★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 290.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小保方氏、理研と徹底抗戦 論文不正、顔色変え「不服」(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/290.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 01 日 23:08:25: igsppGRN/E9PQ
 

STAP細胞論文問題の最終報告を受け、会見する理研の野依良治理事長(中央)ら=1日午後2時44分、東京都墨田区、飯塚晋一撮影


小保方氏、理研と徹底抗戦 論文不正、顔色変え「不服」
http://www.asahi.com/articles/ASG415FM2G41ULBJ015.html
2014年4月1日21時57分 朝日新聞


 STAP(スタップ)細胞の論文を不正と認定した理化学研究所と、筆頭著者小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーの見解の相違による対立が1日、鮮明になった。理研から不正の唯一の実行者とされ、小保方氏は「承服できない」と徹底抗戦の構え。一方、新たな万能細胞に期待していた患者や、「リケジョ」と呼ばれる女性理系研究者、学生らは肩を落とした。

 東京・両国で1日午後に開かれたこの日2回目の記者会見。約300人の報道陣に囲まれ、野依良治理事長は「理研の研究者が発表した論文が科学社会の信頼性を損なう事態を引き起こしたことに対し、おわび申し上げます」と謝罪した。

 ただ、この日午前の記者会見で、理研調査委員会が研究不正を認定したのは小保方氏だけ。ほかの3人の論文の共著者は「責任は重大」としながらも、不正はなかったと判断した。

 画像の「捏造(ねつぞう)」について、石井俊輔調査委員長は「通常の研究者ではまずない」と小保方氏を批判。3年間で実験ノートが2冊しかなかったことに「内容が断片的で、実験をフォローできないというのは、経験がない」とした。

 野依氏は懲戒委員会で処分を検討するとしたが、具体的に名前が挙がったのは小保方氏だけだった。

 しかし、報道陣からは、共著者や理研の組織としての責任を追及する質問が相次いだ。「(小保方氏だけ)トカゲのしっぽ切りではないか」といった指摘もあった。理研発生・再生科学総合研究センターの竹市雅俊センター長は「若手登用のサポート体制が不十分であったことを学んだ」と話し、再発防止策として若手研究者への研究倫理教育の充実を挙げた。

■小保方氏、STAP細胞の存在確信

 小保方氏の代理人弁護士は1日、朝日新聞の取材に対し、9日までに理研に不服申し立てを行うことを明らかにした。4人の弁護団を結成。依頼の経緯は話せないという。広報担当の三木秀夫弁護士は「小保方さんの置かれている状況に人権侵害のおそれがある。守らないといけない」と話した。

 最終報告の内容は、3月31日に神戸市で理研の川合真紀理事から小保方氏に直接説明された。同席した三木弁護士によると、小保方氏は顔色を変えて不服をあらわにしていたという。「驚きと憤りの気持ちでいっぱいです」。1日に公表したコメントではそう表現した。

 小保方氏はSTAP細胞の存在を確信している様子で、コメントで「あたかもSTAP細胞の発見自体が捏造であると誤解されかねず、到底容認できません」と反論した。第三者による再現実験が成功していない点は「実験には数カ月かかる」と説明しているという。理研側から発言を控えるよう求められていたといい、最終報告を待ってコメントを公表したという。

 弁護団によると、不服申し立ては理研の規定に基づくもので、受理される見通しという。今後、本人の記者会見を開くことも検討しているが、心労がたまって体調がよくないといい、慎重に判断する。

 理研によると、小保方氏は神戸市の研究所には出勤していない。3月19日と23日に神戸と東京であった調査委の聞き取りには「無理して出てきてもらった」(石井俊輔調査委員長)という。

     ◇

 理化学研究所の野依良治理事長らが開いた記者会見の主な一問一答は次の通り。

 ――保存された細胞のサンプルを使って検証する考えはあるのか。

 竹市雅俊理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)長 ゼロからSTAP細胞があるのか検証する。

 ――(共著者である)調査対象者の若山照彦氏(山梨大教授)や丹羽仁史氏(CDBプロジェクトリーダー)が検証に加わるのは公平性がないのでは。

 竹市氏 この研究は、追加試験は簡単にできないとうわさで聞いている。初期に思っていたより簡単ではなく、職人芸のノウハウが必要。(検証で)これだったら第三者でもできるという方法が確立してから、(第三者に)参加していただくのが適切だ。第三者を排除しているわけではない。

 ――小保方氏の出したコメントをどうとらえるか。

 野依氏 小保方氏の気持ちで出されていると思う。彼女はSTAPの存在を信じている。自分の研究なので思い入れがある。研究者は思い入れがあるのはごく当然。その意見が調査委の出した結果と整合するのかどうかは、私にはわからない。

 ――組織としての責任をどう考えているか。

 野依氏 厳粛に受け止めている。研究所の管理運営に責任を感じている。予断は許さないが、場合によっては私、役員の責任については厳正に対処しなければならないと思っている。

 ――6項目以外にも疑問が指摘されている。

 竹市氏 この論文が大切なのはSTAPがあるかどうか。個々の疑義に一つ一つ答えるためにやっていない。

 ――法人改革で特定法人への移行をにらみ、結論を急いだのではないか。

 野依氏 そういうことはない。社会の関心が高いのでできるだけ早くというのはありますが、それ以外はありません。

 ――小保方氏らが記者会見に出てこないのはなぜか。

 川合真紀理事 調査中は遠慮してもらった。尋常ではない状況になっている。安全を確保する責務があるので、安全性が担保される条件下でないと難しい。会見をするかどうかは本人の意思。今日出てこないのは、体の状況。まだ考えをまとめる時間も必要。心身共に疲れている職員を表に出して会見させるつもりはない。

 ――検証実験に1年というのはかかり過ぎでは。

 竹市氏 研究には、複雑なステップがある。とくにマウスの検証実験には時間がかかる。丹羽さんの判断で1年必要になった。

 ――ノートの管理がずさんでは。

 川合氏 個人が管理するのは、理研の本質的なルールと違っている。機関保管であることを周知徹底する。

 ――動機についてどのように考えるか。

 野依氏 若い研究者にとって有名な雑誌に論文を載せて、世界中の人に見てもらいたいのは本能だと思う。運動選手が全国大会、アジア大会、オリンピックで勝って認めてもらいたいのと似ている。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月01日 23:43:25 : liCO3FEW0Y
要は「ある特殊な遺伝子を持ったマウスはSTAP細胞が再現しやすい」と言う事なのか、と言うところでしょうね。
小保方氏に余程自信がないと、こう言うセリフは出て来ないのか?それとも小保方氏に問題があるのか?それとも小保方氏自信が本当の責任者は小保方氏ではない、と確信しているのか?
いずれにしろ、そのマウスの遺伝子を解析すればわかるでしょう。
もしそういう遺伝子のマウスが存在したら、通常のマウスも遺伝子組み換えすればSTAP細胞の再現は可能なのかも知れません。

02. 2014年4月01日 23:47:14 : liCO3FEW0Y
01です。
一部誤植で訂正。
小保方氏自信 → 小保方氏自身


03. 2014年4月01日 23:55:16 : F1T74RgEJk
現在わかっている論文の不正や杜撰さではSTAP細胞の存在は確認できないということに尽きるのでは。STAP細胞がこの世に存在しない、との証明は極めて困難で、1年検証実験やってもできなかったときにも、不存在の証明にはなりませんな。
検証実験なんて無意味、さらなる税金の無駄。
理研は、STAP細胞の研究からはさっさと撤退すべき。さらに、生命科学部門は廃止したほうがよい。

04. 2014年4月02日 00:10:10 : cfirdLTyDw
実際にSTAP細胞が出来ていれば、小保方を叩く必要は全くない。

数々の落ち度はあっても偉大な研究者となる。

理研は、そのSTAP細胞の成否を保留して、小保方を非難することは矛盾である。

理研、そのものが、支離滅裂で、およそ幼児が駄々をこねている程度の言い訳をしていて、まことに醜い。

だから、未熟と決めつけた小保方にも、容易に切り返される。

こんな集団、ともかく抹消すべきである。

解体して出直すべきである。


05. 2014年4月02日 00:27:50 : oboQn4HJEo
>理研は、そのSTAP細胞の成否を保留して、小保方を非難することは矛盾である。

矛盾してない。捏造が確定してる時点で、誰にどんな非難をされても小保方は文句は言えないし、

>容易に切り返される。

全然切り返せてない。ただのミスなんて子供じみた言い訳が通用するわけない。


06. 2014年4月02日 00:38:50 : cfirdLTyDw
>05 さん

可笑しいよ。

理研は論文の捏造は認めたが、STAP細胞が出来ていたか、否かは保留している。

>全然切り返せてない。ただのミスなんて子供じみた言い訳が通用するわけない。

弁護士同伴で記者会見すれば、どうなるか。
少なくとも理研上層部が行った小保方に関する会見の内容が、それこそ捏造であったことが暴露される。

理研上層部は自己責任回避のために小保方をスケープゴートにしたことは、もはや全国民に、明らかに認識されている。
事の善悪はともかくとして、それは誰が見てもそうである。

阿修羅のサイトでも、理研の最終記者会見の後、理研を非難する論調が増えているはずである。



07. 2014年4月02日 00:41:26 : cfirdLTyDw
理研上層部の馬鹿どもは、

STAP細胞発見の論文で勇み足をし、
今回は小保方を叩きすぎると言うミスをおかし

二度も判断を誤った。



08. 2014年4月02日 07:58:19 : oboQn4HJEo
>>06
おかしくない。科学的な結論というのはそんな簡単に下せるものではない。特に理研の調査委員は研究者ばかりなので、一般人より慎重なだけ。そもそも、不正の有無を調べるのが調査委の目的。
小保方の言い訳の、単なるミスなんて誰にも通用しない。そんなものが通用するなら世の中に警察は要らない。会見を開いてそんなガキみたいなことを言えばますます小保方の支持率は低下するだろう。そんなものが通用するなら、今頃小沢は総理大臣、猪瀬は都知事。

小保方への非難だけではなく、上位の者の責任も合わせて前面に出すべきだったかもしれないが、小保方への非難そのものは全く正しい。

>>07
勇み足はともかく、小保方は叩かれても仕方のないことをした。2度判断を誤ってるのは、勇み足で大はしゃぎし、事ここに至っても小保方を擁護してる小保方ファンだけ。


09. 2014年4月02日 08:36:53 : cAnokBXuqg
ねつ造って、画像処理のところだけってこと?
コピペはスルーなのか。

10. 2014年4月02日 08:38:53 : nbLx0eVkgs
>>07
ミスの前半には同意するが、後半は明らかに誤り。
叩き過ぎ?というような程度問題ではない。
小保方自身の反論は、不正の行為者が自分であることは認めた上で、
不正との判定が誤っていると主張しているに過ぎない。
そんな言い訳は、研究者社会には通用ない。

11. 2014年4月02日 09:21:38 : efYYgyF3F6
>>04
>実際にSTAP細胞が出来ていれば、小保方を叩く必要は全くない。

1.飲酒運転しても人をはねなければ非難されない、などということはない。
2.そもそもSTAP細胞が出来ているなら、画像の捏造・改竄などする必要が全くないはず。


12. 2014年4月02日 10:26:00 : ZFIybxPSKo
STAP論文画像捏造、理研不正認定 小保方氏「承服できぬ」近く会見
産経新聞 4月2日(水)7時55分配信

 理化学研究所などが発表した新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文に疑義が生じた問題で、理研は1日、調査委員会の最終報告書を公表し、重要な画像に捏造(ねつぞう)と改竄(かいざん)があったと不正を認定した。理研は不正を行った小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)を厳正に処分する方針だが、小保方氏は争う姿勢を明らかにした。

 調査委の最終報告によると、不正と認定されたのは小保方氏の3年前の早稲田大の博士論文の関連画像から流用された画像4枚と、一部が切り張りされたDNAの解析画像。

 博士論文に関連する流用画像はSTAP細胞の万能性を示す重要な証拠だった。小保方氏は「取り違えた」と説明したが、調査委は「違いを認識していなかったとは考えがたい」と指摘。「データの信頼性を根本から壊すものであり、捏造に当たる」と認定した。

 また、DNA解析画像の切り張りについて小保方氏は「禁止されていることを知らなかった」と説明したが、調査委は「きれいに見せたいという目的性をもって行われた加工」と指摘し不正な改竄と判断した。

 これに対し小保方氏は「悪意のない間違いにもかかわらず改竄、捏造と決めつけられたことはとても承服できない」と反論する談話を発表。代理人弁護士によると今月9日までに理研に不服申し立てを行い、その前後に記者会見するという。

 一方、共著者の笹井芳樹理研発生・再生科学総合研究センター副センター長と元理研の若山照彦山梨大教授については、不正はなかったとしながらも、データの正当性と正確性を自ら確認しなかったとして責任は重大とした。同じく共著者で理研の丹羽仁史氏に不正は認められないとした。

 小保方氏らは1月末、STAP細胞の論文を英科学誌ネイチャーに発表。革新的な万能細胞として世界的に注目されたが、実験の根幹に関わる部分で不正が明らかになり、論文の信頼性は失われた。STAP細胞が本当に存在するかどうかも疑念が深まっており、理研は内部で検証作業を続ける一方、最終判断は第三者の検証に委ねるとした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00000079-san-soci


13. 2014年4月02日 11:24:08 : nB4oeI5kao
身内に大学教授がいるが論文でのコピペ引用なんて殆どの学者がしとります。
もうかわうそ杉でしょ?あの子叩くのって見苦しいし我々に関係無いし良くわからないしどうでもよくね?ってとこ。
もっと人類の命にかかわる原発由来放射能汚染とかの隠匿、隠蔽、偽装、搾取、について議論や検証欲しいです。これからどうやって生きていくのか死活問題ですからね。
月一で日本離れ取るけどやっぱし帰ってきたくなるわ。
こっちが日本捨てるより東電つぶしてお願い。

14. 2014年4月02日 12:58:15 : fosDJQbk36
記者会見を開いて釈明した方が、言いたいことを直に言えてすっきりするのでは無いかな。
心労から解放されて体調も良くなると思うのだがね。
説得できるだけの証拠があればだ。

15. 2014年4月02日 13:06:38 : EEPukz6NSM
STAP細胞が実在するかどうかは、本当にSTAP細胞が発見(または人為的に作成)されるまでは結論できない。存在の可能性を理論的に否定することも不可能だろう。

だが、発見または実在が証明されるまでは、人間にとっては事実上存在しないと同じことになる。太陽系にまだ発見されていない惑星が存在するかどうかを議論するのと同じようなものだ。

もし今回の方法で本当にSTAP細胞が作られたのなら、論文としての不備はあったとしても、論文の主旨そのものには誤りがなく、したがって捏造とは言えない。

しかし、今回の論文に不正や捏造があったと結論する以上、今回の方法でSTAP細胞が作成された、ということは否定されたことになる。STAP細胞の存在が理論的に証明されたことにもならない。

つまり、今のところ、人間にとっては、STAP細胞は実在していないということだ。


16. 2014年4月02日 13:48:53 : oboQn4HJEo
>>13
身内の大学教授とは誰か?殆どの学者の具体例を述べよ。関係なくてどうでもいいなら口をはさむな。原発に興味があるなら好きなだけそっちをやっとけ。

17. 2014年4月02日 15:33:52 : 3BnU0kr93U
気色ばむ小保方氏「捏造と世界中に広まるのか」
2014年04月02日 14時35分

 STAP論文の不正を認定した理研調査委員会の最終報告書に対し、小保方リーダーは強く反発しており、両者の関係は全面的な対立に発展している。

 小保方リーダーの代理人を務める三木秀夫弁護士(大阪弁護士会)によると、最終報告書の内容について、3月31日に理研側から説明を受けた小保方リーダーは「とんでもない。私が捏造(ねつぞう)したと世界中に広まるのですか。とても納得できない」と驚き、気色ばんでいたという。

 その数日前に理研側から、説明のため理研施設に出向くよう要請があった。小保方リーダーは心身ともに疲労し、医師から診断書が出ていたこともあり、「代理人も同席したほうがよい」と理研側から勧められたという。

 三木弁護士は「小保方さんが調査委員会の面接を受けたのは1度しかなく、後はメールでの問い合わせなど間接的な調査だけだった。本人も、今回の結論には強烈な不満を感じている」と話す。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20140402-OYT1T50058.html


18. 2014年4月02日 15:48:21 : fdLHpTheOU
2008年 小保方氏ハーバードへ留学

2010年7月 理研で「STAP細胞」の研究が始まった。
      小保方氏が理研にいた若山教授を訪ね、自分が作った細胞の万能性を判定して欲しいと依頼する。
      驚くことに、この時点でノーベル賞もののSTAF細胞がつくられていたことになる。
(STAP細胞製造確認)

2011年   小保方氏理研に入社
同年    博士号取得

2011年末  若山教授が、小保方氏が作製した細胞をマウスの受精卵に注入し、育ったマウスの胎児に紫外線を当てたところ胎児の全身が緑色に光り、細胞が広がったことを確認した(細胞の発光現象により確認)→(実験 1)

(実験 2) STAF細胞をマウスに移植し様々な組織細胞に変異することの確認(各論的確認)→この部分の画像を捏造と指摘されている。

2013年2月 STAP細胞を、小保方氏に横についてもらって作り方を教わり、1回だけ成功した。その後、1人で再現しようとしたができなかった。再現を試みても(材料の細胞に起きたのは)弱い変化で、小保方氏が作ったようなものはできていない
   
2013年3月 小保方氏を研究ユニットリーダーとする。


2014年1月29日  ネイチャーで論文発表

2014年2月13日  不適切画像について指摘が始まる


この流れで、小保方が理研を翻弄したのか、理研が小保方を利用しようとしたのか!

???


19. 2014年4月02日 16:09:25 : 5eHUWDksJ2
「小保方論文」の実質的執筆者と言われている笹井氏の責任をスルーしていることが、理研のごまかし体質のすべてを物語っている!
STAP細胞が実在するかどうかなんてことより、今回の件を仕組んだ本当のワルは誰か、その点に的を絞れ。
理研の論点ズラシ作戦にはまるな。

20. 2014年4月02日 17:11:28 : oboQn4HJEo
>>18
https://www.youtube.com/watch?v=o-7esk6rOXg#t=1m18s
「ハーバードで」「あ〜でた〜」と言ってるので、

2008年 小保方氏ハーバードへ留学
↓↑
2010年7月  理研で「STAP細胞」の研究が始まった。

この間には「発見」してるんですね。
研究機関は面白い研究者がいればぜひ迎えたいと思うし、研究者も良い研究機関に行きたいと思うのは自然なことだとは思います。たとえば山中教授が最初にマウスでiPS細胞を発見したのは奈良先端大ですが、その成果によって京都大に迎えられています。お互いにお互いを利用しようとするものなんですね。
でも、小保方氏の場合はまず最初の「発見」が嘘ですからね。理研も嘘を知っていながらそれを利用した可能性は有りますがまだ立証されていませんので、とりあえず小保方氏が嘘をついて理研の権威を利用しNature掲載という果実を得たのは確実です。


21. 2014年4月02日 20:09:23 : BHdEyqauxk
小保方氏「論文取り下げ同意したことない」
4月2日 18時14分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140402/k10013449751000.html

STAP細胞を巡る問題で、理化学研究所は小保方晴子研究ユニットリーダーが論文の取り下げに同意したと説明していましたが、NHKが代理人を務める弁護士に取材したところ、小保方リーダーは、「論文の取り下げに同意したことはこれまでに一度もない」と話していることが分かりました。

STAP細胞の論文の取り下げについては、先月14日、理化学研究所の記者会見で、竹市雅俊センター長が小保方リーダーと面談した時の様子を説明し、論文の取り下げに同意したと話していました。ところが、NHKが代理人を務める三木秀夫弁護士に取材したところ、小保方リーダーは、「論文の取り下げに同意したことはこれまでに一度もない」と話していることが分かりました。

竹市センター長が会見で同意したと話したことについては、「非常に体調が悪く明確に拒否すると伝えることができなかったため、勘違いされたかもしれない」と話しているということです。

三木弁護士によりますと、小保方リーダーは現在、心身ともに疲労している様子だということですが、一時期より体調は回復してきているということです。

理化学研究所の調査委員会は、1日、小保方リーダーがねつ造と改ざんの2つの不正を行ったとする調査結果を発表しましたが、小保方リーダーは、来週前半にも不服申し立てをする方向で準備を進めているということです。

また小保方リーダーは、論文を巡る問題について、みずから説明したいと話していて、来週以降、記者会見を行うことも検討しているということです。


22. 2014年4月02日 22:10:25 : Fs820IFiwU
音楽界は作曲どころかピアノも弾けぬ『日本のベートベン」を見抜けなかつたし、生物科学者界は30歳の「女流天才?生物科学者」に手玉にとられて、キリキリ舞いしているが、シロウト目には、二つの出来事は同じ匂いがするのだ。来週あたり小保方が、記者会見して裏がわの真相を明らかにして欲しい。

23. 2014年4月02日 22:51:17 : V1yjcrGb5g
>20 さん


2008年 小保方氏ハーバードへ留学
↓↑
2010年7月  理研で「STAP細胞」の研究が始まった。

この間には「発見」してるんですね。
研究機関は面白い研究者がいればぜひ迎えたいと思うし、研究者も良い研究機関に行きたいと思うのは自然なことだとは思います。たとえば山中教授が最初にマウスでiPS細胞を発見したのは奈良先端大ですが、その成果によって京都大に迎えられています。お互いにお互いを利用しようとするものなんですね。

小保方の場合、それにしても早すぎる。
バカンティの指導で、弱酸性液を使って細胞に変化をもたらした事実はあったでしょう。
しかし、それが万能細胞であるとは解らない。
作った細胞を移植し増殖させ万能細胞である事を見極めると言う本当の研究は、ほとんど若山教授に依頼した。
若山は、その細胞を卵子に移植したマウスの胎児の全身に増殖していることまでは確認したが、それぞれの機能を有しているところまでの実験はできていない。
(この部分が捏造とされている)
要するに、理研に入ってから2年以上経つが、入る前に試作した細胞が、本当に万能細胞に当たるか、否かの証明が出来ていない。
現在のところで証明が出来ていないだけで、まだ可能性は残っている。
これはバカンティも小保方も同じ考えである。

問題は、そんな段階で発表した理研にある。
もともと万能細胞の立証が、どのようなものかはES細胞を作った理研には十分経験のあること。
それを軽率にも、あの段階で小保方を持ち上げた理由が問題である。


24. 2014年4月03日 00:07:50 : 1kSyMzrjQk
理研はもともと利権絡みの怪しい組織という評判がありました。
悪知恵たっぷりのまるで官僚組織の様です。

25. 2014年4月03日 00:12:02 : 4lz3g9CQwk
今のところ調査委員会の出した結論は笹井は無罪、ただし監督責任あり、となってるわけで、それを受けて懲罰委員会はかなり重い処分を出すだろうな。解雇じゃなくて無期限の停職とか。
それで、「え〜!罪はないのに監督責任で重い処分とは厳しい。笹井氏も十分な責任を取った」という、十分な禊の印象を狙ってくるだろう。「監督責任だが重い処分が下される」という書き込みが既にネットの一部に見られるからそういう印象操作を狙ってると思われる。

もちろん「無期限」は実際には数ヶ月の無給期間でロックアウトもされないから、研究所での役割もそのままだろう。降格にはなってないから2年程度でセンター長に収まるシナリオ。なにしろ「悪事」は何も働いておらず「モンスター部下」の被害者に過ぎないわけだからね。

でもそんな茶番、国民は許さないよ。とにかく笹井一人の処分の問題じゃない。理研の「組織」としての詐欺的行為と、それに対する処断があまりに甘すぎるからね。
理研は良くても日本の学問は永遠に消えない傷を負ったわけで、その辺の責任を全く感じてないとしか言いようがない。


26. 2014年4月03日 00:37:42 : B354HlQsvE
>>11
1.飲酒運転しても人をはねなければ非難されない、などということはない。

言いたいことはわかるが、この例は単なる遵法バカ。
それがエスカレートすると、赤信号での横断(車は来ていない時)とか言い始めるかも。

>>13 さん
私もここのコメント見ていると同じように感じます。

やはりこの国は、出る杭は打たれるのが実情なのでしょうか。
それとも学者か学者になり損ねた連中のひがみ交じりのコメントなのでしょうか。
それにしてもみなさん(>>16も)とても真面目なんですね。クソがつくくらい。

この国の他の大きな問題も皆さんのような熱心で真面目な方達にどんどんあぶりだしていただきたいものですが、あまり興味がおありで無いようで残念です。


27. 2014年4月03日 01:59:44 : efYYgyF3F6
>>26
ほう。ネットで飲酒運転宣言ですか?ご愁傷様ですw

28. 2014年4月03日 03:42:56 : 0sp2u3ow7I
理研の会見について、とかげのしっぽ切りだとか言ってる人が多いけど、
あくまで論文中の疑義について検証しましたって会見だから、まだなんとも言えないだろう。

現段階で、小保方が完全にクロだと理研が認定したにすぎない。
関係者の処分の話は後日、ということになっている。

まあ、あれで最終報告とか言ってることが気に入らないけどな。
証拠保全も不十分だ。大体PCが私物ってどういうことだよ。
小保方のブラウザ履歴が見れたら色々出てくるだろうに。

最近の履歴は、研究不正に関する訴訟・裁判についてが多いだろうなぁ。


29. 2014年4月03日 09:07:02 : FaGYNH2huA
神戸理研のスター、笹井さんの「悪事」がばれたら、理研は根こそぎ吹っ飛ぶからなあ。
何としても彼を守ること、そうなると他の共同執筆者も同様に扱わなきゃならん。
で、今回のことは「精神異常者」小保方の単独犯であって、我々は彼女にまんまと騙された被害者だとう結論に落ち着かせるしかなかったわけよ。
「理研はずるい」という世論の批判を浴びるのは覚悟の上さ。
関係者には厳重注意や降格など形だけの処罰をしとけば、あとは時間がたてばみんな忘れてしまうだろうから気にすることはない。

30. 2014年4月03日 09:18:42 : 4lz3g9CQwk
一か月前に言われてた通りの展開になりつつあるな。つくづく、理研の危機管理能力の無さにはあきれる。

777 名前:名無しゲノムのクローンさん:投稿日:2014/03/09(日) 22:55:13.05
いまのところ理研はオボが捏造の常習犯なのを笹井は「うっかり」見過ごしてしまった、という落としどころが狙いかな?捏造の幇助自体は大和あたりが指導してるんだから別途裁けというシナリオで。
しかしオボの邪悪な女子力は米国仕込みだから手ごわいぞ?良い見せ物になるから外野としては楽しみでしょうがないが。
最初は笹井との肉体関係をタテに脅すだろう。多分今はその段階
それでも切り捨てられると判れば、次は「言われた通りにやっただけで自分も笹井の被害者。さもなければ共著者が見過ごすこと自体がおかしい」という法廷闘争を起こすだろう
いずれにしろ笹井とCDBは吹っ飛ぶしかない結末。とんでもない女に手を出してしまったね。ご愁傷様、となるしかない気がする。

162 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/10(月) 07:39:29.86 捏造を次々とやらかす精神の持ち主が、「あなたの論文は捏造と判定されますので懲戒解雇とします」であっさりと引き下がる訳がないよな
昨日もあったけど現段階で不適切な関係をネタにS井は脅されて善後策を必死に取ってる状態じゃないか?
それでもし単独で葬られそうになれば、組織ぐるみの捏造に従っただけと告発して、戦う女への変身を演じることで、自分自身は評論家などで生き残る作戦に出るだろう。
この女相当の食わせ物と思った方がいいぞ?理研の幹部の皆さん。見てる外野は楽しめるが、それこそ女は舐めないほうがいい。
あとくれぐれも、日本の研究者全体の信頼を貶める結果だけは招かんようにしてくれ。たとえ理研は沈んでも。


31. 2014年4月03日 16:07:18 : MJGpxxHrr2
>>23
>バカンティの指導で、弱酸性液を使って細胞に変化をもたらした事実はあったでしょう。
>しかし、それが万能細胞であるとは解らない。
>作った細胞を移植し増殖させ万能細胞である事を見極めると言う本当の研究は、ほとんど若山教授に依頼した。

いえ、ハーバードのバカンティの指導のもと学んだ刺激による変化とは、万能化のことです。

----------------------
http://www.huffingtonpost.jp/2014/03/22/charles-vacanti_n_5015266.html
「私とマーティンが15年前、他に例のない変わった細胞を発見した。当時から万能性を持っているという確信はあった」と述べている。
----------------------

バカンティは13年前に発表するも再現性がなくあまり相手にされなかったようです。しかし、日本から来た小保方が5年前に再現に「成功」し、それで論文をNatureに投稿しようとしましたが敢え無く却下。そこで、小保方はクローンマウスの世界的権威である理研にいた若山教授に接近したのです。


>若山は、その細胞を卵子に移植したマウスの胎児の全身に増殖していることまでは確認したが、それぞれの機能を有しているところまでの実験はできていない。
>(この部分が捏造とされている)
>要するに、理研に入ってから2年以上経つが、入る前に試作した細胞が、本当に万能細胞に当たるか、否かの証明が出来ていない。

いえ、万能性も増殖性も今回の論文で「証明」してますよ。だからこそこれだけ大きな話題になったのです。もう一度きちんと復習しましょう。
http://ggsoku.com/tech/stap-cell-uprising/#comment-723753

問題は、万能性の証拠も増殖性の証拠も、小保方氏による捏造改ざんの手が入ってることが明らかになったことです。


32. 2014年4月03日 18:46:57 : miptz0rDPM
晴子、失うものは何もない、こうなったら徹底的に突っ張れ。
全部ばらせ。
理研のワルどもを道ずれに、腐りきったわが学界の大掃除役を務めてくれ。

33. 2014年4月03日 21:09:20 : EnPJHg8OOo
83 :名無しゲノムのクローンさん:2014/04/03(木) 09:39:21.56
早稲田大学 先進理工学研究科 電気・情報生命専攻
柴田研究室
http://www.waseda.jp/sem-shibatas/member.html


★STAP最終報告 早大の後輩リケ女「もう一度チャンスを」
産経新聞 4月1日(火)20時47分配信

小保方晴子氏らのSTAP細胞の論文に捏造と改竄があったと認定されたことを受け、
リケジョ(理系女子)として後に続こうとする小保方氏の母校、早稲田大学の後輩たちは
複雑な思いを抱いていた。

「STAP細胞の発見を聞いたときは本当にうれしかった。私も人の役に立つ研究成果を
出したいと刺激されただけにショック」

物理や粒子を研究する先進理工学部電気・情報生命工学科3年の神里華澄さん(22)は
こう話す。日々実験に没頭し、わずかな成果を積み重ねていく地道な作業を知っているだけに
「なぜ論文が通ったのか、審査に問題がなかったのか、はっきり明らかにするべきでは」
と疑問を投げかけた。

小保方さんと同じ応用化学専攻の4年の女子学生(22)は「研究に誠実に向き合うことが
何よりも重要と指導される。STAP細胞の存在を信じたい」。

大学院に残り研究者としての道を歩む先進理工学研究科電気・情報生命専攻の修士2年、
中村果愛さん(23)は「女性が理系の研究者として生き残るのは大変。焦りがあったのかも…。
もう一度チャンスをあげてほしい」と訴えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140401-00000586-san-soci

84 :名無しゲノムのクローンさん:2014/04/03(木) 11:50:34.22
ブランド服、ムーミン研究室、割烹着、この世のすべてを手に入れた女、剽窃女王小保方晴子
彼女の去り際に放った一言は人々を早稲田大学大学院へと駆り立てた。
「私のプリンセス細胞?欲しけりゃあげるわ! 探して! この世のすべてを理研に置いてきたわ!」
人々はノーベル賞を目指し、夢を追い続ける。世は正に大コピペ時代!

85 :名無しゲノムのクローンさん:2014/04/03(木) 12:18:09.08
大学院潰れてもおかしくないで

86 :名無しゲノムのクローンさん:2014/04/03(木) 14:54:17.29
オレ慶応でよかったあー

87 :名無しゲノムのクローンさん:2014/04/03(木) 14:57:47.38
まぁ、研究職にはもう・・・だな。

88 :名無しゲノムのクローンさん:2014/04/03(木) 18:25:57.35
ワセゴミが理研に責任転嫁して「小保方に責任転嫁するな!」て連呼しててワロタ

http://ja.wikipedia.org/wiki/早稲田大学
また出版、新聞、テレビ・ラジオ局などのマスメディアの分野に人材を輩出している。


34. 2014年4月04日 02:13:01 : hU2UKe8pfM
>>13. 2014年4月02日 11:24:08 : nB4oeI5kao
>身内に大学教授がいるが論文でのコピペ引用なんて殆どの学者がしとります。

何か勘違いしてるみたいですが、”コピペ引用”が悪いわけじゃないよ
(引用している量の問題もあるが)出典を記載していない事が最大の問題


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧