★阿修羅♪ > 不安と不健康16 > 862.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「カロリーオフ」に注意!人工甘味料が生活習慣病リスクを高める⁉(nikkanCare)
http://www.asyura2.com/13/health16/msg/862.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 4 月 02 日 10:47:25: igsppGRN/E9PQ
 

「カロリーオフ」に注意!人工甘味料が生活習慣病リスクを高める⁉
http://dmm-news.com/article/937155/
nikkanCare.ism 2015.04.02 08:45


健康志向の高まりで、「カロリーゼロ」「カロリーオフ」の表示をした食品をよく目にします。「甘いジュースや缶コーヒーがなぜカロリーゼロ?」と思われるかもしれませんが、その秘密は人工甘味料。

中には砂糖の数百倍の甘さのものもあり、カロリーがなくて甘みをつけられるということで、まさに“魔法の粉”。食品、飲料で幅広く使われています。

しかし、この人工甘味料には実は肥満や糖尿病などのさまざまなリスクがあるということも懸念されているのです。今日は人工甘味料のリスクを指摘した研究結果を紹介します。

■最新の研究により判明!人工甘味料は肥満を招く?

2014年9月にイスラエルの研究チームが発表した内容は全世界に衝撃を与えました。それは、「飲料、加工食品等に使われているサッカリンなどの人工甘味料には、代謝に関わる腸内細菌のバランスを崩し、血糖値が下がりにくい状態にする作用があり、糖尿病や肥満といった生活習慣病のリスクを高める」というもの。

これまでも人工甘味料が糖尿病や肥満の危険を高めるのではないかという研究はされていましたが、今回は腸内細菌の変化といった具体的なメカニズムにまで調べられていて、これまでの研究結果の信頼性をより高める結果となりました。

■この研究結果は9割の人が知らず

今回、ヒューマン・データ・ラボラトリが全国の20〜60歳代の男女500名に調査したところ、この研究結果を90%以上の人が知らないと回答しました。「内容まで知っていた」人はわずか7.2%。

また、普段から「カロリーゼロやカロリーオフを謳う人工甘味料が入っている食品を選ぶ」と答えた人は全体の55.2%いましたが、今回の研究結果を知らせると、92.4%の人が「今後は含まない食品を選ぶ」と回答しています。

今回の研究結果で人工甘味料のリスクが決定的になったというわけではありませんが、「カロリーゼロ=健康」だとしか考えていなかった人にとっては、「こういった研究結果もあるよ」ということを知ることは食品を選ぶ基準が変わり、選択肢の幅を広げることにつながります。

いかがだったでしょうか。カロリーがなくて砂糖の甘さ。それで何も危険性がなければ夢のような話ですが、その真偽はまだ謎のままのようです。それならば、「甘いモノが欲しい時は普通の砂糖を使ったものでご褒美と割り切る」というのが無難で健全な考え方なのかもしれません。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年4月02日 21:20:10 : EuqEX6GT1E

>「飲料、加工食品等に使われているサッカリンなどの人工甘味料には、代謝に関わる腸内細菌のバランスを崩し、血糖値が下がりにくい状態にする作用があり、糖尿病や肥満といった生活習慣病のリスクを高める

これは甘味料の種類や摂取量による

エリスりトールなどで代替すれば、ほとんど問題ない


>「甘いモノが欲しい時は普通の砂糖を使ったものでご褒美と割り切る」というのが無難で健全

これは間違い

砂糖の過剰摂取は明らかに有害だし、依存性があるから少量だけで済ますのは難しい

デマに騙されない方がいい


http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-244.html
人工甘味料は、合成甘味料と糖アルコールに分類されます。
合成甘味料は人工甘味料の一種で、人為的に化学合成された甘みのある物質(甘味料)です。砂糖より低カロリー、低価格、などの特徴があります。狭義の意味の人工甘味料は合成甘味料と同義で使われることがあります。

米国食料医薬品庁で認められているのはサッカリン、アスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロースの4種です。

この4種はカロリーはなく、血糖値も上昇させませんが、一日摂取許容量が決められています。

糖アルコール には、キシリトール、ソルビトール、エリスリトール、マルチトール、ラクチトールなどがあります。

キシリトールは野菜や果物などに、ソルビトールはプルーン、ナシ、リンゴなどに、エリスリトールは果実、花の蜜などにそれぞれ含まれていますが、商品としては人工的に作っています。

マルチトール、ラクチトールもそれぞれ麦芽糖、乳糖を原料として人工的に合成しています。

糖アルコールは糖類に水素を付加したもので、人工的に作っていますが、いわゆる合成甘味料には分類されません。糖アルコールの安全性は確立しています。

肝腎の血糖値を上昇させるか否かですが、エリスリトール以外の糖アルコールは、砂糖の約半分程度血糖値を上昇させます。

よく、「糖アルコールは血糖値を上昇させない」との記載がみられますが間違いです。

また、エリスリトール以外の糖アルコールは、難消化性で吸収されにくいのが特徴です。吸収されにくい分腸内に残っているので、大量に摂取すれば下痢を起こしやすいです。
 
エリスリトールは、糖アルコールの中で例外的に体内に9割以上吸収されますが、全く代謝されずにそのまま尿中に排泄されます。ですから厚生労働省お墨付きのゼロカロリーで、かつ全く血糖値を上昇させません。ほとんどが体内に吸収されるので、糖アルコールの中で最も下痢も起こしにくいです。

結論です。

KFUMIO OTSUKIさんのヘモグロビンA1cが上昇したのは、糖アルコールの内、キシリトールやマルチトールのせいです。エリスリトールは大丈夫です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康16掲示板  
次へ