★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 359.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
バカンティ教授「小保方氏、ボストンに戻っておいで」(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/359.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 15 日 18:11:23: igsppGRN/E9PQ
 

バカンティ教授「小保方氏、ボストンに戻っておいで」
http://www.asahi.com/articles/ASG4H36LQG4HPLBJ003.html
2014年4月15日13時15分 朝日新聞


 STAP細胞論文の主要著者である米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が来日し、15日に京都市内で開かれている国際会議で講演したことがわかった。出席者によると、論文について「すでに画像の取り違えの訂正がなされており、結論には影響を与えない。STAP細胞は必ず存在する」と述べたという。

 バカンティ教授は理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーの米留学時代の指導教官。論文への疑惑が指摘されて以降、直接の取材に応じておらず、国内で発言するのは初めて。この日は「世界気管支学会議・世界気管食道科学会議」に出席し、「再生医療と幹細胞」というテーマで講演した。会場は報道陣の入場が規制され、警備員が出入り口を固める異例の厳戒態勢が敷かれた。

 出席者の男性によると、バカンティ教授はスライドを使って講演。論文が不正と認定されたことについて、小保方氏の単純ミスだと主張。ホテルでパスワードキーを3回打ち間違えて入れなくなり、無理に頼んで入れてもらった、という例をあげ、同様のミスだと話したという。また、小保方氏に対し、「(大学のある)ボストンに戻っておいで」と呼びかけたという。

 同会議の組織委員会によると、1年以上前にSTAP細胞とは無関係のテーマで講演を依頼。ハーバード大は「STAP細胞に関するコメントは一切行わないこと」を講演の条件に出したという。

 バカンティ教授はSTAP細胞論文の撤回を拒んでおり、これまで、所属する病院を通じて「発見全体を否定するような決定的な証拠がない限り、撤回すべきだとは思わない」などとコメントしている。ハーバード大学の関連病院で麻酔科部長を務め、再生医療工学の研究者として知られている。


           ◇

理研の笹井氏、16日午後に会見 STAP論文主要著者
http://www.asahi.com/articles/ASG4H4CQZG4HPLBJ008.html
2014年4月15日13時30分 朝日新聞

 理化学研究所は15日、STAP細胞論文の主要著者で小保方晴子ユニットリーダーの指導役の笹井芳樹氏(52)が16日午後に都内で会見を開くと発表した。笹井氏は理研発生・再生科学総合研究センターの副センター長。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月15日 20:13:23 : YxpFguEt7k
ロバート・ゲラー氏
「明日まで発売中の週刊文春の記事の見出しは以下だ:
小保方晴子さんと
理研上司の
禁断の細胞 「失楽園」」
https://twitter.com/rjgeller/status/455846028277608448

笹井芳樹氏は愛人を失うのか…


02. 2014年4月15日 20:57:13 : i9DDeKvi3U
>>01
文春とかモロに「あちら側」だからね
それも言うなれば、目くらましだね

つまりは、理研、文部科学省、バカンティ(アメリカ)
ここには絶対に話を及ばせない
強い意志の表れw

ここを無視して攻めてやると
こいつら、あわてて切れる奴から切っていくだろう

俺は、それを見てニヤニヤしたいんでねw
だから拘る

だって、騙され続けるのはしゃくだろ
ほかの問題でも、国民を騙し続けている奴らだ
一泡吹かせたい


03. taked4700 2014年4月15日 21:12:12 : 9XFNe/BiX575U : LmXgYPUHgA
「STAP細胞は必ず存在する」という表現は確信をしているという意味であり、確証があるというときに使う表現ではない。バカンティ教授は、そもそも自分で作って見せればいいと思うが、自分で作って見せているのだろうか。更に、彼が発表した作製の手順できちんとSTAP細胞が作成できた人は世界中に居るのだろうか????

04. 2014年4月16日 01:21:14 : b7ck35HsDQ
バカンティ氏はハーバードといっても系列病院の麻酔科医で、細胞生物学でばドクター中松のような位置づけです。氏の大ぼらは宴会芸の手品ような扱いでしたから、詐欺や事件の扱いにもされずに、ただほほえましく扱われて来ました。
サルとかキジとか壁に耳ありとかも、プレス向けオンリーで決して論文にしないでしょ?さすがに論文にしたらマズい「ネタ」であると自覚してるわけです。

ところが小保方さんはそんな所で習った手品をNature論文という仰々しい場所で発表して、大さわぎを起してしまいました。そんなマジックを論文発表したらあっという間に嘘がばれるのに一体何のために?特許なんて大道具まで用意して?

それがずっとわかりませんでしたが、東京女子医大の大和教授とその私設企業のセルシードが関わっている事で、だんだん全容が見えてきました。これはセルシードを舞台とした仕手戦、株価を釣り上げて空売りし、その後わざと捏造がバレるシナリオで、暴落し尽したタイミングで買い戻す、という高度な経済犯罪です。今までの流れを最も合理的に解釈しようとすれば、そういう事になります。
http://okiraku-news.net/2014/03/20/obokatacellseed/
大和氏は業界でも知られた「山師」ですが、ここは株取引の高度な組織行動が必要です。恐らくセルシードに出入りするアングラ筋が力を貸したのでしょう。
凹ちゃんは何年もの苦労が報われて多額の成功報酬を得て、もともと嫌気が差していた研究者生活を卒業し、顔の知られていない所へ彼氏(研究所の誰々のような冴えないオジンではなく、ちゃんとカッコいい彼氏がいます。)と高跳びするのでしょう。

さて、凹ちゃんを理研に入れたのも、その理研でユニットリーダーという役職につけたのも、常にバカンティラボとセルシード関係者の「推薦」あってのことです。
理研は花火の打ち上げ場所として最適ですし、歴史が古い割に最近の再生医療の波に乗ろうとして山師に騙されやすい体質でした。また臭い物に蓋の体質は詐欺師たちにも最適。なにより
http://sp.mainichi.jp/select/news/20140201k0000e040280000c.html
「却下の返事が来て声を失った。その後の2〜3年は彼女は本当につらかっただろう」(2010年)
つまり自力では論文を通せないバカンティ、小島、大和、小保方一派がここで笹井という絶好のブランド論文製造機を手に入れることになります。

ただ1つ判らないのは、凹のユニットリーダー就任とSTAPという研究テーマの重点プロジェクト化、さらにはエアラボを建造したほど大掛かりな発表を何が後押ししたかで、これは理研CDBの戦略に関わりますので、さすがに他の研究所の推薦だけでは無理。理研をその気にさせる何か大きな力がないと・・そう、政治がらみの。
ここにセルシード絡みで時の文科大臣がそもそも大きな関係があるのではないか?そういう疑いを持たせる出来事がありました。これが今後のポイントの1つでしょう。
http://textream.yahoo.co.jp/message/1007776/7776?comment=19906
 
さて、当の凹ちゃん、一生遊んで暮らせるほどの報酬は得たとしても、こんな事をしでかしたからには仕事を失いますね。STAPが正しい・正しくないの問題ではない。きちんと実験ノートにもつけてない事を論文に書き、誰も再現できずデータに致命的な矛盾が指摘されても、データの補強もせず本当ですと主張しつづける、
これは捏造研究者に特有の行動で、かのヘンドリック・シェーンも同じ事をやっています。しかも過去の主要な業績であるD論は論文にすらなっていないコピペの嵐。
こんな人を科学者として雇う人は世界中どこにもいません。 今回の共犯者たちを除いては。

そんな凹ちゃんにバカンティ・ラボは救いの手を差し伸べます。戻っておいて、キミはボクたちのプリンセスだと。そう、彼らは共犯者ですから。凹ちゃんは巨額のマネーをもたらしてくれたプリンセス天功なんです。これからは手品師として、ボストンの地に大脱出ショーを演じてくれるでしょう。


05. 2014年4月16日 02:40:38 : b7ck35HsDQ
【小保方氏・STAP細胞関連時系列】 2chより転記
2002年04月 小保方、早稲田大学理工学部応用化学科入学、AO入試1期生
2005年    常田教授の指導、東京湾の微生物等を研究★ もともとは1年中東京湾の泥を掬って調べて回るような、地味な研究生活だった。
2006年03月 早稲田大学理工学部応用化学科卒業
2006年04月 修士課程進学 指導常田
2007年    再生医療に転向、女子医大の研修生にもなり大和や岡野の指導 ★ 転機1 「何か」の囁き。突然、それまでとは違った派手な研究生活へと変貌
2007年    返済不要の早大給付奨学金獲得
2008年03月 修士号取得
2008年04月 博士課程進学 指導常田
2008年04月 学振研究員DC1獲得。3年間「月20万円奨励金+年60万円科研費」受給
2008年09月 ハーバード大留学。1年半滞在。バカンティ指導、万能細胞の研究開始★ 転機2 ここから3年間でバカンティの下、精巧な「手品」を習得
2009年08月 小保方・大和・バカンティ、最初のSTAP論文をネイチャーに投稿
2010年春  論文没。「細胞生物学の歴史を愚弄している」と酷評
2010年07月 小保方・大和、若山に協力を依頼。多能性判定マウス実験開始
2010年10月 後に理研が受け取る実験ノート1冊目の記録開始
2011年02月 D論でPh.Dを取得「三胚葉由来組織に共通した万能性体性幹細胞の探索」
2011年03月 日米共同研究の成果を「ティッシュ・エンジニアリング・パートA」に発表
2011年03月 早大大学院卒業。ハーバード大に行く予定が3.11の影響で就労ビザおりず
2011年03月 若山の推薦で理研CDB入り。若山ラボ「ゲノム・リプログラミング研究」所属★転機3 理研に潜り込む。但し当初は無給の客員研究員でハードルは低い
         無給客員研究員。ハーバード大から海外勤務研究者として給与。ホテル住
2011年09月 STAP細胞をこの時点で100回程作成。以後も100回程作成。
2011年11月 後に論文となる酸刺激で初期化する万能細胞(STAP細胞)作製に成功
2012年02月 小保方と若山、STAP論文をネイチャーに投稿(不採用)
2012年04月 若山、山梨大に移籍
2012年07月 小保方、実験ノート2冊目記録開始
2012年12月26日 第2次安倍内閣成立 下村博文 第18代文部科学大臣に就任 ☆チェックポイント1
2013年03月 理研の若山ラボ終了
2013年3月 安倍首相 TWInsを訪問。大和などが主導するセルシードの「自動細胞シート積層装置」などを視察 ☆チェックポイント2
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201303/27sentanseimei.html
2013年03月 「細胞リプログラミング研究ユニット」のリーダーに抜擢、5年契約 ★転機4 いきなりの大抜擢。ここはハードル高い。こんな話は理研のトップ以上の強い指示がない限り、「笹井の個人的な入れ込み」「小保方の2年間の評判の高さ」などでは成しえない。(しかも小保方の2年間の同僚からの評価は、決して良くはなかったと言われている。)
2013年03月 共著者14名でSTAP論文再投稿。笹井が追加実験を組み立て、論文再構成
2013年4月 下村文科大臣 第6回 産業競争力会議の場で、(名前こそ出さないものの)セルシードそのものの話を大きく宣伝 ☆チェックポイント3
http://textream.yahoo.co.jp/message/1007776/7776?comment=19906
2013年04月 ハーバード大・女子医大・理研連名でSTAP特許出願
2013年12月 論文受理
2014年01月 28日 STAP細胞を記者会見で発表
2014年01月 30日 ネイチャーに論文が掲載
2014年01月30日 ネイチャー論文と、関連した2013年04月の特許にセルシード関係者が名を連ねていることが判り、セルシード株価がストップ高 バイオ関連株価も急騰
2014年03月 数々のSTAP疑惑によりセルシード株は暴落。1/30のほぼ半値に

06. 2014年4月16日 04:30:31 : b7ck35HsDQ
上記補足で、仕上げは以下の動きになる。

2014年01月30日 ネイチャー論文と、関連した2013年04月の特許にセルシード関係者が名を連ねていることが判り、セルシード株価がストップ高 バイオ関連株価も急騰
2014年03月 数々のSTAP疑惑によりセルシード株は暴落。1/30の半値以下。新日本科学、ジャパン・ティッシュEなどバイオ関連株も同様。空売りを仕掛けていればかなりの利益を得ている筈。
http://okiraku-news.net/2014/03/20/obokatacellseed/
http://keizai-chart.com/stocks/related/stap

空売り関連以外でもう1つ重要なセルシードの株取引は、2013年8月にUBSを第三者割当とした新株予約権を発行し、UBSはそれを2014/1/30〜31で売り抜けている事、それで得た出資金でセルシードは監査法人の「継続性の疑義」の指定を解消しているが、そもそもその疑義が出ている状態でUBSが第三者割当を引き受けること自体が奇跡的。何らかのインサイダー情報の提供、および何者か(恐らくかなりアングラな勢力)の債務保証を受けていたはずで、この点だけでも犯罪性高。

いかがだろうか?かつてライブドア事件の時、世論は「放送とネットの融合を志向してフジテレビに経営参加を試みるも守旧派勢力が阻止した」といった表面的な報道に踊らされていましたが、実体はもともと村上世彰が恐喝していたものの資金が足りず堀江をそそのかして協力させただけの話、その後のSBI北尾がホワイトナイトとして出てきたのは金融庁が根回しした混乱回避策で二階堂ドットコムあたりは検察筋からもらった情報をリークしていただけ、といった、要は横井英樹の時代と何ら変わらない仕手筋の大立ち回りが顔を変え姿を変えて演じられて、世論はマスコミの三面記事にいちいち喜怒哀楽していたに過ぎない、という話でした。
今回も舞台が「ネット」から「再生医療」に変わっただけという感じでしょうか。日本の金融市場が未だ未成熟で科学技術に精通した信頼できるアナリストが不在で、サークル活動ばりの愉快犯たちと、それに力を貸して実利を得るアングラ勢力とに踊らされている、ということです。


07. 2014年4月16日 09:05:45 : SBztI6XWSY
小保方なんかみたくない。
日本から出てけ。
バカンティーの愛人になればいい。

んでバカンティーの女房から略奪愛。

些細和歌禿との失楽園から、曰く付米人麻酔医からの略奪愛。

瀬戸内寂超の好きそうなストーリーだなこりゃ。


08. 2014年4月16日 10:25:05 : nJF6kGWndY

大体、想定通りの展開になっているな

09. 2014年4月18日 03:36:37 : xIWQSUUKUe
Nature誌+Science誌の受理論文数: Sasai 10本、若山 5本、Vacanti 0本。
そりゃVacantiには大切だよね、今回の論文は唯一の彼のNature論文。撤回に反対するのも頷ける。
誤解しちゃいけないのは、VacantiよりSasai、Wakayamaの方が再生医療分野では世界的に評価されている点。
我が国の先端科学研究施設の不正判定をコケにしたVacantiは、日本の生命科学研究者から総スカン。
本当に彼女の面倒をみる気があるのなら、とっとと連れて帰ってくれ!
彼は所詮麻酔科医。再生医療分野からコケにされても困らない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧