★阿修羅♪ > 不安と不健康16 > 518.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
いま、子どもの脳が"焼けている" (NHK・ハートネットTV)
http://www.asyura2.com/13/health16/msg/518.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2014 年 8 月 22 日 02:41:55: FpBksTgsjX9Gw
 

「いま、子どもの脳が"焼けている"」 (NHK・ハートネットTV・ハートなブログ 2014/8/19)
http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/700/195424.html

ハートネットTV、ディレクターのKです。
ある小児科医の取材で、ショッキングな話を聞きました。

脳が“焼けた”状態になる病気の子どもが増えているというのです。
その病気は、「(小児)慢性疲労症候群」。疲労がたまり、脳の一部が“炎症”状態になるため、頭や身体の動きが著しく低下してしまう病気です。
「慢性疲労症候群」になると、ある朝急にベッドから身体が起こせなくなるといいます。
頭もぼーっとしてしまい、勉強にも何にも身が入らなくなってしまう。不登校やひきこもりの隠れた要因となっているのではないかとも言われています。

その背景にあるのは、「深刻な睡眠不足」や「睡眠リズムの乱れ」です。
そもそも日本は、諸外国に比べて子どもの睡眠時間が圧倒的に少ない“短眠”大国。
2010年の国際調査では、3歳以下の子どもの一日の総睡眠時間は日本は11時間37分で、対象の17カ国中で“最下位”。1位のニュージーランドと比べて100分も少ないそうです。
小中学生も、平均就寝時間は遅くなっていて“夜更かし”傾向は年々強まっています。
たしかに、0時を越えても街中で子どもを見ることも多くなってきたように思います。

どうすれば、子どもの睡眠リズムや生活習慣を立て直し、子どもの健全な脳の成長を保つことができるのでしょうか?

ハートネットTVでは、10月に子どもの睡眠のメカニズムや最新の治療法などに迫りながら、子どもの睡眠の実態に迫る特集を予定しています。

みなさんの身の回りにも、ぼーっとしていて勉強やスポーツに身が入らない子ども、
朝起きられず、睡眠が乱れがちな子どもはいませんか?
また、自分がそうではないか(そうだった)、周りから「怠けている」「仮病だ」などと言われ傷ついた、という10代・20代前後の方いますか。
子どもの睡眠について、日常で感じる疑問や体験談、困りごとをお寄せください。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年8月23日 21:47:50 : 5T81EwuK9Q
>ある小児科医の取材

取材場所を知りたい。福島県それとも他県?


02. 2014年8月26日 15:22:41 : nJF6kGWndY
学校の始業時間は早過ぎる−10代の健康に悪いと米小児科学会 
  8月25日(ブルームバーグ):学校に遅刻させないようにと10代の若者を朝、ベッドから引きずり出すのは彼らの健康に悪い。米国小児科学会がこうした見解をまとめた。
同学会は中等学校に対して、始業時間を1時間以上遅らせ、早くても朝8時半からとするよう求めた。10代の自然な睡眠パターンでは夜11時前に眠ることは難しく、授業の開始時間を遅くした方がこの年代のパターンに合うという。
医学誌「ペディアトリクス」に掲載された同学会の声明によれば、寝不足は学力に影響を及ぼす上、自動車事故に遭う危険性が高くなり、うつ病などの精神疾患に苦しむ可能性があるほか、体重が増える恐れもある。
原題:School Bells Ring Too Early for Sleepy Teens, Says DoctorGroup(抜粋)
記事に関する記者への問い合わせ先:ミネアポリス Michelle Fay Cortez mcortez@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先:Reg Gale rgale5@bloomberg.netAngela Zimm, Drew Armstrong
更新日時: 2014/08/26 14:18 JST

03. 2015年5月29日 02:30:23 : K4jcq05g8s


ジャックの談話室
2010年 07月 27日

LGBTという名の障害者
http://jack4afric.exblog.jp/14274273/

●去年から今年にかけて、ゲイリブたちがNHKの「ハートでつなごう」という障害者を扱った番組にちょくちょく出ているそうです。

●ゲイリブには顔面や精神に障害を抱える人間が多く、障害者扱いされることに抵抗がないみたいですが、

彼らが進めているゲイリブ運動の観点から見れば、障害者扱いされることを受け入れるべきではないでしょう。

●欧米では、同性愛は長い間、病気とみなされていましたが、1960年代後半からゲイリブ運動が高まって、同性愛は病気ではないというゲイの主張が認められるようになり、

1973年にアメリカ精神医学会は同性愛を精神障害のリストから削除しました。

日本でも日本精神神経医学会は、「同性愛はいかなる意味でも治療の対象とはならない」と言う見解を取っています。

●一方、この「ハートをつなごう」という番組は、主として精神障害を扱う番組で、これまで発達障害、注意欠陥・多動性障害 (ADHD)、アスペルガー症候群、 依存症、摂食障害などの精神障害を取り上げています。

●そのため、このような番組が同性愛をテーマに取り上げるということは、同性愛もまた精神障害のひとつであるかのような印象を世間に与える危険性があります。


●問題を複雑にしているのは、ゲイリブが自分たちを呼ぶときに使うLGBTという名称のTを構成する性転換者が、日本では性同一性障害という障害者に認定されていることです。

2004年に「性同一性障害特例法」が施行されて、性転換者が戸籍の性別を変更できるようになったのはけっこうなことだと思いますが、性転換者を性同一性障害者という名の障害者にしてしまったことには問題があると思いますネ。

性同一性障害であれなんであれ、障害があれば、当然のことながら、治療の対象になるからです。

現在では、性同一性障害の治療は、生まれつきの男または女の身体を、自分がなりたい女または男の身体にするためのホルモン療法や性適合手術が主流になっているみたいですが、

それとは逆の方向の治療法、例えば、患者が生まれつきの自分の性を自認できるようにする治療法や、そのような障害を持った子供が生まれないようにするためにDNAを操作する治療法が出てくる可能性もあります。

そのような治療法が発見されたならば、それは同性愛の治療にも役立つ筈で、そうなった場合、かってそうであったように、同性愛者が自分の意志に反してそのような治療を強制的に受けさせられる恐れが出てきます。

●同性愛者と性同一性障害者とは違うといわれるかもしれませんが、私は「性同一性障害」で述べたように、両者の間には本質的な違いはないと考えています。

「心の性と身体の性が一致しない」というのは、同性愛者も性同一性障害者も同じで、大半の同性愛者は、そのような不一致を適当にごまかし、妥協しながら生きているのですが、

●中には、そのような不一致に我慢できず、手術をしてまで身体の性を心の性に合わせることを望む同性愛者がいて、それが性同一性障害者であると私は考えています。

実際、性転換手術を行って男性から女性になった人間と単なる女装のホモは、外見上、区別がつきません。

性転換手術を受けて、戸籍を女性に変更しても、ただの女装のオッサンにしか見えない性転換者もいるのです。

●前記のNHKの番組「ハートにつなごう」ではまず最初に精神障害の一種としての性同一性障害を取り上げ、その次にゲイ・レスビアンを取り上げ、その後、LGBTを取り上げています。

●つまり、ゲイリブたちが自分たちを精神医学会では精神障害ではないと認められたLGBと精神障害として認定されたTを一緒くたにしてLGBTと呼んでいることから、TだけでなくLGまで障害者扱いされるようになっているのです。

●これはゲイリブの運動の観点から見れば明らかに運動の後退を意味します。

●それでも、ゲイリブたちがこの障害者番組に嬉々として出演しているのを見ると、彼らは、障害者として扱われることに抵抗がないどころか、むしろ積極的に障害者として扱われたがっているように見えます。

●障害者に認定されるということは、福祉の面で様々な恩恵を受けられるようになるということで、

定職に就かずフリーターなんかして食いつないでいる生活困窮者が多いゲイリブからみれば、福祉に頼ることができる障害者は憧れの的なのかもしれません。

●人間、ここまで落ちぶれたくないと思いますが、実はLGBTにはもうひとつ重要な障害者グループが存在します。

●それはHIV感染者です。

●聞くところによると、HIVに感染するとわりと簡単に障害者に認定されて、障害者年金を受けることができるようになり、生活保護を受けている人間もけっこういるそうです。

●日本でHIV感染者がこれだけ手厚く保護されているのは、薬害エイズの問題が騒がれて、その結果、薬害エイズの患者に対する様々な救済措置が講じられるようになったためで、

●それに性行為でHIVに感染したホモたちが便乗しているということらしいですが、私は血液製剤でHIVに感染した血友病患者と危険なセックスを行ってHIVに感染した人間は区別すべきだと思いますネ。

●前者の場合は感染は不可抗力で、同情すべきですが、後者は注意すれば防げた筈の感染で、それでも感染したのは自業自得というものです。

●それを薬害エイズの患者と同様、手厚く保護していたのでは、HIVに感染したら障害者に認定されて生活保護を受けられるという理由で、わざとHIVに感染しようと考える不心得者が出てこないとも限りません。

●少なくとも、このような手厚い保護が、感染の抑止力として働かないことは明らかです。

●日本各地には、HIV感染予防・啓蒙団体が存在し、補助金目当てのゲイリブたちが群がっているそうですが、これだけ多数の感染予防グループが存在するにも関わらず、

●新規のHIV感染者数が減るどころが、逆に増え続けている現実を見れば、これらの活動が効果を挙げていないことは確かです。

そのような役に立たない活動に国民の血税を注ぐのは無駄遣い以外の何者でもなく、レンホー議員に頼んで仕分けしてもらうべきでしょう。

二丁目の底辺釜の巣窟になっているアクタなんて施設は真っ先に仕分けの対象にすべきだと思いますネ。

●日本のゲイリブ運動は、1997 年の選挙で複数の立候補者を擁立して完敗して、政治化路線が頓挫して以来、障害者路線にシフトしつつあるように見えます。

●障害者であることを売り物にしてテレビに出演し、

「右や左の旦那様、この哀れな障害者のLGBTをお救いください」

と恥も外聞もなく訴えて、行政から様々な名目の助成金を引き出すことを企んでいるように見えるのです。

●しかし、ゲイリブのいうLGBTの中で、実際に障害者として扱われているのは、性同一障害者とHIV感染者だけで、一般の同性愛者は福祉の世話にもならず、真面目に働いて生活しています。

●そのため、どうしても障害者として活動したいのであれば、LGBTなどという訳の分からない名称を使って一般同性愛者を巻き込むのを辞めて、

「性同一性障害者連盟」とか「HIV感染ゲイの会」などという障害者グループごとに特化した名称を使って活動すべきです。

●あと、リブ釜が今後、たかりや乞食を生業にして生きていくつもりであれば、そのような集団にはまったく似つかわしくない「プライド」というスローガンを使用することも止めるべきでしょう。


本日のつぶやき:
「24時間テレビ:愛は地球を救う」。日本テレビのこの恥ずかしい番組が33年間も続いていることは驚きです。数年前に亡くなったコラムニスト、山本夏彦さんの「人は偽善を好む」という言葉を思い出します。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康16掲示板  
次へ