★阿修羅♪ > 昼休み53 > 691.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
獄中結婚!小太り・40歳・拘置所生活・でありながらまだモテ続ける木嶋佳苗被告の驚異の女子力
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/691.html
投稿者 中川隆 日時 2017 年 3 月 20 日 19:24:47: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

(回答先: 女子高生コンクリート詰め殺人事件 投稿者 中川隆 日時 2016 年 3 月 17 日 07:43:00)

木嶋佳苗 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%9C%A8%E5%B6%8B%E4%BD%B3%E8%8B%97

女詐欺師!木嶋佳苗!画像徹底的に集めてみました!
http://ameblo.jp/yotteba/entry-10433791641.html


獄中結婚!小太り・40歳・拘置所生活・でありながらまだモテ続ける木嶋佳苗被告の驚異の女子力
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1142719025088044601


世間の20代・30代独身女性が婚活に挑むもなかなか結婚できないと嘆く昨今。

かたや40代になり、死刑判決を受け、拘置所生活になりながらもまだまだモテ続け、ついには獄中結婚までしてしまった木嶋佳苗被告。そのモテる秘訣はなんなんでしょう。

世間の20代・30代独身女性が婚活に挑むもなかなか結婚できないと嘆く昨今。かたや40代になり、世間に「悪女」であることをさんざんののしられ、死刑判決を受け(上告中)、拘置所生活になりながらもまだまだモテ続け、ついには獄中結婚までしてしまった木嶋佳苗被告。そのモテる秘訣はなんなんでしょう。

出典:http://www.logsoku.com/r/2ch.net/poverty/1394633030/


拘置所に入ってからも男性支援者は増え続け、ついに獄中結婚まで果たすモテっぷり



交際していた男性3人を殺害したなどとして、一審、二審で死刑判決を受けている(現在、上告中)木嶋佳苗被告(40)が、3月初めに獄中結婚した。


出典:http://jisin.jp/news/2674/8451/


相手は、東京都内の不動産会社に勤めている60代のサラリーマン・Aさん。支援者の1人だった人物だ。妻には先立たれ、木嶋被告とそれほど年齢の違わない息子と娘がいる。あと、2〜3年で定年を迎えるそうだが、スポーツ好きで「体を鍛えるのが趣味」(木嶋被告談)、性格は明るく社交的らしい。


出典:http://jisin.jp/news/2674/8451/


実際に拘置所で会った佳苗さんは、礼儀正しく、気品のある女性でした。彼女は予想外に気さくで、いつまでも話していたいと思わせる、魅力的な人です。

出典:ペリカンさんの手記(支援者手記リレー#2) : 木嶋佳苗の拘置所日記

結婚されたかたとは別の支援者の男性


あんな面白い裁判見たこと無いよ。木嶋佳苗ってスゴイよ。こんなに騒がれてるのに全然動じないんだ。1日中平常心。仕草は上品で、ゆっくり喋る声は可愛いし。手錠をかける時まで物腰が優雅でさ。弁護士や拘置所の職員と話す時の表情は優しくて、何か魅力的なんだよね。

出典:ペリカンさんの手記(支援者手記リレー#2) : 木嶋佳苗の拘置所日記

裁判を傍聴した若い男性の感想


マスコミなどでみかける過激なバッシングや罵倒などとは違い、実際に会った男性たちからは魅力的だという感想もあるみたいです。裁判になっている事件当時も多くの男性から好意を寄せられてるモテモテな状態でしたが、逮捕後もモテまくりのようです。

出典:http://newscatch.exblog.jp/12906964/

婚活がうまくいかず苦しむアラサーアラフォー世代女子は「なぜ私が結婚できないのにあの人が!」


なんで、こんなブスに彼ができて私に出来ないの??

出典:木嶋佳苗被告(40) 獄中結婚していた!! 夫に「週1面会」おねだりも : 2ろぐちゃんねる -2chまとめブログ


この人より可愛くて料理もうまくて
優しい、婚活してる30代の女いっぱいいるのに…

出典:【話題】木嶋佳苗被告(40) 獄中結婚していた!! 夫に「週1面会」おねだりも | ログ速@2ちゃんねる(sc)

出典:http://jiken.is-mine.net/2009shutoken/photo/Kijima5.jpg

驚異の女子力!モテる理由はなんなのか


仕草は上品で、ゆっくり喋る声は可愛いし。妹や彼氏に送ったメールも丁寧語だよ。演技じゃなく、素が真面目なお嬢様っぽい。俺さ、抽選外れた日に他の法廷で傍聴して女の被告人を見たんだけど、びっくりしたよ。スウェット上下に髪の毛ボッサボサ、肌は荒れて女らしさなんて微塵もない。姿勢は悪いし、話し方もバカっぽいし、同じ拘置所に勾留されてる被告人と比べると、木嶋佳苗がいかにきちんとしてるかよくわかった。

出典:ペリカンさんの手記(支援者手記リレー#2) : 木嶋佳苗の拘置所日記

マスコミなどの容姿にまつわるひどい言われ方と比べると、実際の会った人が持つ感想は、仕草や佇まいが上品で、姿勢が良くきちんとして良い印象のようです。


顔だちがきれいでも髪型がなってない女と、顔はいまいちでも髪型がバッチリ決まってる女とでは、けっこうな確率で後者に軍杯があがります。
佳苗は見ての通り巻き髪派でしたし、しかも、公判の昼休憩中にまでわざわざ巻き直すという女子力の高さを見せつけてくれました。

出典:http://nikusyoku.jp/?p=4936

どんなときも身だしなみを整えるようなところも女子力が高いようです。


可能な限り美しく。メールも漢字とひらがなを適度にまぜた上品なものにする。
間違っても「クソワロタwww」などという文章を書いてはならない。
この点、調べてもらえればわかりますが、佳苗は話し言葉も書き言葉もため息が出るほど完璧です。

出典:http://nikusyoku.jp/?p=4936

言葉遣いも大事なようです。拘置所内の木嶋佳苗被告と手紙をやり取りするうちに魅力を感じ支援者となった方もいるようです。

出典:http://blog.livedoor.jp/kijimakanae/

こちら直筆のお手紙のようです。
縦書きのはがきは古風な女性らしい感じがしますよね。
字も綺麗で文章も丁寧です。

木嶋被告は容姿がすぐれていないことでまず、男性に信用されやすい。男性からすれば、自分だけが彼女のよさを知っているということになります。

出典:http://jisin.jp/news/2528/3557/

「なぜあんな容姿なのに?」という意見も多い中、実は「美人でないこと」がモテる要素の一つになっていることも?

出典:http://ameblo.jp/woman-mother/entry-11224439875.html

肌は真っ白だし、唇はツヤツヤだし、髪は整ってるし、2年以上も勾留されていた女性とは思えないオーラがある。

出典:ペリカンさんの手記(支援者手記リレー#2) : 木嶋佳苗の拘置所日記

肌ツヤや髪型など、どんなときにもブレない女子力!やつれない!

負けるな!婚活女性!



逮捕直後はそのモテっぷりに「料理がとても上手だからモテんだろう」「よっぽどの名器に違いない」と勝手な憶測も飛び交っていたようです。

しかし逮捕後の拘置所生活でも、手紙のやりとりや少ない面会だけでどんどん男性支援者が増えていったとなると、これらの武器も使えないはずです。

逮捕後、被告は「殺人」については認めていないものの、複数の男性と付き合いがあり、金銭的な支援も受けていたこと、男性との付き合い方について問題があったことなどは認めています。
いわゆる二股をかける・金銭目的で近づくなどの意味の「悪女」であることは認めているのです。多くの男性がだまされた理由として「ブスだからモテるはずないと油断したんだ」というような言われ方もしていたようですが、逮捕後は「悪女」であることは知っていたはずです。

やはり驚異の女子力がそうさせたのでしょう。
写真で見るのではわからないたたずまい気品、そして文章や話すときの言葉づかいなどが大事なようです。


婚活がうまくいかないと嘆いてるかたがたも
・私はブスだからだ
・もうアラサー・アラフォーだし・・・もう若くないからだ
・太っているからだ
・相手の年収を気にしているからだ、だからと言って相手を養う年収もない

と、だからうまくいかないんだ、どうしようもない理由だから、と自分に言い訳をしていませんか?諦めていませんか?


姿勢、たたずまい、言葉づかい、髪や肌のお手入れ、
まだまだできることがありそうですよね。
「なんであんな人が!くやしー!」とか言ってないで、
むしろ励まされていると思って、参考にして取り入れて前に進んでみましょう!!

がんばれ!婚活女子!
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1142719025088044601/page_2#auto


木嶋佳苗の拘置所日記
http://blog.livedoor.jp/kijimakanae/

木嶋佳苗が獄中結婚した夫(旦那)とブログ「拘置所日記」がヤバい ZOOT
http://zoot.blue/news20161104-3/


【閲覧注意】死刑判決を受けた木嶋佳苗のブログがマジでヤバイ・・・・
http://college2ch.blomaga.jp/articles/110127.html


獄中結婚!小太り・40歳・拘置所生活・でありながらまだモテ続ける木嶋佳苗被告の驚異の女子力
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1142719025088044601/page_2#auto

ナルシスト雌ブタ死刑囚「木嶋佳苗」の拘置所日記ブログが超不快な内容。獄中結婚...

ID非公開さん 2015/3/28 19:38:22


ナルシスト雌ブタ死刑囚「木嶋佳苗」の拘置所日記ブログが超不快な内容。
獄中結婚もしたし、早くこのブタを死刑にしてくれ。

最近、木嶋佳苗が拘置所日記ブログというのを持っていることや、
3月上旬に獄中結婚をしたことなどを知りました。


HPを持っている死刑囚は木嶋(ブタ)だけじゃないとは知っており、
他の死刑囚のHPは多少目を通していたのですが、
こんなに読んでて腹が立つ死刑囚ブログは木嶋のブログが初めてでした。


私はちゃんと全部目を通してはいないのですが…
木嶋ブタの日記ブログをちらっと読んだら、こんな内容が…


【木嶋佳苗死刑囚の日記ブログ内容】

・「拘置所では植物石鹸しか買えないのですが…」
とかではじまり、
石鹸についてダラダラと長文とどうでもいい話が書かれている。

・「美味しいココアが飲みたいんですけど…
薄いココアなんて不味くて飲みたくないじゃないですか?」
とか書いてあって、飲み物のことで超長文でダラダラ書いてある。

・「○○くんに、サンドイッチを差し入れしてもらいました!おいしかった。」
とか、食い物のことが長文でズラズラ書いてある。

・「○○くんに、ダイエットの本を差し入れしてもらいました〜」

・「○○くん、私のこと好きになっちゃったみたいで、
奥さんが嫉妬してるみたい」
とか書いてある。
なんか、自分がモテている妄想が長文でずらずら書かれている。


彼女の日記に被害者に対する反省の気持ちは全然書かれてない。異性のこと、飲食のこと石鹸がどうとか…そんなんばっか。読んでいて不快になると同時に、「木嶋豚は、生まれながらの精神異常者?」とも思うようになった。


木嶋豚と獄中結婚した男(60代)も、一体何を考えているのか?


木嶋に反省を促したいと思って結婚したとしても、木嶋にとっては、

「ああ、私って罪な女ね!
牢屋に入って、この魅力的なボディや性の奥義を使わなくても、
私はこんなにモテちゃうわけ!?」

と、のぼせるだけでしかないと思うのだが…


木嶋みたいな自分のことを貴族のお嬢様か姫と
勘違いしてる、壊れたナルシスト殺人女は、
拘置所の中で全裸で過ごさせ、家畜みたいな扱いにして、
たまに看守が水でもぶっかけてやればいいのにと思ってしまうのですが…


補足

人を3人も殺してる女が、獄中で自分はまだモテているというアピールを続けていたり、
「美味しいココアを…」とか、 「○○くんに、またサンドイッチを差し入れてもらおう!」とか言って、 無反省で過ごしてるって、どう思いますか?


木嶋佳苗の日記ブログ
http://blog.livedoor.jp/kijimakanae/


死刑囚が本を出すのを禁止したり、サイトを持つことを禁止させることはできないと思うので、どうしようもないんですかね…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13143689153


木嶋佳苗の生い立ちと現在!ブログの拘置所日記は誰が投稿している? 


11月4日放送の金曜プレミアムは「追跡!平成オンナの大事件」と題して、2009年
に発覚した「首都圏連続不審死事件」を取り上げる。


被告の木嶋佳苗(41)は東京都、千葉県、埼玉県などの男性とインターネットで知り合い、1億円以上の金を騙し取った。その男性たちが不審な死を遂げていったことから事件が判明。


木嶋被告は練炭を燃焼させ、男性たちを「あやめた」として逮捕。多数の罪で起訴され、一審、二審で死刑判決、控訴は棄却され、現在は最高裁に上告中の身だ。


さらに木嶋被告は2015年3月初めに獄中結婚。相手は、東京都内の不動産会社に勤め
る60代の会社員で支援者の1人だった人物である。


拘置所に居るにも関わらず、2014年1月にブログ「拘置所日記」を開設してネット上に衝撃をもたらした木嶋被告。


番組では木嶋被告の生い立ちとしてどんな少女時代を北海道・別海町で過ごしていた
のか。

東京で「吉川桜」という偽名を使い、なぜ嘘をついてまで男性たちと付き合っていたのか。
取材により浮き彫りになったのは意外な素顔だという。

木嶋佳苗の生い立ちと現在!


インターネットの出会い系や婚活サイトで知り合った男性に対し、練炭を燃焼させ、自害
に見せかけて逮捕された木嶋佳苗被告だが、どのような少女時代を過ごしていたのか、
その生い立ちについて迫ってみようと思う。


木嶋被告は1974年11月27日、北海道東部の中標津町生まれ。小学校に入学してすぐに隣町の別海町に引っ越し、高校まで北海道別海町で育った。


木嶋被告は4人きょうだいの長女で、下に弟と2人の妹がいる。父親は行政書士、母親はピアノ講師。父親は2005年に他界している。


木嶋家は代々「有力者の家」として知られ、裕福な家庭で育ったことからも中学時代の
成績はトップクラス。高校に入るまで自宅にはテレビがなく、本をたくさん読んでいたと
いう。


ピアノを習い、コンクールで賞を取ったこともあったという木嶋被告は、貧しい酪農家の
息子や娘ばかりの別海にあって、やはり特別な目で見られてしまうことがあったそうだ。


別海高校時代のあだ名は「キジカナ」。家庭が裕福なこともあり、財布にはいつも万札が入っている」と言われていた木嶋被告は、ボランティア・サークルに所属し、老人
ホームや障がい者施設でボランティア活動を熱心に行うようになった。


だが、その一方で、性にまつわる噂は高校時代も絶えなかった。「ヤバいことをして
いる」といった噂が広がっていたという。


同級生の女子生徒は、木嶋被告に「私、この人とつきあってるんだ」といって、彼氏の写真を見せられたそうだが、それは何と40代くらいの頭のハゲたおじさんだったので驚いたといっている。


木嶋被告は公判のなかで、高校2年のときに40代の男性と初体験を済ませたことを明かしている。さらに、この交際男性に指示されて、知り合いの家から通帳と印鑑を持ち出し、800万円の窃盗に協力。事件の共犯として保護観察処分を受けていたことも公判で明らかになった。
 

裕福な家庭で育った生い立ちを持つ木嶋佳苗被告だが、このころから人生の歯車が狂い始
めたようだ。


そして、現在の木嶋被告はというと、支援者の60代男性と2015年3月初めに獄中
結婚している。


そもそもの馴れ初めは手紙だといい、まだ木嶋被告がさいたま拘置支所にいた2013
年に初めて手紙が届いた。その後、10回ほど手紙をやり取りして結婚。

木嶋被告は、「妻」になってからは目に見える景色も変わり、毎日がとても新鮮だと
いう。


結婚相手の男性は妻に先立たれ、木嶋被告とそれほど年齢の変わらない息子と娘がいる。
あと、2、3年で定年を迎えるそうだが、スポーツ好きで体を鍛えるのが趣味。性格は
明るくて社交的らしい。


婚姻届を2月の後半に提出。3月2日に認められ、東京拘置所では「木嶋」と結婚後の姓のどちらを使っても不便がないよう3月10日、裁判所にて認められた。

木嶋佳苗 ブログの拘置所日記は誰が投稿している?


一審、二審で死刑判決が下され、その上に控訴は棄却。現在は最高裁に上告中の木嶋佳苗被告は、2014年1月にブログ「拘置所日記」を開設した。


「木嶋佳苗の拘置所日記」と題したブログには4000文字以上と長文で投稿。 内容は
食事や外部交通といった拘置所内での話が中心で、ユーモアを織り交ぜながら、死刑
判決を受けた人物とは思えないほど穏やかな調子で書かれている。


ブログを管理していたのは、このころ木嶋被告を支援していた男性。男性のことを「おじさま」と呼び、「お鮨好きのおじさまは、私の原稿をパソコンで打ち込むのが面倒で、お金を払って人に頼んでるの。

私そのものがエンターテインメントだから文句言わない。彼は、お金払ってワハハー
って笑ってる。私は、こういう人が好き」と紹介している。


やはり、ブログの記事でも目立つのは、支援してくれる男性たちの話だ。たとえば、2月
16日に公開された記事では、自身が世話になった9人の男性弁護士に触れたうえで、
「私の人生は、ずっと男性に支えられてきました」とつづっている。


ブログでは、「本音のさらにその奥にある本心のようなものを伝えていきたい」と考え
ていることを明かしていた。
 

あんな事件を起こしながらもブログの開設にネットでは賛否の声が上がっている。

「拘置所日記」のコメント欄にはさっそく多くの声が寄せられ、「この図太さってどんなふうになると出来上がるんだろうか?」「救いのようのない自己顕示欲の塊です」と批判的な意見が目立つ。


だがツイッターでは、批判的な意見に加えて「林真理子みたいなエッセイ本出したら売れ
そう」「変な作家の文章より全然いい。思わず全記事読んでしまった」「これなら男に
モテるのは分かる」と評価する意見も多々寄せられている。


結婚やブログは獄中にあっても、もちろん自由だ。しかし、木嶋被告はいまだ決着の
ついていない事件の裁判の渦中にある身。
被害者遺族の心情を慮れば、不謹慎極まりないだろう。
http://sunhouse.blog.so-net.ne.jp/2016-11-03-1

デブ専体験談 2015-10-15

体重113キロの人妻「さなえ」さんプロフィール

•名前〜さなえ
•年齢〜34歳
•身長〜150センチ台
•体重〜113キロ
•おっぱいサイズ〜Gカップ
•お尻〜ちょい貧尻
•黒ずみ〜消炭色
•体臭〜無臭に近い
•顔面レベル〜顔がパンパン

体の隅々まで長時間舐めて愛撫されたい願望がある、体重113キロのデブな人妻さん。デブ専じゃない旦那と結婚後すぐにセックスレスになって、オナニーだけじゃ欲求不満が全く解消されず出会い系デビュー。

10歳以上年上のドSな変態デブ専紳士に快感調教を受けているドMな一面もある、すんげーエッチなデブ人妻さんです。

●さなえさんが利用している出会い系サイト⇒ミントCJメール ⇒PC★MAX

●初心者は絶対読んで!⇒出会いを楽しめるための記事まとめ


デブ専ブログを運営しているならでは裏技的出会いとでも言いましょうか察して下さい^^;

Hな事に積極的すぎるデブ人妻さん

ラブホテルのタッチパネルをポチっと押してエレベーターに乗ると、贅肉がたくさん付いたムニュムニュした手でニコニコしながらチンコを揉み始めるさなえさん。

気の知れた仲なら、こういうエッチな事をやってくれるおデブちゃんがたまにいるんですが、こういう不意打ち的なエロい事って喜ぶ男性が多いと思うので、パートナーがいる女性は是非やってみて下さい!

脂肪がいっぱいついて赤ちゃんみたいな柔らかい手でチンコを揉まれながら入室すると、ジーパンの中に手を突っ込んできて直にチンコをマッサージしてくるエロすぎるデブ人妻。

電話した時に、「とにかくチンチンが大好きで、触るのもしゃぶるのも大好き〜」なんて言ってたけど、揉んで勃起すると手コキになって、力加減とか絶妙で手コキでここまで気持ちいいならかなりフェラに期待できそうです。

「もうしゃぶっても大丈夫?」

「洗わなくてもいいの?たぶん臭いと思うけどなぁ」

フル勃起して、テッカテカに光った亀頭を眺めると、シュファーっと口の中へと吸い込まれる亀頭。

ニコニコしながらチンコを握って「可愛い」とか、嬉しそうにしゃぶり始めるさなえさん。

ジュルジュルジュルジュル、すんげーエロいフェラ音が部屋に響き渡ってます。

激しいのとねっとりしたのを繰り返して、ホテルに入ってからすぐ始まってもう20分くらい咥えっぱなしなんですけどーw

出そうになってチンコがビクンと脈を打つとフェラがゆっくりになるから、出そうになるのわかって緩急つけてるんだろうなぁ。

立ってられないくらいジュルジュルってチンコを吸われて、まだ113キロのデブボディーにほぼ触れてもいないうちに発射しそうーーーー。

「ちょちょちょ もう出そうだから一旦ストップ〜」

「ジュル プチュ ピチャピチャ」

「まじでもう出ちゃうって〜、いいのいいの?出すよ!」

射精モードに入って、もう出るって時に焦らそうとしたのか口を離されて、すんげー勢いで大量の精子を顔射してしまった・・・・。

男は射精中もある程度の摩擦は欲しいから、何もしないでドクドク出てるだけで快感的にはちょい微妙な感じ。

「ティッシュ持ってくるから待ってて」

ティッシュを取って戻り、精子でドロドロになった口の周りを拭いてあげようとすると、あれだけついてた白い液体が綺麗になってるって・・・・・飲んだのね^^;

凄いエロいおデブちゃんだなとは思ったけど、初めて会ってHする男性の精子を飲み干しちゃうって・・・・あはは〜。

フェラはマジで最高だった!でも一回出しちゃってすっきりモードになってしまって、ムラムラした気持ちで体中舐めたかったので、一回目を大事にしたい僕としてはちょい残念。

賢者タイムが終わってまた復活するまで、デブ人妻さんの113キロボディーを楽しもうと裸になってもらいじっくり観察する。

僕の想像をはるかに上回る、デブ人妻の淫乱具合が凄い

ベットの上で素っ裸なデブ人妻さん。ソファーの上から、「こんな格好してみて」って僕のお願いにもノリよくやってくれて、みるみる元気になっていくチンコ。

写真撮ってもOKって言われたんで撮って来ればよかったんだけど、プレイ最中は興奮でそんな事すっかり忘れてましたw

色々拾い画像を使いながらご説明しますと。

デブの四つん這い

まずは四つん這いになってもらうと、体重が113キロの割りにお尻が日本人系とでもいいましょうか貧相な感じ。でもですね、先ほどのフェラで興奮したのかはっきりビチョビチョなのがわかるくらい割れ目が光ってて、綺麗に舐めてあげたいって思いました^^

股を開くデブ人妻

そして正面から股を開いてもらうと、黒ずんだ股の間にビッチョビチョに濡れた肉付き豊かなデブマンコ。

手で割れ目を開いてもらおうとすると、お腹に贅肉が邪魔で悪戦苦闘しながら、なんとか割れ目をパカっと開いて見せてくれるノリの良さ!

「オナニー大好きって言ってたよね?その体勢で触れる?」

「いっつもおもちゃ使ってて、指じゃあんまりしないけどちょっとやってみるね」

すんげー興奮するぅ〜〜。

テッカテカに光る割れ目に、極太の指が入り込んでクリトリスをスリスリしだす。

「興奮する?」

「これやっべーわw」

「はぁ〜気持ちよくなってきちゃった。。。。後でいっぱい舐めてくれるんでしょう?」

オナニーするデブ人妻

ここまで本気オナニーに発展すると思ってなかったから、グッチャグチャ激しくクリトリスを触りだす人妻さんの割れ目に見入ってしまう。

ガチでやってくれる女性ならオナニー鑑賞アリですね!!

バチャバチャバチャ〜ってすんげー音鳴ってるし。

興奮しすぎて我慢できなくなって、割れ目に近づいていってまずは深呼吸でメスの香りを堪能。

ちょっとおしっこの匂いがする程度で、モワっとした湿気だけで臭くはない。目の前でグッチュグチュクリトリスを擦る指をまずはペロっと舐めてみる。

少しだけドロっとした液が舌に絡んで、薄いオシッコの匂いなりの味が口の中に広がる。

「舐めるから両手で広げて」

パカっと広がってかなり充血しているマンコさん。

ここまできて焦らしながら舐めるのもなぁって思ったんで、初っ端からクリトリスを口に含んで舌でブルンブルン転がすと、びっくんびっくん体の反応もいいし叫び声みたいな大きな喘ぎ声もたまんねー。

オナニーでイク直前までいってたのか、5分くらいクリトリスを舐めたところで「あぁ〜イックイックイクイク〜」。

叫び声とともに体をガックガクさせて、ついでみ贅肉もブルンブルン揺らせながらクリイキするデブ人妻。

その時は気付かなかったんだけど、たっぷりおしっこ漏らしちゃってるしw

一旦お風呂でリフレッシュして、淫乱すぎる人妻さんとセックススタート。

過去会ったデブ女性の中で最高クラスの騎乗位

お風呂でさっぱりして、お互いのアソコを触るだけでボケ〜と1時間くらい経過した頃に、めっちゃクンニしたくなってきて、太股に顔を突っ込もうとすると

「一回挿れて欲しいんだけどいい?」

そういうと、僕の股間に顔を密着させてジュッポジュッポチンコをしゃぶりはじめる。

フル勃起して、これ以上吸われたら発射してしまう〜くらいの直前でゴムを装着して、113キロの超柔らか〜い体に覆いかぶさる形で、まずは正常位から。

肉質が凄く柔らかいおデブちゃんで、チンコの快感より抱きしめてると時のムニュムニュ感が幸せすぎる〜。

「重さを感じながら騎乗位するの好きって言ってたよね?」

あれいったっけ?

まぁいいやって事で上に乗ってもらう。おデブちゃんの騎乗位はチンコを折られそうで恐いとは思ってるけど・・・・いったかなぁ。

ゆっくり僕のチンコに跨るデブ人妻さん。

跨る時に一度体勢を崩してるんで、やっぱりちょっと恐い・・・・。

チンコの根元を掴んで穴の位置を確かめてる時も、体勢崩しちゃってて折られそーーーー><

なんとかニュルッと挿入されて、チンコの長さを確かめるように腰を振るさなえさん。

下半身にずっしり重みを感じてて、そこは気持ちいいんだけど。。。。。

ゆ〜っくりゆ〜っくり腰を振って、だんだん早く早く・・・・・。

いつ抜けて113キロの体重がチンコを潰すかわからないので、ビクビクしながら見守る。

「はぁはぁ 気持ちいーー」

クッチュクッチュどんだけ濡れてるんだってくらい、結合部分からエロい音が!!

あまり無理をしていない腰使いで、しっかり摩擦感もあっていい感じ。

抜ける時に肉厚なアソコの中がギュッと締まってめちゃくちゃ気持ちいい〜。

「うわ〜ん もうすっごい〜はぁはぁ」

チンコの先が子宮口と思われるゴリゴリした部分にあたる度に、アソコの中ギューーーって凄い力で収縮sる。

「あっ これ中でイケる子だ!」

明らかに子宮口に亀頭をぶつけるように腰を振っていて、それに合わせて下からズンと突くと快感からなのか体がグニュグニュしちゃうさなえさん。

キューキュー締まるアソコに、どんどん射精感がこみ上げてくる。

「出しちゃっていい?」

ヘロヘロになって返事もせずに首を振って頷く。

最後は下から、子宮口と思われるゴリゴリした部分がガン突きしまくって発射〜。

二人ともヘトヘトで、騎乗位でチンコを突っ込んだまましばらく抱き合う。

「凄い気持ちよかったぁ」と目に涙をいっぱい溜めながら、セックスの余韻を楽しむさなえさん。

てっきり中でいったんだと思って、「中イキできるの?」って聞いて見たら、よくわからないみたいですw

でも、あの感じっぷりといいマンコの中の筋肉の収縮といい中イキできるおデブちゃんだとは思うんですけどね。

気付いたらデブ人妻さんが、帰らなきゃダメな時間ギリギリだったのでパパッと用意をして解散。

今回は裏技的な出会いなので、次に会うかどうかはわかりませんが気持ちよかったぁ。

本人は中イキわからないみたいな事を言っていたけど、あのエロさは快感を知ってる女のエロさでした^^

あっちなみに、この体験談だけ見たらいかにも僕がセックス上手みたいに見えちゃうんですが、中での快感や女の悦びを知っている女性なら、僕が頑張らなくても自分で楽しんでくれるので大抵こんな感じです。

●さなえさんが利用している出会い系サイト⇒ミントCJメール ⇒PC★MAX

●他の体験談を見る⇒デブ専管理人のHな出会い体験談まとめ


関連記事一覧

豊満な人妻のお尻出会い系で会ったおっぱいもお尻も大きな、豊満人妻さんとセックス。 出会い系のHなデブ女子体の隅々まで舐めてくれる奉仕好きなおデブちゃんとの、汗ぐっしょりで交わったHな体験談。 ワキガなおデブちゃんデブ専でワキガやスソガが好きな体臭フェチだけが興奮できるHな体験談。 クンニ大好きなおデブちゃんクンニで失神しそうなくらい何度もイキまくる、巨尻なおデブちゃんHな体験談。
2015年10月01日 | カテゴリ: デブ女性とHな体験談 |
タグ: ミケポ, ミントCJメール, 人妻, H目的

強烈な体臭を持つ女性なら日本人に拘らなく欧米の肉食(肉が主食の方の)女性から募っては如何でしょうか。肉が主食な人程体臭がきついと聞きますから。かの楊貴妃は漢民族ではなくペルシャ系のデブ女性だったとききます。そしてその体臭に魅了された玄宗皇帝が彼女を寵愛し名君の名を落とすまで入れ込んだらしいですよ。現在ならもっとデブで臭いの強い女性は数多くいますからそちらでお嫁さん探されては?フランス人は名立たる「風呂嫌い」で肉食に加えチーズなどの乳製品好きだから臭いのきつい女性も期待できると思います。東京なら結構外国人と接する機会や場所もあるでしょうから試されては如何ですか?


食生活からくる強烈な体臭は実は苦手でして^^;
とにかく腋臭とスソ臭フェチなんです!そういった面でも腋臭率100%の黒人さんや、80%の欧米のデブ女子と一緒になるのが一番なのですが、肌の質感だと日本人だったり、ほんとめんどくさい性癖なんです・・・・・。

そういう機会もあるにはあったのですが、やっぱり目の前にすると動画で見ているのと違って壁を感じちゃうんですよね。
http://blog.goo.ne.jp/kimutamako1212/e/41921ce0ef436de9208f83d19f7fb4b0?fm=entry_awp_sleep

「私は名器」堂々と言い放った魔性の女・木嶋佳苗死刑囚から見えてくるもの

鈴木ナナ/studio woofoo 2015-05-21 20:00:00

2009年に発覚した結婚詐欺・連続不審死事件をご存知でしょうか? 

木嶋佳苗死刑囚に金を貢いできた男性が次々と不審死を遂げたことから発覚したこの事件は、婚活を利用して計画されたこともあり、「婚活殺人事件」と呼ばれることもあります。木嶋佳苗死刑囚に金を貢いだ男性ははなんと約30人にものぼるのだそう。

率直に言って、「この女性が結婚詐欺師?」と目を疑ってしまうほど、木嶋佳苗死刑囚の風貌はかなり厳しいもの。にもかかわらず、男性たちがこの女性に心を奪われ、お金を貢ぎたくなったのはなぜでしょうか?


ポイント1:相手選びが一番肝心

木嶋佳苗は相手選びの目利きが優れていたようです。だまされる人というのは、共通点があります。恋愛経験が少ない人です。女性と関わってきた経験が少ない場合、ちょっとした褒め言葉をかけてもらったり、優しくされたりすると、(相手女性がどんな風貌であれ)その女性を魅力的であると感じてしまうのでしょう。


ポイント2:この風貌だからこそ

恋愛経験の少ない男性が、もしも突然美女から声をかけられたら、かえって引いてしまうはず。「何か裏があるに違いない」と、容易には受け入れなかったでしょう。木嶋佳苗は、この点では相手に安心感を与えることができました。また外見的な欠点をカバーするべく自分磨きにも熱心で、きちんとした服装や髪形を心がけ、常に身だしなみには気を遣っています。

風貌に自信のない女性に陥りがちの、「どうせ私なんて」と卑屈になることは一切ありません。むしろ、相手男性を見下していたと言われており、その不遜な態度は、見方を変えれば自信があるようにも見えたはず。恋愛経験があまりない男性にしてみれば、そこに母性のような安心感を得たのではないでしょうか。


ポイント3:特技を生かす

木嶋佳苗の凄さは、自分の特技や長所を最大限生かそうとしたところです。どんなに不美人だったとしても、諦めないしたたかさ。これは大事ですね。

彼女の公判を聞いていて多くの人が口にした「信じられないくらいカワイイ声の持ち主」という点。見た目からは想像もつかない素敵な声を発する上に、言葉遣いや立ち居振る舞いも徹底的に勉強したのだそう。第一印象でドンと点数を下げておき、話すたびに動くたびに評価が上がっていくわけです。これぞギャップ萌えの最たるところ。美しい文字を書き、相手によって言葉を使い分けるなど、徹底して相手を気持ちよくさせる術を磨いたのです。


また、木嶋佳苗は驚くことに、自ら「名器」であるという告白をしています。
本人が自ら発した「具体的には…(セックスの際)テクニックよりも本来持っている“機能”が高い」というコメント(週刊実話より)。そのコメントからは本人の自信をうかがい知ることができるのではないでしょうか。

(ある程度トレーニングなどでなんとかなるとしても)持って生まれた体質というか、才能というか、こればかりは何とも言えません。しかしそこでスゴイと思うのは、名器であるという事実だけではなく、それを惜しげもなく自慢するという点なんです。木嶋佳苗の風貌から想像もつかないのですが、その声や立ち居振る舞いによって「本当かも?」とかすかに信ぴょう性が増してきます。それを、実際に相手男性に対してアピールしていたため、「一度でいいから試してみたい」という気にさせる。「私は名器の持ち主なんです」と、言えてしまうところはまさに魔性の女。


ポイント4:料理の腕がホンモノ

有名な料理学校を卒業した木嶋は、その料理の腕前も相当なものだったと言われています。俗にいう「胃袋を掴む」ということですが、その料理を今でも思い出しては食べたくなると語るのは、逮捕直前まで同居していた同居人。今でこそジャンクフードを好む男性や食の細い男性が増えているかもしれませんが、木嶋がターゲットにしていたのは年配ばかり。手料理がツボにハマる世代を、やはりあえて選んでいたのでしょうか。

これらを総合すると、木嶋佳苗に魅了されるにはそれなりの理由があったわけです。恋を諦めている女性にとっては、少し学べる部分があるのではないでしょうか。

少なくとも(目的はどうであれ)木嶋佳苗は百戦錬磨の恋の達人であり、よくも悪くも人をその気にさせるのがうまかったということなのかもしれません。
(鈴木ナナ)
https://laurier.press/i/E1432091003157


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 昼休み53掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
昼休み53掲示板  
次へ