★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 227.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「男はつらいよ」ならぬ「男はよわいよ」(米国科学誌、2014年2月18日号)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/227.html
投稿者 脳天気な 日時 2014 年 3 月 02 日 14:30:17: Md.C3hMjrAb3Q
 

Scientific American 電子版2月19日号に面白い記事を見つけましたので紹介しておきます。タイトルは「男はつらいよ」ならぬ「男はよわいよ」です。
 STAP細胞をめぐってダイナモ氏が「口角泡をとばし」ておられます。以下に紹介する記事は男の精神不安定性・脆弱性を論じています。私にも思い当たるところがあり、自省せねばと思っています。
 小保方氏の仕事は、一朝一夕で片がつくことではないでしょう。簡単に再現ができるとなると、人の遺伝子の安定性、ひいては進化論にも関わってきます。誠に微妙な物理・化学・生物環境がなした反応と現時点では思うことにし静観すると言うスタンスがあってよいと思います。
 以下の記事に見るように、男たるもの、自らを冷静に見直すことを戒めているようにも思えます。

%%%%%記事紹介はじめ
ブログ「法螺と戯言」より 
http://blog.livedoor.jp/oibore_oobora/archives/51882319.html

Are Men the Weaker Sex? 「男ってか弱いのね!」、Feb 18, 2014
By Alice Shabecoff and Environmental Health News
http://www.scientificamerican.com/article/are-men-the-weaker-sex/?&WT.mc_id=SA_WR_20140219

Contrary to cultural assumptions that boys are stronger and sturdier, basic biological weaknesses are built into the male of our species. These frailties leave them more vulnerable than girls to life’s hazards, including environmental pollutants such as insecticides, lead and plasticizers
 男児はより強くより頑丈であるという文化的仮定に反して、根本的な生物学的弱点が人(ひと)の男性には組み込まれている。殺虫剤、鉛およびプラシティックのような環境汚染物質等、生命へ危険を及ぼしかねない物質に対する男児の弱さは少女のそれより大きい。

Boys, because of their basic biology, have some weaknesses that girls don't have.
We can, thankfully, remove one threat to the future existence of the human male from our worry list: The male Y chromosome, after dwindling from its original robust size over millions of years, apparently has halted its disappearing act.
 男児は、根本的な生物学原理に縛られて、少女には無い幾つかの弱点を持っている。有難いことに、そうした心配のタネから人間の男性の将来の存在に対する1つの脅威を取り除くことができる:男性のY染色体は、何百万年の間にその元々の強健なサイズから縮小してきたが、現在はその消失過程が停止しているように見える。
But don’t start cheering yet. Contrary to cultural assumptions that boys are stronger and sturdier, basic biological weaknesses are built into the male of our species. These frailties leave them more vulnerable than girls to life’s hazards, including environmental pollutants such as insecticides, lead and plasticizers that target their brains or hormones. Several studies suggest that boys are harmed in some ways by these chemical exposures that girls are not. It’s man’s fate, so to speak.
 しかし、まだはしゃいではいけない。少年がより強くより頑丈であるという文化的仮定に反して、根源的な生物学弱点が人類の男性には組み込まれている。これらの弱点が、男児をして女児よりも生命危険物に対して脆弱にしている。生命危険物とは、脳あるいはホルモンを標的とする殺虫剤、鉛、プラスティックなどの環境破壊物質だ。いくつかの研究は、男児が、これらの化学物資との接触過程をつうじて傷つけられることを示唆している。一方少女はこうした外界からの影響に対して強い。それがいわば男の宿命だ。
First of all, human males are disappearing. Mother Nature has always acknowledged and compensated for the fragility and loss of boys by arranging for more of them: 106 male births to 100 female newborns over the course of human history. (Humans are not unique in this setup: Male piglets, as an example, are conceived in greater proportion to compensate for being more likely than female piglets to die before birth.) But in recent decades, from the United States to Japan, from Canada to northern Europe, wherever researchers have looked, the rate of male newborns has declined. Examining U. S. records of births for the years between 1970 and 1990, they found 1.7 fewer boys per 1,000 than in decades and centuries past; Japan’s loss in the same decades was 3.7 boys.
 第一に、人(ひと)の男性は姿を消しつつある。母なる大自然は何時でもその事を認識し、男児の脆弱性びよる損失を男児をより多く誕生させることで補ってきた。つまり、100人の女性の新生児にたいして106の男児を誕生させている。(人だけが、このセットアップで特別と言うわけではない:誕生の前に死ぬ可能性が雌の子豚より多いオスの子豚は、その分、多く生まれる)。しかしカナダから北ヨーロッパ、アメリカ日本での最近の数十年間では(研究者が観察する限りでは)、男性の新生児の割合は低下している。1970年と1990年の間での米国での年間誕生記録を検討して、過去数十年間および百年間では、男児の出生率は1,000当たり1.7人ほど少ない;日本では、同じ数十年間の男児出生減少は3.7人にもなる。
Boys are also more than two-thirds more likely than girls to be born prematurely – before the 37th week of pregnancy. And, despite advances in public health, boys in the 1970s faced a 30 percent higher chance of death by their first birthday than girls; in contrast, back in the 1750s, they were 10 per cent more likely than girls to die so early in their lives.
Once they make it to childhood, boys face other challenges. They are more prone to a range of neurological disorders. Autism is notoriously higher among boys than girls: now nearly five times more likely, as tallied by the U.S. Centers for Disease Control and Prevention. They are more susceptible than girls to damage from very low-level exposure to lead. Yet another problem: Boys also suffer from asthma at higher rates. There’s also a stronger link between air pollution and autism in boys.
 男児が予定日より早く出生する、つまり妊娠の37週目以前、に出生する数は少女のそれより恐らく3分の2以上にもなる。また、公衆衛生の進歩にもかかわらず、1970年代の男児は、少女より最初の誕生日までに30パーセントもの高い確率で死に直面していた。1750年代でも、死ぬ可能性が少女より10パーセント高かった。一旦男児が幼年期までたどりついたとしても、彼らには他の他の危険が挑みかかる。男児は一連の神経疾患になりやすい。自閉症は、少女より少年の間で格段に多い:今や、米国疾病管理予防センターによる推計では、ほぼ五倍の頻度だ。男児は、低レベル鉛暴露からの影響も少女より受けやすい。さらには別の問題がある:男児は、さらにより高い割合で喘息に苦しんでいる。男児にあっては、大気汚染と自閉症の間でより強い連関がみとめられる。
(つづく)

=====男は弱い?(2)
なにやら男児にとって辛い話が続いています。
http://www.scientificamerican.com/article/are-men-the-weaker-sex/?&WT.mc_id=SA_WR_20140219
Are Men the Weaker Sex?
記事紹介続き(2)です。
What is up here? Why do boys face such a burden of physical challenges?
The answer is that the male’s problems start in the womb: from his more complicated fetal development, to his genetic makeup, to how his hormones work.
The nine-month transformation from a few cells to an infant is a time of great vulnerability. Many chronic illnesses are seeded in the womb. In our species, the female is the default gender, the basic simpler model: Humans start out in the womb with female features (that’s why males have nipples). The complicated transformation in utero from female to male exposes the male to a journey packed with special perils. When the first blast of testosterone from the Y gene comes along at about the eighth week, the unisex brain has to morph into a male brain, killing off some cells in the communication centers and growing more cells in the sex and aggression centers. The simpler female reproductive system has to turn into the more complex male reproductive tract, developing tissues such as the testis and prostate. Further, it takes a greater number of cell divisions to make a male; with each comes the greater risk of an error as well as the greater vulnerability to a hit from pollutants.
 何がここで起こるか。なぜ男児は、そうした物理的な危険という負荷を負わされるのか。答えは、男児の問題が子宮の中で始まるからだ:より複雑な胎児の発育から彼の遺伝的形成までの過程、そして胎児のホルモンが働く過程である。
少数の細胞から幼児までの9か月の変形期間は、大きな脆弱性が発現するの時間でもある。多くの慢性病が子宮内で芽生える。人にあっては、女性はデフォルト・ジェンダー(本来的な)性である:人は女性の特徴(それは、なぜ男性が乳首を持つかでも明らか)を以って子宮の中で始まる。その過程のなかで、複雑な変形(女性から男性への子宮内での変形)特別の危険に男児をさらすのだ。Y遺伝子からのテストステロン(男性ホルモンの一種)の最初の作用がおよそ8週目でやって来た時、元々は男女差の無かった脳は、情報中枢のいくつかの細胞を機能停止状態にし、性分化への道を開き、機能停止中枢に変わって、より多くの他の細胞を育てて、男性の脳へと変形する。より単純な女性の生殖システムは精巣と前立腺のような組織への変貌を遂げ、より複雑な男性機能の発展となる。さらに、それは、男性になるために多くの細胞分裂を要する;各々の過程で、外界から受ける作用がもたらす大きな脆弱性、同様に過程時の誤処理のより大きな危険に遭遇する。

On top of that challenge, the human male’s XY chromosome combination is simply more vulnerable. The two XXs in the female version of our species offer some protection: In disorders where one X chromosome has a genetic defect, the female’s healthy backup chromosome can take over. But with his single X chromosome, the male lacks a healthy copy of the gene to fall back on. The X chromosome, which never shrank, is also a larger chromosome “with far more genetic information than the Y chromosome,” finds Irva Hertz-Piciotto, a University of California, Davis autism researcher, “so there may be some inherent loss of key proteins for brain development or repair mechanisms in boys.” This is a clue to the higher autism rate among boys, she asserts.
Females also have a stronger immune system because they are packed with estrogen, a hormone that counteracts the antioxidant process. “Estrogen protects the brain; it’s a no-brainer, pun intended,” explains Theodore Slotkin, professor of neurobiology at Duke University’s School of Medicine. “It repairs and replaces, even after neural injury.” Low estrogen even leaves boys more sensitive to head injuries. The male brain “is simply a more fragile apparatus, more sensitive to almost all brain insults,” lead poisoning expert Herbert Needleman told writer Julia R. Barrett of Environmental Health Perspectives.
 そうした危険の上で、人間の男性のXY染色体の組み合わせはまさに脆弱そのものあるいはそれを超える何がしである。人類にあって、女性の中の2つのXXは保護機能でもある:つまり、1つのX染色体が遺伝的欠陥をしていても、女性の健康なもう一つの染色体がバックアップできる。しかし、単一のX染色体では、回復するための、遺伝子のコピーが作れない。X染色体(それは縮まず生き残りつづけた)は「Y染色体よりはるかに多くの遺伝子情報を備えた」より大きな染色体である。Irva Hertz-Piciotto, a University of California, Davis autism researcher,は指摘し「したがって、男児には脳発達かそれの修理メカニズム用の鍵となるタンパク質のある固有の部分の損失が起きても不思議でない」と、彼女は言う。これは男児に、より高い自閉症発祥の割合を解明する手掛かりでもある、と彼女は主張する。
エストロゲン(酸化防止剤プロセスを打ち消すホルモン)が詰められているので、女性はさらにより強い免疫系を持っている。「エストロゲンは脳を保護する;no-brainer, pun intended(意味不明)。」とTheodore Slotkin, professor of neurobiology at Duke University’s School of Medicine.は説明する。「それはニューロンが傷ついた後ですら、それを修理し交換する。」と。
 低いエストロゲンのため、頭部外傷に対して男児は深刻な影響を受けやすい。男性の脳は「まさに脆弱な装置である、ほとんどすべての脳障害にたいしてより敏感だ。」鉛中毒のエキスパートのHerbert Needleman は Julia R. Barrett of Environmental Health Perspectivesは語っている。
(つづく)
=====紹介者コメント「男はよわいよ」(3)
米国科学誌記事の紹介です。「男は弱いよ」の最終回です。とりわけコメントをつける必要も感じません。「男はよわいよ」を実感していただくこと、強調させていただくなら、生物学的には「男はきわめて弱い」ことを女性は認識し、男をもっと大事にせねばならないと考えていただければ、この記事の紹介意義があったというべきやもしれません。

記事紹介つづき(3)はじめ 
It’s the high levels of testosterone in the womb at critical times in gestation, according to British psychopathologist Simon Baron-Cohen, that are responsible for what he calls “the extreme male brain” – the kind exhibited by autistic boys – low in empathy, high in systematizing. And, in fact, recent decades of U.S. research do find unusually low estrogen and high testosterone levels among boys with autism.
If the balance of hormones is out of whack in males, what made that happen? Researchers are coming up with some clues.
In the New York City neighborhoods near Columbia University’s Center for Children’s Environmental Health, families for years routinely sprayed their apartments with a popular insecticide, chlorpyrifos, until it was banned from household use in 2001. The researchers found that prenatal exposure to the chemical seemed to have more of an effect on reducing the IQs of boys than girls. Disruption of their male hormones may be the reason. “One possible explanation for the greater sensitivity of boys to chlorpyrifos is that the insecticide acts as an endocrine disruptor to suppress sex-specific hormones,” said study leader Megan Horton of Columbia.
Similarly, pregnant mothers’ exposure to phthalates – used in making some vinyl products and toys as well as some personal care products – has been linked to bigger changes in the behavior, such as aggression and attention problems, of their sons than their daughters. Phthalates also may feminize male genitalia.
  British psychopathologist Simon Baron-Cohenによれば、懐妊中の重大な時期での子宮中の高テストスロンこそが「“the extreme male brain”」とBaron-Cohenが呼ぶものの真因だ。それは一種の自閉的男児、低い感情移入、軽度発達障害などの兆候だ。また、実際、米国の研究の最近の数十年間は、自閉症の男児に異常に低いエストロゲンおよび高いテストステロン・レベルを見いだしている。男児でホルモンのバランスが悪い場合、何がそれを起こしたか。研究者はいくつかの手掛かりを見出している。
Columbia University’s Center for Children’s Environmental Healthの近くのニューヨーク市近隣で、何年もの間、慣例的に一般的な殺虫剤(クロルピリホス)が散布された。アパートに住む家族たちの疫学調査によれば重大な発見が観察されている。その殺虫剤は2001年にやっと家庭の使用から禁止されている。研究者達は、妊婦の化学薬品への被爆が少女より少年のIQの縮小に対する影響をより多く持つように見えることを知った。化学薬品による男性ホルモンの混乱が理由かもしれない。「クロルピリホスによる男児へのより大きな影響についての一つの可能な説明は、性の違いによる。男児特有のホルモンを抑えるための内分泌撹乱物質として殺虫剤が働くということである」とleader Megan Horton of Columbiaは言う。
 同様に妊娠している母親のフタル酸塩への接触も関係する。それらは個人的治療製品と同様にいくつかのビニール製品および玩具で使用されている。これらは彼らの娘より彼らの息子の挙動上の影響と関連付けられるようだ。すなわち攻撃的であったり注意力の散漫などだ。フタル酸塩はさらに男性の外陰部を女性化する可能性もある。

Boys also seem to be more vulnerable to bisphenol A, an estrogenic substance used to make polycarbonate plastics as well as some thermal receipts and the linings of food and beverage cans. Boys, but not girls, exposed to higher BPA levels in the womb or during childhood had more hyperactivity, aggression and anxiety problems, according to a University of California, Berkeley study. In addition, pregnant women exposed to higher levels of the chemical gave birth to baby boys with lower thyroid hormones. No such effect was detected in the baby girls. No one knows what these lower levels may mean for the boys’ health because they remained within normal boundaries, but it could have important effects because thyroid hormones guide brain development.
 男児は、さらにビスフェノールAに影響を受けるように見える。これはエストロゲン物質であり、ポリカーボネート・プラスチックを作るために使用されるのであるが、飲料用または食料用缶の内側に使われている。女児でなく男児は子宮内で幼年期中に高いBPAにさらされる。それが攻撃性と精神不安定につながる、と、カリフォルニア大学バークレー校の研究が示した。さらには、より高いレベルの化学物質にさらされた妊婦は、より低い甲状腺ホルモンを持った男の赤ん坊を産んでいる。そのような発現は女児には検知されない。これらのより低いレベルが少年の健康にとって何を意味するか分かっていない。なぜなら正常な範囲内であったからだ。しかし、甲状腺ホルモンが脳発達を導くので、それは大きく影響したはずだ。

Some of these chemicals act like fake estrogens, others like fake testosterone, but both types seem to disrupt normal development. Animal tests show that a dose of these chemicals inflict the most damage when it hits a fetus. And, because of their biological vulnerabilities, it’s boys who may experience the most effects.
While not forgoing the push for fairness and equality, it seems wise to accept the scientific reality of male weaknesses. This likely won’t mean the end of men, but their vulnerability to environmental contaminants and diseases could have serious ramifications for the future of the entire human race unless we find ways to protect them from harm.
 これらの化学薬品のうちのいくつかは偽のエストロゲンのように作用する、あるものは偽のテストステロンのように働く。しかし、どちらも、正常な生育を混乱させるように見える。動物実験は、これらの化学薬品の服用量が、とりわけ胎児の時期には、最悪の影響をなす。また、彼らの生物学的脆弱性のために、最多の影響を受けるのは男児である。
 公平と均等のための努力を通じて、男性の弱点の科学的な現実を受け止めるのは賢明だ。これは、人の終了を意味しない。しかし、もし我々がそうした害から男児を保護する方法を見つけなければ、環境上の汚染物質および疾病に対する男性の脆弱性は全人類の将来に重大な波及効果を持つ。
Alice Shabecoff is the coauthor with her husband, Philip Shabecoff, of Poisoned for Profit: How Toxins Are Making Our Children Chronically Ill, Random House 2008, Chelsea Green, 2010.
This article originally ran at Environmental Health News, a news source published by Environmental Health Sciences, a nonprofit media company.
%%%%%記事紹介おわり

   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧