★阿修羅♪ > お知らせ・管理21 > 210.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「本質的な議論をしたいのか、空虚な言葉を吐きたいのか」が素晴らしいので、原発板にも投稿したいのですが、問題ありませんか?
http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/210.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2013 年 9 月 21 日 19:27:37: 8rnauVNerwl2s
 


「本質的な議論をしたいのか、空虚な言葉を吐きたいのか」が素晴らしいので、原発板にも投稿したいのですが、問題ありませんか?


本質的な議論をしたいのか、空虚な言葉を吐きたいのか
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/66125754.html


原発事故からもうすぐ2年ですが、相変わらず【原子力発電=悪】【政府に協力する科学者=御用学者】みたいな思考停止の意見に出会うことがあります。

私は「科学の罪に思考停止は許されない」という記事に書いたように、全ての科学技術には功罪があり(善悪どちらでもない)、利益が大きくリスクが少ない方法を考えるしかないというスタンスです。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65423403.html

ですから放射性物質のリスクはどのレベルなのか・・など科学的真実に近づくための研究を進め、情報提供を続けるのが私達の役割だと考えています。
しかし原発事故で、身内や知人にもバカ学者や学者バカがいることが分かって愕然としました。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65823314.html

公私ともにお世話になった人とは何とか仲良くしたい気持ちがあったのですが、科学者としての自分は思想の先走る科学者はそれだけで科学を冒涜しているように思えてきて、気持ちも萎えてきました。
宗教学者による、科学者不在の科学シンポジウム

そんな中、年末に研究者のメーリングリストに以下の案内が流れてきて「なんじゃこりゃ?」と呆れました。
■-----------------------------------------------------------------
日本学術会議公開シンポジウム
科学者はフクシマから何を学ぶのか?-科学と社会の関係の見直し-(ご案内)
------------------------------------------------------------------■
(開催趣旨)
東京電力福島第1原子力発電所の事故により、科学と社会の関わりのあり方が根底から問い直されることとなった。政府や産業界の望む原発推進に沿った見方を提示する科学者が重用され、安全性を過大評価してきた過去が露わになった。
科学の中立性が疑われ、科学者の信用が失墜した。政府や自治体が設ける審議会や委員会において、偏った立場の委員が選ばれていたり討議の内容が隠されていたりする事態も深い失望を招いた。科学者が適切な専門知識を提供して、政府や社会の判断に資する必要が高まっているにも拘わらず、それがうまく行っていない。
原子力や放射能だけではない。広く公害問題やリスク評価等においてどうだったか。歴史的な展望をも含めて、科学と社会の関係について問題点を捉え返す必要がある。
このシンポジウムでは、多様な学術分野の壁、専門家と非専門家の壁を超え、これらの問題をともに考え討議したい。
 
■日 時:平成25年1月12日(土) 13時00分〜18時00分(12時30分開場) 
■会 場:日本学術会議会議室 6階

http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html

【問合先】東京大学大学院人文社会系研究科 島薗 進
私が呆れたのは、島薗先生による山下先生批判のズレっぷりを知っているからです。
http://shimazono.spinavi.net/?p=390
(「山下氏は原発推進側に立つからこそこのグローバルCOEの拠点リーダーを託されてきている」などと主張)

例えば私はこれまでブログで「DNA は損傷されても修復される」「DNA の損傷頻度は放射線に関係無く・・・の頻度で、そこに今回の事故による被爆が加わったとしても・・・と推定されるため、私は避難干渉地域以外の福島県では健康被害が起きるとは考えていない」といった解説をしています。
島薗先生の山下先生批判はこういった文章を切り貼りして「bloom は福島では何も起きないと言う、でも放射線で DNA が損傷すると言う、矛盾じゃないか」と読解力の低さをひけらかす?虚ろな「批判のための批判」なのです。

私が宗教の歴史も学ばずに「宗教はなぜ役に立たないのか」というシンポジウムを開催することが失礼なように、科学者を批判するには最低限の科学知識は必要なんですよ。
そこでメーリングリストには以下のような投稿をしました(要約なので、元の文章とは違います)。
放射線生物学者も原子力物理学者も参加していない講演会で科学を論じることは不可能ではないでしょうか。
例えば「科学の中立性が疑われ、科学者の信用が失墜した」は、何が科学的に妥当な判断であるかを理解しないと、中立であるかどうかも評価出来ないと思います。

私は大学の普遍教育などを通して放射線生物学に基づいたリスク管理の考え方について話したり、福島で一般市民の方と勉強会をする中で、生物学や物理学の知識の無い方々が【原子力発電=悪】という思想から、山下先生のように福島県民のために活動している放射線生物学の専門家に「御用学者」といったレッテル貼りをすることが福島の復興を妨げている問題を憂慮しています。

原子力発電を社会的にどのように論じるかは社会学者の自由ですが、不勉強なまま科学者の判断や行動の善悪を議論されるのは迷惑です。
このシンポジウムが「日本学術会議主催」として認められたことには失望しています。
シンポジウムに参加されている社会学者の方々も、科学者がいないことに違和感を持たなかったのでしょうか?
持たないとしたら、ただ自分の思想を喋りたいのだろうと思います。

正直、原発問題に関しては多くの社会学者は役立たず・・というか、害悪なんですよ。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-74.html
(福島大学原発災害支援フォーラム(FGF)に怒る福島県民の意見)

ついでに書くと教育関係者に多い【脱原発=平和】【再生可能エネルギー=善】みたいな発想もお花畑と思っています。

リスク管理を尽くしたつもりでも、飛行機が落ちたり原発事故が起きたりすれば、それに関わる人々は「十分に議論をしたのか」「中立な判断では無かったかも」と反省すべきだとは思います。
社会全体でも、例えば津波で多くの方が亡くなった事は、私達が街作りのレベルで何十年にも渡ってリスクの想定範囲を間違え、商業主義や利便性に引きずられて中立的な判断をしてこなかっただめと考えています。
ただ、反省している人を「御用学者だから」などと叩くのは筋違いだし「叩いたところでお前が賢い証明にもならないよ・・というか、みっともないよ」と感じます。
勇気ある対談:小林先生 vs 小出先生

私の投稿に対して、何人かの方から「最近の科学者批判は私もズレていると感じている」といったメールを戴きました。
その中に「放射線対策と原発の明日2013 対談 東葛から問う 小出裕章 vs 小林泰彦」のお誘いがありました。
首都圏ではホットスポットとされている(福島ではもっと高い場所もありますが)東葛地区で開催されるそうです。
http://twipla.jp/events/35010
(1/19 なので私はセンター試験監督で行けません)

私は小林先生の活動は知らなかったのですが、悪名高い「原発御用学者 Wiki」にもリストアップされていたようで、農研機構の「放射性物質の食品影響と今後の対応」など放射線リスクに関する講演に多数取り組まれているようです。
http://www.naro.affrc.go.jp/org/nfri/topics/R_C.html#a6
(小林先生の講演資料をダウンロード出来ますが、生物学的に妥当な内容だと考えています)

私は小出先生をまともな科学者だとは考えていないので、小林先生が小出先生と議論をする覚悟でこの対談に参加される勇気は尊敬します。
ただ、まともな科学の出来ない人は、人間としてもまともではないので、お得意の詭弁を弄したり youtube のお笑い動画を制作するようなシンパを使って小林先生を中傷しないか心配です。
たぶんまともな「サイエンスコミュニケーション」

ブログ仲間の粂先生からは「生活のことばで科学と社会をつなぐ『ミドルメディア』の必要性―福島県甲状腺検査をめぐるコミュニケーションを題材に」のお誘いを戴きました。
https://www.sciencecommunication.jp/index.php?_restful_permalink=event/study/2013/0120/
(1/20、私用のため行けません)

このシンポジウムの主催は「日本サイエンスコミュニケーション協会」なのですが、私は原発事故以来、「サイエンスコミュニケーション」や「市民科学」と名の付く活動に良い印象を持てません。
でも「科学的に妥当なリスク見積もりは?」「科学的な情報が正しく一般市民に伝わるには?」「風評被害を防ぐには?」といった問題について、思想を超えて本質的な議論をしたいと考える個人や団体もいるかも知れない・・とも考えています(このシンポジウムには粂先生や野尻先生も参加されるそうですし)。
マスコミも参加すると聞いたので、新型インフルエンザでも放射能でも浮かれてデマを拡げ続けたマスコミ関係者の中にも問題意識を持つ人もいるのかも知れません。

http://takasas.main.jp/
(崎山比早子さんなどトンデモ科学者が活躍する高木学校を、高木先生はあの世でどう思っているのかな?)

http://www.shiminkagaku.org/radiation.html
(市民科学研究室も暴走中)

高木学校や市民科学研究室は遺産や寄付で運営されている趣味の団体なので、宗教がかっても良いのですが、理系の大学教員の場合は科学的妥当性はより厳しく要求されるでしょう(早川先生@群馬大は自称科学者でも業界的には認められていない教育学部関係者なので訓告で済んでいる)。

http://blogos.com/article/44485/
(富山大学の林衛先生は「この人に科学コミュニケーションの教育を受ける学生が可哀想」という致命傷・・付き合いがあっただけに残念)

http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-122.html
(STS(科学技術社会論)を専門とする大学教員が「原発御用学者 Wiki」とつながっていた可能性)
科学に正義はある、だから希望は失わない

ちなみに「原発御用学者 Wiki」の管理者も大学教員ではないか・・という噂があり、その場合はやはり社会科学系かな?と疑う気持ちがあります。
http://www50.atwiki.jp/goyo/
(「原発御用学者 Wiki」のコピーサイト・・このリストに掲載されて実害を被った同業者もいます)

でも社会学者にまとめて偏見を持つのはやはり本質を見ていないことになるので、希望は失わずに世の中の動きを観察して行きます。

「私も山下先生の粘り強い活動を知っているだけに島薗先生の中傷に心を痛めている」というメールも戴きましたが「正義の科学者はいないが、科学に正義はある、だから科学的に正しい活動を続ければ理解して下さる人は増える」とお返事しました。
原発事故から数ヶ月で癌患者が増える、翌年には奇形児が増える・・などの予言は次々に外れているので(最近は数十年後などと言う人もいますが)、粘り強い情報提供で社会学者にも一般市民にも「科学の正義」が伝わると期待しています。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月22日 06:57:30 : 4Pj9zd2coM
管理人の代理の者ですが、

具体的にどういった点が
「素晴らしいのか?」

を400字以内で簡潔に記述願います。

それを拝見して、
判断いたします。

[削除理由]:その他
騙り。うそつき。代理じゃない
02. 会員番号4153番 2013年9月22日 08:22:49 : 8rnauVNerwl2s : gtqEzts6jg
「私が宗教の歴史も学ばずに「宗教はなぜ役に立たないのか」というシンポジウムを開催することが失礼なように、科学者を批判するには最低限の科学知識は必要なんですよ。」


反原発派の方は最低限の科学的知識を踏まえて投稿していますか?

広島・長崎での70年近い研究成果を踏まえた知識を。

みんな放射線医学等の知識もなく、怪しい「市民団体」や昔からの三里塚活動家シンパの流した「情報」をまるで「真実」のように拡散する。

小出裕章氏や広瀬隆氏にしても学者ではなく、活動家だし、まして医学の知識もありありません。

科学的な裏付けなど微塵もありません。

朝鮮・部落等のマイノリティを主力とする反核団体が仲間を使って嫌がらせの限りを尽くす人達。

そこには政治的意図しか感じられませんよ。

中共や北朝鮮の核実験は無視し、日本の原子力施設だけを非難する。

福島を東北の復興を妨げる勢力こそ、国籍不明の反原発派だと思います。

この記事は、科学者の立場から、その辺りの原発派の不実、不勉強を暴き、一般の方に反原発派の矛盾を悟らせるいい記事だと思います。

あなたが管理人さんの代理人かどうかは知りませんが、科学的な根拠もなく、ただただ感情的なアジテージに訴える国籍不明の反原発派の正体に気がついて欲しいと思います。

脱原発は、長期での日本のエネルギー安全保障の中で語られるべきものだと思料します。


03. 管理人さん 2013年9月22日 19:58:39 : Master
カルト板がふさわしいです。カルト板に投稿をお願いできますでしょうか。

なお、管理人の代理と嘘をついた投稿は削除しました。


04. 2013年9月25日 18:57:40 : nJF6kGWndY
>>01 みんな放射線医学等の知識もなく、怪しい「市民団体」や昔からの三里塚活動家シンパの流した「情報」をまるで「真実」のように拡散

ここも、そういうサイトの一つということだな

この世界では珍しいことではない

http://www.naro.affrc.go.jp/org/nfri/topics/R_C.html#a6

これは良くまとまっているが、放射脳患者は、こういう情報は遮断してしまうから、投稿しても、あまり意味は無いだろうw



06. 2013年9月30日 10:52:21 : X8K3Jt2Lhg
>>04
君だって将来被爆してしまう可能性があるんだよ

07. 2013年10月02日 14:20:59 : nJF6kGWndY
>>06 将来被爆してしまう可能性

被爆?

確かに、北朝鮮や中国から核ミサイル攻撃される可能性もあるから否定はしないよ

軍備をしっかりするだけでなく、集団安保など外交努力も重要だな



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > お知らせ・管理21掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > お知らせ・管理21掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧