★阿修羅♪ > 不安と不健康16 > 783.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
毒を取り込んで免疫強化!花粉症の「舌下免疫療法」効果は(女性自身)
http://www.asyura2.com/13/health16/msg/783.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 2 月 02 日 07:31:05: igsppGRN/E9PQ
 

毒を取り込んで免疫強化!花粉症の「舌下免疫療法」効果は
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150202-00010000-jisin-soci
女性自身 2月2日(月)7時0分配信


「スギ花粉症をはじめとするアレルギー疾患の根本的な治療法は現在、免疫療法しかありません。これは、アレルギーの原因物質を少しずつ体内に取り込むことで慣らしていき、アレルギー反応を起こさせないようにするというものです。’14年10月から保険適用になった『舌下(ぜっか)免疫療法』は、副作用も少なく、患者さん自身も取り組みやすい免疫療法として、注目を浴びています」

 スギ花粉症治療の最前線について語るのは、アレルギー専門医で「ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック」院長の永倉仁史先生。同クリニックでも’14年10月以来、すでに100人の患者が舌下免疫療法を始めているという。どんな治療法なのか?

「舌下免疫療法では、『シダトレン』という、スギ花粉が原料のエキスを使います。舌の裏にシダトレンの薬をたらし、2分間そのままの状態を保ってから、飲みこみます。最初は少量から服用を始め、2週間かけて徐々に増量。3年以上続けることで、年々効果が表れます。最終的には、体が花粉を敵と判断しなくなり、侵入してもアレルギー反応を起こさなくなるのです」

 薬の服用は、スギ花粉が飛散していない時期も含めて、毎日1回。長期間、継続することで効果の出る治療法なので、途中で挫折しないことが大切だ。永倉先生は、参加した臨床研究の中で、千人以上のスギ花粉症患者にシダトレンを投与してきたと話す。

「2年間、継続して投与した患者さんのうち、約8割の方の症状が軽くなりました。さらに1割の方は、花粉のシーズンのピークでも、薬を使わない程度にまで症状を抑えることができました」

 これを読んで「今すぐにでも始めたい!」と思う人も多いだろうが、残念ながらこの療法、花粉シーズンに入ってしまうと、始めることができないそう。体が花粉に敏感になっているため、体に取り込むアレルギー物質にも反応しやすくなっているからだ。

「飛散中の1〜5月の間は避けましょう。今年の6月から始めれば、来シーズンには効果を感じられるはず」

 治療資格を持った認定医のみが実施できる治療法なので、まずは病院で認定医がいるか確認を。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康16掲示板  
次へ