★阿修羅♪ > 自然災害19 > 376.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
誰でもできるFM波観測 「地震予知」恐れすぎず身近な理解を (SankeiBiz) 淡路島地震の“兆し”をキャッチ 
http://www.asyura2.com/13/jisin19/msg/376.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 11 月 04 日 14:08:00: igsppGRN/E9PQ
 

淡路島地震の発生前に観測された現象。FM波や短波などを観測し、地震予測の可能性を探る動きにも注目が集まっている


誰でもできるFM波観測 「地震予知」恐れすぎず身近な理解を
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/131104/cpc1311041201002-n1.htm
2013.11.4 12:00 SankeiBiz


 東日本大震災以降、地震予知への信頼が揺らいでいる。大きな被害も想定される南海トラフ巨大地震でも、国は「地震観測による予測は難しい」としている状態だ。一方で、今月横浜市で開催された日本地震学会で、4月13日に発生した淡路島地震(マグニチュード6・3)を「予測した」との発表が行われた。この事例を通し、地震予知の意義について考える。(編集委員 北村理)

■淡路島地震の“兆し”をキャッチ

 《「淡路島地震」は23日程前から異常が確認され、4月7日に平常に戻ったため、地震の予測として期日は、4月13日頃、マグニチュードは6、場所は姫路から貝塚市方面(淡路島方向)と予想することができた》とする記述が地震の当日、アマチュア無線技士らによる地震観測ネットワーク「JYAN研究会」(大分県国東市)の会員用ホームページ上に掲載された。

 同会は地上のFM波や短波などを観測し、地震予測の可能性を探っている。FM波については沖縄から横浜まで21局のネットワークを展開し、84放送局のFM電波を観測している。

 研究会代表で元国東市消防長の国広秀光さんによると、大阪府貝塚市の観測局で、地震発生の約1カ月前の3月15日から発生6日前の4月7日まで、姫路のFM電波がおおむね5〜10デシベル強くなり、その状態が続いた。地震までの6日間は、通常のレベルに戻ったという。

■地震を知る“法則”とは

 なぜ、FM波の異常が地震予測につながるのか。研究会がこれまでの観測事例の分析から導き出した“法則”はこうだ。

 地震活動が地中で活発化し破壊が進むと電気と磁気エネルギーが発生。それらが電磁気として空中に出ると地上の電磁界に影響を与える。その結果、FM波や短波などが影響を受け、普段は届かない遠距離まで届き、近距離では届きにくくなる。ただし、こうした変化は地震発生直前にみられる「静穏期」になると、正常にもどったりする現象が観測される。

 同会の過去の記録から傾向を探ると、10デシベル程度上昇し収まってから(静穏期が)1週間程度で、そののちに地震が発生する場合、マグニチュード(M)6クラスで震度5〜6の地震が発生。20デシベル程度上昇した場合、最大で震度7。静穏期が3日間程度だと、M4・5ほどになるという。

 M9の東日本大震災の場合、「(電波を反射する)電離層が日本全体で地震の影響を受けていたと予想され、それによって、観測局全局のFM波や短波に異常があったため、何が起きていたか分からず、数カ月たって、大震災が発生した3月11日前後の過去のデータを振り返ってみてはじめて、ゆるやかで大きい変化に気付いた」という。

■誰でも貢献できる

 地震学会では、淡路島地震について大気イオン濃度変化を観測した事例なども発表され、地震研究者らから「現象をどこまで追い続け確かなデータ蓄積ができるのかが重要だ」との意見が出された。

 阪神大震災以降、観測を続けてきた国広さんらも、これまで地震研究者のアドバイスを受け、観測点の拡大とデータ蓄積の方法に工夫を重ねてきたといい、その成果として過去2年間、淡路島地震も含め大小10ほどの地震にともなう現象を捕捉できたという。

 国広さんは「地震にともなって起きる当たり前の物理現象を追跡することでも防災に貢献できる」としたうえで、「これらの観測は一般に普及している通信機器を使えば誰でも可能であり、地震予知への努力も大切だが、地震を過度に恐れず、身近に理解することにもつながる」としている。

■「情報依存のよる待機」の危険性 京大防災研究所・矢守克也教授

 伊豆大島での大規模な土砂災害、先月半ば、京都府などに初めて特別警報が発令された台風18号による災害や竜巻など、災害が相次いでいる。

 災害のたびに、災害情報のあり方に注目が集まる。ここで、新たに導入された災害情報の多くが「土壇場」あるいは「最終手段」に関する情報であることに注意すべきである。

 「重大な災害が起こる可能性が非常に高まっています。ただちに身を守るために最善を尽くしてください」(気象庁)とされる特別警報はもちろん、伊豆大島でも出された「記録的短時間大雨情報」や「緊急地震速報」も、同じような性質をもっている。

 こうした災害情報を利用するうえで重要なことが2つある。まず、“そうなる前”に検討し準備しておく必要がある。水害の場合、2階などへの垂直避難、土砂災害の場合、崖や山と反対側の部屋への移動、竜巻の場合トイレなど柱の多い空間で待機、といった対応だ。

 災害規模によっては、これらによって被害をゼロにはできないかもしれないが、軽減することはできる。避難所への避難指示がかえって危険と予想される場合、無線などでこうした対応を呼びかけることはできるかもしれない。

 次に、より重要で根本的な問題がある。それは、土壇場の情報が整備されればされるほど、土壇場まで何もしないという待ちの姿勢を情報の受け手に醸成してしまう危険だ。情報がきめ細かくなればなるほど、情報に依存し情報を待ってから対応する傾向を誘発してしまう。

 伊豆大島の事例をめぐって、早くも特別警報の運用見直しの声があるようだ。小手先の修正にとどめることなく、この根本的な構造にメスを入れるような改変を目指してほしい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月04日 20:36:13 : nJF6kGWndY

新しい情報は、ほぼ0だな

02. 2013年11月05日 17:29:15 : x7nBGc0e5o
第1ステージか、第2ステージかはどう判断するのですか。

03. 2013年11月09日 06:59:36 : pP73OpyOtI
誰でも出来る地震予測が、英知を結集した(はずの)専門家集団でも出来ない。

これが現実。


4. 2016年4月18日 12:13:27 : JSIYospSII : 5PVbhyepb9g[1]
BWT Lab


あまりに酷いアマチュア無線 [アマチュア無線]
http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2011-03-14


● 3/11に起きた大地震。
各地の、特に東北エリアの通信インフラが寸断され、救援物資の依頼どころか、現地の状況把握すらできなくなった。

●アマチュア無線が活躍し始めた。
全国にいるアマチュア無線家。
そして、簡単な設備で長距離通信できるインフラが活躍する場面だ。

●しかし、それはあまりにも酷い状態だった。
過去形で書いたが、実はこれを書いている今も続いている。

ずっと聞いていて、HFを受信できない人にも情報をと思って、USTREAMで通信を中継をしていた。
しかし、その内容は・・・

●本来、災害時に開設するアマチュア無線局は、被災地との間をつなぐ通信路であるはずだ。寸断された通常インフラのバックアップが目的だ。
が、実際にやりとりされているのは、被害を受けていない地域から、被災地に居る知人らの安否確認が殆どだ。こればかりになると収拾が付かなくなるのは簡単に想像できるだろう。また、TVで放送された情報を、ご丁寧にセンター局に教えているのも居た。それはセンター局でもTV見ていて知って居る。よって、必要なのは被災地の情報だ。

<追記>
安否関連は7043KHz(副)で行われています。

●こういうときに必要な情報とは、被災地での詳細な状況を公官庁に伝えるための情報。そして、被災地で必要としている事を明確に手短に把握し関係省庁に伝達することだ。これがやるべき事。

●が、コントロールしているオペレーターの手腕が悪く、うまくテキパキとコントロールできていない。そう、口の悪い言い方をすると、「災害支援に積極して参加しているんだぜという自己満足」と、「皆に必要とされていると感じている自己満足」のようだ。ようするに、自己満足でやっているようにしか思えない。統制取らなきゃ冗長な通信になり、本当に必要な情報を迅速に伝達することはできなくなるのだ。リーダーシップが全く取れていない。「ありがとうございました」なんていう言葉は要らない。「了解」で十分。冗長な言葉遣いをすると、それがさらに冗長な通信を生む。

●また、こういう時は被災地→センターへの伝達はいつでも受け入れられるようにしなくてはならない。たとえトイレや食事で席を外すときでも、誰かがその間をサポートしなくてはならない。空席はあり得ない。しかも、この状況だから、24時間交代制での対応も必要だろう。が、実際はどうだろうか。センター(JARL本部)である本局JA1RLは21時位にQRTしてしまった。みな帰っちゃったのだ。80mの設備が無くオペレーションできないのかもしれないが、他にやることはいくらでもあるはず。本社の役員と社員が、あとはまかせたと言わんばかりに、支社(JA3RL)に全部任せて帰っちゃったようなものだ。大事件の夜に。本部での体制がまったく取れていないのが露見した。

●さて、このオペレーターの能力不足もだが、それを妨害したり、妨害になるようなすぐ近くの周波数で遊んでいるバカが沢山いることも問題だ。というか、正直がっかりした。
災害を受けていない地域では、最近の日本人よろしく「俺は関係ないねー」と遊んでいるのが沢山いる。普通にCQ出しているのもいたし、JCCサービス(ゲームのアイテム集めみたいなもの)をやってるのも居る。しかも、法令で定められた非常通信周波数に混信を与えるような周波数でだ。「新聞取っていなくても、TVニュースくらいは毎日見ようぜ」と言いたくなるような話。アマチュア無線関係はTVではやってないけど、それに相当する情報源はきちんと目を通さなきゃね。

7MHzは割とすんなり混信は無くなったが、妨害は結構出ていた。わざとしか思えないデジタルモードでの混信や、すぐ近くで頻繁にやられているSSTVも特徴的なデジタルモードで混信を与えていた。通常の送信状態とは明らかに違うので、嫌がらせとしか思えない。ちょっと送信して強制終了。それの繰り返し。まったく、何が楽しいんだか。自分が被災したら「たすけてー」ってきっと言うくせに。

夜になり、7MHzでの国内伝搬が悪くなって3.5MHzに変波した。これは電離層の状態によるもの(お日様次第)なので、無線通信では通常の手段だ。3.5MHz帯の非常通信周波数3525KHzでは、3528KHzで大電力で毎晩雑談をしている連中の混信が強烈にあった。この連中は毎晩朝方までダラダラとしゃべっている有名なグループ。べつに、許可された範囲で何やっていようがかまわないが、3525KHzの前後5KHzは非常周波数として空けておかなくてはならないのを知らないようだ。いや、知っていても「俺にはカンケーネー」なのだろうか。強烈な混信で、災害通信はうまく機能しなくなった。
が、そうであれば3528KHzに出ているグループに周波数変更を依頼してやれば済むはずだ。しかし、3525で災害通信をしている連中は文句を言うだけ、混信で聞きとれませんと言うだけでで、3KHzダイヤルを回してお願いをしにいこうとする人は誰一人いない。
私? そう、気がついている私がお願いしに行けば良い。しかし、残念ながら3.5MHz帯は電力をかけられない自作アンテナしか持っていないので、彼らに割り込める電力で送信する設備が無い。受信だけならどんなアンテナでもできるので聞いていますが。

そのうち、3525には混信だけでなく妨害も始まった。
口笛を吹く者。周波数はドンぴしゃなので完全に故意だ。音楽を流しているのも居る。
すぐ下(前後5KHz以内)の周波数では、和文CW局が、「邪魔だな−!」と文句を言わんばかりのめちゃくちゃな電信を叩いていたり。おいおい、空気読めよ。今、日本は何が起きてるんだ?

●日本のアマチュアで、毎晩アクティブにでているジジイはどうしょうもないジジイしかいない事が判った。
だいぶ前からオカシナヤツ、ジコチュウなヤツが多いと思っていたが、このような有事にも居るとは、日本も終わったなと正直思った。こんなんじゃ、貴重な電波資源をお上に取り上げられちゃっても文句も言えまい。

災害通信をUSTREAMで中継していたが、夜間の3525は酷すぎるので早々に中継を打ち切った。日本のアマチュア局の一人として、この状況は恥ずかしくてしかたありません。USTREAM中継をやめても、電波は世界中に飛んで言っているけど。
まあ、JARLがあれじゃあ、野放し状態でこうなるのも仕方ないとも思いますけどね。既に捨ててるのでしょうけど。

ちなみに、144MHzでの非常通信も144.100で開局していましたが、いつも通りにダンプ&トラックのFM通信が沢山いました。彼らは今大変でしょうが、それとこれは話は別。聞こえてくるのはいつもの業務通信会話と雑談。何も変わってない。この周波数付近はFMモードは使用禁止(法令で決まっている)です。彼らは非常通信なんて知らず、安価な業務無線、携帯代わりとしか思っていないのでどうにもなりませんが、もうちょっと頭良くてもよくないかね? そういう免許を安易にばらまいたJARL/JARDも問題だけどね。免許はお金で買えると言ってましたから。しかも50Wという大電力の免許も買えると言ってたし。

というわけで、この世紀の大震災M9.0を経験しても、バカは死ななきゃ直らないようです。
時間が解決してくれるか、そのままアマチュア無線ごと消えてしまうか。
どちらでしょうね。

●被災地のみなさん。
このメッセージは見れないと思うけど、がんばってくれ。
こっちからは最大限のバックアップはする。
そっちの夜は寒いだろう。こちらは1枚多めに着ればストーブは要らなくなった。灯油は不要だ。
電気もそちらに回そう。必要最小限でも生活は十分できる、今までが贅沢すぎたくらいだ。
大津波が来た宮城県の名取とも繋がった。友人の元気な声が聴けて安心した。彼もうちらの声を聞いて元気がみなぎってきたと言ってきた。応援してくれているのはうちらだけじゃない。世界中の人たちが応援してくれているんだ。

●がんばろう。
● 生きて生きて、以前の状態に戻そう。
.
2011-03-14 22:06


コメント略


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害19掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害19掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧