★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板7 > 937.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
オペレーションZ - 元スイス情報局員ジャック・ボーの新インタビュー
http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/937.html
投稿者 リンゴ酢 日時 2022 年 9 月 10 日 18:55:54: DenLAHdClt.hM g4qDk4NTkHw
 

オペレーションZ - 元スイス情報局員ジャック・ボーの新インタビュー(自動翻訳)
vanessa beeley / 1日前 2022/09/06

原文は以下URLより【https://thewallwillfall.org/2022/09/06/operation-z-a-new-interview-with-former-swiss-intelligence-officer-jacques-baud/
(原文についていた画像は本文記載のURLから見れます。コピーできませんでした。)

ウクライナ・ロシア戦争という地政学的闘争の中で今何が起きているのか、ジャック・ボーの新鮮なインタビューをお届けします。いつものように、ボード氏は深い洞察力と明確な分析力を会話に持ち込んでいます - The Postil
https://thewallwillfall.files.wordpress.com/2022/09/baud-3.png

The Postil(TP)です。あなたはウクライナ戦争に関する最新の本「オペレーションZ」(マックス・ミロ社)を出版したばかりですね。この本を書くことになったきっかけや、読者に何を伝えたいのか、少しお聞かせください。

ジャック・ボー(以下、JB): この本の目的は、メディアによって流された誤った情報が、いかにウクライナを間違った方向に向かわせたかを明らかにすることです。私は、"危機の捉え方から、危機の解決方法が生まれる "というモットーのもとに、この本を書きました。
この紛争の多くの側面を隠すことによって、西側メディアは私たちに戯画的で人工的な状況のイメージを提示し、その結果、人々の心を分極化させてしまったのです。このため、交渉の試みは事実上不可能であるという考え方が広まってしまった。
主流メディアが提供する一方的で偏った表現は、問題解決に役立つものではなく、ロシアへの憎悪を助長することを目的としている。したがって、障害のある選手や猫、さらにはロシアの木を競技から排除したり、指揮者を解任したり、ドストエフスキーのようなロシアの芸術家の地位を下げたり、あるいは絵画の名前を変えたりすることは、ロシア人を社会から排除することを目的としているのだ!」。フランスでは、ロシア風の名前を持つ個人の銀行口座が封鎖されたこともある。ソーシャルネットワークのFacebookとTwitterは、「ヘイトスピーチ」を口実にウクライナの犯罪の公表を組織的にブロックしているが、ロシア人に対する暴力の呼びかけは許している。
これらの行動はいずれも紛争に何の影響も与えず、ただ自国のロシア人に対する憎悪と暴力を刺激したに過ぎないのです。この操作はあまりにひどいので、外交的な解決策を模索するよりも、ウクライナ人が死ぬのを見たいのです。共和党のリンゼイ・グラハム上院議員が最近述べたように、ウクライナ人に最後の一人まで戦わせるということだ。
ジャーナリストは品質と倫理の基準に従って働き、可能な限り誠実な方法で私たちに情報を提供すると一般に考えられている。これらの基準は1971年のミュンヘン憲章で定められている。本を書いていてわかったのは、ロシアと中国に関する限り、ヨーロッパのフランス語圏の主流メディアでこの憲章を尊重しているところはないということだ。それどころか、メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が「我々は武器を提供し、君たちは死体を提供する」と表現したウクライナに対する不道徳な政策を恥ずかしげもなく支持しているのだ。
この誤報を強調するために、私は、状況の現実的なイメージを提供できる情報が2月の時点で入手可能だったにもかかわらず、私たちのメディアがそれを国民に伝えなかったことを示したいと思いました。この矛盾を明らかにすることが目的だった。
私自身がどちらかの側に有利なプロパガンダにならないように、私はもっぱら欧米、ウクライナ(キエフ発)、ロシアの野党の情報源に依存した。ロシアのメディアからは一切情報を取っていません。

TP:西側諸国では、この戦争によってロシア軍が弱体化し、装備も役に立たないことが「証明された」とよく言われます。これらの主張は本当でしょうか?

JB:いいえ。6カ月以上にわたる戦争の結果、ロシア軍は効果的かつ効率的であり、その指揮統制の質は西側諸国をはるかに凌ぐと言えるでしょう。しかし、私たちの認識は、ウクライナ側に焦点を当てた報道と、現実の歪曲に影響されています。
まず、現地の現実である。メディアが「ロシア人」と呼んでいるのは、実際にはロシア語を話す連合軍で、プロのロシア人戦闘員とドンバスの民兵で構成されていることを忘れてはならない。ドンバスでの作戦は主にこれらの民兵によって行われ、彼らは「自分たちの」土地で、自分たちが知っている町や村で、友人や家族がいる場所で戦っている。そのため、彼らは自分たちのためだけでなく、民間人の犠牲を避けるためにも、慎重に前進している。このように、西側のプロパガンダの主張とは裏腹に、連合軍は占領した地域で非常に優れた民衆の支持を得ているのである。
それから、地図を見るだけでも、ドンバスは建物が多く、人が住んでいる地域であることがわかる。これは、どんな状況でも防御側に有利で、攻撃側には進行速度が低下することを意味している。
第二に、紛争の推移を描くメディアのあり方である。ウクライナは国土が広大で、小さな地図では日ごとの違いがほとんどわからない。さらに、敵の進行状況についても、それぞれの立場から独自の認識を持っている。2022年3月25日の状況を例にとると、フランスの日刊紙Ouest-Franceの地図(a)は、スイスのRTSのサイト(b)と同様に、ロシアの進出がほとんどないことがわかる。ロシアのサイトRIAFANの地図(c)はプロパガンダかもしれないが、フランス軍情報総局(DRM)の地図(d)と比較すると、おそらくロシアメディアの方が真実に近いことがわかる。これらの地図はすべて同じ日に発表されたものだが、フランスの新聞とスイスの国営メディアはDRMの地図を選ばず、ウクライナの地図を好んで使っている。このことは、我々のメディアがプロパガンダのように機能していることを物語っています。
https://thewallwillfall.files.wordpress.com/2022/09/baud-.png

第三に、我々の「専門家」は、ロシアの攻撃の目的を自ら決定している。ロシアはウクライナとその資源を手に入れたかった、キエフを2日で占領したかったなどと主張することで、我々の専門家はプーチンが言及しなかった目的を文字通り捏造してロシア側に帰属させてしまったのである。2022年5月、キエフのスイス大使クロード・ワイルドはRTSで、ロシアは "キエフの戦いに負けた "と宣言した。しかし、実際には、"キエフのための戦い "は存在しなかったのだ。ロシア軍が目的を達成しようとしなかったのなら、目的を達成できなかったと主張するのは明らかに簡単なことだ。

第四に、西側諸国とウクライナは、敵対勢力について誤解を招くような図式を作り上げている。フランス、スイス、ベルギーでは、テレビに出演する軍事専門家の中に、ロシアがどのように軍事作戦を行うかについて知っている者はいない。彼らの「専門知識」は、アフガニスタンやシリアでの戦争の噂から得たものであり、それはしばしば西側のプロパガンダに過ぎないのである。これらの専門家は、ロシアの作戦のプレゼンテーションを文字通り改ざんしている。

このように、ロシアが2月24日の時点で発表した目的は、ドンバスの住民に対する脅威の「非軍事化」と「非nazi化」であった。この目的は、能力の無力化に関するものであり、土地や資源の奪取ではない。大げさに言えば、理論的には、ロシアが進出しなくても、ウクライナ人自身が来て、殺されればいいのである。
つまり、第一次世界大戦中のフランスのように、ウクライナに地形を守るようにと政治家やメディアが働きかけたのです。ウクライナ軍には、「最後の砦」のような状況で、1平方メートル残らず防衛するよう強要したのだ。皮肉なことに、西側諸国はロシア軍の仕事を容易にしたにすぎない。
実際、対テロ戦争と同様に、欧米人は敵をありのままではなく、自分たちの思い通りに見ている。2500年前に孫子が言ったように、これは戦争に負けるための最良のレシピである。
その一例が、ロシアが西側諸国に対して行っているとされる、いわゆる「ハイブリッド戦争」である。2014年6月、西側諸国がロシアのドンバス紛争への(架空の)介入を説明しようとしたとき、ロシアの専門家マーク・ガレオッティは、ロシアのハイブリッド戦争の概念を示すようなドクトリンの存在を「明らかに」した。ゲラシモフ・ドクトリン」として知られるこのドクトリンは、その構成や軍事的成功をどのように確保するかについて、西側諸国が実際に定義したことはない。しかし、ロシアがドンバスに軍隊を派遣せずに戦争を行い、ウクライナが反乱軍との戦いに一貫して敗れる理由を説明するために使われているのです。2018年、自分が間違っていたことに気づいたガレオッティは、『フォーリン・ポリシー』誌に掲載された「ゲラシモフ・ドクトリンを作ってごめんなさい」と題する記事で、勇気を持って知的に謝罪している。
にもかかわらず、そしてそれが何を意味するのかわからないまま、わが国のメディアと政治家は、ロシアがウクライナと西側諸国に対してハイブリッド戦争を仕掛けているというふりをし続けました。つまり、存在しないタイプの戦争を想像し、そのためにウクライナを準備したのです。これは、ウクライナがロシアの作戦に対抗するための首尾一貫した戦略を持つという課題を説明するものでもある。
西側諸国は、状況をありのままに見ようとしない。ロシア語圏の連合軍は、1〜2:1の割合でウクライナ人に劣る総合力で攻勢をかけてきた。多勢に無勢の状況で成功するには、戦場で部隊を素早く動かして局所的・一時的な優位を作り出さなければならない。

これがロシア人の言う「作戦術(operativnoe iskoustvo)」である。この考え方は、西側諸国ではあまり理解されていない。NATOで使われている「作戦」という言葉は、ロシア語では「operative」(命令レベルを指す)と「operational」(条件を定義する)の2つの訳語がある。作戦とは、チェスのように軍隊の陣形を操り、優勢な相手を打ち負かす技術である。

例えば、キエフ周辺での作戦は、ウクライナ人(と西側諸国)の意図を "欺く "ためではなく、ウクライナ軍に首都周辺に大規模な兵力を保持させ、それによって "押さえ込む "ためのものであった。専門用語では、これは "シェーピング作戦 "と呼ばれるものである。一部の「専門家」の分析に反して、これは「欺瞞作戦」ではなく、まったく異なる発想で、はるかに大きな戦力が必要だっただろう。その目的は、ドンバスにおけるウクライナ軍本隊の増援を阻止することであった。
現段階でのこの戦争の主な教訓は、第二次世界大戦以来私たちが知っていることを裏付けるものです:ロシア人は作戦術に長けています。

TP。ロシアの軍事力に関する疑問は、現在のウクライナの軍事力がどれほど優れているのか、という明白な疑問を引き起こします。さらに重要なのは、なぜ私たちはウクライナ軍についてあまり耳にしないのでしょうか?

JB:ウクライナの軍人たちは、確かに良心的かつ勇敢に任務を遂行する勇敢な兵士たちです。しかし、私の個人的な経験では、ほとんどすべての危機において、問題は頭部にあるのです。相手とその論理を理解し、実際の状況を明確に把握することができないことが、失敗の主な原因なのです。
ロシアの攻勢が始まって以来、戦争の進め方を2つに区別することができる。ウクライナ側では政治的・情報的な空間で戦争が行われ、ロシア側では物理的・作戦的な空間で戦争が行われている。両者は同じ空間で戦っているわけではないのです。これは、私が2003年に拙著『非対称戦争、あるいは勝者の敗北』(La guerre asymétrique ou la défaite du vainqueur)で述べた状況である。困ったことに、結局は地形の現実が優先される。
ロシア側では、意思決定は軍部が行うが、ウクライナ側では、ゼレンスキーが遍在し、戦争遂行の中心的な存在である。ウクライナ側では、ゼレンスキーが戦争遂行の中心的存在として君臨し、軍の助言に反して作戦を決定することが多いようだ。そのため、ゼレンスキーと軍部との間に緊張が高まっている。ウクライナのメディアによると、ゼレンスキーはヴァレリー・ゾルジニー将軍を国防相に任命して解任する可能性があるという。

ウクライナ軍は2014年以降、アメリカ、イギリス、カナダの将校によって広範な訓練を受けている。問題は、20年以上にわたって、欧米人は武装集団や散在する敵対者と戦い、個人に対して軍全体を従事させてきたことである。彼らは戦術レベルで戦争を戦い、いつのまにか戦略・作戦レベルで戦う能力を失ってしまった。ウクライナがこのレベルで戦争をしているのは、そのためでもある。
しかし、もっと概念的な側面もある。ゼレンスキーや西側諸国は、戦争を数的・技術的な戦力バランスとして捉えています。これが、2014年以降、ウクライナ人が反政府勢力をそそのかそうとせず、今では西側から供給される武器から解決策が得られると考えている理由です。西側はウクライナに数十門のM777砲とHIMARS、MLRSミサイルランチャーを提供したが、ウクライナは2月には同等の砲を数千門持っていた。ロシアの「戦力の相関関係」という概念は、西側諸国のアプローチよりも多くの要素を考慮し、より全体的なものである。だからロシアが勝っているのです。
私たちのメディアは、無分別な政策に従うために、ロシアに悪い役割を与える仮想現実を構築した。危機の経過を注意深く観察する者にとっては、ロシアをウクライナの状況の「鏡像」として提示したと言ってもいいくらいだ。こうして、ウクライナの損失について語られ始めると、西側のコミュニケーションはロシアの損失(数字はウクライナ側が提示)に目を向けたのである。

4 月から 5 月にかけてハリコフやケルソンでウクライナや西側が宣言したいわゆる「反攻」は、単なる「反撃」であった。両者の違いは、反攻が作戦上の概念であるのに対し、反撃は戦術上の概念であり、その範囲ははるかに限定的であることである。このような反撃が可能だったのは、当時のロシア軍の兵力密度が前線20kmあたり1戦闘群(BTG)であったからだ。それに比べて、主戦場となったドンバス方面では、ロシア連合は1kmあたり1〜3BTGだった。南部を制圧するはずだった8月のケルソン大攻勢については、欧米の支持を維持するための神話に過ぎなかったようだ。
今日、私たちは、ウクライナの成功が実際には失敗であったことを目の当たりにしている。ロシアに起因するとされた人的・物的損失は、実際にはウクライナのそれよりも多かった。6月中旬、ゼレンスキーの首席交渉官で側近のデビッド・アラカミアは、1日あたり200〜500人の死者が出ていると話し、1日あたり1000人の死傷者(死亡、負傷、捕虜、脱走者)に言及した。これにゼレンスキーによる新たな武器要求が加われば、ウクライナの勝利というのはかなりの幻想に見えるだろう。
ロシアはイタリアに匹敵する経済力を持つと考えられていたため、同様に脆弱であると想定されたのである。つまり、軍事的な敗北を経ることなく、経済制裁と政治的な孤立によって、ロシアはたちまち崩壊すると西側諸国もウクライナ人も考えていたのである。実際、これは2019年3月のゼレンスキーの顧問兼報道官であるオレクセイ・アレストヴィッチのインタビューから理解できることである。これは、ゼレンスキーが2022年初頭に警鐘を鳴らさなかった理由も、ワシントン・ポスト紙のインタビューで語っているように説明できる。彼は、ウクライナがドンバスで準備している攻勢にロシアが反応することを知っていて(だから部隊の大部分はその地域にいた)、制裁によってすぐにロシアが崩壊し敗北すると考えていたのだろう。これは、フランスの経済大臣であるブルーノ・ル・メールが "予測 "していたことである。明らかに、欧米人は相手を知らずに決断している。

アレストビッチ氏が言うように、ロシアの敗北がウクライナのNATO入りの切符になるという考えだったのだろう。だから、ウクライナ側はドンバスで攻勢をかけ、ロシアを反応させ、壊滅的な制裁で簡単に敗北させるように仕向けたのです。これは皮肉なことで、アメリカを筆頭とする西側諸国がいかにウクライナを自分たちの目的のために悪用しているかを示しています。
その結果、ウクライナ人はウクライナの勝利ではなく、ロシアの敗北を目指したのです。これは非常に異質なことで、ロシアの攻勢が始まった当初から、この敗北を予言する西側のシナリオを説明するものである。

しかし現実には、制裁は期待通りに機能せず、ウクライナは自ら挑発した戦闘に引きずり込まれ、そのために長い間戦う覚悟もなかった。
このため、欧米のシナリオは当初から、メディアが報じた内容と現場の現実との間にミスマッチがあることを提示していた。これは逆効果で、ウクライナに失敗を繰り返させ、作戦遂行能力の向上を妨げることになった。プーチンとの戦いを口実に、何千人もの人命を不必要に犠牲にするようウクライナに迫ったのだ。
当初から、ウクライナ人が一貫して過ちを繰り返し(しかも2014年から2015年にかけてと同じ過ちを)、兵士が戦場で死んでいることは明らかだった。ヴォロディミル・ゼレンスキーは、それが決定的なものであると信じ込まされていたため、最も不合理なものも含め、ますます多くの制裁を要求した。
このような間違いに気づいたのは私だけではないだろう。西側諸国はこの惨事を確実に阻止することができたはずだ。しかし、彼らの指導者たちは、ロシアの損失に関する(架空の)報告に興奮し、政権交代への道を開いたと考え、制裁に制裁を加え、交渉の可能性を断ち切ったのである。フランスのブルーノ・ルメール経済大臣が言ったように、目的はロシア経済の崩壊を誘発し、ロシア国民を苦しめることであった。これは一種の国家テロである。国民を苦しめて、指導者(ここではプーチン)に対する反乱に追い込もうとするものである。これは作り話ではない。このメカニズムは、オバマ政権下で国務省の制裁責任者を務め、現在は世界腐敗防止コーディネーターであるリチャード・ネピューが、『The Art of Sanctions』という本の中で詳しく述べている。皮肉なことに、これは、イスラム国が2015年から2016年にかけてフランスで行った攻撃を説明するために唱えた論理とまったく同じです。フランスはおそらくテロを奨励はしていないが、実践はしている。
主流メディアは、戦争をありのままに紹介するのではなく、そうあってほしいと願うように紹介する。これは純粋な希望的観測である。膨大な損失(7万〜8万人の死者が出たという説もある)にもかかわらず、ウクライナ当局に対する国民の見かけ上の支持は、反対派の追放、政府路線に反対する役人の冷酷な狩り、ウクライナ人と同じ失敗をロシア人に帰する「ミラー」プロパガンダによって達成されている。これらはすべて、西側諸国の意識的な支援によるものです。

TP:クリミアのサキ空軍基地での爆発をどう考えればいいのでしょうか?

JB:私はクリミアの現在の治安状況の詳細を知りません。. 2月以前には、クリミアにPraviy Sektor(ネオナチの民兵組織)の志願兵の細胞があり、テロ型の攻撃を行う準備ができていたことは知っている。これらの細胞は無力化されたのでしょうか?クリミアでは破壊工作がほとんど行われていないようなので、そう考えることもできる。とはいえ、ウクライナ人とロシア人は何十年も一緒に暮らしてきたし、ロシア人が占領した地域には親キエフ派がいることも忘れてはならない。したがって、これらの地域にスリーパーセルが存在する可能性があると考えるのが現実的である。
より可能性が高いのは、ロシア語圏連合が占領した領域でウクライナ治安局(SBU)が行っているキャンペーンであることだ。これは、親ロシア派のウクライナの人物や役人をターゲットにしたテロキャンペーンである。7月以降、キエフや、リヴォフ、テルノポールなどの地方で、SBUの指導者が大きく交代したことを受けてのことだ。8月21日にダリヤ・ドゥギナが暗殺されたのも、おそらくこのキャンペーンと同じ文脈であろう。この新しいキャンペーンの目的は、ロシア軍に占領された地域で抵抗が続いているという幻想を与え、それによって疲弊し始めた欧米の援助を復活させることにあるのだろう。
これらの妨害活動は作戦上のインパクトはなく、むしろ心理作戦に近いと思われる。5月初旬のスネーク島のように、ウクライナが行動していることを国際社会にアピールするための行動なのかもしれない。
クリミアでの事件が間接的に示しているのは、2月に西側が主張した民衆の抵抗が存在しないことである。それは、ウクライナと西側(おそらく英国)の秘密工作員の行動である可能性が高い。戦術的な行動を超えて、これは、ロシア語圏連合に占領された地域で重要な抵抗運動を活性化するウクライナ人の無能さを示しているのです。

TP:ゼレンスキーは、"クリミアはウクライナであり、我々は決してそれを手放さない "という有名な言葉を残しています。これはレトリックなのか、それともクリミアを攻撃する計画があるのでしょうか?クリミア国内にウクライナの工作員がいるのでしょうか?

JB:まず、ゼレンスキーは非常に頻繁に意見を変えます。2022年3月、彼はロシアに対して「半島に対するロシアの主権を認める議論をする用意がある」と提案した。ロシアの好意的な関心にもかかわらず、彼が提案を取り下げたのは、4月2日にEUとボリス・ジョンソンの介入、4月9日のことであった。

ここで、いくつかの歴史的事実を想起する必要がある。1954年のクリミアのウクライナへの割譲は、共産主義時代のソ連、ロシア、ウクライナの議会で正式に承認されたことはなかった。さらに、クリミアの人々は、1991年1月の時点で、キエフではなくモスクワの権威に服することに同意している。つまり、ウクライナが1991年12月にモスクワから独立する以前から、クリミアはキエフから独立していたのである。
7月、ウクライナの国防大臣アレクセイ・レズニコフは、ウクライナの領土保全を回復するために、100万人規模のケルソンへの大反攻を声高に叫んだ。しかし、実際には、ウクライナはこのような遠大な攻撃に必要な兵力、装甲、航空援護を集めることができていない。クリミアでの妨害行動は、この「反攻」の代わりとなるものだろう。実際の軍事行動というよりは、コミュニケーションのための演習のように見える。これらの行動は、むしろウクライナへの無条件支援の妥当性を疑問視している西側諸国を安心させることを目的としているように思われる。

TP:ザポリツィア原子力発電所周辺の状況について教えてください。

JB:エネルゴダールでは、ザポリジャー原子力発電所(ZNPP)が、ウクライナ人とロシア人が敵対する側のものとする砲撃による攻撃を何度か受けています。
分かっているのは、ロシア連合軍が3月初めからZNPPの敷地を占拠していることだ。その時の目的は、ZNPPが戦闘に巻き込まれるのを防ぐため、そしてその結果、核事故を回避するために、ZNPPを迅速に確保することであった。担当したウクライナ人職員は現場に残り、ウクライナのエネルゴアトム社とウクライナ原子力安全機関(SNRIU)の監督のもとで作業を続けている。したがって、原発周辺での戦闘はない。
ロシアが自分たちの支配下にある原発を砲撃するとは考えにくい。ウクライナ人自身が「敷地内にロシア軍がいる」と言っているのだから、この疑惑はなおさらである。フランスの専門家によれば、ロシアはウクライナに流れる電力を遮断するために、自分たちの支配下にある発電所を攻撃するのだという。ウクライナへの電気を止めるにはもっと簡単な方法がある(スイッチだろうか)だけでなく、ロシアは3月以降、ウクライナ人への電力供給を止めていないのである。さらに、ロシアはウクライナへの天然ガスの流れを止めず、ヨーロッパへのガスの中継料をウクライナに払い続けていることを思い出してほしい。5月にソユーズパイプラインの停止を決定したのはゼレンスキー氏である。
さらに忘れてはならないのは、ロシア側は住民におおむね好意的な地域であり、なぜ核汚染の危険を冒すのか理解しがたい。
現実には、ウクライナ人はロシア人よりも信頼できる動機を持っており、それが原子力発電所に対するこのような攻撃を説明する可能性がある。それは、彼らが実行できないケルソンへの大規模な反攻作戦の代替案と、この地域で計画されている住民投票を阻止するためである。さらに、ゼレンスキーが発電所周辺を非武装化し、ウクライナに返還することさえ求めていることは、彼にとっては政治的にも作戦的にも成功したことになるのだろう。核事故を意図的に誘発し、「無人地帯」を作り出し、その結果、この地域をロシアにとって使用不能にすることを狙っているとさえ想像される。
また、ウクライナは原発を爆撃することで、ロシアが崩壊前にウクライナの電力網から原発を切り離そうとしているという口実で、欧米に紛争に介入するよう圧力をかけようとしている可能性もある。この自殺行為-国連事務総長アントニオ・グテーレスが述べたように-は、2014年以来ウクライナが行ってきた戦争と一致するものだろう。

エネルゴダールへの攻撃がウクライナのものであることを示す強力な証拠がある。ドニエプル川の対岸から同地に向けて発射された弾丸の破片は、西側のものである。イギリスのBRIMSTONEミサイルという精密ミサイルから来ているようで、その使用はイギリスによって監視されている。どうやら、西側はウクライナのZNPPへの攻撃を知っているようだ。このことは、ウクライナが国際調査委員会にあまり協力的でない理由や、欧米諸国がこれまであまり誠実さを示してこなかったIAEAからの調査員派遣に非現実的な条件をつけていることの説明にもなるかもしれませんね。

TP:ゼレンスキーは、この戦争で戦うために犯罪者を解放していると報道されていますが?これは、ウクライナの軍隊が一般に考えられているほど強くないということを意味するのでしょうか?

JB:ゼレンスキーは、2014年のユーロメイダンから登場した当局と同じ問題に直面しています。当時、軍はロシア語を話す同胞と対立したくなかったので、戦いたくなかったのです。英国内務省の報告書によると、予備役が圧倒的に募集への参加を拒んでいる. 2017年10月から11月にかけて、徴兵者の70%が召集に現れない. 自殺が問題になっている。ウクライナ軍の主任検察官アナトリー・マティオスによると、ドンバスでの4年間の戦争の後、615人の軍人が自殺していた。脱走が増え、特定の作戦地域では部隊の30%に達し、しばしば反乱軍に味方している。
このため、ドンバスで戦うために、より意欲的で、高度に政治化され、超民族主義的で狂信的な戦闘員を軍隊に組み込む必要が出てきたのである。彼らの多くはネオナチである。プーチンが "デナズ化 "の目的に言及したのは、こうした狂信的な戦闘員を排除するためである。
今日、問題は少し異なっている。ロシアがウクライナに攻めてきた。ウクライナの兵士たちは、彼らと戦うことに先験的な反対はしていない。しかし、彼らは自分たちが受ける命令が戦場の状況と一致していないことに気づいている。自分たちに影響を与える決定が、軍事的な要因ではなく、政治的な考慮と結びついていることを理解したのです。ウクライナの部隊は集団で反乱を起こし、戦闘を拒否するようになっている。指揮官から見放されたと感じ、実行に必要な資源もないのに任務を与えられていると言うのだ。
だから、万全の態勢で送り込む必要がある。非難されるからこそ、プレッシャーを与え続けることができる。スターリンに死刑を宣告されたコンスタンチン・ロコソフスキ元帥も、1941年に出獄し、ドイツ軍と戦ったのと同じ原理だ。彼の死刑が解かれたのは、1956年にスターリンが亡くなってからである。

軍隊に犯罪者を使うことを覆い隠すために、ロシア人は同じことをしていると非難される。ウクライナ人と欧米人は一貫して「鏡」のプロパガンダを使用している。最近のすべての紛争と同様に、欧米の影響力は紛争の道徳化にはつながっていないのです。
TP:誰もが、プーチンがいかに腐敗しているかを語っていますね?しかし、ゼレンスキーはどうでしょう?彼は、私たちが賞賛するように言われている「英雄的聖人」なのでしょうか?

JB:2021年10月、パンドラ文書によって、ウクライナとゼレンスキーがヨーロッパで最も腐敗しており、大規模な脱税を実践していることが明らかになりました。興味深いことに、この文書はアメリカの情報機関の協力で公開されたようで、ウラジーミル・プーチンの名前は出てきません。正確には、プーチンに関連する人物について書かれており、その人物は未公開の資産とつながっているとされ、その資産はプーチンとの間に子供をもうけたとされる女性のものである可能性がある。
しかし、我々のメディアがこの文書を報道するとき、プーチンの写真は載せても、ヴォロディミル・ゼレンスキーの写真は載せないのが常である。
https://thewallwillfall.files.wordpress.com/2022/09/baud-2.png


私はゼレンスキーがどれほど腐敗しているかを評価する立場にはない。しかし、ウクライナの社会とその統治がそうであることは間違いない。私はNATOのウクライナにおける「誠実さの構築」プログラムにささやかながら協力したが、どの国もその効果に幻想を抱いておらず、このプログラムを欧米の支援を正当化するための一種の「粉飾」と見ていることが分かった。
欧米がウクライナに支払った数十億円がウクライナ国民に届くことはまずないだろう。CBSニュースの最近の報道によると、西側から供給された兵器のうち戦場に出るのは30〜40%に過ぎない。残りはマフィアやその他の腐敗した人たちを潤す。どうやら、フランスのCAESARシステムや、おそらくアメリカのHIMARSのような、西側のハイテク兵器がロシアに売られているようだ。CBSニュースの報道は、西側の援助を弱体化させないために検閲されたが、このような理由でアメリカがウクライナにMQ-1Cドローンの供給を拒否したという事実は変わらない。

ウクライナは豊かな国だが、現在、旧ソ連邦の中で唯一、ソ連崩壊時よりもGDPが低い国である。したがって、問題はゼレンスキー自身ではなく、深く腐敗し、西側がロシアと戦うためだけに維持しているシステム全体なのである。
ゼレンスキーは2019年4月、ロシアとの合意形成というプログラムで当選した。しかし、誰も彼にそのプログラムを実行させなかった。ドイツとフランスは、彼がミンスク合意を実行するのを意図的に妨げた。2022年2月20日のエマニュエル・マクロンとウラジミール・プーチンとの電話会談の記録は、フランスが意図的にウクライナを解決から遠ざけたことを示している。さらに、ウクライナでは、極右やネオナチの政治勢力が公然と彼を殺害すると脅している。ウクライナ義勇軍の司令官であるドミトリー・ヤロシュは2019年5月、ゼレンスキーが自分のプログラムを実行したら絞首刑にすると宣言している。つまり、ゼレンスキーは、ロシアとの合意形成という自分の考えと、欧米の要求の狭間で窮地に立たされている。さらに、西側諸国は、制裁による戦争戦略が失敗したことに気づいている。経済・社会問題が深刻化すればするほど、欧米は面子をつぶさずに引き下がることが難しくなる。英米やEU、フランスにとって逃げ道となるのは、ゼレンスキー氏を排除することだろう。だからこそ、ウクライナ情勢が悪化している今、ゼレンスキーは自分の命が狙われていることに気づき始めたのだと思います。
結局のところ、ゼレンスキーはかわいそうな人です。彼の一番の敵は、彼が依存している人たち、つまり西側諸国なのですから。

TP:ソーシャルメディアには、ウクライナ兵が深刻な戦争犯罪に従事している動画(ぞっとするようなもの)がたくさんありますね?なぜ西側諸国には、そうした残虐行為に対する「盲点」があるのでしょうか?

JB:まず、はっきりさせておかなければならないのは、どの戦争でも、どの交戦国でも戦争犯罪を犯しているということです。意図的にそのような犯罪を犯した軍人は、軍服を汚すことになり、罰せられなければなりません。
問題は、戦争犯罪が計画の一部であったり、上位司令部の命令によるものであったりする場合です。オランダ軍が1995年のスレブレニツァの大虐殺を許した時がそうだった。カナダ軍とイギリス軍によるアフガニスタンでの拷問は言うまでもなく、ポーランド、リトアニア、エストニアが加担したアフガニスタン、イラク、グアンタナモなどでの米国による無数の国際人道法違反がそうであった。これらが欧米の価値観であるとすれば、ウクライナは正しい学校である。
ウクライナでは、西側諸国の加担によって、政治犯罪が常態化している。したがって、交渉に賛成する者は排除される。ウクライナ人交渉官の一人であるデニス・キレエフが、ロシアに有利すぎる、裏切り者と見なされ、3月5日にウクライナ治安局(SBU)によって暗殺されたのがそうです。同じように、SBUの将校であるドミトリー・デミャネンコも、ロシアとの合意に好意的すぎるという理由で、3月10日に暗殺された。ロシアの人道支援を受けたり、与えたりすることを "協力主義" と考える国であることを忘れてはならない。

2022年3月16日、テレビチャンネル「ウクライナ24」のジャーナリストがナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンに言及し、ロシア語を話す子どもたちを虐殺するよう呼びかけた。3月21日には、軍医のゲンナディ・ドルゼンコが同チャンネルで、ロシア人捕虜を去勢するよう医師に命じたと明言した。ソーシャルネットワーク上では、これらの発言はすぐにロシア側のプロパガンダとなり、2人のウクライナ人はそう発言したことについては謝罪したが、その内容については謝罪しなかった。ウクライナ人の犯罪がソーシャルネットワーク上で暴露され始めたので、ゼレンスキーは3月27日、西側の支援が危うくなることを懸念した。その後、4月3日にブチャの大虐殺が起こったが、その経緯は不明である。
当時国連安保理の議長国であったイギリスは、ブチャの犯罪に関する国際調査委員会の設置を求めるロシアの要請を3度にわたって拒否した。ウクライナの社会党議員イリヤ・キバはテレグラムで、ブチャの悲劇は英国MI6特務機関が計画し、SBUが実行したことを明らかにした。

根本的な問題は、ウクライナ人が「作戦術」を残虐性に置き換えてしまっていることだ。2014年以降、自治派と戦うために、ウクライナ政府は、英国が1950年代から1960年代に東南アジアで用いた、残虐性ははるかに低いがはるかに効果的で長続きする「ハート&マインド」に基づく戦略を適用しようとしたことは一度もない。キエフはドンバスで対テロ作戦(ATO)を行い、イラクやアフガニスタンでアメリカが行ったのと同じ戦略を使うことを好んだ。テロリストとの戦いは、あらゆる種類の残虐行為を認めている。アフガニスタン、イラク、マリで西側諸国が失敗したのは、紛争に対する全体的なアプローチの欠如が原因である。
対反乱戦(COIN)には、より洗練された全体的なアプローチが必要である。しかし、私がアフガニスタンで目の当たりにしたように、NATOはそのような戦略を立てることができない。ドンバスでの戦争は8年間も続き、1万人のウクライナ国民と4千人のウクライナ軍人の死者を出した。それに比べ、北アイルランドでの紛争は30年間で3,700人の死者を出している。この残虐行為を正当化するために、ウクライナ人はロシアのドンバスへの介入という神話を作り上げなければならなかった。
問題は、新しいマイダンの指導者たちの理念が、人種的に純粋なウクライナであったことである。言い換えれば、ウクライナ人の統一は、共同体の統合によってではなく、"劣等人種 "の共同体を排除することによって達成されるべきものだったのだ。アーシュラ・フォン・デア・ライエンやクリスティア・フリーランドの祖父が喜びそうなアイデアだ。だからウクライナ人は、ロシア語、マジャール語、ルーマニア語を話す少数民族に共感できないのだろう。ハンガリーやルーマニアが、ウクライナに武器を供給するために自国の領土を利用されることを望まないのも、このためだ。
このため、自国民を威嚇するために発砲しても、ウクライナ人にとっては問題にはならないのである。2022年7月にロシア語圏の都市ドネツクに、おもちゃのように見える数千個のPFM-1(「蝶」)対人地雷を散布したのも、このためである。この種の地雷は、その主な活動領域において攻撃側ではなく、防御側が使用するものである。しかも、この地域では、ドンバス民兵は「自宅で」、個人的に知っている住民を相手に戦っているのです。

私は、戦争犯罪は双方で行われていると思うが、その報道は大きく異なっていると思う。我が国のメディアは、ロシアに起因する犯罪を(その真偽はともかく)大々的に報じてきた。一方、ウクライナの犯罪については、極めて沈黙している。ブチャの大虐殺の全貌はわからないが、ウクライナが自国の犯罪を隠蔽するために演出したという仮説は、利用可能な証拠によって裏付けられている。このような犯罪を黙殺することで、我々のメディアは犯罪に加担し、免責の感覚を生み出し、ウクライナ人がさらなる犯罪を犯すのを助長してきたのだ。
TP:ラトビアは、西側(アメリカ)がロシアを "テロ国家 "に指定することを望んでいます。これについてはどう思われますか?これは戦争が実際に終わり、ロシアが勝ったことを意味するのでしょうか?

JB: エストニアとラトビアの要求は、ゼレンスキーがロシアをテロ国家に指定するよう求めたことに対応するものです。興味深いのは、クリミアやウクライナの占領地、その他のロシア領でウクライナのテロキャンペーンが繰り広げられているのと同じ時期に、このような要求が出されたことです。また、2022年8月のダリヤ・ドゥギナ襲撃にエストニアが加担していたらしいことも興味深い。
ウクライナ人は、自分たちが犯した犯罪や抱えている問題を隠すために、鏡像でコミュニケーションをとっているようです。例えば、2022年5月末、マリウポルのアゾフスタル降伏でネオナチの戦闘員が映ると、「ロシア軍にネオナチがいる」と主張するようになった。2022年8月、キエフがクリミアのエネルゴダール発電所やロシア領内でテロ的な性格の行動をとっていたとき、ゼレンスキーはロシアをテロ国家と見なすよう呼びかけました。
実際、ゼレンスキーはロシアを倒すことでしか自分の問題を解決できないと考え続けており、その敗北は対ロ制裁にかかっていると考えている。ロシアをテロ国家と宣言すれば、さらなる孤立を招くことになる。だから、彼はこのような訴えをしているのだ。このことは、「テロリスト」というレッテルが作戦よりも政治的なものであり、このような提案をする人たちが、あまり明確な問題意識を持っていないことを表している。問題は、それが国際関係に影響を及ぼすということだ。このため、米国務省は、ゼレンスキーの要求が議会で実行されることを懸念しているのです。

TP:今回のウクライナ・ロシア紛争の悲しい結果の1つは、欧米がいかに最悪の事態を招いたかということです。私たちはこれからどこに向かうと思いますか?それとも、NATOや中立国でなくなった国々、そして西側が世界を「統治」しようとする方法に関して、変更を余儀なくされるのでしょうか?

JB:今回の危機は、いくつかのことを明らかにしています。まず、NATOとEUは米国の外交政策の道具に過ぎないということです。これらの機関は、もはや加盟国の利益のために行動するのではなく、アメリカの利益のために行動しているのです。アメリカの圧力の下で採用された制裁措置は、この危機全体の中で大きな敗者であるヨーロッパに裏目に出ている。ヨーロッパは自ら制裁を受け、自らの決定の結果として生じる緊張に対処しなければならない。
西側諸国の政府による決定は、若くて経験の浅い(フィンランドのサナ・マリン首相のような)リーダー、無知だが自分は賢いと思っている(フランスのエマニュエル・マクロン大統領のような)リーダー、教条的(欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長のような)リーダー、狂信的(バルト諸国の指導者のよう)な世代のリーダーがいることを明らかにしている。しかし、これらの首脳には共通した弱点があり、特に複雑な危機を管理する能力が欠けている。
頭が危機の複雑さを理解できないときは、根性論と独断論で対応する。これがヨーロッパで起きていることです。東欧諸国、特にバルト三国とポーランドは、アメリカの政策に忠実な下僕であることを自ら示しています。また、未熟で、対立的で、近視眼的なガバナンスを示してきた。これらの国々は、西洋の価値観を統合したことがなく、第三帝国の勢力を称揚し、自国のロシア語を話す人々を差別し続けている。
外交的解決に猛烈に反対し、火に油を注ぐだけの存在である欧州連合(EU)については、私は言及しない。
紛争に巻き込まれれば巻き込まれるほど、その結果も気になってくる。勝てば万々歳。しかし、もし紛争が失敗に終われば、あなたはその重荷を背負うことになる。これが、最近の紛争で米国に起こったことであり、ウクライナで起こっていることである。ウクライナの敗北は、欧米の敗北になりつつあるのです。
この紛争でもう一つ大きな敗者となったのは、明らかにスイスである。中立の立場が突然、信用を失ったのだ。8月上旬、スイスとウクライナは、モスクワのスイス大使館がロシアにいるウクライナ国民を保護する協定を結んだ。しかし、この協定を発効させるためには、ロシアに承認される必要がある。極めて当然のことながら、ロシアはこれを拒否し、"スイスは残念ながら中立国としての地位を失い、仲介者・代理人として行動することはできない "と宣言したのです。
中立は単に一方的な宣言ではないので、これは非常に重大な進展です。中立は一方的な宣言ではなく、すべての人に受け入れられ、認知されなければならないからだ。しかし、スイスは欧米諸国と足並みを揃えるだけでなく、欧米諸国よりもさらに極端なことをした。170年近く認められてきた政策を、スイスはわずか数週間で台無しにしてしまったと言える。これはスイスの問題であるが、他の国の問題でもあろう。中立の国家は、危機を脱するための方法を提供することができる。現在、欧米諸国はエネルギー危機の観点から、面目を失わずにロシアに接近できるような出口を探している。トルコがこの役割を担っているが、NATOの一員であるため、限定的である。

https://www.thepostil.com/wp-content/uploads/2022/09/IronCurtain-1024x564.jpg
図3●ロシアに制裁を加えた国や組織。スイスは中立国でありながら、1位に立っている。自国の情報では、これは米国からの圧力と脅迫で行われたとのこと。しかし、これは中立の原則に大きな打撃を与えるものであり、将来の紛争に影響を与えるものである。

西側諸国は、今後何年にもわたって国際関係に影響を与える「鉄のカーテン2.0」を作り出してしまったのである。西側諸国の戦略的ビジョンの欠如には驚かされる。NATOが米国の外交政策に合わせ、中国に方向転換している一方で、西側の戦略はモスクワ-北京の軸を強化したに過ぎないのです。

TP:この戦争は、最終的に欧州、米国、中国にとってどのような意味を持つとお考えですか?

JB:この問いに答えるには、まず別の問いに答えなければなりません。"なぜこの紛争は、西側諸国が始めた過去の紛争よりも非難され、制裁されるのか?"
アフガニスタン、イラク、リビア、マリの惨事の後、世界の他の国々は、西側が常識的にこの危機を解決する手助けをすることを期待した。西側諸国は、こうした期待とはまったく逆の反応を示した。この紛争がなぜ以前の紛争よりも非難されるべきものなのか、誰も説明できないばかりか、ロシアと米国の扱いの違いから、被害者よりも加害者の方が重視されていることが明らかになったのである。ロシアを崩壊させようとする努力は、国連安保理に嘘をつき、拷問を行い、100万人以上の死者を出し、3700万人の難民を生み出した国々の完全な免責とは対照的である。
この扱いの差は、西側諸国では気づかれなかった。しかし、「世界の他の国々」は、「法に基づく国際秩序」から、欧米が決定する「ルールに基づく国際秩序」へと移行したことを理解したのである。
より物質的なレベルでは、2020年にイギリスがベネズエラの金塊を、2021年にアフガニスタンの国債を、そして2022年にロシアの国債をアメリカに没収され、西側の同盟国の不信感が高まった。このことは、非西側世界がもはや法に守られず、西側の好意に依存していることを示している。
この紛争は、新しい世界秩序の出発点なのだろう。世界が一気に変わるわけではありませんが、この紛争は世界の人々の関心を高めています。国際社会」がロシアを非難するといっても、実際には世界人口の18%の話なのだから。
伝統的に西側に近いアクターも、徐々に西側から離れつつある。2022年7月15日、ジョー・バイデンは、サウジアラビアがロシアや中国に接近するのを阻止することと、石油の増産を求めるという2つの目的で、モハメド・ビン・サルマン(MbS)を訪ねた。しかし、その4日前にMbSはBRICSのメンバーになることを正式に要請し、1週間後の7月21日にはMbSはプーチンに電話し、OPEC+の決定を支持することを確認したのである。つまり、原油増産はなし。欧米とその最強の代表への平手打ちである。

サウジアラビアは今回、原油の支払いに中国の通貨を受け入れることを決定した。これは大きな出来事であり、ドルに対する信頼の喪失を示す傾向がある。その結果は、潜在的に大きなものである。ペトロダラーは、1970年代に米国が赤字国債の資金調達のために創設したものである。他国にドルを買わせることで、米国はインフレのループに巻き込まれることなくドルを刷ることができる。ペトロダラーのおかげで、基本的に消費者経済であるアメリカ経済は、世界の他の国々の経済によって支えられているのである。元共和党上院議員のロン・ポールが言うように、ペトロダラーの崩壊は米国経済に悲惨な結果をもたらす可能性がある。
また、制裁によって、欧米がターゲットとしている中国とロシアが接近している。これにより、ユーラシアブロックの形成が加速され、世界における両国の地位が強化された。米国が「クワッド」の「二流」パートナーと蔑んできたインドは、ロシアや中国と係争中であるにもかかわらず、ロシアや中国に接近してきた。
現在、中国は第三世界におけるインフラの主要な供給者である。特にアフリカ諸国との付き合い方は、アフリカ諸国の期待に沿ったものとなっている。フランスなど旧植民地主義国との連携や、アメリカの帝国主義的パターナリズムは、もはや歓迎されない。例えば、中央アフリカ共和国やマリは、フランスに自国から出て行ってもらい、ロシアを頼った。
東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、アメリカは "中国との広範な地政学的競争における地位の強化 "のために1億5000万ドルの拠出を誇らしげに発表した。しかし、2021年11月、習近平主席は同じ国々に、パンデミック対策と経済回復のために15億ドルを提供した。その資金を戦争に使うことで、米国には同盟関係を構築し、強化するための資金が残されていない。
欧米の影響力の喪失は、「世界の他の国々」を「小さな子供」のように扱い続け、優れた外交の有用性を軽視していることに起因している。
ウクライナでの戦争は、数年前に始まったこれらの現象の引き金ではありませんが、目を覚まし、加速させるものであることは間違いないでしょう。

TP:西側メディアは、プーチンが重病にかかったかもしれないと押し寄せています。もしプーチンが突然死んだら、戦争に全く変化がないのでしょうか?

JB:ウラジーミル・プーチンは、胃がん、白血病、不明だが不治の病で末期症状、そしてすでに死亡していると報道されるなど、世界でも珍しい医療ケースだと思われる。しかし、2022年7月、アスペン安全保障フォーラムで、CIA長官ウィリアム・バーンズは、プーチンは "健康すぎる "と述べ、"健康状態が悪いことを示唆する情報はない "と発言したのです。これは、ジャーナリストと称する人たちがどのように働いているかを示しているのです

これは希望的観測であり、高次元では、テロやプーチンの物理的抹殺を求める声と呼応する。

西側諸国は、プーチンを通してロシアの政治を私物化している。なぜなら、プーチンはエリツィン時代以降のロシアの復興を推進した人物だからだ。アメリカ人は、競争相手がいないとチャンピオンになりたがり、他人を敵と見なす。ドイツ、ヨーロッパ、ロシア、中国がそうである。
しかし、我々の「専門家」はロシアの政治についてほとんど知らない。現実には、ウラジーミル・プーチンは、ロシアの政治状況において、むしろ「鳩」のような存在だからだ。プーチンがいなくなれば、より攻撃的な勢力が出現する可能性もないとはいえない。エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、グルジアといった国々は、ヨーロッパの民主主義的な価値観が育っていないことを忘れてはならない。彼らはいまだにヨーロッパの価値観からかけ離れたロシア系民族に対する差別的な政策をとっており、未熟な挑発者のように振る舞っている。もしプーチンが何らかの理由でいなくなれば、これらの国々との紛争は新たな局面を迎えることになると思います。

TP:現在のロシアはどの程度統一されているのでしょうか。この戦争によって、ロシア国内に以前より深刻な反対勢力が生まれたのでしょうか?

JB:いいえ、それどころか。アメリカやヨーロッパの指導者たちは、自分たちの敵についてよく理解していません。欧米諸国がロシア国民を「罰する」ことに執着した結果、ロシア国民は指導者に近づいてしまっただけです。実際、政府を転覆させるためにロシア社会を分裂させようとする西側の制裁は、最も愚かなものも含めて、クレムリンが長年言ってきたこと、つまり西側がロシア人に対して深い憎しみを抱いていることを裏付けるものとなってしまったのだ。かつて嘘だと言われたことが、今やロシアの世論で確認されたのだ。その結果、政府に対する国民の信頼はますます強くなっている。
レバダセンター(ロシア当局は「外国人工作員」とみなしている)が示す支持率は、プーチンとロシア政府を取り巻く世論の締め付けが強くなっていることを示している。2022年1月、ウラジーミル・プーチンの支持率は69%、政府の支持率は53%であった。現在、プーチンの支持率は3月以降83%前後で安定しており、政府の支持率は71%である。1月には29%がプーチンの決断を認めなかったが、7月には15%にとどまった。
レバダ・センターによると、ロシアのウクライナでの作戦でさえ、好意的な意見が多数を占めている。3月には81%のロシア人が作戦に賛成していたが、3月末の制裁の影響か74%に下がり、その後、再び上昇した。2022年7月、作戦の国民的支持率は76%であった。

https://www.thepostil.com/wp-content/uploads/2022/09/Support.jpg
図4●ロシア人全員がウクライナでの特殊作戦を支持しているわけではないが、国民の4分の3は支持している。ウクライナの戦争犯罪、欧米の制裁、ロシア当局の優れた経済運営などがこの支持を説明している。[出典](英語

問題は、わが国のジャーナリストには教養もジャーナリズムの規律もなく、それを自分の信念にすり替えていることだ。それは、事実ではなく、自分が信じていることに基づいて偽りの現実を作り出すことを目的とした陰謀の一形態である。例えば、アレクセイ・ナヴァルニーがクリミアをウクライナに返還しないと言ったことを知る(あるいは知ろうとする)人はほとんどいない。西側の行動によって反対派が完全に一掃されたのは、「プーチンの弾圧」のせいではなく、ロシアでは、外国の干渉や西側のロシア人に対する深い侮蔑に対する抵抗が超党派の大義名分になっているからです。まさに、西側諸国のロシア人嫌いと同じです。そのため、アレクセイ・ナヴァルニーのように、決して人気が高いとはいえない人格者が、大衆メディアの風景から完全に消えてしまった。
さらに、制裁がロシア経済に悪影響を与えたとしても、2014年以降の政府の対応を見ていると、経済のメカニズムに精通し、状況を見極めるリアリズムに長けていることがわかる。ロシアでも物価の上昇はありますが、ヨーロッパに比べるとかなり低いですし、欧米経済が主要金利を引き上げているのに対して、ロシアは下げています。
ロシアにおける反対勢力の表現として、ロシアのジャーナリスト、マリナ・オヴシャニコワが例示されている。彼女のケースは、例によってすべてを語っているわけではないので興味深い。
2022年3月14日、彼女はウクライナでの戦争の終結を求めるポスターを持ってロシアのファーストチャンネルのニュース番組に乱入し、国際的な喝采を浴びました。彼女は逮捕され、280ドルの罰金を科された。
5月、ドイツの新聞社Die Weltは彼女にドイツでの仕事を提供したが、ベルリンでは親ウクライナの活動家が同紙に彼女との協力関係を解消させるためのデモを行った。メディア「ポリティコ」は、彼女がクレムリンのエージェントである可能性を示唆したほどです
その結果、2022年6月、彼女はドイツを離れ、故郷のオデッサに住むことになった。しかし、ウクライナ側は感謝するどころか、彼女をMirotvoretsというブラックリストに載せ、反逆罪、"クレムリンの特別な情報・宣伝活動への参加"、"侵略者への加担 "で告発しているのです。
Mirotvoretsのウェブサイトは、ウクライナ政府の意見に同調しない政治家、ジャーナリスト、著名人の「ヒットリスト」である。リストに載っている人のうち、何人かは殺害されている。2019年10月、国連は同サイトの閉鎖を要請したが、これはラーダによって拒否された。注目すべきは、わが国の主要メディアはいずれもこの行為を非難しておらず、彼らが守ると主張する価値観から大きくかけ離れていることだ。言い換えれば、私たちのメディアは、かつて南米の政権に起因していたこれらの慣行を支持しているのです。

https://www.thepostil.com/wp-content/uploads/2022/09/Darya-Dugin-1024x502.png
図5 - "Liquidated "とマークされたDarya Dugina。

その後、オフシャニコワはロシアに戻り、プーチンを「殺人者」と呼んで戦争反対のデモを行い、警察に逮捕されて3カ月間自宅軟禁された。このとき、わが国のメディアは抗議をした。

2022年8月21日にモスクワで爆弾テロの犠牲となったロシア人ジャーナリスト、ダリヤ・ドゥギナがミロトヴォレッツのリストに載っており、彼女のファイルは "清算 "とされていたことは特筆に価する。もちろん、SBUとつながりがあるとされるMirotvoretsのサイトで彼女が狙われたことに言及した欧米メディアはなく、それはロシアの非難を支持する傾向にあるからだ。
ドンバスにおけるウクライナと西側の犯罪について暴露したことが気になるドイツ人ジャーナリスト、アリーナ・リップは、ウェブサイト「ミロトヴォレッツ」に掲載された。さらに、アリーナ・リップは、ロシア軍がウクライナの地域を "解放 "したと主張したため、ドイツの裁判所から欠席裁判で3年の実刑判決を受けた。"犯罪行為を美化 "しているのだ。このように、ドイツ当局は、ウクライナのネオナチ分子のように機能している。今日の政治家たちは、彼らの祖父母の功績なのです
戦争に反対する人がいても、ロシアの世論は圧倒的に政府を支持していると結論づけることができる。欧米の制裁は、ロシア大統領の信頼性を高めただけだ。

結局、私が言いたいのは、わが国のメディアと同じように、ロシアへの憎しみをウクライナへの憎しみにすり替えることではありません。逆に、世界は白か黒かどちらかではなく、欧米諸国が事態を大きく捉えすぎていることを示すことである。ウクライナに同情的な人たちは、2014年と2015年に合意された政治的解決策を実行するよう、各国政府に働きかけるべきだったのです。彼らは何もせず、今はウクライナに戦いを迫っている。しかし、私たちはもはや2021年ではありません。今日、私たちは自分たちの非決断の結果を受け入れ、ウクライナの回復を支援しなければならない。しかし、それはこれまでのように、そのロシア語圏の人々を犠牲にして行うのではなく、ロシア語圏の人々とともに、包括的な方法で行わなければならない。フランス、スイス、ベルギーのメディアを見ると、まだゴールにはほど遠いようです。

TP:ボードさん、この度は大変勉強になるお話をありがとうございました。

***

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. リンゴ酢[1] g4qDk4NTkHw 2022年9月11日 00:03:59 : tY3haT4YWA : N2VMaUtVdXFYajY=[2] 報告
投稿規定3回読みました。
よろしくお願いします。
2. 管理人さん[3201] iseXnZBsgrOC8Q 2022年9月12日 20:40:54 : ZFZHYmRTRUo3YS4=[837] 報告
投稿可能になりました。本番投稿をお願いします

お手数をおかけして申し訳ありません。

阿修羅掲示板を大活用してくださいませ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板7掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板7掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板7掲示板  
次へ