★阿修羅♪ > 自然災害19 > 865.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イエローストン噴火とカスケード地震、M10を超える地震が起こるか?
http://www.asyura2.com/13/jisin19/msg/865.html
投稿者 taked4700 日時 2014 年 7 月 31 日 02:13:40: 9XFNe/BiX575U
 

http://blogs.yahoo.co.jp/taked4700/11732805.html
イエローストン噴火とカスケード地震、M10を超える地震が起こるか?

 イエローストン噴火とは、ガイザース地熱発電所などがある、アメリカの西海岸から1000キロ程度内陸に入ったところにある火山帯での噴火のことです。カスケード地震とは1700年に起こったM9程度の大地震で、震源域は、イエローストン火山帯の西側の、アメリカとカナダの国境あたりの沖合です。

 最初は、カスケード地震が起こったときにイエローストン噴火があったのでは思ったのですが、少なくとも大きな噴火は起こっていない様子です。

 そして、このことはかなり驚きでした。たとえ1000キロ程度離れていても、アメリカ大陸のような硬い岩盤であれば揺れの影響は日本などの細かく砕けた軟らかい地盤に比べて格段に遠くまで及ぶはずだからです。

 日本の火山帯は、海洋プレートが150キロ程度の深さに沈み込んだところにあるということです。イエローストン火山帯が太平洋プレートの沈み込みとどの程度関係があるのか分かりませんが、朝鮮半島の根元にある白頭山も日本海溝から1000キロ程度離れているので、海洋プレートの沈み込みと関係性がある程度はあるはずです。

 イエローストン噴火の大きなものは、過去3回あり、210万年前、130万年前、63万年前に起こっているということです。130万年前と63万年前では67万年のずれがありますから、前回から既に63万年経過したということは万年単位で考えればそろそろ次の噴火が起こるころかも知れません。

 ウィキペディアの「超巨大地震」の記事( http://ja.wikipedia.org/wiki/超巨大地震 )には、M9程度の地震のことが記されているだけです。しかし、地球で起こり得る最大級の地震はM10程度と考えることもできると記されています。要するに、人類が知ることのできる過去の地震が数千年程度前までなので、数万年という期間が経過してしまった地震については調べることが出来ないということの様子です。地上の地形の風化などにより、地震の痕跡が失われてしまうからかもしれません。

 問題は、もし、イエローストンのような大きなカルデラ噴火とM10を超えるような大きな地震の関係です。マグマの活動により噴火は起こるのですから、大きなカルデラ噴火はそれだけ大きなマグマ活動があったことになり、大きなマグマ活動が起こるためには、大きな地層のずれがあったのではないかと思えるのです。

 日本にもイエローストンと比べると3分の1程度の大きさとされるようですが大きなカルデラがあり、大きい順に、屈斜路カルデラ、阿蘇カルデラ、姶良カルデラがあります。世界最大はインドネシアのスマトラ島北部にあるトバカルデラであり、イエローストンの1.5倍程度の様子です。

 興味深いことに、M9級の超巨大地震である2004年のスマトラ島沖地震が起こっても世界最大のカルデラであるトバカルデラは噴火に至っていません。震源域からトバカルデラまで500キロ程度のように見えます。トバカルデラの最新の噴火は74000年前ということです。

 大きなカルデラがあるところでは大きな地震が起こるという仮説が成立するなら、北アメリカ大陸の西海岸やスマトラ島沖、そして、九州や北海道沖の沈み込み帯ではマグニチュード10の地震が起こることになります。

 このことは、核廃棄物の地層処分に2つの問題を提起するはずです。一つは、現世代が生きているこの100年程度の間に破局噴火やM10程度の超巨大地震が起こる可能性は少ないはずだが、そのことが、地球のどこであれ、地層処分を許容することになるのか。もう一つは、破局噴火とM10程度の地震が起こったとき、核廃棄物の安全な保管が可能なのか、です。

2014年07月31日01時50分 武田信弘 ジオログ(http://geocities.yahoo.co.jp/gl/taked4700)はヤフーブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/taked4700)へ移行しました。1376  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2014年7月31日 02:20:53 : 9XFNe/BiX575U : aE8b6zXmZQ
素人考えですが、カルデラの大きさを考えると、M11程度、つまり、M9の1000倍程度の地震が起こる可能性はあるのではと思います。もちろん、数十万年に一度という頻度なのでしょうが。

02. 2014年7月31日 16:10:10 : nJF6kGWndY

放射能の心配などしても無意味だな

M10や11が日本近くで発生した場合、地震と津波被害が圧倒的


03. taked4700 2014年7月31日 16:31:28 : 9XFNe/BiX575U : MDOyQZfLHY
>>02

>放射能の心配などしても無意味だな
>M10や11が日本近くで発生した場合、地震と津波被害が圧倒的

02さん、確かに自分も最初そう考えたのです。破局噴火と超超巨大地震が起これば、文字通り日本滅亡に近いだろうなと。でも、しばらくたって、それでも高レベル核廃棄物については問題があると思いだしました。

例えば、南海トラフ沿いにM11の地震、つまり、M9の地震の千倍程度の地震が起こったとき、東北や北海道では阪神大震災程度の被害か又はそれをもう少し上回る程度の被害ではないかと漠然と思っています。そして、そうであれば少数でも生き残る方がいるはずです。

また、世界中では、かなりの地域で、それなりの被害を受けつつも生き残る方がかなりの数でやはり存在するはずです。多分、別の大陸であれば、破局噴火による寒冷化の影響の方が強く、地震の揺れや津波で亡くなる方は多分多くても数割程度のはずです。

もし、高レベル核廃棄物が環境中に漏れ出てしまったら、日本は既に国家としては破たんしているはずで、手の打ちようがありません。また、外国が何らかの形で事故収束の手を打とうにも、地震や津波で破壊された国土で、核廃棄物の漏れ出しに対処するのは難しいでしょう。

結果的に、直ちに影響はないでしょうが、数年とかまたは数十年、または数百年後にかなりの健康被害を地球規模で及ぼすことになるはずです。

チェルノブイリ原発事故では、原子炉周辺数キロかた数十キロていどのところに存在する「赤い森」、つまり、強い放射能で枯れた木々が腐敗せずにそのまま残っているということです。落ち葉なども腐敗しにくいということで、いわゆる腐敗菌そのものが放射能によって生存できない状況になっているという様子です。

このように、静かに、そして、徐々に健康影響が出てくるわけであり、巨大地震が起こればそれで終わりだというわけにはいかないのだと思います。

しかし、それにしても、高レベル核廃棄物の何千年とか何万年という長期保管は困難だと改めて思います。しかし、だからと言って、地層処分しても、それは単に視界から消し去るだけで、単に無視するだけだとしか思えません。


04. 2014年7月31日 20:52:28 : 2f4eqyymkM

 1000キロ内陸の火山

 火山は 基本的には 軽いマグマであり 流動性の高いマグマななのだ

 軽い流動性のマグマとは つまり 水分を含んでいるマグマという意味で

 マグマに 水分を持ちこむのは 地殻変動で海水がマントル近くまで

 持ちこまれると言うことを意味している

 ===

 つまり 太平洋の海の水が イエローストーンと白頭山の火山の

 源だと考えると 地球と言うのは ものすごいスケールが大きな

 話だな〜〜 って驚く
 

[32削除理由]:アラシ

08. taked4700 2014年8月01日 02:39:22 : 9XFNe/BiX575U : ziuKhOENRE
>>05

>何の為に、ネット活動をしているのか?

ネットの利用と言ってもいろいろありますから、一概にこれが目的とは言えませんが、この記事の目的ははっきりしています。

高レベル核廃棄物の地層処分は地球のどこであれ不可能だ

です。

副次的な目的は、

アメリカは多分まだまだ起きないであろうが、大きな地震、つまり、1800年代に起こったM8級のニューマドリッド地震をも大きく超えるM10地震が起こる可能性があり、そうなれば、仮に西海岸での発生であっても東部に立地する原発でも被害がはっせいするはずだ

です。当然、アメリカは世界の先陣を切って原発廃炉に踏み切っていただきたいという意味もあります。


09. 2014年8月01日 14:34:15 : nJF6kGWndY

>>03 

原発が仮に全壊して、放射性物質が拡散したとしても、致命的な影響が続くのは、非常に限られた範囲だけだ

またチェルノブイリや福島近傍を見ても、生命は短期間で、高濃度の放射能に耐えられるようになる

だから超巨大自然災害のダメージに加わるマイナスの影響は、ほとんど大きくならないと言ってよいだろう

今後、確実に起こる小惑星落下などの超低確率の災害も同じだろう


ゴキブリやサメのように地質学レベルの期間、人類文明が生き残るためには

核融合と宇宙進出が不可避の課題になるから、核技術を手放して再生エネルギーに退行するのは、最終的には自滅の道だと見ている

まあ、それもまた人類の運命だろうから、個人的には、どうでもいいことだがw




  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害19掲示板  
次へ