★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板7 > 593.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
笠原基広の特許乗っ取り犯罪が告発されていた
http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/593.html
投稿者 ガンホー関連会社役員 日時 2016 年 5 月 08 日 15:36:03: Q4oUTdQHTZbf. g0uDk4N6gVuK1phBie@O0JbwiPU
 

サクサクっと調べたら他サイトで笠原基広が弁護士の職権を濫用、
無断で特許名義を書き換えた犯罪が“証拠画像付き”告発されていたwww
ガンホー某社員の話は本当だったようだww

全文晒しておく

アルブラスト社 破産管財人からの書面
http://www.jimmysthemis.com/#!trustee-inbankruptcy/cper

北川全(あきら)の破産申請書面を信じた為なのか?

破産管財人から、当社について、

『詐欺をするつもりでアルブラスト社と契約をした。』

と勝手に断定された内容の書面が届いた。

いくらなんでも、リバースマージャー(上場)1か月前に勝手に破産申請しておきながら、それらのSECの証拠書面も目を通しているのに、
『詐欺をするつもりでアルブラスト社と契約をした。』と勝手に断定する内容の書面を送ってくるのは、名誉棄損などの法に触れているのでは?とさえ思えるような内 容の文章が届きました。

当社は、この破産管財人に対し、ニューヨーク証券取引所へのM&Aの提出書面なども提出しましたが、どういう理由なのか?

『そういう 書面(SECアメリカ証券取引委員会の書面)は認めない。』

の1点張りで突き返されました。

SECの書面を認めないって、それじゃあ、いったい、この破産管財人は、それ以上にリバースマージャー(上場)の証拠品としてふさわしい書面があるっていうのだろうか?

あるなら、出していただきたい、くらいである。

まるで、最初から、絶対に、当社とアルブラスト社のM&Aを許さない。と、決断してとりかかっているような、絶対に リバースマージャー(上場)が行われたという事実を認めたくないという頑なな態度は、弁護士とは思えない態度であり、これって法に触れているんじゃない の?と関係者間では、話されていました。(このタイプの裁判をアメリカではカンガルー裁判といいます。)

破産管財人の書面より

本件契約は、上述の事業譲渡の前提となるリバースマージャーが客観的に不可能であったにもかかわらず(1)、それが可能であるという誤った認識(錯誤)(2)に基づき締結されたものです。

どこの誰がリバースマージャーが客観的に不可能(1)だ。と言ったのでしょうか?
可能である謝った認識(錯誤)(2)は、誰がしているのでしょうか?

【リ バースマージャーができない。詐欺だ。】と騒いでいるのは、北川全(あきら)とジェームス・ライアンを詐欺で裁判したトルコ国籍の古澤千満樹(ステムセル サイエンス株式会社 元取締役)と、この二人の弁護士である笠原基広と破産管財人である藤本尚道、そして神戸地方裁判所しかいないじゃないですか。

(接 点の無い、北川と古澤。この二人の弁護士がどちらも特許専門の弁護士であった笠原だという点を考えれば、そして、ドイツやアメリカなどの特許ガバメントに 対し、勝手にアルブラス社の顧問弁護士であるという嘘の申告を、この笠原弁護士にさせる。という大それた行為をさせ、神戸地方裁判所や破産管財人が白いも のも黒いと言わせるだけの力を持った組織と言えば、そして、ステムセルサイエンス株式会社にも関係している組織と言えば、黒幕は透けて見えます。一目瞭然 ですね。)

こんな事までしないと、自分達が犯した詐欺をジェームス・ライアンが、いつ公にするのかと気が気でないのでしょう。

可哀そうな人々です。

悪い事を犯すというのは、そういう苦しみを味わう事なのです。

理化学研究所・先端医療振興財団らの再生医療グループが関与した数億円の論文捏造詐欺という、犯してはいけない領域を犯した事実のすべてを知っている、当社CEOであるジェームス・ライアンがよっぽど憎いのでしょう。

自分達が詐欺を犯したために、反対にジェームス・ライアンに対し、「詐欺。詐欺。」と騒ぎ立てる。

詐欺と言われているジェームス・ライアンが、本当に詐欺を犯している者たちの事を、

「詐欺している人々がいますよ。」

といっても信じないだろう。
後は、私達の大きな組織とコネで裁判所でも弁護士でも操ってやる。と考えたようです。

犯罪者の心理ではよくある事のようです。

可哀そうな人たちです。

しかし、実際に、かれらは、裁判所や警察には、大きな力を持っていたようです。
その事実は、何度、神戸警察に相談しても出てくる、女性警察官の、
『絶対に、神戸警察では受理したくない。認めない。聞きたくない。』
とでも考えているようにさえ聞こえる、他の警察とは異なる態度や話しの内容からも理解できます。

これらの録音テ―プも、すべて、アメリカの弁護士や支持者に対し、憲法違反の国際裁判をするための資料として渡してあります。


又、更に、この藤本尚道弁護士からの、驚異の思い込み(または計画的な)書面は続きます。

こういう人が破産管財人をしているというのは、神戸裁判所にも非があります。

破 産管財人は、アルブラスト社の債務を債権者に返すために努力しなくてはならないはずなのに、そして、その為には、最も早い方法は、リバースマ−ジャーとい う形での上場であるはずなのに、リバースマージャーが成功しています。と何度話しても、「ジェームス・ライアンは、リバースマージャーが出来ない。能力が ない。詐欺だ。」という言葉でもみ消そうとする。『いえいえ、ほらアメリカ証券取引委員会のリバースマージャー証人の書面がありますよ。』と言っても、 『あるはずがな〜い。絶対に無いんだ!そんなアメリカ証券取引委員会の書面などは認めな〜い!』と、まるで狂人のように言い張る姿には、破産管財人として のロジカルさは皆無です。

このような人材を神戸裁判所が選定をした?という事実にも驚かされます。

こ れらの詐欺と言う言葉がジェームス・ライアンに初めて使用されたのは、ステムセルサイエンス株式会社K.Nの妻であり、神戸先端医療振興財団のY Nから始まった言葉であり、又、同様に、まるで考えが感染したかのように、ステムセルサイエンス株式会社の取締役のC.Fga,私と主人に対して起こした 裁判でも書かれていた。

なぜ、すべての者たちが、同じ言葉を使用するのか?

答えは簡単である。

黒幕が同じだからです。

破産管財人の言葉は更に、エスカレートし続きます。


さ らに本件契約は、貴社にリバースマージャーを実行する意思も能力もないにもかかわらず、貴社においては、リバースマージャーが可能である旨の虚偽の事実を 申し向けて、破産会社が錯誤に陥ったことにより締結されたものであって、貴社の詐欺(民法96条)に基づく契約ですから取り消し可能です。本件契約の詐欺 取り消しの意思表示をあわせて通知します。

貴社にリバースマージャーを実行する意思も能力もないにもかかわらず!
リバースマージャーが可能である旨の虚偽の事実を申し向けて!
貴社の詐欺(民法96条)に基づく契約!
本件契約の詐欺取り消しの意思表示を!

って、いくらなんでも、ありもしない事実と全く異なる内容を、ここまで書いたら、犯罪じゃないですか藤本尚道さん?

当 社は、ニューヨークで180億円という投資を受けていたフォーティーセル社という、正直申し上げて、アルブラスト社とでは、 保有技術もクラス もレベルも 雲泥の差 ほど違う素晴らしい技術を保有する上場企業とのM&A(リバースマージャー)を成功させました。


それを、壊したのは、貴方と北川全と笠原基広弁護士ではないですか!

貴社にリバースマージャーを実行する意思も能力もないにもかかわらず!

と書かれていますが、完ぺきにリバースマージャーをしましたよ。其の場合、この言葉の責任は、誰に行くんでしょうか?

貴方がたが、邪魔さえしなければ、今頃、Arblast USAは、其の名前の儘、上場企業でした。

勿論、アメリカの株主たちは、こんな大きな間違いを犯した破産管財人や北川全に対し5年の時効前に損害賠償請求をする予定ででいますよ。

当然な事ですよね、法律に詳しい藤本弁護士。ご理解いただけますよね。

今までは、息子を盾にされていましたので、訴訟を我慢してきました。
しかし、息子に対して継続しておこなわれてきた医療放置は、障害者虐待にも通じる恐ろしい行為であり、許される行為ではありません。

これからは、誹謗中傷や捏造裁判、そして、株主訴訟や損害賠償請求などの、すべての訴訟をさせていただきます。


それでは、皆様、藤本破産管財人から届いた、証拠書面を、下記に準備しましたので、ご確認ください。

『そういう 書面(SEC アメリカ証券取引委員会の書面)は認めない。』

という、証券会を全く知らないような恐ろしい言葉を記載してきている勇気ある神戸裁判所が選定した破産管財人の言葉を、ご確認ください。

なぜ?カンガルー裁判が起こるのか?
リバースマージャーに関する、これ以上の証拠を提出不可能なほど、
アメリカ証券取引委員会の書面を、『そういう 書面(SEC アメリカ証券取引委員会の書面)は認めない。』と言えるだけの自信は、当然ですが、裁判所のバックアップから来ている言葉です。
裁判所が、同じ内容で判決を出した事が、もっともな間違いであることは当然です。

今回、このホームページ上に、理化学研究所・神戸先端医療振興財団の再生医療グループに巣食う、魑魅魍魎の証拠の一部を公表してきました。

しかし、実際には、膨大な量の証拠を持っています。

現在、アメリカの弁護士やFBIと相談しながら裁判の準備をしています。

どうぞ、このホームページや、下記の訳のわからない内容の破産管財人からの書面をご覧いただき、日本の再生医療業界、細胞移植治療業界に巣食う、論文捏造・嘘・詐欺・横領・窃盗・カンガルー裁判の実態、そして、其のバッグに巣食う人々の大きさをご確認ください。

100歩譲って、この破産管財人の言葉が正しいとしましょう。

そうなると、アメリカ証券取引委員会のホームページに掲載されている、下記のArblast USAのリバースマージャーを認める書面は何なのでしょうか?

これは、アメリカの証券取引委員会が間違った。とでもいうのでしょうか?

このアメリカ証券取引委員会のホームページが詐欺している?とでも言うつもりでしょうか?

どんなに考えたって、このレベルの破産管財人弁護士では、アメリカ証券取引員会の信頼性には勝てるはずもなく、この破産管財人の書面は間違っていた事になるわけですが、勿論、神戸の裁判所も判断を間違った。と言う事になります。

そして、それは、すなわち、当社とジェームスライアンに対する公の場での誹謗中傷・名誉棄損をした。という事になり、同時に、損害賠償の対象ともなりうるのではないのでしょうか。

やはり、又、神戸?
神戸の弁護士。神戸の裁判所。神戸の警察。一体全体、正義はどこに行ったのか?司法はどこにあるのか?

アルブラスト社の上場を拒んだ面々
http://www.jimmysthemis.com/#!peoples/c4ib

アルブラスト社に関わる人々

制限行為能力者という立場の者が申請した破産申請を受理するという
世界的にも例をみない前代未聞の申請を受理した神戸地方裁判所。
同時に、北川全の心神喪失者という病を知りながら共謀して
海外のArblast USA Inc.の特許を無断で名義変更をした
京都府立大学のS K教授と弁護士である笠原基広という男の罪とは。

人が人として生きていく上で最も大切なものとはなんでしょうか?

考えたことはありますか?

私は倫理観や道徳が最も大切なことであると思っています。

しかし、このアルブラスト社という会社にかかわる人々の多くに、
それらの倫理観はありませんでした。

アルブラスト社は、高額な投資金を投資会社から集めた会社でした。

当初、アルブラスト社は、京都府立大学のS K教授という研究内容は
正しいけれど完璧なGNPレベルの研究所を持たない為に人の
臨床試験がおこなえないという気の毒な教授と、その研究内容を使用
して投資会社から投資金を集めるアルブラスト社の代表取締役社長で
ある北川全とは、良いコンビネーションを発揮したと言えるでしょう。

しかし、実際には、海外では角膜はフレッシュ性が大切とされていますので、
先進国では相手にされないレベルであるS K教授の角膜シートは、
幹細胞やバイオマテリアルの知識の無い人々にとっては、
素晴らしい技術に見えたのでしょう。

投資会社は、「素晴らしい技術だ。」という北川の言葉を信じ、木下教授は、
その投資金を使用して初めてGNPレベルの研究所を使用した研究開発が
可能になりました。

最初は、どちらも謙虚な姿勢で投資会社の投資金を使用していたそうです。

しかし、それが、いつの間にか、

≪投資会社は投資するのが当たり前であり、投資されるのは当然なこと。≫

という内容に変わってきます。

悲しいことです。

そして、最後には、

≪投資会社が投資するのは自由だが、その投資金に対し恩に報いる。だの、会社を再生する為に協力しなければいけない。だのとう気持ちは、全くない。≫

という驕り高ぶった気持ちに変わっていきます。

当然、投資会社は離れていきます。

当然です。

普通であれば、5年ほどでオーファンドラッグの承認はおりているはずです。
それが、ダラダラと投資会社からお金を投資させることばかりに時間が使用されていれば、誰だって、不自然さを感じるでしょう。

投資会社が投資しなくなれば、その会社は倒産します。
株主は投資金を、どぶに捨てることになるのです。

その為、投資会社は、自分達が投資した金額がゴミになってしまわない為に、ジェームス ライアンが、アルブラスト社を再生する。すなわちアルブラスト社の技術のすべてが、Arbrast USA Inc.に譲渡され、代わりにアルブラスト社は、Arbrast USA Inc.の株を貰いました。そして、Arbrast USA Inc.
が、アメリカでリバースマージャー(上場)することに期待を持っていました。

ジェームス ライアンは、アルブラスト社を2010年中にはアメリカで上場させる予定で動き出しアメリカ国内にArbrast USA Inc.という会社を設立しました。

株主総会でも承認されましたが、なぜか、頑固に反対している人物がいました。

S K教授です。

なぜか?S K教授だけが、ひとりで、アルブラスト社が再生することに反対したのです。

S K教授の書面は、Arbrast USA Inc.の上場を阻みました。

大株主は、首をかしげました。

≪S K教授が、アルブラスト社の再生に邪魔をする権限はない。いったい、今まで、いくら私達の投資金を使用して自由に研究開発をしてきたと思っているんだ。≫

当然です。

しかし、S K教授は、まるで、株主から投資された研究費用など、関係ないとでも言うように、いとも簡単に、アルブラスト社の再生に邪魔をし倒産への
道を進ませようとしたのです。

投資会社が北川の言葉を信じて高額な投資を行い、それを当然のことのように湯水のように使用してきた教授が、その会社が窮地に追い込まれると、助けるどころか、まるで、自分には関係のないことでもあるかのようにアルブラスト社をゴミのように捨てようとしたのです。

今までの株主の恩や会社に対する恩などを感じる事は無かったのでしょうか?

株主は、当然、このようなS K教授の姿に不信感を持ち同時に恩をあだで返す姿に、訴訟を考える株主もいました。

いくらなんでも、数億円の投資をされた会社のメイン研究者であり、最も多くの研究費用を使用してきた木下教授がアルブラスト社の再生に反対するとは
北川全でさえも思っていなかったようでした。

笠原が共謀して特許名義を無断で変更はここまで


“笠原 基広の基本的な情報”

弁護士番号は40717

第一東京弁護士会所属

弁護士法人AK法律事務所代表


第一東京の番号は+81 3-3595-8585

日弁連は+81 3-3580-9841

パズドラユーザーは第一東京弁護士会&日弁連に通報だなwww


笠原基広飼い主(貝原秀輝)の犯罪は敬天新聞社で膨大な証拠から告発されている。

読んだら貝原の手口が笠原の犯罪手口とうり二つで吹いたww


敬天新聞社東京ドリーム学園
http://brog.keiten.net/?cid=46249  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 司法の番人[1] jmmWQILMlNSQbA 2016年8月29日 02:22:22 : Bfl6tVdQyg : GZ@@DjQOX6M[1]
ジェームスライアン夫妻は、一昨年、すでに破産状態であった再生医療ベンチャーのステムセルサイエンス社の未公開株を善意の第三者に虚偽の説明をして、東京地方裁判所から損害賠償請求が確定している詐欺師です。
現在は被害者からの追及を逃れるために三島に潜伏しています。
本記載も本人が嫌がらせに投稿していると思われます。
本文中に
当社は、この破産管財人に対し、ニューヨーク証券取引所へのM&Aの提出書面なども提出しましたが、どういう理由なのか?

『そういう 書面(SECアメリカ証券取引委員会の書面)は認めない。』

の1点張りで突き返されました。

SECの書面を認めないって、それじゃあ、いったい、この破産管財人は、それ以上にリバースマージャー(上場)の証拠品としてふさわしい書面があるっていうのだろうか?

との記載がありますが、そのような書類はこの世に存在していません。ライアンらが示しているSECのサイトをみると、本件とは全く関係のない内容しか記載がなく、我々日本人があたかも米国SECの内容を理解できないだろうとタカをくくってリンクしているものです。日本の金融業社はライアンらより何倍も知識が豊富であり、本記事に記載のすべての内容はライアンらが裁判で敗訴した腹癒せに有りもしないことを作文したに過ぎない悪質な投稿です。
本当にSECに記載があるならここに投稿してみなさい!
なにより、確定している損害賠償請求を支払いなさい。
世界最高レベルの日本の裁判所判決をバカにした言動は断じて許しません。


2. サークル[1] g1SBW4NOg4s 2016年9月21日 09:43:26 : MA8Q8zS7PU : TTMuB3PPHD8[1]
1. 司法の番人[1] jmmWQILMlNSQbA 2016年8月29日 02:22:22 : Bfl6tVdQyg : GZ@@DjQOX6M[1] という方が以下のように言っていますが、この1. 司法の番人[1] jmmWQILMlNSQbAって書いているの誰でしょうね?フフフ

【SECの書面を認めないって、それじゃあ、いったい、この破産管財人は、それ以上にリバースマージャー(上場)の証拠品としてふさわしい書面があるっていうのだろうか?
との記載がありますが、そのような書類はこの世に存在していません。ライアンらが示しているSECのサイトをみると、本件とは全く関係のない内容しか記載がなく、我々日本人があたかも米国SECの内容を理解できないだろうとタカをくくってリンクしているものです。日本の金融業社はライアンらより何倍も知識が豊富であり、】

とありますが、この方は、どこを見て行っているのでしょうか?
http://www.jimmysthemis.com/reversemergers3 をクリックすると
U.S. Securities and Exchange Commission

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/889992/000114420412000088/v244514_8k.htm

というリンクがでていますよ。
クリックするとニューヨーク証券取引員会(SEC)のホームページに入りましたよ。
そこにはフォーティ―セルバイオサイエンス社とアルブラストUSA社のM&Aについての記載がされていますよ。明確にね。

この司法の番人という方、こうやって正確に証拠があるのに(証拠が無い無い!)と大騒ぎしているというのは、どうしてなんでしょうね?

よっぽどライアン夫妻が正しければ困る事があるとしか思えませんが、、、。

なんだか焦っている感じというか、、、。

又【本記事に記載のすべての内容はライアンらが裁判で敗訴した腹癒せに有りもしないことを作文したに過ぎない悪質な投稿です。】とありますが、この投稿者 ガンホー関連会社役員という投稿されている人って他のサイトで名前が出ていましたよ。
他の人でしたよ。

ここまで言い切っていますが、ライアン夫妻じゃなかったらどうするんでしょうかね。
間違った事を公の場で公開するのは名誉棄損・威力妨害という犯罪では?


又、【ジェームスライアン夫妻は、一昨年、すでに破産状態であった再生医療ベンチャーのステムセルサイエンス社の未公開株を善意の第三者に虚偽の説明をして、東京地方裁判所から損害賠償請求が確定している詐欺師です。】って、こういう正確じゃない内容を公で記載するのは犯罪じゃないでしょうか?この裁判内容をホームページで読みましたが、この裁判も笠原基広が弁護士だったんだ〜。と驚かされましたよ。しかもこの原告自身がステムセルサイエンス社の取締役なんだそうです。なんだかな〜という感じですね。ここまでくるとグチャグチャで笠原がどうしてここまで出しゃばってうるんだ。という話しになりますよ。不思議さ100倍という世界です。

どんなに1. 司法の番人[1] jmmWQILMlNSQbAさんが頑張ってコメントしても、このホームページ見ると証拠が溢れている感じですね。
いくらなんでも事業譲渡契約が締結されているのに破産確定前に特許の名義変更するのは法に触れる可能性はありますよ。

アメリカ人だと思って犯罪者らに食い物にされた可能性は高いかな。
リバースマージャーの1か月前に破産申請って可愛そう過ぎですね。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板7掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板7掲示板  
次へ