの家 (ボン) に遺髪が保管されている。

 第1の遺髪鑑定 (1996年5月):サイケメディクス・コーポレーションのワーナー・バウムガートナー医師がラジオイムノアッセイ法を用いて20本の遺髪中の麻薬性鎮痛薬の有無を調べた。19世紀のヨーロッパでは鎮痛、鎮静、解熱、下痢止めの目的でモルヒネが頻用されていたが、腹痛の持病があるにもかかわらずベートーヴェンの遺髪からはモルヒネなどの麻薬は検出されなかった。主治医が過量の投薬を行ったため、その医師に対する不信感からベートーヴェンは治療を拒否していた疑いがある。

 第2の遺髪鑑定 (1999年6月):ノース・カロライナ州のラボラトリー・コーポレーション・オブ・アメリカでマーシャ・アイゼンブルグらにより3本の遺髪を用いてミトコンドリアDNA分析 (高度変異領域HV1とHV2を検査) が行われた。結果は下表の通りで、塩基位置263と315.1にアンダーソンらが報告したミトコンドリアDNAの塩基配列 (Nature 290: 457-465, 1981) との相違 (個人差) が確認された (他の試料との比較はされていない)。


試 料\塩基位置 73 263 315.1
アンダーソン配列 A A -
ベートーヴェンの遺髪 AまたはG G C


 第3の遺髪鑑定 (1999年秋):シカゴ・マックローン研究所のウォルター・マックローンが走査電子顕微鏡・エネルギー分散型X線分光分析装置を用いて2本の遺髪中の微量元素を調べた。その結果遺髪中の鉛の濃度が正常人の42倍 (25 ppm) あることが判明し、ベートーヴェンは生前から重症の鉛中毒で、それが持病や死の原因になった可能性が示唆された。一方、1820年当時に梅毒の治療に用いられていた水銀は遺髪からは検出されず、ベートーヴェンが梅毒に罹患していたという風説は否定された。

 第4の遺髪鑑定 (2000年9月):米国エネルギー省の国立アルゴンヌ研究所の研究者が非破壊シンクロトロンX線蛍光分析を行って6本の遺髪中の微量元素を調べた。マックローンの鑑定結果と同じく遺髪からは60 ppmの鉛 (正常人の約100倍) が検出され、鉛中毒であったことが確認された。水銀が遺髪からは検出されないことも確認された。砒素も検出されなかった。
http://www3.kmu.ac.jp/legalmed/DNA/beethoven.html


03. 2014年4月10日 17:17:03 : fosDJQbk36
梅毒の治療薬として鉛を摂取したことが鉛中毒の原因とされている。おかげで脳はやられていない。
ニーチェやシューマンは梅毒でも鉛はとらなかったから脳がやられた。
真偽のほどは知らないが、これが通説。

04. 2014年4月10日 21:45:02 : 2D6PkBxKqI
また嘘言ってる。

梅毒の水銀療法はあるけど、鉛療法なんか存在しなかった。

昔はワインに鉛を入れていたから、ワイン中毒のベートーヴェンが鉛中毒になっただけさ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧