★阿修羅♪ > 昼休み53 > 387.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
食人の時代は本当に終わったのか?
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/387.html
投稿者 中川隆 日時 2015 年 3 月 24 日 13:15:00: 3bF/xW6Ehzs4I
 

(回答先: 皇族・政治家を中国のハニートラップにかけたプチエンジェル事件の黒幕は小沢一郎だった? 投稿者 中川隆 日時 2015 年 3 月 12 日 15:56:15)

食人(カニバリズム)。食人の時代は本当に終わったのか? 2015-03-24
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20150324T1032180900.html

食人(カニバリズム)という言葉がある。これは、西インド諸島に住む人喰いの風習を持つカリブ族が元になっている。

カリブ族は、欧米では「人喰い人種」として知られているのだが、それがそのままそっくり食人を現す言葉になった。しかし、カリブ族だけではなく、世界の広い範囲でみられる風習だった。

すでに人間の歴史が始まってから、食人はすでに行われていた可能性が高い。

ネアンデルタール人やクロマニョン人も、人間を焼いて食べていたり、脳を食べていたりしていた形跡が遺跡から残っていて、食人があったようだ。

食人の目的は実に多様

人間が食人(カニバリズム)に走る理由はいくつかあって興味深い。通常は「飢えていたからしかたがなく食べた」というのがカニバリズムに対して最初に思い浮かべる内容だと思うが、食人の目的は実に多様である。

・飢餓のための食人
・最初からタブーのない食人
・超人幻想から来る食人
・迷信から来る治療のための食人
・故人に対する愛からの食人
・故人の憎悪から来る食人
・刑罰のための食人(罪人を食べる)
・呪術のための食人
・儀式としての食人
・性的要素のための食人

タブーなき食人は、人喰い人種や中国の食人饗宴を指している。人間を食べるのがタブーではないので、それは習慣的に行われている。

カリブ族では火で炙るくらいの調理だが、中国では食人の料理方法まで残っていておどろおどろしい。

臠 生肉を細かく刻んで食う。
脯 人肉の干物。
羹 人肉の鍋。
醢 人肉の塩辛。

人肉の漬物は孔子の好物だったとか、人間の肝は冷やして食べれば旨いとか、清の時代の宮殿では人肉食がご馳走だったとか、枚挙に暇がない。

中国ではしばしば大飢饉が国を襲ったが、そのときに必ず食人が見られ、しかもそれが堂々と「人肉」として市場で売られてきた歴史がある。

さすがに「四足は机以外は何でも食べる」と言われる中国だけあって、犬でも猿でも何でも食べる。人間を食べてもおかしくはないのだろう。


調理用の猿

中国で犬を食べるのは、別にタブーでも何でもない。江蘇省徐州市では犬肉が名物である。

もちろん、現代の中国では食人は重罪になっているが、それでも闇ではちゃんと食人の伝統が生きており、今でも時おり「食人の痕」が見つかったりしている。

ただし、食人のためには「死んだ人間」を手に入れなければならないのだが、それがなかなか難しいので、闇で主に食されるのは中絶された胎児、あるいは産み捨てられた胎児である。

「食べたい」という需要があるから供給されている。


食人と言えば、パプア・ニューギニアでも文化としての食人が続いていた。フォア族ではクールーという謎の疫病が流行していて、歩行障害が起きたり、身体の震えがとまらなかったりしていた。

その原因が実はブリオン(ヤコブ病)だった。人間の脳や目を食べてクールー病に罹っていたのだった。

人の悪を食べてはいけないというタブーがそこにない。

そういえば、2007年に、パプア・ニューギニアの人喰い人種が、過去にキリスト教宣教師4人を食べたことに対する謝罪が行われて話題になったことがあった。


パプア〜フィジーの先住民族は食人で有名な民族だった。旅行者はしばしば食べられていたが、それはフィクションではない。


かつて中国は、女性の血液から漢方薬を作っていた

カンボジアのポルポト軍はジャングルでゲリラ線を戦っていたとき、殺した相手の内臓を食べていた。これはジャングルで暮らしていた少数民族の伝統で、殺した相手を食べることによって超人化するとう迷信から来ていた。

しかし、ポルポト軍だけではない。アフリカでも、オセアニアの多くの部族は、敵の肉を食べることで、敵の持つ力や勇気を我が物にでき、人肉は超人的な力や能力を産み出すと信じていた。

アフリカと言えば、アミン大統領が食人をしていたという伝説もあって、「食人大統領アミン」という映画までできた。

食べてはいけないものを食べると、何か特別な力、特別な治癒がなされるという考え方は世界中で蔓延っている。

人肉には治療効果があると信じる部族もあった。コロンビアのポジャオ族は、人肉がある種の病気を治す薬になると信じていた。

中国で女性の血液から漢方薬を作り、それが精力剤として使われていた時代もあった。

実際に人肉が何かに「効く」ことがあるのかは科学的に実証されたことはない。「人肉を食べると身体が暖まる」と中国の書物には書かれているが、本当のところは分からない。


呪術としての食人(カニバリズム)

家族や親族を愛するがために、その肉を食べる部族もいたようだ。南米のカパナワ族は、死んだ親族が地中で腐敗していくのが忍びないので、故人を愛する家族はその肉を食べて愛を示した。

これとは逆に、憎むがゆえに食べたというケースもある。昔の中国の武将は、殺した相手を丸焼きにして食べたと言われる。

あるいは文化大革命のときにも粛清した相手を解体して料理し、みんなで食べたという記述もある。

裁きのために、罪人の身体を食べるというケースもある。これはインドネシア・スマトラのバタク族に見られるものだ。

不倫した人間や、近親相姦や裏切り行為を行った者は、刑罰としてその相手に自分の身体を食べられるのである。それも、生きたままだ。

不倫の場合は、妻に浮気された夫が、最初に肉のもっともおいしい部分を食べる権利を持つのだという。その「もっともおいしい部分」というのはどこを指すのか私は知らない。

呪術による儀式殺人というものもある。アフリカのケニア・コンゴ・ギニアの呪術師は、動物の皮をかぶり、人間を襲って血を飲んだり肉を食べたりする。彼らにとっての食肉は悪魔的・呪術的な意味を持っている。

呪術と言えば、死んだ高僧を料理してみんなで食べる儀式があると写真付きで紹介されて物議を醸し出されて真贋が問われる騒ぎもあった。

食人の時代は、本当に終わったのか?

裏側ではまだ細々と食人(カニバリズム)が続いている。

純粋に何でも食べたい中国人のような人種や、飢えてどうしようもない北朝鮮の国民や、人間を食べることに快楽を見出す犯罪者は時おり逮捕されて世の中を驚かせる。

しかし、表向きにはもう人間は人間を食べることはなくなった。これは文明が進歩した証(あかし)なのかもしれない。

いや、それは終わったのだろうか。

かつて、世界中で人間は人間を食べてきたが、それが廃れたのは、現代文明が浸透したからである。その現代文明が崩壊していくのであれば、また「人間のタブー」は蘇ることはないのだろうか。

単に現代は、食料が足りているから「食人を自制しているだけだ」と考えることも可能だ。

今後はさらに世界人口が増えて自然環境が破壊されたり、大戦争のような破壊が起きて極度の食糧不足がやって来るかもしれない。

そのとき、私たちは食人をしなくておられるのだろうか。

もし、「サバイバルとは食人することだ」という時代になったとき、いったいどうすればいいのだろうか。果たして、あなたは生き残れるだろうか?


カリブの食人を描いたもの。単に現代は、食料が足りているから「食人を自制しているだけだ」と考えることも可能だ。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20150324T1032180900.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年3月24日 13:19:00 : b5JdkWvGxs

文 化 大 革 命 当 時 の 中 国


【 無 抵 抗 な 一 般 人 が 人民解放軍や紅衛兵によって虐殺され「食われる」 】


 事件の一端が明らかになったのは、中国・広西省武宣県である。ここだけで「殺され、迫害によって死んだ人間は524人、その内、食われた者は百数十人。

武宣県の食人者は推定1万〜2万人にのぼる」。

ここでは上からの犠牲者割り当てに応じて、走資派や実権派をデツチ上げ、

「まず批判闘争宣言があり、糾弾集会を行い、

その後、人間を殺して、生きているままに人肉を削ぎ、

生きている人間が絶命すると、人間の心臓、肝臓、胆嚢、腎臓、胸肉、骨髄、太もも、足、筋、・・人間の骨肉を切り取り、削ぎ取って、

それを煮たり、揚げたり、炒めたり、そして酒にゆっくりと漬けたりして、さまざまな調理方法で、豊かな献立にしたのである。

また(人肉宴会>では酒を飲み、杯を交わし、論功行賞をした。」、


「こうして食人の嵐がうずを巻き、集会があるごとに闘争があり、闘争があるごとに死者が出て、死者が出れば、かならず食われ、惨劇が繰り広げられたのだ」。


『食人宴席 抹殺された中国現代史』
       鄭義(ツェンイー)著、93.11.25発行 より
http://33m33.blog122.fc2.com/blog-entry-138.html

中国から移民を1000万人も入れると日本は間違い無くこういう社会になりますね:


02. 2015年3月24日 13:19:34 : b5JdkWvGxs

学者芸者 : 2009/4/7 火曜日 at 8:34 PM


食習慣は、民族が置かれた環境で生まれます

塩辛、納豆、梅干、イカ、蛸などは、おいしいのですが外人には食べられないそうです

友人が中国でご馳走になったとき

猫のあんかけ料理と生きたサルの脳ミソだけは、どうしてもだめだったと言ってます

猫のあんかけには頂点に猫の頭が乗っていた、残したら中国人がこんなおいしいものを、と言って全部食べたそうです

サルのほうは、テーブルに穴が開いていて、生きながら頭蓋骨が半分切り取られた脳ミソが剥き出、それをスプーンですくって食べるそうです。サルはキーキー。

お互い、食文化は干渉しないほうがよいと思います


_____


匿名 : 2009/4/10 金曜日 at 10:23 AM

別のソースによれば堕胎した胎児と買われた新生児の両方があるが、新生児の方が食材として圧倒的に人気があり、値段が高いとのこと。

中国では2人目を生むと庶民の年収以上の罰金を科せられるので、金がない家はブローカーに子供を売る。

ブローカーは棒で叩いて新生児をゆっくり殺して、レストランには相対取引で納入する。さすがに市場はないらしい。

なお棒で叩いてゆっくり殺すのは、死ぬ前にアドレナリンが大量に出ると肉が柔らかくなるからだそうだ。長い歴史があるからノウハウが蓄積されている。

「ママ〜、怖いよ〜」赤ちゃんの泣き声が聞こえてきます。

http://rondan.tv/2009/04/07/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E8%82%89%E9%A3%9F/#comment-587

「人食い」と言えば、かつて「未開民族」とされた地域特有の習慣だと思われるかも知れませんが、もちろん、そんなことはありません。例えば、中国は最近まで、人肉食の習慣が残っていたことが分かっています。

唐代(8〜10世紀ごろ)までの記録には、人肉が「両脚羊(ヤンシャオロウ)」、すなわち「両脚で歩く羊」として、かなりの頻度で人肉が食されていたという記述が残されているものがあります。何と、その肉は、飢饉でもない、普通の市場でも売られていたと言いますから、その「文化」の広まり具合が分かりそうです。この習慣は、少なくとも宋代(11〜12世紀)までは続き、その後歴史の陰にひっそりと沈んでいきますが、その後も、時代のはざまはざまに、人肉食はひょっこり顔を出します。

ちなみに、この「両脚羊」は羊や犬よりも一統価値の低いものと見なされ、それに手を出すのは、よほど食べるものに困っている時であると相場が決まってました。
その他に、過去の記録をひもとくと、例えば「史記」には、春秋時代(紀元前7世紀ごろ)の覇者、斉の桓公が、料理人の易牙に勧められて、易牙の息子を食べるという話が出てきます。

「世語」にも、三国時代(3世紀ごろ)に、魏の重臣として名高い程c(ていいく)が、軍の備蓄食糧に「干した人肉」を混ぜたということで、主君の曹操に嫌われた、というエピソードが出てきます。
また、曹操のライバルとして有名な劉備も、人肉を食べたという話が伝えられています。ある日劉安という人物のところに泊まったところ、あいにく彼をもてなす肉がない。そこで、妻を殺してその肉を供した、劉備はそれを知ると、劉安の恩の深さを知り、さめざめと涙を流したというエピソードが巷間に伝わっています。
古代ばかりではありません。何と20世紀になっても、人肉を欲して喰ったという話が伝えられています。有名なのは文化大革命のライバルを襲って食べる、といったできごとでしょう。1966年から1970年の間に、実に6万人もの知識人・文化人をはじめとする「反革命主義者」が殺され、その一部が「革命支持者」の腹に入ったと言うのです(もちろん、公式記録には何も残ってません)。


このとき、頻繁に行われたのが、「凌遅(りょうち)刑」という、人間の肉を足から順に削ぐという処刑方法でした。

人々はこの刑が行われる時、こぞってその周囲に集まり、肉を貰っては食った、とも言われています。


1984年にも、台湾で炭鉱事故に遭い生き残った炭鉱夫が、人間の肉の味についてコメントして大きなニュースとなっています。


「やはり死んだ人間の肉は旨くない。旨いのは生きた人間の肉だ」


21世紀になって、さすがにそのようなあからさまな報告はなくなりましたが、やはり一部では、あくまでも「一般的ではない」という註釈付きですが、料理によっては堕胎後の胎児を食材として使うこともあるようです。

人間の味について語ったものはいくつも見受けられますが、その内容は言う人間によってかなりバラバラです。全体的に臭みが強い上、かなり特殊な方に属する「食材」であるため、宗教観、倫理観、個人の嗜好、飢餓状態によって、かなりバイアスがかかりやすいというのがその理由だと思われます。

ちなみに、実際に食った人の話では、「豚肉のようでとても美味しい」とする人と、「とても食えたものではない、非常に不味い」といった二つに大別できるようです。


パーツ別に見れば、人間は眼の周りが一番旨いと言われています。特に視神経は珍味中の珍味とされます。

上腕二頭筋や大腿筋(太もも)など、赤身の部分も人気が高いようです。

心臓や肝臓などの内臓や男性器もかなり旨い、という話を聞きます。


逆に人気がないのが乳房とお尻で、どうも脂肪分の多い場所は、水っぽくて、あまり旨くはないようです。

女性器も「人肉食い」の人々にはあんまり人気がありません。
http://homepage3.nifty.com/onion/labo/cannibalism.htm


03. 2015年3月24日 13:32:40 : b5JdkWvGxs

おまけ こっちは日本人の『上品』な食人の例 (僕も食べてみたい)

ニューギニアで旧日本兵が行った残虐


ウエワクの約2百人の集会ではロレンス・イフィンブイさん(70代・男性)が、

「日本兵にブタを持ってこなければ母親を殺すと脅されたので、ブタを工面して持っていくと、日本兵は母親をレイプし、殺しました。

それも胸だけをカットして、ゆでて食べるという方法です。
母は出血多量で死ぬまで、そこに放置されました」

と語った。

「日本兵の宿舎でセックスの相手をさせられました。兵隊の階級には関係なく、多くの人の相手をしました。約10人ぐらいの未婚女性がいましたが、疲れてできないと拒否して殺された者もいる。

第一キャプテンの名はウエハラ、第二はワギモトでした。わたしは幸い宿舎から逃げ出せました。何ヶ月かわからないけど、長い間でした」


というのはウルゥプ村のカミ・ドマラさん。証言する彼女に寄り添う夫は日本軍のケンペイ(憲兵)として働かされ、暴行を受けたという。


すでに被害登録は約6万5000人にのぼるという。ちなみに現在のパプアの人口は390万人。登録者は約60人に1人になる(登録者はニューギニア島東部だけではなくラバウルなど周辺の島々を合わせた数)。

最も多いのは「武器や食料の運搬に駆り出された」約2万6000人だが、


人肉食犠牲者1817人、

胸を切断され死亡した女性19人、

性器を蛮刀でえぐられて殺された女性8人、

強姦されて殺害された女性5164人


など、とても信じられないような数字が並ぶ。


はたして、この被害の実態が被害者側の証言だけで証明できるのだろうか。おもにオーストラリアとアメリカの資料をもとにニューギニア戦線での日本軍の人肉食を検証した著作「知られざる戦争犯罪」のある田中利幸メルボルン大学教員は、

「東京裁判でオーストラリア側が日本軍の人肉食を戦争犯罪として明示したのに、審理からは抜け落ちた。オーストラリアでは、食べられたと見られる自国兵の死体について約100のリポートが出ている。だが、戦闘中なので目撃証言が乏しく、裁判は難しかったようだ。これらの史料に、わずかだが現地の人たちの人肉食被害が出てくる。現地の人たちについては集落のなかでの出来事なので、むしろ目撃者は多かったのでは」

と指摘する。
http://www.midori-kikaku.com/mariko/j-ist01.html


04. 2015年3月24日 18:17:39 : b5JdkWvGxs

cannibals roasting a girl for dinner
http://www.heavy-r.com/video/115709/Cannibals_roasting_a_girl_for_dinner/

5. 2015年11月21日 20:34:13 : FxUcssE0UQ
ところで中川

これについて何か知ってるか?

いじめを受けて「おいしい牛乳をありがとうございます」と言わされてた中学生女子
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1447699330/


6. 2015年11月22日 00:12:31 : FxUcssE0UQ
ところで中川

これについて何か知ってんの?

旭川女子中学生集団暴行事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E5%B7%9D%E5%A5%B3%E5%AD%90%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E7%94%9F%E9%9B%86%E5%9B%A3%E6%9A%B4%E8%A1%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6


7. 中川隆[-7781] koaQ7Jey 2017年5月03日 07:29:05 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

阿修羅管理人に投稿・コメント禁止にされましたので、本日をもってこのスレは閉鎖します

参考に、僕が阿修羅原発板で反原発派の嘘とデマを明らかにした為に、阿修羅で投稿・コメント禁止にされた経緯を纏めました:

これが阿修羅に巣食う電通工作員
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/603.html#c73


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 昼休み53掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
昼休み53掲示板  
次へ